中国における「機能性スキンケア製品業界」に関する調査報告書

中国における「機能性スキンケア製品業界」に関する調査報告書

中国市場調査サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、中国大手のインターネット調査会社iResearchの自主調査レポートを翻訳し、「中国における機能性スキンケア製品業界に関する調査報告書」を作成しました。中国市場、美容業界にご興味をお持ちの方はぜひご一読ください。(ページ数|28p)


どんなレポート?

コロナ禍や世界情勢不安の中でも著しい経済成長を続けている中国。
そのような中国市場の中でも「機能性スキンケア製品」の業界成長率は特に高く、市場潜在力が大きいとみなされており、2020年の業界規模は260.1億元に達し、今後3年間では年平均複合成長率29.4%の成長を続け、2023年には589.7億元に達するとも予想されています。

このレポートでは、この「機能性スキンケア製品」の歴史から、それを求める消費者の特徴、業界動向までを以下の様にまとめました。

※詳しい調査結果をまとめたレポートは記事末尾のフォームから無料でダウンロードしてご覧ください。

概要

歴史:中国の消費者はスキンケアをますます重要視しており、消費者意識の高まりにより、肌に問題を抱える人々や成分にこだわる消費の間で機能性スキンケア製品が認められるようになった。 輸入ブランドが市場を独占していた初期とは異なり、近年のオンラインチャネルの活況により、多くの中国産ブランドがブレイク。

ニーズの特徴:女性消費者の消費意欲が高く、男性のスキンケア意識も高まっており、車の両輪のような動きに。機能性スキンケア製品を選ぶ主な理由は、肌トラブルの解決、成分の安全性、有効性。

今後の動向
1) 医学研究を積極的に製品の裏付けにする
2)健全な競争の形成。国は独自のブランドと製品の革新的な開発を奨励する
3)ヘルス産業への拡張へと繋げる

レポートの一例

目次

調査概要
概要
概念と定義
中国における機能性スキンケア製品業界の歴史

・化粧品消費はエスカレートし続け、中国産の台頭が国産ブランドのシェアを押し上げる
・中国国民の70%以上には肌のトラブルがあり、敏感肌の割合が高い
・有効成分は一般的に認知され使用されており、主要機能性成分は全体の80%以上を占める
・「機能性スキンケア製品」は、一般的に「薬粧」という通称で親しまれている
・中国産ブランドの台頭を後押しするチャネル移動とオンライントレンド
中国における機能性スキンケア製品消費者の特徴および業界規模
・女性の消費意欲が高く、男性のスキンケア意識も高まっている
・中国消費者は肌の悩みを的確に、効果的に解決することを求める傾向にある
・新型コロナウイルス感染症の流行による生活習慣や仕事の変化が肌にも影響を及ぼす
・中国、フランス、日本の製品が消費者に人気、安全性と評判を重視
・国内外のブランドの満足度と中国産ブランドの改善方向性
・業界の高い成長率と市場ポテンシャル
中国における機能性スキンケア製品業界の動向
・政策・規制は、質の高い新興企業の参入を促進する
・機能性スキンケアのコンセプトは徐々に受け入れられ、機能性スキンケア製品のシェアは今後も上昇
グローバル調査 対応国
ヴァリューズ・中国市場調査サービス
中国マーケティングのソリューション

 

ホワイトペーパーダウンロード【無料】|中国における「機能性スキンケア製品業界」に関する調査報告書

資料のダウンロードURLを、ご入力いただいたメールアドレスに送付させていただきます。
ご登録頂いた方にはVALUESからサービスのお知らせやご案内をさせて頂く場合がございます。

この記事のライター

マナミナ 編集部 ライター。
金融・通信・メディア業界を経てリサーチ業界へ。
趣味は食と旅行。

関連する投稿


成長が見込める中国の食洗機市場を展望|中国トレンド調査

成長が見込める中国の食洗機市場を展望|中国トレンド調査

昨年の中国では、大型家電の市場規模が全体的に縮小しています。特に、レンジフードやガスコンロなどのキッチン家電の売上は2019年より、かなり低下しました。しかし、そんな中で食器洗い乾燥機(食洗機)のみは依然と売上を伸ばしています。本記事では、中国の食洗機市場について解説していきます。


2022年春節 ペット経済、親孝行消費など 〜 若年層の新たな消費スタイル|中国トレンド調査

2022年春節 ペット経済、親孝行消費など 〜 若年層の新たな消費スタイル|中国トレンド調査

中国の旧暦のお正月である春節の消費トレンドを始め、冬季オリンピックに関連した氷雪経済や中国ブランドブーム、ペット消費など、現代の若年層の新しい消費スタイルをご紹介します。年越し用品の買い出し、正月料理の準備、友人や親戚への訪問などは、今でも新年の最優先事項ではあります。一方で、Y世代やZ世代が一家の主役になり始めると、年越しの遊び方も大きく変化してきました。彼らの年越し買い物リストの見どころや新しいトレンドは何でしょうか。コロナ感染症の流行によって旅行ではなく、地元などで年越しをすることになった若年層は、どのように正月祭りを上手く過ごしているのでしょうか。


中国「銀髪(シルバー)」層の生活実態を解説!

中国「銀髪(シルバー)」層の生活実態を解説!

中国のメイン購買層といえば、最初に思い浮かぶのは20代-30代の女性でしょう。しかし、最近、中国の「銀髪(シルバー)」層はインターネットとの親和性が高くなり、購買力も向上してきました。今回はこの銀髪層の生活実態をお伝えします。


2022年中国ビジネスで注目される栄養補助食品とスキンケア市場|中国トレンド調査

2022年中国ビジネスで注目される栄養補助食品とスキンケア市場|中国トレンド調査

昨年2021年、中国ではスマート製品がさらに普及され、美容医療の需要が急増しましたが、今年の中国ではどのようなビジネスがトレンドになるでしょうか。本記事では、最も成長が期待されている栄養補助食品とスキンケアの市場について分析します。


中国マーケットをビッグデータで捉える!SNS分析を実例で解説|ウェビナーレポート

中国マーケットをビッグデータで捉える!SNS分析を実例で解説|ウェビナーレポート

SNS(ソーシャルメディア)は個人間のやりとりだけに限らず、商品やサービスのプロ―モーション、認知度向上、ブランディングにも役立つことから、企業がビジネスアカウントを持ち、ユーザーと直接コミュニケーションを取る重要なツールとなっています。 ヴァリューズで開催された「SNS分析セミナー」では巨大な中国マーケットを理解するため、中国独自のSNS事情やSNS分析方法について徹底解説。マーケティングを大きく左右するSNS分析で、ユーザーのニーズや最新トレンドを収集していきましょう。


最新の投稿


コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

全国のコンビニ店舗数は約56,000店舗。近ごろでは駅構内や大学、病院など、公的な場所での出店も目立ち、加えて、アプリやSNSでの情報発信にも力を入れるなど、各社ともユーザ囲い込み戦略に力を入れています。そこで今回は、新しく「Dockpit」に加わったアプリ分析機能を用いて、コンビニ大手3社(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート)のアプリユーザーのペルソナを解析し、ターゲティングの特徴や違いを明らかにしていきます。


インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

3回にわたって、株式会社ヴァリューズの新生コンサルティンググループで行われたインナーブランディング・プロジェクトの事例をご紹介。最終回となる本稿では、社内浸透施策への取組みとプロジェクト全体を振り返り、実践する際のポイントについて、プロジェクトリーダーの中尾さんに伺いました。


Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

昨年末に「メタバース」という概念がMeta社のプロパガンダのおかげで一気に広がったことは記憶に新しいでしょう。そして2022年に入ってから、古参のゲーム大手によるNFT進出やブロックチェーンゲーム企業の大型調達が話題になったり、ゲーム内で歩いて仮想通貨を稼ぐ「STEPN」がネット上でバズっていたり、そしてよくメタバースとも関連する文脈で、「Game-Fi 」という概念がひそかに広がり始めたりしています。経営コンサルタントで上級VR技術者としてXR(XReality)の市場調査や新規事業創成支援等の活動を行っているパトリック・ショウさんに、Game-Fi(NFTゲーム)の市場規模や特徴、ビジネスモデルの変遷について解説いただきます。


アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

2022年4月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


急上昇ワードに「大人様ランチ」、「マイナポイント」も...「週間」検索キーワードランキング(2022/5/16~2022/5/22)

急上昇ワードに「大人様ランチ」、「マイナポイント」も...「週間」検索キーワードランキング(2022/5/16~2022/5/22)

2022年5月16日~5月22日の検索急上昇ワードでは、とんかつ専門店チェーン「かつや」が同月12日から月内限定で提供し、大好評を博している「大人様ランチ」や、来月30日より健康保険証登録がスタートする「マイナポイント第2弾」関連の検索が上位入り。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー