「化粧品のブランドスイッチはどのようにして起きるのか?Web行動ログから分析」レポート

「化粧品のブランドスイッチはどのようにして起きるのか?Web行動ログから分析」レポート

化粧品が選ばれる過程においては、もともと使用しているアイテムからのスイッチングで商品が選ばれる場合が多いと考えられます。 スイッチングのタイミングでどうしたら自社ブランドを選んでもらえるのか、Web行動ログデータを用いて分析・考察します。


どんなレポート?

どうしたら自社ブランドを選んでもらえるのか?これはマーケターの皆さんの永遠のテーマと言えるでしょう。
今回テーマとして扱う化粧品が選ばれる過程においては、もともと使用しているアイテムからのスイッチングで商品が選ばれる場合が多いと考えられます。
ユーザーの購入アイテムの枠を奪い合う、まるでイス取りゲームのようですが、スイッチングのタイミングでどうしたら自社ブランドを選んでもらえるのか、Web行動ログデータを用いて分析・考察しました。


このレポートでは、

・化粧品のブランドスイッチについて
・ブランドスイッチ≒イス取りゲームを制すために把握しておくべきこと
 -戦う相手を知る
 -ターゲット・モーメントを捉える
・具体的なアクションの検討・考察

などがまとめられています。

サマリー版のレポートは無料でダウンロードできます。下記フォームからお申し込みください。

レポートの例

目次

■化粧品のブランドスイッチについて整理
■ブランドスイッチ≒イス取りゲームを制すために把握しておくべきこと
 -戦う相手を知る
  -競合分析例
 -ターゲット・モーメントを捉える 
  -2ブランドを比較しターゲットの違いを把握
  -消費者のN1分析から購買プロセスを把握
  -悩み検索者がよく見ているサイト
  -カテゴリ名検索者がよく見ているサイト
  -検討フェーズのまとめ
■具体的なアクションを検討・考察
■まとめ

ホワイトペーパーダウンロード【無料】|「化粧品のブランドスイッチはどのようにして起きるのか?Web行動ログから分析」レポート

資料のダウンロードURLを、ご入力いただいたメールアドレスに送付させていただきます。
ご登録頂いた方にはVALUESからサービスのお知らせやご案内をさせて頂く場合がございます。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


アットコスメWebサイトでのライブコマース、閲覧ユーザーにはどんな特徴が?ログデータで分析

アットコスメWebサイトでのライブコマース、閲覧ユーザーにはどんな特徴が?ログデータで分析

日本国内でも徐々に注目を集めている、ライブコマース。販売側と視聴者の双方向性を強みとして、業界問わず採用する企業が増えています。今回はコスメ・美容の総合サイト、アットコスメが取り入れているライブコマースサービスに焦点をあて、ライブコマースを利用するユーザー層にどんな特徴があるのか、調査してみます。


新型コロナで変化した化粧品業界の動向を調査 化粧品業界の調査レポートまとめ

新型コロナで変化した化粧品業界の動向を調査 化粧品業界の調査レポートまとめ

新型コロナで消費者のニーズや美容意識が変化した「化粧品業界」に注目。化粧頻度が減少したとされるコロナ禍で消費者のニーズや美容意識はどのように変化したのでしょうか。インバウンド業界のターゲットである中国における化粧品市場の動向も調査。各レポートは全て無料でダウンロードできますので、リンク先のフォームからお申し込みください。


「コロナ1年目、2年目の男性の美容意識調査」レポート

「コロナ1年目、2年目の男性の美容意識調査」レポート

Withコロナの生活が定着してきた今日、マスク着用は常態化しています。そんな中、男性の美容意識が急速に高まってきているようです。本レポートでは男性の美容事情について、コロナ1年目と2年目における変化に注目して調査しました。(ページ数|17ページ)


「バタフライ・サーキット」が示す情報探索動機と、消費者に刺さるクリエイティブのつくり方とは?〜 デジタルマーケターズサミット

「バタフライ・サーキット」が示す情報探索動機と、消費者に刺さるクリエイティブのつくり方とは?〜 デジタルマーケターズサミット

ヴァリューズがGoogleと博報堂との共同研究で発案した情報探索行動モデル「バタフライ・サーキット」。2月28日に開催されたデジタルマーケターズサミットでは、「化粧品の購入」をテーマに実施したアンケート調査と消費者Web行動ログの分析から明らかにした「バタフライ・サーキット」の実態と、施策への応用方法が紹介されました。「さぐる」「かためる」それぞれに情報収集媒体が異なることや、情報探索動機によってバナー広告の反応度にも明確に違いが生じる事などを解説。詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。記事末尾のフォームよりお申し込みください。


心がゆれる瞬間を捉える!新消費行動「バタフライサーキット」を活用して、化粧品の購入検討行動を徹底調査

心がゆれる瞬間を捉える!新消費行動「バタフライサーキット」を活用して、化粧品の購入検討行動を徹底調査

ヴァリューズがGoogle社と共同で研究した「バタフライサーキット」は、『さぐる』と『かためる』という2種類の動機を蝶(バタフライ)のように行き来する情報探索行動モデルです。今回は「バタフライサーキット」を用いて、化粧品の購入を例に情報探索モチベーションの具体を調査・分析しました。


最新の投稿


Can Craft Cola Achieve the Popularity of Spiced Curry? Surprising Commonalities Revealed by Keyword Research

Can Craft Cola Achieve the Popularity of Spiced Curry? Surprising Commonalities Revealed by Keyword Research

We will analyze food trends while targeting marketers in the food industry or those interested in trends. Although seemingly unrelated, “craft cola” and “spiced curry” are both unique and playful "health-conscious" foods that "use spices." Here, we analyze the popularity of "craft cola" and "spiced curry."


【2022年8月29日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2022年8月29日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


広告出稿に役立つ!競合サイト分析をツールで効率化

広告出稿に役立つ!競合サイト分析をツールで効率化

競合サイト分析で自社サイトのアクセスを増やすには?ツールを使った分析手法が一般的になったSEOのほか、流入増の手段は一つではありません。広告出稿や顧客のペルソナの把握などの分野でも、ツールを使って競合サイトを分析することで、効率的に対策を立案することに役立ちます。Webサイトの流入構造の基本とツールを使った競合サイト分析手法についてまとめます。


コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年8月版)|ホワイトペーパー

コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年8月版)|ホワイトペーパー

国内外のSEO対策・SNSでの集客法など、コンテンツマーケティングに関する最新情報をまとめてご紹介。検索順位に影響する指標とは?TikTokの今後は?コンテンツマーケター必見のレポートを、毎月お届けします。


競合分析を効果的に活用するためのポジショニングマップの作り方

競合分析を効果的に活用するためのポジショニングマップの作り方

競合分析を経てマーケティング戦略を立案するには、自社が市場のどのポジションを狙うかが大事。「ポジショニングマップ」は、市場のどの分野で自社の競争優位を確立するか整理するのに役立つツール。今回はポジショニングマップの基本から作り方までを解説します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら