競合分析を効果的に活用するためのポジショニングマップの作り方

競合分析を効果的に活用するためのポジショニングマップの作り方

競合分析を経てマーケティング戦略を立案するには、自社が市場のどのポジションを狙うかが大事。「ポジショニングマップ」は、市場のどの分野で自社の競争優位を確立するか整理するのに役立つツール。今回はポジショニングマップの基本から作り方までを解説します。


ポジショニングマップとは?

ポジショニングマップとは、市場での自社、競合他社の商品やサービスのポジションを2つの異なる要素を縦軸、横軸とした2次元上の座標に配置した図表を表したものです。

ポジショニングマップ 競合分析

※ポジショニングマップの例

ポジショニングマップを作成すると、市場の状況や各商品(サービス)の関係性が掴みやすくなるため、差別化や競争優位を確立するための方法を考えるのに役立ちます。そして、競合がいない(少ない)ポジションを見つけることによって、より成果を上げやすくなります。したがって、ポジショニングマップは今後のマーケティング戦略の決定に役立つもの、と言えます。

例えば、市場に新商品・サービスを開発・投入する際に、既存の商品・サービスのポジショニングマップを作成し、自社はどこで勝負すべきかを把握するのに活用できます。

競合分析とは?必要性や具体的な進め方

https://manamina.valuesccg.com/articles/510

市場での競争を生き残るために欠かせない競合分析。マーケティングで効果を出すためにポイントとなる競合分析の進め方や、効率的な分析に役立つフレームワークを紹介します。

ポジショニングマップの作り方

ポジショニングマップ作成にあたって、注意すべき点はおもに「KBF」というワードです。こちらを押さえておけば、ポジショニングマップの作成自体はそれほど難しくはありません。以下、ポジショニングマップの作成フローを紹介します。

自社・競合の商品・サービスをピックアップする

ポジショニングマップ作成にあたってまず、自社ならびに競合他社の商品やサービスをピックアップします。この際に、競合が狙っているターゲット、競合が予想していると思われるポジション、競合のストロングポイント、ウィークポイントも同時に列挙するようにします。競合をより明確にでき、さらにこの後の作業の効率化につながります。

顧客から選ばれる理由=KBF(Key Buying Factor)を抽出する

KBFとはKey Buying Factorの略で、顧客が商品購入を決定する際の要因を指します。多くの商品、サービスがあるのが一般的な昨今、指名買い以外では商品やサービスは、常にいくつかある選択肢の中から選ばれる必要があります。このような状況下での「選ばれる理由」=KBFをなるべく抽出します。

KBFの例として以下のものが挙げられます。
・価格
・機能性
・性能
・デザイン
・口コミ
・店員の対応
・保証の有無
・割引率
・ロケーション

扱う商品やサービスによってKBFはさまざま考えられますが、KBFにおいて「価格」は比較的どの市場でも重視されるものです。なお、KBFの要素は「性能に関する要素」「価値にまつわる要素」「使用場所に関する要素」の3つに大別できます。

自社でKBFを抽出しづらいという場合は、顧客に購入した決め手は?といった形でアンケートやインタビュー調査を行うのもひとつの手段です。

KBFの中から軸となる要素を抜き出し軸を作る

ポジショニングマップにおける縦軸と横軸の要素を決定するのにあたって重要なのは、KBFつまり顧客から「選ばれる理由」をベースにするのが大前提となります。

ポジショニングマップ KBF Key Buying Factor

その上で肝心なポイントが2つあります。最初のポイントは、KBFから抽出する要素を顧客のニーズに近いものにするという点です。2つの軸の要素を、競合との差別化を重視して選ぶと、顧客がその差別化要素に気づかず、購入のきっかけになり得なくなります。したがって、2つの軸の要素はなるべく顧客ニーズに合わせます。

2つ目のポイントは、自社の強みが出せる要素をKBFから抽出します。先ほど「顧客のニーズに近いものを要素として抽出する」と紹介しましたが、それを踏まえた上で自社の強みも出せる要素を選定します。その理由は、ポジショニングマップ作成の意図が、自社が狙う市場でのポジションを明確にすることにあるからです。よって、顧客ニーズに近く、自社の強みを押し出せる要素を選ぶ必要がある、となります。

ポジショニングマップを作成する

これまでの流れで抽出した2つの要素を縦軸、横軸に置いてマップを作ります。その中に自社、競合他社をあてはめていき、ポジショニングマップを完成させます。

ポジショニングマップを俯瞰することで、自社にどのような優位性があるのか、またどこで差別化できるかを理解したり、関係者間で共有しやすくなるはずです。

ポジショニングマップ 作成 作り方

ポジショニングマップ作成にあたっての注意点

ここまで紹介した手順でポジショニングマップを作成できますが、ありがちな失敗として注意すべき2つのポイントがあります。

関連性の高い要素を軸として選ばない

ポジショニングマップの作成にあたり、縦軸と横軸の要素をKBFから選定しますが、その際には顧客ニーズにあったものを選ぶとしました。もう一つ気をつけるべき点として、2つの軸の要素はまったく関連のないものでなければなりません。

例えば「価格」と「品質」をKBFとして抽出したとします。しかし、この2つはある程度比例、関連しているものなので、2つの軸の構成要素としてはあまりふさわしくありません。

関連している、もしくは関連度が高い要素で2つの軸を構成してしまうと、ポジショニングマップ上では一直線に右肩上がりの分布が完成するだけで、競合他社との優位性や差別化のポイントを探るためのポジショニングマップとして意味をなしません。

「空白地帯」を探す

ポジショニングマップの作成によって、自社と競合他社を比較した際の優位性、差別化できるポイントはどこかを探る以外にも「空白地帯」、つまり競合がいないポジションを探すのも重要なポイントです。そのポジションを見つけられれば、それほど苦労せずに市場でのポジションを確保できる可能性が高まります。

まとめ

競合分析を経て、自社の優位性や競合他社に対してどこで差をつけられるか、マーケティング戦略を立てる際に必要なポジショニングマップ。その作成にあたっては、顧客が購入を決める動機「KBF(Key Buying Factor)」が重要です。KBFの中からマップの縦軸と横軸で使う要素を抽出しますが、その際は関連する項目を選ばない、顧客のニーズに沿った要素を選ぶといった注意点があります。

ポジショニングマップ完成後は優位性、差別化のポイントの分析はもちろんですが、自社が市場で優位に立ちやすい競合不在の場所、空白地帯を発見できるようにも気を配ります。

ツールを活用して効率的な競合分析

本メディア・マナミナを運営するヴァリューズでは、国内主要Webサイトについて、ユーザー数やデモグラフィック属性、流入元の割合や自然検索ワードなどのデータを網羅したSaaS型ツール「Dockpit(ドックピット)」を提供しています。競合のデータから自社の戦略を再考し、方向性の決定につなげることが可能です。機能の一部は無料でお使いいただけますので、一度試してみてはいかがでしょうか。


dockpit 無料版の登録はこちら

ライバル企業も徹底分析!誰でも手軽に始められる『Dockpit(ドックピット)』の競合分析機能まとめ

https://manamina.valuesccg.com/articles/1087

ヴァリューズが開発し2020年10月に正式リリースしたダッシュボード型マーケティングツール『Dockpit(ドックピット)』にはキーワード分析、競合分析、業界分析、トレンド分析の4つの機能が備わっています。今回は「競合分析」に着目し、Webサイトの競合分析の流れから活用方法まで詳しくご紹介します。

​​

メールマガジン登録

最新調査やマーケティングに役立つ
トレンド情報をお届けします

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


競合分析 フレームワーク

関連する投稿


3C分析のやり方は?マーケティング戦略での必要性と実践のコツ

3C分析のやり方は?マーケティング戦略での必要性と実践のコツ

3C分析とは、経営戦略やマーケティングを練るために利用できるフレームワークです。多角的かつ客観的にビジネスを分析できます。本記事では、3C分析のやり方を中心に、スターバックスの事例や他のフレームワークを交えて解説します。


SEOに役立つ!競合分析に使えるツール

SEOに役立つ!競合分析に使えるツール

競合サイトを分析してSEOの参考にするには、ツールの利用が効率的です。今回はSEOの観点からのWebサイトの競合分析、そして有用なツールをご紹介します。


競合分析の強力な味方「他社比較表」について解説

競合分析の強力な味方「他社比較表」について解説

競合分析で用いられる「他社比較表」について。競合分析は分析して終わりではなく、ビジネス上の意思決定に使われます。競合分析の結果をわかりやすく表現するには「他社比較表」を用いると便利です。


3C分析の競合分析はどう進める?勝ち方や注意点、フレームワーク

3C分析の競合分析はどう進める?勝ち方や注意点、フレームワーク

3C分析のフレームワークは、自社のマーケティングや経営戦略に活かせます。中でも競合分析は「ライバル企業に勝つためにはどうしたらいいか?」「他社と差別化した商品・サービスとは何か」を考える上で重要です。本記事では、3C分析の競合分析に特化して解説します。スターバックスを事例に具体的な進め方を見ていきましょう。


広告出稿に役立つ!競合サイト分析をツールで効率化

広告出稿に役立つ!競合サイト分析をツールで効率化

競合サイト分析で自社サイトのアクセスを増やすには?ツールを使った分析手法が一般的になったSEOのほか、流入増の手段は一つではありません。広告出稿や顧客のペルソナの把握などの分野でも、ツールを使って競合サイトを分析することで、効率的に対策を立案することに役立ちます。Webサイトの流入構造の基本とツールを使った競合サイト分析手法についてまとめます。


最新の投稿


Analysis of smartphone-related keyword searches of non-Japanese manufacturers like OPPO

Analysis of smartphone-related keyword searches of non-Japanese manufacturers like OPPO

The "SIM lock ban" has been mandated since October 1, 2021. Now, all smartphones must be "SIM-free." We investigate and analyze OPPO, which entered the Japan market in January 2018, along with Huawei and ASUS, two top-ranking overseas manufacturers that offer affordable products.


気になるガソリン価格の値上げ。燃費関心ユーザーはどんな人?消費者Web行動分析ツール「story bank」で調査

気になるガソリン価格の値上げ。燃費関心ユーザーはどんな人?消費者Web行動分析ツール「story bank」で調査

昨今、原油高の影響でガソリン価格が高騰しており、物流に影響を及ぼしているほか、家計も圧迫されるなどで省エネ意識が格段に高まっているのではないでしょうか。そこで今回は、自動車選びの中でも消費者が気になるポイントのひとつである「燃費」について、関心を持っているユーザーをクラスタ分析し、その人物像を調査しました。分析ツールはヴァリューズが提供する消費者Web行動分析ツール「story bank」を用いています。


「貯金」と「貯蓄」の検索行動で浮き彫りになるユーザー像とその関心事とは

「貯金」と「貯蓄」の検索行動で浮き彫りになるユーザー像とその関心事とは

2019年に問題になった「老後資産2,000万円」が記憶に新しいなか、政府によって「資産所得倍増計画」が発表されました。「貯蓄から投資へ」とも謳われている現在。「お金」に関して、漠然とした不安と戸惑いを抱えている人も多いのではないでしょうか。「人生100年時代」とも言われる長い人生のために、どのように資産を作り守って行くか。「貯金」と「貯蓄」という2つのワードを検索する消費者のWeb行動に着目し、調査・分析しました。


「業界別」アプリランキング - 旅行・地域編 -

「業界別」アプリランキング - 旅行・地域編 -

「業界別」アプリランキング、今月は「旅行・地域」編です。アプリ利用ユーザー数の順に並べると、1位は「楽天トラベル」、2位「じゃらん」、3位「ANA」…という結果に。トップ20まで掲載しています。


【YouTube利用動向調査】男性は学び系・女性は熱量高く多様な動画を視聴 | ショート動画に代替されにくい“ながら見”コンテンツが若者に人気

【YouTube利用動向調査】男性は学び系・女性は熱量高く多様な動画を視聴 | ショート動画に代替されにくい“ながら見”コンテンツが若者に人気

利用率9割という圧倒的な浸透率を誇るYouTube。生活の中での位置づけや、実際の使われ方、よく見られるコンテンツとはどのようなものなのでしょうか。またそれらは、性年代で切ったときにどのような違いが出てくるのでしょうか。アンケートとWeb行動ログデータから、YouTubeの利用動向を調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら