保険の見直し検討ユーザーはどこへ行っている?最適な訴求方法とは

保険の見直し検討ユーザーはどこへ行っている?最適な訴求方法とは

近年、オンライン上で保険の見積もりや見直しができるツールをテレビCMなどでよく見かけますが、保険を見直そうと考えるユーザーは実際に、ネット上でどういった行動を取っているのでしょうか?今回は、ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を用いて、保険見直しの検討ユーザーのインサイトと、興味関心を寄せているWebページを調査していきます。


まずは保険の見直しを考えているユーザーの数を見てみましょう。
Dockpit(※)にて、「保険 見直し」というキーワードで検索をしているユーザーのデータを抽出してみます。
※毎月更新される行動データを用いて、手元のブラウザで競合サイト分析やトレンド調査を行えるヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール

「保険 見直し」クエリの検索ユーザー数(「Dockpit」画面キャプチャ)
期間:2021年8月〜2022年7月
デバイス: PC・スマートフォン

上記、直近1年のユーザー数の推移を見ると、月間の平均値は2.5万ユーザーほどです。

グラフの数値が跳ねているのは2022年10月、2022年1月・3月です。特に、2022年3月は5万ユーザー弱を記録しており、この1年間では最も検索ユーザー数が多い時期だったようです。一般的に、保険商材は企業の決算期である3月や9月、12月といったタイミングで需要期が来ると言われており、ユーザー数のグラフが伸びた時期と重なるように見て取れます。

保険見直しを検討するユーザーのインサイト

つづいて、保険の見直しを検討するユーザーはどんな人なのか、検索者の属性データを分析していきましょう。

まずは、性別と年代からです。
性別のデータ(上)から見ていくと、割合は女性が54.2%と過半数を占めています。また、年代データ(下)では40代が最も多く、続いて多いのが30代です。20代も、ネット利用者全体のグラフと比較すると大きい割合となっています。

「保険 見直し」クエリの検索ユーザー属性(性別と年代,「Dockpit」画面キャプチャ)
期間:2021年8月〜2022年7月
デバイス: PC・スマートフォン

保険料は家計に関する事柄なので、主婦などを中心に女性ユーザーのほうが検索しているケースが多いと考えられます。また、保険商材の特性を考えると、将来への備えが気になる世代である20~40代のユーザーが検索者の中心であるようです。20代は保険に加入するタイミングであり、他2世代と比べると見直しが起こりにくそうですが、結婚などのライフイベントをきっかけに、パートナーや親と話し合いながら保険を見直していく人が多いのかもしれません。

さらにユーザー属性を深堀りしていきましょう。
次のグラフは、世帯年収について、検索者の割合を示したものです。
グラフを見ていくと、最も割合として高いのは「400-600万円」のグループで、次いで「400万円未満」のグループとなります。世帯年収が低いほど固定費などの見直しニーズも高くなると考えられるため、この結果は妥当であると言えます。

「保険 見直し」クエリの検索ユーザー属性(世帯年収,「Dockpit」画面キャプチャ)
期間:2021年8月〜2022年7月
デバイス: PC・スマートフォン

ただし興味深いのは、世帯年収が低いグループだけでなく世帯年収が高いグループでも、オンラインでの保険見直しに大して一定の需要があるという点です。1つの仮説ではありますが、こういった年収の高いユーザーについては「保険料の見直し」よりも、「自身に適した商材や補償内容を選定し直したい」という文脈のニーズが大きいかもしれません。

保険見直し検討ユーザーがよく閲覧しているページは?

最後に、Dockpitにて「保険 見直し」と検索するユーザーが流入しているページを、流入数別に並べてみます。
流入ユーザー数の上位20ページをまとめると、最上部には「保険の見直しのポイント」「保険の選び方」に関するページが並ぶ印象です(図下、黄色行)。

「保険 見直し」クエリの検索流入ページ(ユーザー数TOP20,「Dockpit」抽出データ)
期間:2021年8月〜2022年7月
デバイス: PC・スマートフォン

これらのページでは、保険の見直しを行うにあたって、多角的な視点からのアドバイスが記載されています。何かの要素に偏らず、あくまで万遍なく保険商材を選定し直す機会や、見直し時の注意点について俯瞰的に紹介されているのが特徴です。

例えばランキング第2位のLikeUでは、保険の見直しが推奨されるシチュエーション例や、世代・ライフステージ別に必要となる保険のイメージを伝えたあと、以下のような見直しのチェックポイントが項目ごとに解説されています。

【FPさん教えて】保険の見直し7つのチェックポイントとは? | LikeU

流入上位ページの中腹に差し掛かると、今度は「損をしない」「費用を抑えたい」といった保険料に関して解説したページが並びます(図下、黄色行)。

「保険 見直し」クエリの検索流入ページ(ユーザー数TOP20,「Dockpit」抽出データ)
期間:2021年8月〜2022年7月
デバイス: PC・スマートフォン

これらのページも、前段の「保険の見直しポイント」についてのページ群と近しい内容ではありますが、より保険料の考え方や利率、商材切り替え時の戻金といった「お金で損をしない」ための内容について詳しく書かれている傾向です。「見直しポイント」=「保険料(+費用全般)」と捉えているユーザーが多いことの表れではないかと考えられます。

加えて、12位ライフネット生命のページのように、「家計の視点から保険の費用を見直そう」という内容もしばしば見受けられます。「どうして保険を見直したいのか」という潜在的な動機を考えた時に、やはり、「固定費を減らしたい」「家計を楽にしたい」と悩んでいるユーザーが多いのではと見て取れますね。

公益財団法人 生命保険文化センターの発表する「生命保険に関する全国実態調査」によれば、2021(令和3)年度の世帯年間払込保険料は平均37.1万円と調査結果が出ています。これを月平均に直すと毎月約3万円の保険料がかかっていることになり、一般的には大きな家計の支出と捉えることができるでしょう。

こういった背景もあり、特に生命保険の商材見直しについて検討するユーザーが数多くいるのではないでしょうか。

まとめ

今回の調査を経てわかったことをまとめていきます。

・保険見直し検討ユーザーは20~40代が中心で、やや女性が多い
・世帯年収600万以下のユーザーが中心だが、高収入の層にも一定の見直しニーズがある
・ユーザーは「見直しの全般的なポイント」「損をしない方法」「家計の節約」などに関心が高い
・見直し検討ユーザーの多くは生命保険の見直しを考えている

この結果から、保険の見直し検討ユーザー像と、「家計」「損をしない」といった生活支出に関する意識をどのように持っているのかを捉えられたように感じます。あくまでゴールは保険の見直しですが、そこへ意識が向く前に「固定費を抑えなければならない」だったり、「いまの自分の保険は無駄な出費になっているかもしれない」であったりという、ユーザーの潜在的な悩みにフォーカスした集客が効果的なのではと筆者は思いました。

また、世帯年収の高いユーザーが一定いたことを考慮すると、損得勘定ではなく、「どれだけ自分にマッチした保険商材を選べているのか」という点を不安に感じている層へアプローチできる集客方法も用意できることが重要そうです。お得を追求するユーザー、保険のマッチ度を追求するユーザーの双方へ最適な訴求をしていくのが、このジャンルにおける集客拡大の理想的な形式なのではないでしょうか。

本調査が、皆さんのマーケティング業務や市場調査などに役立ちますと光栄です。

【調査概要】
・全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報にもとづき分析
・行動ログ分析対象期間:2021年8月〜2022年7月
※ボリュームはヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測
※対象デバイス:PC・スマートフォンの両デバイス

この記事のライター

国内大手の採用メディア制作部を経てフリーライターとして独立。現在はWebマーケティング、就職・転職、エンタメ(ゲーム・アニメ・書籍)等の各種メディアにて記事制作を担当。「マナミナ」では一人でも多くの読者に楽しく読んでもらえるマーケティングコンテンツを提供していきます。

関連するキーワード


「金融」市場調査

関連する投稿


「貯金」と「貯蓄」の検索行動で浮き彫りになるユーザー像とその関心事とは

「貯金」と「貯蓄」の検索行動で浮き彫りになるユーザー像とその関心事とは

2019年に問題になった「老後資産2,000万円」が記憶に新しいなか、政府によって「資産所得倍増計画」が発表されました。「貯蓄から投資へ」とも謳われている現在。「お金」に関して、漠然とした不安と戸惑いを抱えている人も多いのではないでしょうか。「人生100年時代」とも言われる長い人生のために、どのように資産を作り守って行くか。「貯金」と「貯蓄」という2つのワードを検索する消費者のWeb行動に着目し、調査・分析しました。


コロナ禍の「旅行」「飲料」業界など...ベスト記事「動画編」

コロナ禍の「旅行」「飲料」業界など...ベスト記事「動画編」

今年で3周年を迎えるマナミナ。特別企画として、カテゴリごとのPV数トップ5の記事をご紹介します。 第6弾の今回は「動画編」をお届け。世間の関心が高いテーマについて、振り返ってみましょう。


【業界別アプリ利用動向】スマホ決済アプリ&ファストフードアプリのコロナ後~現在までの利用者数推移を公開

【業界別アプリ利用動向】スマホ決済アプリ&ファストフードアプリのコロナ後~現在までの利用者数推移を公開

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、新型コロナウイルス感染拡大の影響で利用者数が増加したアプリを業界ごとにカテゴライズし、スマホ決済アプリとファストフードアプリの2020年4月から2022年5月まで約2年間の利用者数推移を調査いたしました。調査にはヴァリューズが提供している、直感的なダッシュボードで誰でもカンタンに3C(自社・競合・市場)分析できるツール「Dockpit(ドックピット)」を使用いたしました。


証券(投資信託)口座を開設する消費者像の調査を5ヶ月実施してわかったこと

証券(投資信託)口座を開設する消費者像の調査を5ヶ月実施してわかったこと

証券(投資信託)口座の開設数はここ数年、ネット証券を中心に大きく伸びています。皆さまの周りでも「投資、資産運用を始めたよ」という方が増えてきているのではないでしょうか?本記事では、各金融機関で口座開設する消費者像についてヴァリューズのマーケティングコンサルタントとデータアナリストが5ヶ月に渡って分析した試みをご紹介します。


Did the coming up of robo-advisor services influences mutual funds in Japan?

Did the coming up of robo-advisor services influences mutual funds in Japan?

What are the user trends of robo-advisor services, such as Wealth Navi, Raku Wrap, and folio? This article investigates the changes in user size of robo-advisor services compared to mutual funds and the differences in user demographics by service in Japan.


最新の投稿


Analysis of smartphone-related keyword searches of non-Japanese manufacturers like OPPO

Analysis of smartphone-related keyword searches of non-Japanese manufacturers like OPPO

The "SIM lock ban" has been mandated since October 1, 2021. Now, all smartphones must be "SIM-free." We investigate and analyze OPPO, which entered the Japan market in January 2018, along with Huawei and ASUS, two top-ranking overseas manufacturers that offer affordable products.


気になるガソリン価格の値上げ。燃費関心ユーザーはどんな人?消費者Web行動分析ツール「story bank」で調査

気になるガソリン価格の値上げ。燃費関心ユーザーはどんな人?消費者Web行動分析ツール「story bank」で調査

昨今、原油高の影響でガソリン価格が高騰しており、物流に影響を及ぼしているほか、家計も圧迫されるなどで省エネ意識が格段に高まっているのではないでしょうか。そこで今回は、自動車選びの中でも消費者が気になるポイントのひとつである「燃費」について、関心を持っているユーザーをクラスタ分析し、その人物像を調査しました。分析ツールはヴァリューズが提供する消費者Web行動分析ツール「story bank」を用いています。


「貯金」と「貯蓄」の検索行動で浮き彫りになるユーザー像とその関心事とは

「貯金」と「貯蓄」の検索行動で浮き彫りになるユーザー像とその関心事とは

2019年に問題になった「老後資産2,000万円」が記憶に新しいなか、政府によって「資産所得倍増計画」が発表されました。「貯蓄から投資へ」とも謳われている現在。「お金」に関して、漠然とした不安と戸惑いを抱えている人も多いのではないでしょうか。「人生100年時代」とも言われる長い人生のために、どのように資産を作り守って行くか。「貯金」と「貯蓄」という2つのワードを検索する消費者のWeb行動に着目し、調査・分析しました。


「業界別」アプリランキング - 旅行・地域編 -

「業界別」アプリランキング - 旅行・地域編 -

「業界別」アプリランキング、今月は「旅行・地域」編です。アプリ利用ユーザー数の順に並べると、1位は「楽天トラベル」、2位「じゃらん」、3位「ANA」…という結果に。トップ20まで掲載しています。


【YouTube利用動向調査】男性は学び系・女性は熱量高く多様な動画を視聴 | ショート動画に代替されにくい“ながら見”コンテンツが若者に人気

【YouTube利用動向調査】男性は学び系・女性は熱量高く多様な動画を視聴 | ショート動画に代替されにくい“ながら見”コンテンツが若者に人気

利用率9割という圧倒的な浸透率を誇るYouTube。生活の中での位置づけや、実際の使われ方、よく見られるコンテンツとはどのようなものなのでしょうか。またそれらは、性年代で切ったときにどのような違いが出てくるのでしょうか。アンケートとWeb行動ログデータから、YouTubeの利用動向を調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら