Yahoo!派?Google派?検索サイト利用実態レポート

Yahoo!派?Google派?検索サイト利用実態レポート

女性はYahoo!派が優勢、若年層はGoogleを利用


国内では検索サイトの2強であるYahoo!とGoogle。リスティングやSEOなどSEM(サーチエンジンマーケティング)は、今やWEBマーケティングにおいてかかせない施策になっていますが、ユーザーはYahoo!とGoogle、どちらをよく利用しているのでしょうか?ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)では、一般ネットユーザーの行動ログとデモグラフィック(属性)情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、1ヶ月あたりのキーワード検索回数をYahoo!検索とGoogle検索で各々集計し、男女別や年代別で比較しました。

分析概要

全国の20万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、2015年3月の1ヶ月間で、Yahoo!での検索回数、Googleでの検索回数を集計。男女別や年代別で比較検証した。
※検索回数はPCからのアクセスを集計
※男女別、年代別はVALUES保有モニタでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推計

考察サマリ

1ヶ月あたりの検索回数、男性はYahoo!とGoogle利用が半々。女性はYahoo!利用が6割超。

2015年3月の1ヶ月間で、Yahoo!とGoogleそれぞれの検索回数を集計したところ、全体ではYahoo!検索が53.8%、Google検索が46.2%でした。男性はYahoo!検索とGoogle検索の割合が約50%ずつ、女性ではYahoo!検索の割合が高く、61.7%となっています。女性ではYahoo!派の方が優勢のようです。

年代別にみると、男女とも20代はGoogleでの検索割合が高い。

次に、年代別でYahoo!とGoogleの検索利用割合を比較してみましょう。20代ではGoogle検索の割合が約60%とYahoo!検索を上回っていますが、30代では約半々になり、40代以降ではYahoo!検索の割合が高くなっています。

さらに、男女に分けて年代別にみると、20代男性ではGoogle検索が約65%、Yahoo!検索が約35%と、GoogleがYahoo!の利用を大きく上回っていることがわかりました。しかし年代があがるにつれ、Google検索の利用割合は減少し、60代以上の男性では、Yahoo!がGoogleを逆転しています。

一方、女性は20代ではYahoo!検索とGoogle検索がほぼ半々ですが、30代以上ではどの年代でもYahoo!の利用が約6割を超え、Googleよりも多くなっています。

検索サイトの利用者特性を踏まえることで、よりターゲットに届きやすいキーワード選定や、クリエイティブ改善につなげることができるかもしれません。

自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!

他社サイトのユーザーが見える
市場調査ツール

eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


VSEOとは?動画コンテンツから集客する方法

VSEOとは?動画コンテンツから集客する方法

動画コンテンツが普及している昨今では、自社の動画コンテンツを配信し、ターゲットに視聴してもらうことは重要です。いかにニーズを持っている層に、検索で動画を視聴してもらうのかというVSEOを行うことが不可欠となります。この記事では、VSEOとはどのような施策のことを指すのか、またVSEOを行う手順を解説します。


急上昇ワードに“AMAZON PRIME”など...「週間」検索キーワードランキング(2019/8/11~2019/8/17)

急上昇ワードに“AMAZON PRIME”など...「週間」検索キーワードランキング(2019/8/11~2019/8/17)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


MEOとは何?簡単にできて集客ができる方法を徹底解説!

MEOとは何?簡単にできて集客ができる方法を徹底解説!

Google Mapでは、検索したワードと関係のある店舗が表示されるようになっています。SEO対策はしていても、MEO対策まではできていないという方も多いことでしょう。思っているよりも効果があり、簡単にできるMEOの方法を詳しく解説します。


競合サイトのユーザーが丸わかり!Site Analyzerの7つの便利機能とは|eMark+

競合サイトのユーザーが丸わかり!Site Analyzerの7つの便利機能とは|eMark+

市場調査、競合分析が無料で始められる「eMark+(イーマークプラス)」で最もよく利用されている機能「Site Analyzer(サイトアナライザー)」はどんなことができるツール?詳しくご紹介します。


検索キーワードだけでなく人気コンテンツもわかる!Keyword Finderとは?|eMark+

検索キーワードだけでなく人気コンテンツもわかる!Keyword Finderとは?|eMark+

競合サイト分析ができるツールeMark+(イーマークプラス)のKeyword Finder(キーワードファインダー)を使うと、キーワードの検索ボリュームだけでなく、検索後の人気コンテンツも発見できるのをご存知でしょうか?SEOからの流入を増やしたい、ターゲットユーザーに効果的なコンテンツを作りたいという担当者の方、要チェックです。


最新の投稿


データマーケティングは予算のかかる大規模プロジェクトか?事例で見るスモールスタートを踏み出す方法

データマーケティングは予算のかかる大規模プロジェクトか?事例で見るスモールスタートを踏み出す方法

データをマーケティングに活かすためにはどうすればよいのでしょうか。このテーマのセッションが「日経クロストレンドFORUM 2019」で行われました。ポイントは「スモールスタート」。大和リゾート株式会社のデータマーケティングのプロジェクト事例が語られます。


VSEOとは?動画コンテンツから集客する方法

VSEOとは?動画コンテンツから集客する方法

動画コンテンツが普及している昨今では、自社の動画コンテンツを配信し、ターゲットに視聴してもらうことは重要です。いかにニーズを持っている層に、検索で動画を視聴してもらうのかというVSEOを行うことが不可欠となります。この記事では、VSEOとはどのような施策のことを指すのか、またVSEOを行う手順を解説します。


急上昇ワードに“AMAZON PRIME”など...「週間」検索キーワードランキング(2019/8/11~2019/8/17)

急上昇ワードに“AMAZON PRIME”など...「週間」検索キーワードランキング(2019/8/11~2019/8/17)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


クリエイター・情報システムの人がよく見るサイトランキング【2019年上半期】

クリエイター・情報システムの人がよく見るサイトランキング【2019年上半期】

あの職種の人たちがよく訪れるサイトはどこなのでしょうか? アンケート調査から職種が分かっている人のネット行動ログを分析することで、ある特定の職種の人がよく閲覧している特徴的なサイトを把握することができます。今回は『クリエイター』、『情報システム』の人たちがよく見ているサイトを調査しました。


ポケGO、FGO、ツムツム、パズドラ…4大人気ゲームアプリで徹底比較!「ゲームアプリ利用者のユーザープロファイル」レポート

ポケGO、FGO、ツムツム、パズドラ…4大人気ゲームアプリで徹底比較!「ゲームアプリ利用者のユーザープロファイル」レポート

利用者が多い4大人気ゲームアプリ、ポケGO、FGO、ツムツム、パズドラについて、アンケート調査とスマホアプリのログデータを用いてユーザー像を徹底比較。それぞれのユーザー特徴が明らかになりました。(ページ数|25p)


メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら