Googleアナリティクス最初に覚える基本的な見方4つ

Googleアナリティクス最初に覚える基本的な見方4つ

Googleの「Googleアナリティクス」はWebサイトの担当者であればお馴染みのアクセス解析ツール。Webサイトの運営担当者が抑えるべき基本的な指標の見方と操作方法を説明します。


Googleアナリティクスでできること

Googleアナリティクスは一言でいえば、自分のサイトやアプリがどのように使われているか把握するためのツールです。

・UU/PVなどWebサイト運営の基本指標を確認する
・ユーザー属性を確認する
・人気のあるコンテンツを確認する
・流入経路とその割合を確認する
・広告やボタンのクリックなどイベント発生状況を確認する

これらのレポートでは指定期間や2つの期間比較、属性でフィルタなど必要な条件に絞り込んで集計したり、データをエクスポートして他のツールで加工したりできます。

Googleアナリティクスで使う用語

Webサイト担当であれば用語はご存知だと思いますが、よく使われる用語の定義をおさらいします。

UU(ユニークユーザー):計測期間中に1回以上のセッションを記録したユーザー数
セッション数:セッションとはユーザーがアクセスを始めてから一連の操作が終わるまでのことで、30分操作がないとそのセッションは終わりとみなされます。日をまたいだ場合など細かい説明は公式ヘルプ参照
PV(ページビュー):閲覧されたページの数で、同じページが繰り返し閲覧された場合もカウントされます。
ページ/セッション:1セッションあたり何ページ見られたか。一般には多い方が良いとされます。
平均セッション時間:サイトの滞在時間が短くユーザーがすぐ離脱してしまうサイトはSEO上良くないとされています。
直帰率:1ページ見るだけでセッションが終わっている率です。セッション継続時間は0秒でカウントされます。直帰率を下げると平均セッション時間が伸びます。

「ユーザー」レポートでユーザー属性を確認する

以前は「ユーザー」レポートでしたが、2019年12月現在「オーディエンス」表記になっています。

左サイドバーの「オーディエンス」メニューにある「概要」をクリックすると「ユーザー サマリー」レポートが表示されます。

「ユーザーサマリー」レポートで見られる指標
ユーザー/新規ユーザー/セッション/ユーザーあたりのセッション数/ページビュー数/「ページ/セッション」/平均セッション時間/直帰率

「ユーザーサマリー」レポートではUU/PVなど指定期間のアクセス状況を知る基本的な指標をまとめて見られるので、先月のアクセスレポートを作る場合などに便利です。

この他、「オーディエンス」メニューにある「ユーザー属性」レポートで男女比率や年齢、「地域」レポートで国内のどの都道府県からのアクセスが多いかなど、自分のサイトのユーザー属性を確認できます。

たとえば自社サイトの平均的ユーザーが女性の方が多く、25-44歳と比較的若めの年齢層、モバイルからが8割弱、一回あたり2分もサイトに滞在する...となればユーザー理解の解像度が上がってきませんか?

「集客」レポートでアクセス元を確認する

左サイドバーの「集客」メニューにある「概要」をクリックすると「集客サマリー」レポートが表示されます。

「集客サマリー」レポートで見られる指標
上位のチャネル/ユーザー/コンバージョン

「集客サマリー」レポートでは、サイトの流入元が検索エンジンからなのか広告からなのか、その人数は何人か、申込みや購入などの目標はどのくらい達成されたかなどを把握できます。購入数を増やすための広告キャンペーンなどを実施していたら見ることになるレポートです。

この他、「集客」メニューにある「参照サイト」レポートで検索以外で流入に貢献しているサイトを見つけたり、「ソーシャル」レポートでSNS系からの流入状況を把握したりできます。

「行動」レポートで閲覧数や滞在時間を確認する

左サイドバーの「行動」メニューにある「概要」をクリックすると「行動サマリー」レポートが表示されます。

「行動サマリー」レポートで見られる指標
ページビュー数/ページ別訪問数/平均ページ滞在時間/直帰率/離脱率/サイトコンテンツ

「行動サマリー」レポートでは、どのコンテンツがどのくらい見られているかを把握できます。たとえば、このサイトでは「名古屋のビアガーデン」のページに一番アクセスがあることがわかります。今月公開したコンテンツがアクセスに貢献しているかなどの分析にも役立ちます。

この他、「行動」メニューにある「サイトの速度」レポートで「平均読み込み時間」が極端に遅くないか確認できます。

昨今サイトが遅いとSEO上良くないとされています。ページごとの速度も計測されますので、アクセスが多いのに極端に遅いページがあれば、巨大な画像を最適化するなど高速化しましょう。

「行動」メニューにある「イベント」も重要です。広告クリックや入力フォームのthanksページ到達を計測することで、売上やリード獲得などの成果を計測します。

「コンバージョンレポート」で目標が達成されたかチェックする

左サイドバーの「コンバージョン」メニューにある「目標」の「概要」をクリックすると「目標サマリー」レポートが表示されます。管理画面から「目標」を設定しないサイトではコンバージョン系レポートは空になります。

「コンバージョンサマリー」レポートで見られる指標
目標の完了数/目標値/コンバージョン率/目標全体の放棄率/目標ごとの完了数

コンバージョン系レポートは、CV数の推移の他、設定ミスでCV数が急減していないか、目標を増やすための施策がCVRやCV数として表れたかなどを把握するのに役立ちます。

今日から使える便利な機能

Googleアナリティクスを触るのが久しぶりの方は、検索キーワードについて触れられていないことに気づいたと思います。

プライバシー保護の観点から各検索エンジンがSSL化した影響で、Googleアナリティクスの検索キーワード機能は事実上機能しなくなっています。

検索キーワードのレポート機能はGoogleのWebマスター向けのツールSearch Consoleの「検索パフォーマンス」に引き継がれました。

まとめ

Web担当者が「Googleアナリティクス」で操作する基本的な画面について説明しました。

UU/PVなど基本指標は「ユーザーサマリー」レポートで見られます。流入経路や広告効果を知るには「集客サマリー」レポート、どのコンテンツがどのくらい見られているかは「行動サマリー」レポート、ユーザーの特定のアクションを計測するには「コンバージョン」レポートを使います。

今回は基本的な見方だけでしたが、Googleアナリティクスの活用に役立てていただければと思います。

関連記事

Googleアナリティクスで検索キーワードを見る方法と「not provided」対策

https://manamina.valuesccg.com/articles/667

Googleアナリティクスで自分のサイトの流入キーワードを見る方法と「not provided」で検索キーワードが見られない場合の対処方法について説明します。Googleアナリティクスでは「not provided」で検索キーワードを補足できない場合、同じGoogleのSearch Consoleを導入します。

競合サイト分析で「流入キーワード」を調査する方法

https://manamina.valuesccg.com/articles/877

自社サイトのアクセス数を増やすには、戦略的な記事更新が必要です。たとえば競合サイトがどのようなキーワードから流入しているか、自社サイトと差分があるかは参考になります。他社サイトの競合調査における流入キーワードの調べ方にスポットをあてて解説します。

初めてでも分かりやすい!サイト・アプリ分析ツールeMark+の使い方事例まとめ

https://manamina.valuesccg.com/articles/805

マナミナを運営する株式会社ヴァリューズの競合サイト分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」の事例記事をまとめます。eMark+には機能がたくさんあり、利用シーンも企業や担当者によってそれぞれ違います。実際何ができるのか、どんなシーンに使えるのかを一望できるようにしました。本記事をブックマークなどしてお使いください。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


Googleアナリティクス

関連する投稿


オウンドメディア担当者がGAとeMark+を使って3C分析を行い、コンテンツの改善策を考えてみた

オウンドメディア担当者がGAとeMark+を使って3C分析を行い、コンテンツの改善策を考えてみた

ヴァリューズのオウンドメディア・マナミナでGoogleアナリティクスとeMark+による3C分析を行い、改善策を考えてみた話です。データ分析はヴァリューズのデータアナリスト・今井さんに協力してもらいました。マナミナの課題は回遊率のアップ…。データ分析による考察→仮説立案のプロセスを公開します。


Google Analytics分析をしてスピーディーにサイト改善を進めたい。ビジネスマッチングの「リカイゼン」が取った手段とは

Google Analytics分析をしてスピーディーにサイト改善を進めたい。ビジネスマッチングの「リカイゼン」が取った手段とは

外注先のパートナー企業を探せるビジネスマッチングサービス「<a href="https://rekaizen.com/" target="_blank">リカイゼン</a>」。かねてからGA(Google Analytics)を分析してサイト集客の改善を行っていましたが、GAには項目がたくさんありすぎて、効率的に分析するにはどうすべきか悩んでいたと言います。そんなリカイゼンが打った手とは何だったのでしょうか。サービスを運営するリトライブ株式会社・代表取締役の佐藤さん、Webサイト集客担当の吉田さんにマナミナ編集部がお話を聞きました。


Googleアナリティクスで検索キーワードを見る方法と「not provided」対策

Googleアナリティクスで検索キーワードを見る方法と「not provided」対策

Googleアナリティクスで自分のサイトの流入キーワードを見る方法と「not provided」で検索キーワードが見られない場合の対処方法について説明します。Googleアナリティクスでは「not provided」で検索キーワードを補足できない場合、同じGoogleのSearch Consoleを導入します。


GA・Search Consoleだけじゃない!自社サイトの分析・改善に役立つツール

GA・Search Consoleだけじゃない!自社サイトの分析・改善に役立つツール

Webサイトのアクセス解析によく使われるのは、Google AnalyticsやSearch Consoleですが、サイトの分析・改善をサポートするツールにはアクセス元企業を表示したり、ヒートマップや読了率、A/Bテストができるものもあります。


最新の投稿


【11/6(金)】ヴァリューズ×ACD×CCI共催オンラインセミナー 「これから始める中国・越境EC ~重要ポイントを徹底解説~」

【11/6(金)】ヴァリューズ×ACD×CCI共催オンラインセミナー 「これから始める中国・越境EC ~重要ポイントを徹底解説~」

「これから始める中国・越境EC ~重要ポイントを徹底解説~」をテーマに、弊社、株式会社ACD、株式会社サイバー・コミュニケーションズ3社共催オンラインセミナーを無料開催します。


「Go To Eat」開始で消費者はどう動いた?検索ワードとグルメサイトから実態を調査!

「Go To Eat」開始で消費者はどう動いた?検索ワードとグルメサイトから実態を調査!

コロナショックからの飲食業界の景気回復を狙った「Go To Eatキャンペーン」が、10月からスタートしました。おトクに外食ができる機会として注目を集めていますが、キャンペーンは食事券とポイント付与の2つで構成され、地域ごとに開始時期やルールが異なるため、正しく利用するには情報収集が必要です。それらを複雑・面倒に感じるという声もあり、消費者によって温度差がある印象を受けます。本稿では、そんな今話題の「Go To Eatキャンペーン」に着目。ヴァリューズが提供する市場分析ツール「Dockpit」を使い、消費者の関心を探るとともに、ポイント付与対象のグルメ予約サイトの動向を分析します。


コードはもう書かない!?「ノーコード」のサービスやメリット・デメリットとは…検索者属性から関心層の実態も調査

コードはもう書かない!?「ノーコード」のサービスやメリット・デメリットとは…検索者属性から関心層の実態も調査

エンジニアではない人にとって、これまでプログラミングによるプロダクト開発は縁遠いものでした。しかし、いまや非エンジニアも簡単にプロダクトを開発できる時代になっています。それを可能にしたのが「ノーコード」。今回はそんなノーコードについてデータ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」のキーワード分析機能を使い、関心を持つユーザーを深堀りしていきます。


月々定額で新車に乗れる車のサブスクとは?メーカー各社も参入!

月々定額で新車に乗れる車のサブスクとは?メーカー各社も参入!

月々定額でサービスを利用する「サブスクリプション」の流れは車にも及んでいます。新車の購入に比べ、初期費用が抑えられる、車の乗り換えが簡単で、車の維持にまつわる諸手続きが軽減されるなどの特徴があります。最近では、トヨタ・ホンダなどメーカー各社も車のサブスクに参入しています。


拡大するシニア市場のマーケティングに必要な消費者理解とは |シニア、フレイル・プレフレイル市場に関するセミナーレポート

拡大するシニア市場のマーケティングに必要な消費者理解とは |シニア、フレイル・プレフレイル市場に関するセミナーレポート

増加する日本の65歳以上の人口は既に約3600万人と、「シニアマーケット」はその存在感を大きく増しています。しかし、そのうち特に生活の実態が見えづらいと言われる「フレイル・プレフレイル市場」。この「フレイル・プレフレイル」を中心にシニア市場を考察するセミナーが、10月2日に開催されました。ヴァリューズとシニア市場のマーケティングプラットフォームサービスを提供するリクシスが、共同して行ったアンケートを中心とした定量的な分析と、Web行動ログを活用した分析の両面から調査を行った結果を解説。そのセミナーの様子をレポートします。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング