対中半導体輸出規制への対抗措置か?中国がガリウムとゲルマニウムの輸出規制を発表 〜 政治的背景から探る

対中半導体輸出規制への対抗措置か?中国がガリウムとゲルマニウムの輸出規制を発表 〜 政治的背景から探る

7月に入り、中国の貿易政策において衝撃的なニュースが報じられました。希少金属に属するガリウムおよびゲルマニウム関連製品の輸出を中国が規制するというこの報道に、米国をはじめ日本企業の間でも多くの不安の声が上がっています。この規制措置の裏にはどのような中国の思惑があるのか。また、どのような経緯でこのような決断をしたのか、大学研究者として地政学リスク分野で企業へ助言を行っている和田大樹氏が解説します。


衝撃的なガリウム・ゲルマニウムの輸出規制。中国の本音は?

米中対立が様々なドメインで展開されるなか、経済や貿易、技術の分野で対立がより先鋭化しそうです。中国は7月に入り、国家の安全と利益を守るため希少金属であるガリウムとゲルマニウムの輸出規制を実施すると発表しました。専門家によると、ガリウムとゲルマニウムは半導体の材料として使用され、液晶テレビのバックライトなどの白色発光ダイオード、スマートフォンの顔認証に使っている面発光レーザーなどに欠かせない金属であるとされます。今日、世界で生産されるガリウムの9割は中国産で、日本はその多くを中国から輸入していますので、今後半導体を扱う日本の電機メーカーや自動車会社などに影響が出てくることが懸念されています。今回の規制について、中国はグローバルサプライチェーンの安定を維持するための措置で、特定国を標的とするものではないとの見解を示しています。

しかし、今回の輸出規制の背景に政治的な摩擦があることは間違いありません。その核心となるのが、米中間の軍事のハイテク化を巡る対立です。安全保障の世界では、伝統的に紛争の戦略空間となるのは陸、海、空でしたが、昨今ではテクノロジーの発達に伴い、これらに加えサイバー空間や宇宙空間が新たな戦略空間に定義されています。そして、今後の世界はAIの時代を迎えるにあたり、安全保障の世界でもAIなどの先端テクノロジーがいかに軍事のハイテク化に応用されるかに関心が集まり、懸念の声が聞かれます。

2022年秋、中国軍のハイテク化を警戒する米国は、ハイテク化に欠かせない先端半導体の技術が中国によって軍事転用されるリスクを回避するため、対中半導体輸出規制を発表しました。そして、米国は先端半導体の製造装置で世界をリードするオランダと日本にも対中規制を要請し、日本は2023年3月、先端半導体に必要な製造装置など23品目で対中輸出規制を実施することを発表し、この7月には実行に移されます。
 経済的に台頭する中国ですが、実は先端半導体の分野では遅れをとっており、軍のハイテク化を目指す習政権はそれに欠かせない先端半導体をどうしても握る必要があります。そのため、米国やその友好国による対中規制に対して不信感を強めてきました。中国は米国や日本が半導体輸出規制を発表した時に既に対抗措置を辞さない構えを示していましたが、なぜこのタイミングなのか、なぜガリウムとゲルマニウムなのかという疑問は残ります。

米中間だけでは完結しない多国間化する貿易摩擦の行方

このような政治的背景を踏まえ、軍事的衝突による被害があまりにも大きくなることを双方が認識している中では、経済や貿易の領域での紛争はいっそう激しくなっていくことが予想されます。ガリウムなどの輸出規制について、中国元商務次官は最近の発言でも「これは始まりに過ぎない」と言及したようですが、半導体の中枢、その周辺領域における規制の応酬はさらに激しくなる可能性があります。

そして、ここ最近において筆者は1つの政治的変化に着目しています。これまで貿易摩擦とは米中間の揉め事というイメージが強かった一方、そのステークホルダーが拡大しているように感じられることです。貿易摩擦の発端となったトランプ政権は米国第一主義を掲げ、中国に対する貿易規制に拍車を掛け、中国もそれに対抗していきましたが、それは“2人で攻撃し合う”という二国間摩擦というイメージが強かったと思います。しかし、バイデン政権になって以降は、米国が同盟国や友好国と結束を強化し、多国間で中国に対峙する姿勢を鮮明にして以降、中国も貿易摩擦において米国以外の国にも不満を強めています。今回の規制発表でも、たとえば、中国共産党系の機関紙「環球時報」は4日、「米国とその同盟国は中国の主要材料輸出の制限に込められた警告に耳を傾けよ」と題した社説を発表しています。

こういった政治的変化を考慮すれば、半導体を巡る大国間対立の中で、日本が受ける影響はさらに拡大していくことが考えられます。日本企業としては米中対立に巻き込まれない形でビジネスを継続したいというのが本音ですが、日本の経営者層はこのような地政学リスクの変化を戦略的にも注視していく必要があるでしょう。

この記事のライター

国際政治学者、一般社団法人カウンターインテリジェンス協会 理事/清和大学講師

セキュリティコンサルティング会社OSCアドバイザー、岐阜女子大学特別研究員を兼務。専門分野は国際安全保障論、国際テロリズム論など。大学研究者として国際安全保障の研究や教育に従事する一方、実務家として海外進出企業へ地政学リスクのコンサルティングを行う。

関連するキーワード


地政学 組織づくり

関連する投稿


米国大統領選を通じて見る、保護主義化する米国の貿易・経済政策

米国大統領選を通じて見る、保護主義化する米国の貿易・経済政策

日々様々な報道番組でも取り上げられている「もしトラ(もしもトランプ氏の再登板が実現したら?)」。その可能性は「ほぼトラ(ほぼトランプ氏の再登板が決まったようなもの)」とも言われる状況で、選挙後の日米関係だけでなく米中関係にも大きな懸念を早くも生んでいます。本稿では、今日繰り広げられている予備選の考察から選挙後の日米関係の変化の可能性まで、国際政治学者としてだけでなく、地政学リスク分野で企業へ助言を行う会社の代表取締役でもある和田大樹氏が解説します。


リピートされる観光地を目指したDMP構築とデータ活用組織作り【広島県観光連盟インタビュー】

リピートされる観光地を目指したDMP構築とデータ活用組織作り【広島県観光連盟インタビュー】

コロナ禍を経て活況が戻った観光業において、データドリブンの施策を展開する広島県観光連盟(HIT)。本稿では「圧倒的な顧客志向」を掲げるHITでの、VALUESのデータ分析伴走支援サービスを通じたチャレンジに迫ります。


台湾では親米派が勝利、米国ではバイデンVSトランプが現実味 〜 今後の地政学リスクの動向 〜

台湾では親米派が勝利、米国ではバイデンVSトランプが現実味 〜 今後の地政学リスクの動向 〜

2024年1月。かねてから関心が高かった台湾の総統選選挙において、前政権の意思を引き継ぐ形で頼清徳氏が勝利しました。この結果により親米派は維持されますが、反して中国との関係はどのようになってゆくのでしょうか。また2024年最大の地政学リスクとも言われる米国大統領選挙も予備選挙が始まり、その動向には世界中が注目していると言えるでしょう。本稿では国際政治学者としてだけでなく、地政学リスク分野で企業へ助言を行う会社の代表取締役でもある和田大樹氏がそれぞれの大国の行方と地政学への影響について解説します。


2024年、世界規模で企業を取り巻く地政学リスク

2024年、世界規模で企業を取り巻く地政学リスク

世界各地での争乱を背景に、2024年は主要各国で重要な選挙が控えています。選挙結果はその国だけではなく関連国との関係性も変貌させます。先日13日に行われた台湾総統選挙もそのひとつ。前総統である蔡英文氏の政治信念を引き継ぐ頼清徳が勝利したことにより、我が国も注目する中台関係、台湾有事にはどのような変化が起きるのでしょうか。このように世界各国で行われる選挙により生じる懸念材料。今年は世界規模での地政学事情に注目する必要がありそうです。本稿では国際政治学者としてだけでなく、地政学リスク分野で企業へ助言を行う会社の代表取締役でもある和田大樹氏が、台湾と米国の選挙にフォーカスして解説します。


インタビュー実施要項(調査企画のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

インタビュー実施要項(調査企画のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

リサーチャーの菅原大介さんが、ユーザーリサーチの運営で成果を上げるアウトプットについて解説する「現場のユーザーリサーチ全集」。今回は、「インタビュー実施要項」(調査企画のアウトプット)について寄稿いただきました。


最新の投稿


リスキリングに取り組めない理由の半数は金銭面 時間的理由・学習支援の少なさもネックに【ベンド調査】

リスキリングに取り組めない理由の半数は金銭面 時間的理由・学習支援の少なさもネックに【ベンド調査】

株式会社ベンドは、同社が運営する「スキルアップ研究所」にて、「リスキリングに取り組む際の課題に関する実態調査」を実施し、結果を公開しました。


3C分析(環境分析のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

3C分析(環境分析のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

リサーチャーの菅原大介さんが、ユーザーリサーチの運営で成果を上げるアウトプットについて解説する「現場のユーザーリサーチ全集」。今回は、3C分析(環境分析のアウトプット)について寄稿いただきました。


Is the "car camping" trend over? Investigating changes in demand and user persona based on search words

Is the "car camping" trend over? Investigating changes in demand and user persona based on search words

Car camping became popular in recent years for travel and as an outdoor activity done while social distancing. After the pandemic, its popularity is said to have subsided, but how has the demand changed? We look at changes in demand based on the searches and the user persona of people searching and their interests.


博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

株式会社博報堂DYホールディングスは、全国15~69歳の生活者を対象に、メタバースに関する現状の生活者意識や動向を把握することを目的とした「メタバース生活者定点調査2023」を実施し、結果を公開しました。


ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー株式会社は、2024年4月8日(月)に成果保証型インフルエンサーマーケティングを支援するサービス「バズリスタ(BUZZRISTA)」を正式リリースしたことを発表しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ