Z世代の半数以上が「BeReal」に関心あり!写真を加工しない理由は「面倒に感じる」が最多【ナイル調査】

Z世代の半数以上が「BeReal」に関心あり!写真を加工しない理由は「面倒に感じる」が最多【ナイル調査】

ナイル株式会社は、同社が運営するスマートフォンユーザー向けアプリ情報メディア「Appliv(アプリヴ)」にて、10~20代の男女を対象に、写真加工に関するアンケート調査を実施し、その結果を公開しました。


無加工で他人に共有した写真の被写体は「自撮り」が最多

無加工の写真を誰かに共有したことのある男女605人に、共有した写真の内容を聞いてみると、最も多かったのは「自分の顔・身体を含む自撮り(362人)」、次いで「家族や友人との写真(自分を含む)(346人)」、「食べ物(341人)」、「風景や景色(340人)」でした。

605人中362人が自撮りを無加工で共有している結果から、10代20代にとって、自身の姿を自然な状態で他人に共有することは珍しくないと考えられます。

写真を加工しない理由は「面倒に感じた」が最多、一方で加工したいのにできない悩みも

写真を加工しない理由について尋ねた結果、上位は「加工することが面倒に感じたため(284人)」、「加工する時間が無くすぐに共有したかったため(168人)」「加工する技術がないため(131人)」でした。

全体の約半数にあたる284人が写真を加工する手間を面倒に感じているようです。

また、「加工写真のトレンドに飽き、自然な様子を共有したい」と回答した人が1割以上いることから、写真を加工しないというスタイルが、若い世代の間で徐々に広まっているのではないでしょうか。

しかし、加工するための時間や技術、アプリが不足していたなど、何らかの理由で加工することができなかったと捉えられる回答も多いことから、積極的に無加工の写真を共有している人は多くないと予想されます。

8割以上の人が写真のクオリティをあげるために写真加工をする

アプリで写真を加工する目的について聞くと、「被写体をよりよく見せるため(40.0%)」、次いで「写真の欠陥を修正するため(24.8%)」、「自分の外見を向上させるため(21.8%)」でした。

被写体や自分の外見など、写真のクオリティを自分の理想に近づけるために加工する人が8割以上いることがわかります。

アプリを使えば、写真の色彩や質感を調整することで被写体をより良く見せたり、気になる部分の消去やトリミングで、写真の欠陥を修正したりすることができます。

また、顔のパーツや体型など気になる箇所を部分的に調整できる、外見の補正に優れた加工アプリも人気があります。

こうした編集がスマホで手軽にできる点が、写真加工アプリのメリットと言えるでしょう。

10代20代の約4割は、無加工の写真を共有することに抵抗無し

無加工の写真を他人に共有することに対する抵抗感の有無を尋ねたところ、「あまりない(24.1%)」、「とくにない(15.0%)」でした。

全体のおよそ4割は、他人に無加工の写真を共有することに抵抗がないと感じているようです。

加工を必要とするのは「SNSに投稿する写真」がトップ、続いて「自撮り」

被写体別に、他人に共有する際写真を加工をするかどうかを調べてみると、加工する割合が高かったのは1位「SNSに投稿する写真(44.1%)」、2位「自分の顔・身体を含む自撮り(41.3%)」、3位「自分を含む家族や友人との写真(33.2%)」でした。

SNSのように、不特定多数の人の目に触れるところへ共有する際は、写真を加工する人が多いようです。

加工しない割合が高かったのは、1位「学校やビジネス関連の資料(53.4%)」、2位「ポスター・看板・お店のメニュー(52.7%)」、3位「物(49.1%)」でした。

資料やメニューなど、相手に情報を正確に伝えるための写真は、半数以上が加工しないと回答しています。

半数以上が「BeReal」の利用に関心あり

Z世代を中心に盛り上がりを見せている、加工ができないアプリ「BeReal(ビーリアル)」。フィルターなど加工系の機能は一切なく、前面・背面カメラを使って写真を撮影し、1日1回だけ投稿できる写真共有SNSとして、話題を集めています。

アプリの利用状況を調べた結果、「現在使っている」が29.3%、「過去に使っていたが辞めた」が12.1%と、経験者は全体の41.4%でした。

「これから使ってみたい」と意欲のある人もあわせると、半数以上がBeRealに関心を持っていることが分かりました。

BeRealを使う理由、「加工のプレッシャーから開放される」が約3割

BeReal(ビーリアル)を現在使っている人に、使う理由を聞いてみると、最も多かったのは「リアルな自分を見せられるから(42.4%)」、次いで「写真加工のプレッシャーから解放されるから(26.0%)」でした。

約7割の人が、リアルな自分を見せたり、写真加工のプレッシャーから解放されたりすることが理由と回答しています。

SNSで他人に見られる写真は「加工しなければいけない」という考えや、加工することが面倒、また満足できる加工技術を持ち合わせていないことなど、写真加工をする上で様々なプレッシャーが出てくることが考えられます。

調査概要

調査対象:写真加工アプリの利用経験があり、かつ無加工写真の共有経験がある全国の10~20代の男女605人
調査機関:株式会社ジャストシステム
調査方法:インターネット調査
調査期間:2023年11月2日~2023年11月8日
有効回答数:605人
◇性別
男性:269人
女性:336人
◇年齢
15~19歳:274人
20~29歳:331人
※本アンケート結果は小数点以下任意の桁を四捨五入しているので、合計が100%にならない場合があります。

出典元:ナイル株式会社

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000442.000055900.html

※詳細については出典元の企業にお問い合わせください。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


マーケティング Z世代

関連する投稿


Twilio、「顧客エンゲージメント最新動向」を発表 データ使用状況の開示と高い透明性の重要性を明らかに

Twilio、「顧客エンゲージメント最新動向」を発表 データ使用状況の開示と高い透明性の重要性を明らかに

Twilio Japan合同会社は、「顧客エンゲージメント最新動向」の日本語版を発表しました。


Z世代の最新トレンドは「猫ミーム」!男女すべての年代で1位に【LINEリサーチ調査】

Z世代の最新トレンドは「猫ミーム」!男女すべての年代で1位に【LINEリサーチ調査】

LINEリサーチでは、四半期毎に実施しているZ世代(15~24歳)の男女への流行調査を実施し、2024年3月期の結果を公開しました。


マーケティング担当者の約半数が指名検索に対する課題や悩みあり 指名検索数増加施策では「ブログやSNS、YouTubeチャンネルなどの運営」が最多【キーワードマーケティング調査】

マーケティング担当者の約半数が指名検索に対する課題や悩みあり 指名検索数増加施策では「ブログやSNS、YouTubeチャンネルなどの運営」が最多【キーワードマーケティング調査】

株式会社キーワードマーケティングが展開するメディア「キーマケLab(キーマケラボ)」は、従業員数50名以上の事業会社におけるマーケティング担当者を対象に、「指名検索に対する課題や悩みに関する調査」を実施し、結果を公開しました。



約9割が海外旅行で観光地や食事、ショッピングの際にレビューを参考にして訪れる場所を決めている【グローバル・デイリー調査】

約9割が海外旅行で観光地や食事、ショッピングの際にレビューを参考にして訪れる場所を決めている【グローバル・デイリー調査】

株式会社グローバル・デイリーは、直近5年以内に海外旅行に行ったことがある方を対象に「X・Y・Z世代の海外旅行時の消費行動」に関する調査を実施し、結果を公開しました。


最新の投稿


Twilio、「顧客エンゲージメント最新動向」を発表 データ使用状況の開示と高い透明性の重要性を明らかに

Twilio、「顧客エンゲージメント最新動向」を発表 データ使用状況の開示と高い透明性の重要性を明らかに

Twilio Japan合同会社は、「顧客エンゲージメント最新動向」の日本語版を発表しました。


メンズの注目高まる?「日焼け止め」ニーズを調査!2024年最新版

メンズの注目高まる?「日焼け止め」ニーズを調査!2024年最新版

メンズコスメへの注目が高まる中、生活者の日焼け止めへのニーズはどのようになっているのでしょうか。また、夏と冬、シーズンによって日焼け止めに求められるものは異なるのでしょうか。本記事では、日焼け止めの検討行動から、ニーズの移り変わりと消費者心理を紐解いていきます。


HYUNDAI(ヒョンデ)の新EV「KONA(コナ)」への関心は?サイト訪問者から分析

HYUNDAI(ヒョンデ)の新EV「KONA(コナ)」への関心は?サイト訪問者から分析

2022年に日本市場に再進出したHYUNDAI(ヒョンデ)は、2023年11月にコンパクトSUVのEV「KONA(コナ)」の販売を開始しました。SUVのEVでありながら、車体価格が399万3,000円からと、他の高額なモデルと比較して手頃な価格であることが注目されています。今回は ヒョンデKONA(コナ)Webページの訪問者の調査を行い、どのような人が関心を持っているかや比較対象となるメーカー、集客構造を調査していきます。


Marketing strategy of three Chinese & Taiwanese home appliance manufacturers: HUAWEI, Xiaomi, & ASUS

Marketing strategy of three Chinese & Taiwanese home appliance manufacturers: HUAWEI, Xiaomi, & ASUS

Chinese and Taiwanese manufacturers have been growing their market share and number of users, and they are expected to compete with Japanese companies. We will analyze the current sales trends of HUAWEI, Xiaomi, and ASUS in Japan and predict their future while comparing with Japanese brands.


Z世代の最新トレンドは「猫ミーム」!男女すべての年代で1位に【LINEリサーチ調査】

Z世代の最新トレンドは「猫ミーム」!男女すべての年代で1位に【LINEリサーチ調査】

LINEリサーチでは、四半期毎に実施しているZ世代(15~24歳)の男女への流行調査を実施し、2024年3月期の結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

ページトップへ