女性の年代が上がると「チル消費」の傾向が高まる一方、感情の共有や周囲との交流のための消費志向は下がる傾向に【オノフ調査】

女性の年代が上がると「チル消費」の傾向が高まる一方、感情の共有や周囲との交流のための消費志向は下がる傾向に【オノフ調査】

株式会社オノフは、全国の20〜60代の女性を対象に「女性の消費意欲に関する調査」 を実施し、結果を公開しました。


女性は、どんな時でも「チル」を求める傾向に

どの消費行動が強いのかを紐解く上で、自分の為にお金を使いたいと思うことに対して、何を求めているかを聴取し、各消費行動の定義に基づいてまとめました。

2023年と比べて2024年に自分のために使えるお金が「増えると思う」と回答した女性の割合は、「減ると思う」と回答した女性の割合よりも多い結果に。

この結果を踏まえ、各ジャンルと消費志向をかけ合わせた「2024年にお金を使いたいと思うことに求めること」の結果を見ると、全体的に「チル消費」志向の人が多いことがわかります。

「リラックスできること」や「外食」、「動画視聴/音楽鑑賞」など、さまざまなジャンルを横断してチル消費を求めていることがうかがえます。

女性の年代が上がると「チル消費」の傾向が強まる

各消費行動別での傾向を見ると、全体では「チル消費」60.2%と最も多く、「コト消費」56.8%、「トキ消費」30.3%、「ヒト消費」21.7%、「イミ消費」18.5%、「エモ消費」9.7%と続きました。

年代別では、年代が上がるにつれて「チル消費」の割合が高まる一方、「ヒト消費」や「エモ消費」など、感情の共有や周囲との交流のための消費志向は下がる傾向にあります。

また、職業別ではパートアルバイト、専業主婦で、リラックスや癒しの時間になるための「チル消費」の割合が高い傾向がみられました。 年代別でみると60代は「イミ消費」の割合も他の年代に比べて5pt以上高いことから「自分がどうありたいか/あるべきか」を意識した消費行動の傾向がある可能性があります。

調査概要

調査方法 インターネット調査
対象者 全国の女性20〜60代 /2024年自分の為にお金を使いたいものがある人
調査期間 2023年12月8日〜11日
有効対象者 2,260サンプル
調査期間 株式会社オノフ

出典元:株式会社オノフ

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000058.000011645.html

※詳細については出典元の企業にお問い合わせください。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


マーケティング

関連する投稿


広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

株式会社リンクアンドパートナーズは、上場企業に勤めており、PR施策を行っている広報担当者・マーケ担当者を対象に、「上場企業のPR施策の実態に関する調査」を実施し、結果を公開しました。


推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

株式会社博報堂、博報堂DYグループの株式会社 SIGNING は、生活者発想で経営を考える研究開発・社会実装プロジェクト「HAKUHODO HUMANOMICS STUDIO」の活動の第二弾として「オシノミクス プロジェクト」を発足、「オシノミクス レポート」を発表しました。


サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

株式会社サイバーエージェントはインターネット広告事業において、Amazon Adsにおける運用最適化ツール「PARADE(パレード)」を開発したことを発表しました。


LINEヤフー、2023年下期におけるインターネットの利用環境 定点調査結果を発表

LINEヤフー、2023年下期におけるインターネットの利用環境 定点調査結果を発表

LINEヤフー株式会社は、同社が半期に一度実施しているのインターネット利用環境に関する調査について、2023年下期(10月)の結果を公開しました。


DAC、生成AIを活用しワンストップでインフルエンサー施策を支援するサービスを提供

DAC、生成AIを活用しワンストップでインフルエンサー施策を支援するサービスを提供

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社は、生成AI機能を活用し、インフルエンサーの選定からデータクリーンルーム分析による広告効果の可視化までをワンストップで支援する「インフルエンサーAIナビ」の提供を開始することを発表しました。


最新の投稿


広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

株式会社リンクアンドパートナーズは、上場企業に勤めており、PR施策を行っている広報担当者・マーケ担当者を対象に、「上場企業のPR施策の実態に関する調査」を実施し、結果を公開しました。


推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

株式会社博報堂、博報堂DYグループの株式会社 SIGNING は、生活者発想で経営を考える研究開発・社会実装プロジェクト「HAKUHODO HUMANOMICS STUDIO」の活動の第二弾として「オシノミクス プロジェクト」を発足、「オシノミクス レポート」を発表しました。


サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

株式会社サイバーエージェントはインターネット広告事業において、Amazon Adsにおける運用最適化ツール「PARADE(パレード)」を開発したことを発表しました。


企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージと聞き、最初に思いつくのはロゴでしょうか、色でしょうか、それともキャラクター?昨今では、キャラクターを用いての広告戦略は企業だけでなく、地域おこしなど、あらゆるところで目にするようになりました。誰も彼もが深い意味もなく「かわいい」と愛着を感じてしまう「ゆるキャラ」や企業のイメージキャラクター。実はそこに認知心理学が深く関わっているようです。本稿では人心を捉えるために計算尽くされたキャラクターの威力について、株式会社創造開発研究所所長を務める渡部数俊氏が解説します。


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第15弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「バレンタイン」「大学受験」の2テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 お菓子の手作り・購入のみならず、推し活やファッションにも広がるバレンタイン市場の様子や、大学受験にまつわるマーケティング・消費行動など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ