最も「おすすめ」検索されたのは?「韓国美容」「新NISA」「メンズコスメ」など、2024年の検索予測も

最も「おすすめ」検索されたのは?「韓国美容」「新NISA」「メンズコスメ」など、2024年の検索予測も

何か新しくものを買うとき、検索エンジンで検索する「おすすめ」。本記事では、「おすすめ」検索の掛け合わせワードや流入ページをもとに、2023年のおすすめ検索者の関心・需要を分析しました。あわせて、2024年にくるであろう「おすすめ」検索も予測しています。


2023年「おすすめ」検索の需要3選

まず、2022年と比較したときの2023年の「おすすめ」検索の特徴をみてみましょう。
下記の図は、「おすすめ」の掛け合わせワードを、検索者の多い順に示したものです。

「おすすめ」検索の掛け合わせワードランキング2022・2023(Dockpitデータをもとに作成)
集計期間:(左)2023年1月〜12月 (右)2022年1月〜12月
デバイス:スマートフォンおよびPC

2022年と比較すると、2023年では下記3点の特徴がみられます。

①アフターコロナによる外出需要
「ランチ」「ホテル」「旅行」(2022年では40位)がランクアップしていることから、アフターコロナに伴い、外出前の事前準備としておすすめ検索をする様子がうかがえます(ただし、以上3ワードの検索者数自体は減少しており、あくまでランキング上の順位が上がったということになります)。

②デバイスの比較検討需要
2022年に引き続き、「タブレット」「IPHONE」「PC」「ノートパソコン」がランクインしており、高額な電子機器を購入する際の比較検討の材料としておすすめ検索をすると考えられます。

③金銭周りの銘柄選択需要
2022年に引き続き「ふるさと納税」「クレジットカード」、2023年では「株主優待」がランクインしていることから、お金の管理・利用・投資で銘柄選択する際におすすめ検索をすると考えられます。

続いて、2023年の「おすすめ」検索の需要3点について、その関心を持っている人の特徴と共に詳しくみていきましょう。

需要①アフターコロナ

まず、アフターコロナ関連の掛け合わせワードでおすすめ検索をしている人がどんな人なのかみてみましょう。
下の図は、アフターコロナ関連の需要と思われる掛け合わせワード「ホテル」「旅行」「ランチ」の男女比・年代割合を表したものです。

男女比ではやや女性が多く、年代では、「ホテル」「旅行」では20・30代が、「ランチ」では40・50代がボリュームゾーンとなっていることがわかります。

「おすすめ」の掛け合わせワード「ホテル」「ランチ」「旅行」の男女比(Dockpit)
集計期間:2023年1月〜12月
デバイス:スマートフォンおよびPC

「おすすめ」の掛け合わせワード「ホテル」「ランチ」「旅行」の年代割合(Dockpit)
集計期間:2023年1月〜12月
デバイス:スマートフォンおよびPC

次に、「ホテル」「ランチ」「旅行」の流入ページから、おすすめ検索者の関心を読み解いてみましょう。

「ホテル」検索者の関心

下記の図は、「おすすめ」の掛け合わせワード「ホテル」の流入ページTOP20です。

京都・大阪・名古屋・札幌といった国内の人気観光地のほか、台北・ソウル・バンコク・シンガポールといった飛行機で6時間以内に行けるアジア圏の観光地、東京ディズニーリゾートやユニバーサルスタジオジャパンといった国内テーマパークを行き先としたコンテンツが上位を占めています。

「おすすめ」の掛け合わせワード「ホテル」の流入ページTOP20(Dockpit)
集計期間:2023年1月〜12月
デバイス:スマートフォンおよびPC

ここから、2023年の「ホテル」検索者は、移動面・金銭面ともに負担が少ない近場での旅行を好む傾向があるといえそうです。

「旅行」検索者の関心

下記の図は、「おすすめ」の掛け合わせワード「旅行」の流入ページTOP20です。

三連休・GW・春休み・夏休み・秋などの季節からおすすめ検索をする様子や、「赤ちゃん・子連れ」「ファミリー」といった家族旅行先のおすすめを検索する様子がうかがえます。

「おすすめ」の掛け合わせワード「旅行」の流入ページTOP20(Dockpit)
集計期間:2023年1月〜12月
デバイス:スマートフォンおよびPC

ここから、2023年の「旅行」検索者は、子連れファミリーが子供の予定に合わせたり、家族全員が過ごしやすい環境を求めたりすることで、より楽しめる旅行プランを立てようとする傾向があるといえそうです。

「ランチ」検索者の関心

下記の図は、「おすすめ」の掛け合わせワード「ランチ」の流入ページTOP20です。

「ランチ」検索者の流入ページランキングをみると、横浜中華街・京都・名駅(名古屋駅)・東京駅・広島市・梅田・池袋といった、都道府県の中心地に出かける際のお店選びのためにおすすめ検索をする様子がうかがえます。

「おすすめ」の掛け合わせワード「ランチ」の流入ページTOP20(Dockpit)
集計期間:2023年1月〜12月
デバイス:スマートフォンおよびPC

ここから、2023年の「ランチ」検索者は、人と会う場所を先に決め、その後お店を探す傾向があるといえそうです。

需要②デバイスの購入

まず、デバイス関連の掛け合わせワードでおすすめ検索をしている人がどんな人なのかみてみましょう。
下の図は、「おすすめ」の掛け合わせワード「スマホ」「IPHONE」「タブレット」「ノートパソコン」の検索者の男女比・年代割合を表したものです。

男女比は概ね6:4となっています。年代比は基本的に30〜40代をボリュームゾーンとして山形となっています。なかでも「IPHONE」はボリュームゾーンに加えて20代の割合も高くなっています。

「おすすめ」の掛け合わせワード「スマホ」「IPHONE」「タブレット」「ノートパソコン」検索者の男女比(Dockpit)
集計期間:2023年1月〜12月
デバイス:スマートフォンおよびPC

「おすすめ」の掛け合わせワード「スマホ」「IPHONE」「タブレット」「ノートパソコン」検索者の年代割合(Dockpit)
集計期間:2023年1月〜12月
デバイス:スマートフォンおよびPC

デバイスの「おすすめ」検索者の関心

前掲4ワードの掛け合わせ検索者の流入ページランキング1〜20位を眺めてみると、様々な機種を価格帯・用途・性能から比較するサイトがほとんどとなっています。

「おすすめ」の掛け合わせワード「スマホ」(左上)「タブレット」(右上)「PC」(左下)「ノートパソコン」(右下)の流入ページランキングTOP20(Dockpit)
集計期間:2023年1月〜12月
デバイス:スマートフォンおよびPC

個別でみると、「スマホ」では「SIMフリースマホ」の解説ページが多くみられることから価格の安さが重視されている一方で、「ミドルレンジクラス」である程度の機能性を求める人もいることがわかります。「タブレット」では価格帯・用途・性能に加えて大きさも重視されているようです。

ここから、生活や仕事でデバイスを必需とする20代〜40代を中心に、デバイスを購入するにあたって、様々な観点から比較検討して、より自分の求める条件にあったものを選択しようとする様子がうかがえます。

デバイスのおすすめ検索では「安さ」が重要?

おすすめ検索の掛け合わせワードで4位にランクインした「安い」検索者の流入ページをみてみると、タブレット・SIMフリースマホ・ワイヤレスイヤホン・ノートパソコン・スマートウォッチといった比較的高額なデバイスが多くを占めています。

「おすすめ」の掛け合わせワード「安い」の流入ページTOP20(Dockpit)
集計期間:2023年1月〜12月
デバイス:スマートフォンおよびPC

購入したい電子機器が高額であるからこそ、「より安い」という観点が重視されるのかもしれません。

需要③資産活用の銘柄選択

まず、資産活用の銘柄選択関連の掛け合わせワードでおすすめ検索をしている人がどんな人なのかみてみましょう。下の図は、「おすすめ」の掛け合わせワード「クレジットカード」「ふるさと納税」「株主優待」の検索者の男女比・年代割合を表したものです。

男女比は、この3つの中では「クレジットカード」の男性割合が最も高く、女性割合では「株主優待」が最も高くなっています。年代割合は20〜40代がボリュームゾーンとなっています。なかでも、「クレジットカード」は20代が最も高く、「ふるさと納税」は30代が最も高いのが特徴的です。

「おすすめ」の掛け合わせワード「クレジットカード」「ふるさと納税」「株主優待」検索者の男女比(Dockpit)
集計期間:2023年1月〜12月
デバイス:スマートフォンおよびPC

「おすすめ」の掛け合わせワード「クレジットカード」「ふるさと納税」「株主優待」検索者の年代割合(Dockpit)
集計期間:2023年1月〜12月
デバイス:スマートフォンおよびPC

資産活用関連の「おすすめ」検索者の関心

前掲3ワードの掛け合わせ検索者の流入ページランキング1〜20位を眺めてみると、商材独自の観点から比較するものが多くなっています。

「おすすめ」の掛け合わせワード「クレジットカード」(左)「ふるさと納税」(中)「株主優待」(右)検索者の流入ページTOP20(Dockpit)
集計期間:2023年1月〜12月
デバイス:スマートフォンおよびPC

それぞれみていくと、「クレジットカード」では還元率や年会費が、「ふるさと納税」では返礼品の内容が、「株主優待」では商品・商品券の内容が重視されており、「自分にとっての見返りの大きさ」が銘柄選択の軸となっていると考えられます。

2024年にニーズが高まりそうな「おすすめ」

ここまで、2023年の「おすすめ」検索を振り返りましたが、最後に、2024年にニーズが高まりそうなおすすめを予測してみましょう。

「おすすめ」検索の掛け合わせワードについて、2023年12月と2022年12月での変化率を降順に並べたランキングがこちらです。今回は、8位の「韓国旅行」および29,31位の「新NISA」をピックアップして、2024年の「おすすめ」検索ニーズを予測します。

「おすすめ」の掛け合わせワードの変化率ランキング(Dockpit)
集計期間:2023年12月,2022年12月
デバイス:スマートフォンおよびPC

「新NISA」「投資信託」などの投資需要

2024年にきそうな「おすすめ」検索として真っ先に挙げられるのが、投資需要です。

「新NISA」とは、2024年1月にはじまった無期限非課税の投資制度。国が利用を促したものであることや、テレビ番組やネット記事でも多く解説されていることからも、2024年2月時点で既に注目度が高いです。新NISA口座をつくるには、数え切れないほどの金融機関から1つを選ばなければならないため、「おすすめ」検索の需要が高いと考えられます。

また、2023年では「おすすめ」の掛け合わせ26位にランクインした「投資信託」もまた、投資への関心の高まりに伴ってランクを上げると予想されます。

美容施術のための「渡韓」需要

2023年のアフターコロナ需要では、国外のなかでも比較的近いアジア圏の旅行が目立ちました。2024年では、特に若年女性層において韓国への旅行需要が高まると予測されます。

近年、国内では、韓国アイドル風メイクの体験のほか、「ポテンツァ(포텐자)」「糸リフト」韓国の最新美容施術が人気を高めています。本場の韓国では日本語対応可能な美容クリニックが増加しており、国内よりも安く美容施術を受けられることから、美容施術は韓国旅行の目的のひとつとなっているようです。

食・美容施術・観光などの魅力であふれ、若年女性の心を掴む韓国。2024年には「渡韓」需要が高まるでしょう。

「メンズコスメ」「メンズ美容」需要

投資の他にも、「メンズ」需要は年々注目度を増しています。

2023年の「おすすめ」検索の需要としては解説しませんでしたが、2023年は「メンズ」が8位と上位ランクインしており、2024年でもさらに注目度が高まると考えられます。

2023年データのおすすめ検索の掛け合わせワード「メンズ」の流入ページを参照すると、「シャンプー」「洗顔料」「化粧水」「リップクリーム」といったメンズコスメのほか、「ヘアアイロン」「日焼け止め」「医療脱毛」といった、従来女性が気にかけると考えられていた美髪・美肌系の美容情報をまとめたサイトが上位の多くを占めています。

メンズコスメの市場が拡大し、メンズコスメ購入のハードルが下がった結果、メンズコスメ・メンズ美容への関心が年々高まっているのかもしれません。

過去にマナミナでは、「メンズコスメの最新動向2023」について扱っています。こちらもぜひ合わせてご覧ください。

メンズコスメの最新動向2023!購入実態や美容へのモチベーションとは?年代別の違いを調査 | [マナミナ]まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン

https://manamina.valuesccg.com/articles/2553

メンズコスメ市場が拡大を続ける今日。スキンケア用品・ヘアケア用品だけではなくメイクアップ用品を利用する男性も増加しているようです。そんななか、メンズコスメの購入実態には年代間で違いがあるのか、男性視点での身だしなみ・美容の動機とは何なのか、2023年の最新動向を調査・分析しました。

「おすすめ」検索の減少はSNS利用の影響?

ここまで「おすすめ」検索について扱ってきましたが、「おすすめ」検索者数は、2022年以来減少傾向にあります。下記の図にみられるように、2022年1月時点では867万人だった「おすすめ」検索者数は、2023年12月時点では560万人と大幅に減少しているのです。

「おすすめ」検索者数の推移(Dockpit)
集計期間:2022年1月〜2023年12月
デバイス:スマートフォンおよびPC

この理由は定かではありませんが、少なくともSNSの影響は大きいでしょう。

デバイス購入のような多額の出費を伴うものは検索エンジンで調べるものの、比較的安価な出費となる商品購買や、宿・観光地や食事のような画像があった方が有利な選択はSNSを利用する人も多いのではないしょうか。

特にInstagramでは、「発見タブ」探索ページで自分の関心に近い投稿がレコメンドされるため、Instagramが服やコスメなどの比較的安価な商品や、ホテル・旅館・グルメといった画像を参照したいサービスの比較検討の場になることもしばしばあると考えられます。

また、TikTokやYouTubeなどの動画媒体では、比較的安価な商品(主にコスメ)の検証動画があったり、ホテルのレビュー動画があることから、「より実体験に近い感覚で失敗なく買い物できる」ために、文字媒体で説明される検索エンジンよりもSNSでの検索を好む人も存在すると考えられます。

他にも、コロナ明けで人と会う機会が増えたことで、検索エンジンに頼らずとも人づてにおすすめを知ることができるようになったこともまた、この理由のひとつと考えられます。

まとめ

2023年に検索された「おすすめ」では、
①アフターコロナの外出需要
②デバイスの比較検討需要
③金銭周り資産活用の銘柄選択需要

が特徴的でした。

これをもとに、2024年に検索されそうな「おすすめ」を予測すると、①の関連で美容施術のための渡韓需要、③の関連で「新NISA」「投資信託」といった投資需要が挙げられます。他にも、「メンズコスメ」「メンズ美容」関連のおすすめ検索も増加が見込まれます。

「おすすめ」検索は減少傾向にありますが、人が商品・サービスを購買する際には、検索エンジン・SNS・知人の口コミなどの何らかの方法で「おすすめ」を知りたがるようです。商材ごとに、「おすすめ」検索者がどのような人で、どのようなニーズを持っているのかの解像度を上げていくことが、今後の鍵になるでしょう。

▼今回の分析にはWeb行動ログ調査ツール『Dockpit』を使用しています。『Dockpit』では毎月更新される行動データを用いて、手元のブラウザでキーワード分析やトレンド調査を行えます。無料版もありますので、興味のある方は下記よりぜひご登録ください。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

2024年春にヴァリューズに入社しました。大学では歴史学と社会学を専攻していました。

関連する投稿


今「note」がアツい!読み物好きな若者を魅了?noteの集客動向を調査<前編>

今「note」がアツい!読み物好きな若者を魅了?noteの集客動向を調査<前編>

2023年夏頃から集客数を急激に伸ばしているメディアプラットフォーム「note」。人気を後押ししているのはどのような人々なのでしょうか?前編では、noteが集客しているユーザーの特徴を深掘り調査し、後編では、noteが規模を拡大している要因を探っていきます。


みんなの注目キーワードは?週間検索トレンドランキング(2024/03/18〜2024/03/24)

みんなの注目キーワードは?週間検索トレンドランキング(2024/03/18〜2024/03/24)

ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」をもとに、週次の検索急上昇ワードランキングを作成し、トレンドになっているキーワードを取り上げます。


フリマ市場を比較調査。メルカリとYahoo!系サービス、それぞれの特徴や集客の強みとは?

フリマ市場を比較調査。メルカリとYahoo!系サービス、それぞれの特徴や集客の強みとは?

節約やお小遣い稼ぎの手段としても注目が高まるフリマ市場。「メルカリ」「Yahoo!オークション」「Yahoo!フリマ」を対象に、フリマ市場の最新動向について調査しました。各サービスのサイト・アプリについて、利用者数やユーザーの人となりに加えて、サイト集客構造の違いについても深掘りし、それぞれの特徴について明らかにしていきます。


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「猫ミーム」は共感性がバズりの鍵?新興SNS「Bluesky」も(2024年2月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「猫ミーム」は共感性がバズりの鍵?新興SNS「Bluesky」も(2024年2月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第16弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「猫ミーム」「Bluesky」「LYPプレミアム」の3テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。Z世代のSNSの使い方、猫ミームがバズった背景、LYPプレミアムの魅力とZ世代のサブスクの使い方など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


ECサイトにおけるKPI策定のポイント

ECサイトにおけるKPI策定のポイント

ECサイトの売り上げをあげるためには、KGIの設定だけではなく、KPIの策定が重要なポイントになります。そこで、気になるKPIの策定ポイントや、課題の洗い出し・分析についてご紹介します。効果的なマーケティング施策にお悩みの方や、ECサイトの売り上げが伸び悩んでいる方はぜひ参考になさってください。


最新の投稿


リスキリングに取り組めない理由の半数は金銭面 時間的理由・学習支援の少なさもネックに【ベンド調査】

リスキリングに取り組めない理由の半数は金銭面 時間的理由・学習支援の少なさもネックに【ベンド調査】

株式会社ベンドは、同社が運営する「スキルアップ研究所」にて、「リスキリングに取り組む際の課題に関する実態調査」を実施し、結果を公開しました。


3C分析(環境分析のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

3C分析(環境分析のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

リサーチャーの菅原大介さんが、ユーザーリサーチの運営で成果を上げるアウトプットについて解説する「現場のユーザーリサーチ全集」。今回は、3C分析(環境分析のアウトプット)について寄稿いただきました。


Is the "car camping" trend over? Investigating changes in demand and user persona based on search words

Is the "car camping" trend over? Investigating changes in demand and user persona based on search words

Car camping became popular in recent years for travel and as an outdoor activity done while social distancing. After the pandemic, its popularity is said to have subsided, but how has the demand changed? We look at changes in demand based on the searches and the user persona of people searching and their interests.


博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

株式会社博報堂DYホールディングスは、全国15~69歳の生活者を対象に、メタバースに関する現状の生活者意識や動向を把握することを目的とした「メタバース生活者定点調査2023」を実施し、結果を公開しました。


ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー株式会社は、2024年4月8日(月)に成果保証型インフルエンサーマーケティングを支援するサービス「バズリスタ(BUZZRISTA)」を正式リリースしたことを発表しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ