Z世代にとってSNSは承認欲求を満たす場ではない?身近な人とのコミュニケーション手段としての利用が多数【SHIBUYA109 lab.調査】

Z世代にとってSNSは承認欲求を満たす場ではない?身近な人とのコミュニケーション手段としての利用が多数【SHIBUYA109 lab.調査】

株式会社SHIBUYA109エンタテイメントは、同社が運営する若者マーケティング機関『SHIBUYA109 lab.(読み:シブヤイチマルキュウラボ)』にて、Z世代を対象に「Z世代の承認欲求に関する意識調査」を実施し、結果を公開しました。


Z世代の「承認欲求」の自己採点は平均40点。承認欲求を持つのは悪いこと!?

Z世代の承認欲求について調査するにあたり、自分の「承認欲求」を100点満点で採点してもらった結果、平均は41.2点と50点を超えておらず、30点以下をつけた人数の割合は38.0%となりました。

あなた自身の承認欲求の高さに点数をつけるとしたら何点か教えてください。

さらに承認欲求について聞いた際、フリー回答をテキストマイニングしたところ、InstagramやインフルエンサーといったSNSに関連する語句に加え、「バカッター」「メンヘラ」などマイナスな印象を表現する言葉も多く見られました。 Z世代の承認欲求とSNSには密接な関係性があることがうかがえます。

「承認欲求」と聞いてあなたが思い浮べたことを教えてください。

SNSで承認欲求が満たされるのは少数派。Z世代にとってのSNSの立ち位置とは

SNSと承認欲求の関係について調査していく上で、まず基本情報として各SNSの閲覧頻度は、いずれも「1日複数回」が最も多くなり、Instagram:63.1%、X(Twitter):57.9%、TikTok41.3%、動画配信サービス:69.1%となっており、複数のSNSを日常的に何度も見ることが当たり前になっています。

あなたのSNSの利用頻度について教えてください。

また「多くの友達と繋がる自分のメインのアカウントは非公開(鍵)アカウントである」という質問に対して「はい」と回答した割合は68.7%であり、多くのZ世代はSNSで不特定多数から承認されたい、リアクションを受けたいという目的でSNSを行っておらず、身近な人とのコミュニケーションのために使用していることがわかります。

インタビューでも、「SNSで絵を描いて投稿しているが、好きで描いているだけ、閲覧数やいいね数は気にしていない」「SNSは公開設定にしない。鍵をかけないと投稿から今いる場所などがわかるので怖い」「SNSは思い出を載せる場所」など、狭いコミュニティで自分の好きなことをシェアしたり収集したりして楽しむ手段の一つとしてSNSを楽しんでいる意見が聞かれました。

あなたにあてはまるものを教えてください。

承認欲求に関連するSNSの事柄について聞いたところ、「SNSを通じて『承認欲求』が満たされていると感じることがある」には「あてはまらない」という回答が60.2%と多数派になりました。

「SNSは『自分の居場所』を感じられるツールである」「SNSを通して多くの人からの共感(いいねなど)がほしい」「SNSを通して身近な人に『羨ましい』と思われたい」についても6割以上が「あてはまらない」と回答したため、SNSで承認欲求を満たそうとしている様子はこの調査では見られませんでした。

次の事柄に関してあなた自身についての評価を教えてください。

一方で「SNS上で他人から『承認欲求』が高い人と思われたくない」と57.9%の人が回答し、「承認欲求は高く見られたくない」という意識がうかがえます。

インタビューの中で、承認欲求の高い人について聞いてみると、「プライドが高そう」「ポジティブには思わないが、自分も承認欲求が高いので完全に嫌だとは言えない」などの意見が聞かれており、「承認欲求」についてマイナスなイメージが持たれていることがわかりました。

SNSに対する考え方に関して、あなたにあてはまるものを教えてください。

また、「『承認欲求』を満たしていると感じる他人の行動」においては、「自撮りの投稿(公開)(53.3%)」「顔やスタイルを大幅に加工した写真の投稿(36.1%)」「高頻度での投稿(30.9%)」が挙がりました。

SNSは他人の承認欲求を感じる場所であり、そのように受け取られる行為を避けることで自身の承認欲求が高いと思われないように気を付けているようにも思われます。

SNS上で「承認欲求」を満たしていると感じる他人の行動があれば教えてください。

人前よりも個別で褒められるのを好むZ世代。承認欲求高め層は周囲の目を気にし、 低め層はリスク回避!? 

それではZ世代がどうやって承認欲求が満たされたと感じるのか、「日常生活の中で「承認欲求」が満たされた状態だと感じるものを教えてください」という質問で聞いてみると「人から頼られた (47.9%)」「集団の一員として認められた(41.0%)」「自分の努力に対してリアクションがもらえた(40.8%)」が高くなり、直接的に何かを褒められることよりも、他者から何かしらの良いリアクションが得られることに票が集まりました。

あなたが日常生活の中で「承認欲求」が満たされた状態だと感じるものを教えてください。

求めている褒められ方としては、「大勢の前よりも、個別で褒められたい」という回答が62.7%になっています。この傾向は、承認欲求の点数の平均点(40点台)を基準に承認欲求度が低い(30点以下)グループで特に顕著で、承認欲求度が高い(51点以上)グループでは半数程度なのに対し、30点以下のグループでは、7割以上になっています。

グループインタビューでも、「大勢の前で褒められると嬉しいけど『そこまで大したことじゃないのに』と思う」「大勢の前で褒められるのはちょっと負担かな。目立つし、嬉しさより恥ずかしさが勝ってしまう」などの意見が聞かれました。

あなたにあてはまるものを教えてください。

周囲からの見られ方に関する質問については、「意見を言う時、周囲に反対されないか気になる」という設問に「あてはまる」と回答した人数は全体で66.1%、「場違いなことをして笑われないよう、いつも気を配る」という回答は、全体で62.4%、「相手との閧係が悪くなりそうな議論はできるだけ避けたい」という回答は全体で67.0%と全体的に周囲の目を気にする傾向がありました。

次のうち、あなたにあてはまると思うものを選択してください。

さらに各結果を承認欲求度の高いグループ・低いグループで分類すると、「意見を言う時、周囲に反対されないか気になる」という設問に「あてはまる」と回答した割合は、承認欲求度が高いグループでは73.4%、低いグループでは60.3%、「場違いなことをして笑われないよう、いつも気を配る」という回答は、承認欲求が高いグループでは69.7%、低いグループでは55.6%、「相手との閧係が悪くなりそうな議論はできるだけ避けたい」という回答は、承認欲求が高いグループは71.8%低いグループは61.9%となり、承認欲求が高いグループの方がすべての項目で高い割合となり、より周囲の目を気にしていることがわかります。

次のうち、あなたにあてはまると思うものを選択してください。

また、同様の設問を職業別で見てみると、すべての設問で高校生の属性の回答者が当てはまると答える割合が高くなりました。「教室」や「部活」といった限られた友好関係のなかで生活する高校生はより周囲からの見られ方に敏感であることがわかります。

次のうち、あなたにあてはまると思うものを選択してください。

また、目標達成に対する考え方について聞いたところ、自分の承認欲求に51点以上を付けた承認欲求が高いグループは「誰かに貢献したい・役に立ちたい」という回答が43.6%であるのに対して、自分の承認欲求の点数に30点以下をつけた低いグループは60.2%となり、承認欲求の点数に低い点数をつけたグループの方が、目立つ功績よりも、周囲への貢献意識が強い傾向があると考えられます。

「可能な限り失敗を避けつつコツコツ経験を積みたい」に関しても自分の承認欲求に51点以上を付けたグループは53.3%のところ、自分の承認欲求の点数に30点以下をつけたグループは67.6%となり、承認欲求の点数に低い点数をつけたグループの方が、リスクを避ける傾向があることがわかりました。

次の選択肢の中からあなたにあてはまるものを選択してください。

ここまで他者からの見られ方や評価について聞いてきたため、最後に自分自身に対する見方や評価を確認するために「自分への満足度」について聞きました。

自分への満足度への理由をプラス因子とマイナス因子を同時に聞き、グループごとにみてみると、承認欲求が高いグループは、「環境に恵まれているから(28.1%)」「ほかの人と比べると幸せな方だと思うから(28.7%)」など他者起因の理由が高く、承認欲求が低いグループは「自分の能力が気に入っていない・不足感があるから(28.5%)」「自分の外見が気に入っていないから(27.8%)」など自分起因の理由が高くなっているのが特徴です。悪い面は自分自身に、良い面は周りの環境に要因があると考えていることがわかりました。

自分への満足度としてその点数をつけた理由を教えてください。

調査概要

①WEB調査
調査期間:2024年1月
調査パネル:外部調査会社のアンケートパネルを使用
(SHIBUYA109 lab.調べ GMOリサーチプラットフォーム利用の調査)
居住地:一都三県(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)
性別:男女
年齢:15~24歳
対象:高校生・大学生・短大・専門学校生
回答者数:463名(男性228名:女性235名)
※回答率(%)は小数点第2位を四捨五入し、小数点第1位までを表示しているため、合計数値は必ずしも100%とはならない場合があります。
②SHIBUYA109 lab.による定性調査
デプスインタビュー
対象者条件:高校生~大学生 男子4名、女子4名 合計8名
・その他過去定性調査をもとに考察
③金沢大学金間ゼミによるご協力
金沢大学融合研究域の金間大介教授及び、ゼミ生(井戸咲希、大内こころ)による協力
(インタビュー分析、定量調査設計、定量調査分析など)

出典元:株式会社SHIBUYA109エンタテイメント

SHIBUYA109 lab. | 渋谷発・10~20代に特化したマーケティングリサーチチーム

https://shibuya109lab.jp

SHIBUYA109lab.はaround20(15~24歳)のZ世代に特化するマーケティングチーム。毎月およそ200人を超える「新しい世代」と向き合い、独自の視点からその生態をひも解きます。当サイトでは、リサーチレポートもご覧いただけます。

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000289.000033586.html

※詳細については出典元の企業にお問い合わせください。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


マーケティング Z世代

関連する投稿


リスキリングに取り組めない理由の半数は金銭面 時間的理由・学習支援の少なさもネックに【ベンド調査】

リスキリングに取り組めない理由の半数は金銭面 時間的理由・学習支援の少なさもネックに【ベンド調査】

株式会社ベンドは、同社が運営する「スキルアップ研究所」にて、「リスキリングに取り組む際の課題に関する実態調査」を実施し、結果を公開しました。


博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

株式会社博報堂DYホールディングスは、全国15~69歳の生活者を対象に、メタバースに関する現状の生活者意識や動向を把握することを目的とした「メタバース生活者定点調査2023」を実施し、結果を公開しました。


ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー株式会社は、2024年4月8日(月)に成果保証型インフルエンサーマーケティングを支援するサービス「バズリスタ(BUZZRISTA)」を正式リリースしたことを発表しました。


ショート動画を「ほぼ毎日見ている」割合は、若い年代ほど高い傾向【LINEリサーチ調査】

ショート動画を「ほぼ毎日見ている」割合は、若い年代ほど高い傾向【LINEリサーチ調査】

LINEリサーチは、10~60代の男女を対象に、ふだんショート動画(YouTubeのshorts(ショート)やTikTokなど、1分程度の縦型の動画)をどのくらい見ているか、見ている理由について調査を実施し、結果を公開しました。


NABLAS、生成AIのフェイクを見破る企業向けフェイク検出サービスをリリース

NABLAS、生成AIのフェイクを見破る企業向けフェイク検出サービスをリリース

NABLAS株式会社は、メディアやSNSにおける情報だけでなく、人間の目では見抜けないレベルのフェイクコンテンツに対しても、ユーザー独自で専門的かつ信頼性の高いフェイク判定を行える「企業向けフェイク検出サービス」をリリースしたことを発表しました。


最新の投稿


リスキリングに取り組めない理由の半数は金銭面 時間的理由・学習支援の少なさもネックに【ベンド調査】

リスキリングに取り組めない理由の半数は金銭面 時間的理由・学習支援の少なさもネックに【ベンド調査】

株式会社ベンドは、同社が運営する「スキルアップ研究所」にて、「リスキリングに取り組む際の課題に関する実態調査」を実施し、結果を公開しました。


3C分析(環境分析のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

3C分析(環境分析のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

リサーチャーの菅原大介さんが、ユーザーリサーチの運営で成果を上げるアウトプットについて解説する「現場のユーザーリサーチ全集」。今回は、3C分析(環境分析のアウトプット)について寄稿いただきました。


Is the "car camping" trend over? Investigating changes in demand and user persona based on search words

Is the "car camping" trend over? Investigating changes in demand and user persona based on search words

Car camping became popular in recent years for travel and as an outdoor activity done while social distancing. After the pandemic, its popularity is said to have subsided, but how has the demand changed? We look at changes in demand based on the searches and the user persona of people searching and their interests.


博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

株式会社博報堂DYホールディングスは、全国15~69歳の生活者を対象に、メタバースに関する現状の生活者意識や動向を把握することを目的とした「メタバース生活者定点調査2023」を実施し、結果を公開しました。


ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー株式会社は、2024年4月8日(月)に成果保証型インフルエンサーマーケティングを支援するサービス「バズリスタ(BUZZRISTA)」を正式リリースしたことを発表しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ