業界別のサイトランキングを無料で作成できる|General Overview|eMark+(イーマークプラス)

業界別のサイトランキングを無料で作成できる|General Overview|eMark+(イーマークプラス)

「eMark+(イーマークプラス)」のGeneral Overviewを使うと、サイトランキングが無料で簡単に作れるのをご存知でしょうか?


インターネット行動ログ分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」の「General Overview」を使うと、Webサイトやアプリの最新ランキングを簡単に作ることができます。

eMark+ General Overview

ユーザー数の多いサイトがわかる「サイトランキング」機能

「サイトランキング」は特定の年月、カテゴリなど条件にして、Webサイトのユーザー数ランキングを作成できる機能です。

いま、どのようなサイトが人気なのかを知ることはもちろん、車、化粧品、メディアなど様々なカテゴリに絞ってランキングを作成できるため、業界内でどのサイトがユーザーを集めているかを効率的にリサーチすることができます。

eMark+のスタートメニューから、General Overviewの「サイトランキング」を選択し、「新規レポート作成」ボタンをおすと、デフォルトでは下図のように、最新1ヶ月でユーザー数の多いサイトがランキング形式で表示されます。その数、なんと上位1000サイト!

eMark+の「サイトランキング」

上位は、Amazon、Google、Yahoo!など大手サイトが並んでいます。
ランキング表では、各サイトのユーザー数ページビュー数がひとめでわかります。

「リーチ率」はちょっと見慣れない指標かもしれませんが、ユーザー全体に対して占める割合です。例えば、リーチ率が60%の時は、一般消費者のうち、約60%がこのサイトを訪問している、という意味になります。

カテゴリ、サブカテゴリはヴァリューズが独自に定義し分類しています。
このカテゴリによってサイトを絞り込むこともできます。

業界(カテゴリ)別に絞ってみる

例えば、「食品・飲料」業界に絞って、どのようなサイトのユーザー数が多いのか見てみましょう。

上部のメニューから「カテゴリ/サブカテゴリ」の[選択する]ボタンをおすと、カテゴリ選択のウィンドウが表示されます。見たいカテゴリにチェックを入れて[選択を確定]ボタンをクリック。

カテゴリ選択画面

カテゴリの選択が終わったら、真ん中の[検索]ボタンをおしてみましょう。
「食品・飲料」に絞ったサイトランキングを作成することができます。

「食品・飲料」のサイトランキング(2019年5月/PC)

URLを入力してユーザー数を知る

特定のサイトのユーザー数を知りたい時は、上部のURL入力機能を使います。

「サイト」欄にURLを入力して[検索]ボタンをおすと、特定サイトのユーザー数やページビュー数を簡単に出すことができます。

ここで便利な機能がカテゴリ絞込みとの合わせ技です。
OR検索を使うと、URLで指定したサイトまたは特定カテゴリとなるので、特定業界内で、知りたいサイトがどれぐらいのユーザー規模のポジションにあるのか、を簡単に出すことができます。
ベンチマークしたい競合サイトを探すのにも役立ちます。

伸びているサイトがわかる

サイトランキングには、「前月比」、「前年同月比」の指標もあります。

例えば「前月比」の横にある[▼]をクリックして「降順」を選ぶと、前月に比べてユーザー数が上昇しているサイトが、上昇率の高い順番にランキングされます。

下図は、2019年5月のサイトランキングなので、東京オリンピック観戦チケット抽選受付スタートで話題となった、「東京2020公式チケット販売サイト」が前月比1位のサイトになっていました。

前月比の高いサイトランキング(2019年5月/PC)

このように、いま、旬なサイトがわかるのです。

同じように、前年同月比でも昇順や降順でソートができます。昇順を選ぶと、昨年の同月よりもユーザー数が落ちているサイト、降順を選ぶと、ユーザー数が伸びているサイトを把握することができます。

また、前月比や前年同月比は、カテゴリを絞った後にソートもできるので、特定業界で成長しているサイトはどこかもすぐチェックできますね。

データはダウンロードできる

ランキングを作成したあとは、この条件を保存して後からも見ることができるようにしたり、データをダウンロードしてExcelなどで加工することができます。

ダウンロード形式は
・CSV形式
・TSV形式
・テキスト表示
の3つ。
「テキスト表示」は文字通りテキストで表示されるので、これをコピーすれば、Excelにそのままペーストできて便利です。

このサイトランキング機能、データソースがPCの場合は無料で利用できます。
スマートフォンやPCとスマートフォンのデータを合算で見たい場合は有料となります。

まずはeMark+の無料版に登録して、お試しください。

アクティブ率もわかる「アプリランキング」機能

Webサイトだけでなく、スマートフォンのアプリについても、ランキングを確認することができます。

Google Playのカテゴリ別に絞ってみる

eMark+のモニターはAndroidユーザーです。従って、Google Playのカテゴリからカテゴリ条件を指定できます。

アプリカテゴリの選択画面

インストールユーザー数、アクティブ率がわかる

例えば、「コミック」アプリでは、どこが一番アクティブユーザーが多いか、も一目瞭然。

・利用ユーザー数=アクティブユーザー数
・所持ユーザー数=インストールユーザー数

に加えて、所持率アクティブ率前月比前年比なども把握できます。

「コミック」のアプリランキング(2019年5月)

ランキングは前月比など各指標でソートができるので、例えば、TVCMでプロモーションしていた他社アプリは、実際にどれぐらいインストールユーザーやアクティブユーザーが上昇しているのか?などを簡単に出すことができるのです。

もちろん、「サイトランキング」と同様に「アプリランキング」もデータはダウンロードができます。
資料作成時には、データソースを「株式会社ヴァリューズ eMark+調べ」と記載いただき、ご利用ください。
※データはご契約企業様のみでの利用とさせて頂きます。(データの外部公開や他社への二次利用が必要な場合は、別途ご相談ください)

アプリの利用ユーザー層がわかる

このアプリはどんなユーザー層が利用しているのだろう?
そんな疑問を解決するには、アプリランキングで見たいアプリを右クリックしてみてください。

ユーザー属性(全体)」というメニューが出てきます

各アプリの利用者の性別・年代・地域・職業などを確認できます。

アプリ利用者のユーザー属性

どんなアプリが伸びていて、どのようなユーザーが利用しているのか、わずか数分で確認できてしまいます。ネット上の情報を検索したり、様々な調査データを探す手間を大幅に削減することができるでしょう。

「eMark+」の機能がパワーアップした新ツール「Dockpit(ドックピット)」が2020年10月にリリースされました。この記事でご紹介した、 [General Overview]でのサイトランキングは、PCサイトであれば無料で利用することができます。

まずは無料版に登録して、実際にDockpitを体験してみてくださいね。

dockpit 無料版の登録はこちら

スマートフォンのサイト・アプリのデータは有償となります。
料金プランはこちらからご確認ください。


eMark+では、有償機能トライアル特典がついた無料の体験セミナーも行っていますので、ご興味のある方はぜひセミナーにもご参加ください。

競合サイトも分析できる?『eMark+(イーマークプラス)』とはどんなツール?

https://manamina.valuesccg.com/articles/449

デジタルマーケティングに欠かせない市場調査や競合分析が無料で始められる「eMark+(イーマークプラス)」についてご紹介します。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


LINE経済圏の成り立ちをデータで考察 ~ 進む「巨大プラットフォーム化」とその将来像とは

LINE経済圏の成り立ちをデータで考察 ~ 進む「巨大プラットフォーム化」とその将来像とは

コミュニケーションツールの枠組みを大きく超え、コンテンツ配信やFintech領域でも存在感を増しているLINE系サービス。同社の多彩なサービス展開によって形成される巨大なプラットフォームの全貌と、広がっていく「LINE経済圏」の今後について、ヴァリューズの提供する2つの分析ツールを用いて調査していきます。


市場調査を無料でできる?マーケターのためのリサーチエンジン「Dockpit」の無料版を使ってみた

市場調査を無料でできる?マーケターのためのリサーチエンジン「Dockpit」の無料版を使ってみた

Webサイト改善、SEO対策、コンテンツマーケティング、メディアプランニングなど、デジタルマーケティングに欠かせない市場調査や競合調査、検索キーワード分析。これらが1つのツールで簡単に把握できる「Dockpit(ドックピット)」から、一部機能を無料で使える無料版がリリースされました。無料でどんなことができるのか、マナミナ編集部で早速試してみることに。本稿で詳しくレポートします。


ユーザー数急上昇アプリランキング〜日本生命など保険系アプリが急伸!ポケモンHOMEも上位に【20年11月】

ユーザー数急上昇アプリランキング〜日本生命など保険系アプリが急伸!ポケモンHOMEも上位に【20年11月】

2020年11月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。11月のトレンドを調査しました。


キャッシュレスアプリ徹底分析2020!コロナ禍で地方でも利用者増の実態とは…年間成長率トップは北海道&シニア層という結果に

キャッシュレスアプリ徹底分析2020!コロナ禍で地方でも利用者増の実態とは…年間成長率トップは北海道&シニア層という結果に

政府主導のポイント還元事業を機に、急速に普及したキャッシュレスアプリ。数百億規模のキャッシュバックキャンペーンで一躍注目を浴びたPayPayをはじめ、d払いやauペイ、楽天Pay、LINEPayが肩を並べています。導入負担の少なさから、加盟店も続々と拡大。最近では、新型コロナ感染予防策としてキャッシュレス決済を利用する人も増えています。本稿では、そんなキャッシュレスアプリに着目。主要アプリのユーザー数推移や、地域・年代別の利用傾向を調査しました。


「移住」トレンドを検索キーワードから調査。2021年は移住元年となるのか

「移住」トレンドを検索キーワードから調査。2021年は移住元年となるのか

新型コロナ禍以降、主に都市部から地方への移住に関心を持つ人が増えているようです。もともと多くの地方自治体が移住者の誘致に積極的だったところ、長引くwithコロナ生活の中でテレワークがすっかり浸透したことが重なり、ユーザーの「移住」に関する検索行動も増えています。今回は「移住」に関連する検索キーワードに着目し、検索トレンドや検索ユーザーの属性などについて調査・分析します。


最新の投稿


12月の急上昇サイトは?LINEヘルスケアの「感染対策を見据えた受診方法」コンテンツにユーザー集まる

12月の急上昇サイトは?LINEヘルスケアの「感染対策を見据えた受診方法」コンテンツにユーザー集まる

2020年12月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit(ドックピット)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はDockpitを使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


マーケティングの基礎知識「イノベーター理論」とは?

マーケティングの基礎知識「イノベーター理論」とは?

新しいモノやサービスが市場に普及する過程を分析する際に、「アーリーアダプター」「キャズム」などの用語は聞いたことがあるはず。これらは消費者を5つのグループに分類して分析した「イノベーター理論」の一部です。5つのグループや普及の分岐点など、イノベーター理論について解説します。


コロナ禍での「乳酸菌」への関心調査レポート

コロナ禍での「乳酸菌」への関心調査レポート

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中、消費者の健康へのニーズは日に日に高まっています。今回は「乳酸菌」に着目し、インターネット行動ログデータの分析から「乳酸菌」への関心の変化を探ります。(ページ数|16p)


ダイエットに最適?中国の「代餐食品」(食事代替品)に迫る!|中国トレンド調査

ダイエットに最適?中国の「代餐食品」(食事代替品)に迫る!|中国トレンド調査

体に必要なすべての栄養素を手軽に補給できる「代餐食品」(食事代替品)が現在、中国で大人気です。中国最大級のECプラットフォームT-mallとJD.comの調査報告書によると、2019年「代餐食品」(食事代替品)のEC売上は10億元を突破しています。また、ユーロモニターの市場調査では、中国における「食事代替品」の市場規模は30%以上の成長率を示しており、2022年までに約1200億元に達すると予想されています。本稿では、中国における「代餐食品」ブームが生まれた理由とは何か、また、人気な「代餐食品」ブランドを調査していきます。


LINE経済圏の成り立ちをデータで考察 ~ 進む「巨大プラットフォーム化」とその将来像とは

LINE経済圏の成り立ちをデータで考察 ~ 進む「巨大プラットフォーム化」とその将来像とは

コミュニケーションツールの枠組みを大きく超え、コンテンツ配信やFintech領域でも存在感を増しているLINE系サービス。同社の多彩なサービス展開によって形成される巨大なプラットフォームの全貌と、広がっていく「LINE経済圏」の今後について、ヴァリューズの提供する2つの分析ツールを用いて調査していきます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング