4P分析とは?マーケティングミックスに活用

4P分析とは?マーケティングミックスに活用

4P分析は企業が販売戦略を決める際に使わるフレームワークでProduct(製品)、Price(価格)、Place(流通)、Promotion(販促)の頭文字を取った用語です。ニーズを満たした製品を、適切な価格で適切な流通で効率よく販促できれば、売上拡大につながります。


4P分析とは?マーケティング戦略立案のどのステップで使う?

4P分析とは、1960年アメリカのマーケティング学者エドモンド・ジェローム・マッカーシーが提唱した、次の4つのPの頭文字を取った理論です。
・Product(製品)
・Price(価格)
・Place(流通)
・Promotion(販促)

マーケティング戦略立案のステップのうち、5.マーケティング・ミックスの最適化、および6.実行計画の策定で使用します。

1.マーケティング環境分析
2.マーケティング課題の特定
3.標的市場の選定
4.ポジショニング
5.マーケティング・ミックスの最適化
6.実行計画の策定

4P分析の方法

4つのPをそれぞれ分析していきます。分析する上で、自社でコントロールが可能な要素であること、また、それぞれのPの整合性を確認し、相互にシナジー効果を生み出せるよう設定することが大切です。

それでは分析及び設定のポイントを見ていきましょう。

Product(製品)
要素はコア機能(機能・価値)、形態(品質・ブランド・パッケージ)、付随機能(アフターサービス)など。

・製品・サービスのコンセプトやブランドイメージは明確になっているか?
・競合他社との差別化を各要因(コア機能・形態・付随機能)で検討しているか?

Price(価格)
要素は利益・高級か庶民向けか・値引き有無など。

・原価(仕入れ値)や人件費などの費用を考慮し利益が得られるか?
・競合他社の価格と比較して高いか安いか?
・値引きをするか?

Place(流通)
要素はチャネル構造・在庫など。

・販売・流通チャネルの構造は、製品・サービスの特徴やイメージに合致しているか?
・ターゲット層への提供のし易さのみならず、利益も考慮し最適化しているか?
・在庫保管の仕組みはシステム化など効率性を考慮しているか?

Promotion(販促)
要素は広告媒体、イベントなど。

・新規顧客獲得のために、キャッチコピーはどうするか?競合他社と差別化出来ているか?
・どのような広告媒体を利用してPRを行うか?
・既存顧客にリピートしてもらうための仕組みをどうするか?

4P分析とセットで使われる4C分析

4P分析とセットで使われる4C分析は、4P分析同様、企業が販売戦略を決める際に使わるフレームワークで、Customer Value(顧客価値)、Cost(顧客にとっての経費)、顧客利便性(Convenience)、Communication(顧客とのコミュニケーション)の頭文字を取ったフレームワークです。

4P分析ではどのような製品を売っていくか企業視点で考えますが、4P分析を改良し顧客視点を取り入れた理論が4C分析で、1993年アメリカのノースカロライナ大学マスコミ学科教授のロバート・ラウターボーン氏が提唱しました。

この4P分析と4C分析、一見言葉を入れ替えただけのように見えますが、施策を考える上での視点が異なり、4Pは企業視点、4Cは顧客視点であることが重要なポイントです。

次に2社の事例を見てみましょう。

1.ライザップ(パーソナルトレーニングジム)

「RIZAP」のユーザー獲得戦略を探る

https://manamina.valuesccg.com/articles/142

認知はタレント起用のプロモーションで、獲得はリターゲティングで

Product(製品)
・パーソナルトレーニングジム
・完全個室でマンツーマントレーニング
・希望の体型になるための食事及びトレーニングのノウハウ提供

Customer Value(顧客価値)
・なりたい体型に短期間でなれる
・結果にコミットするために専属トレーナーが自分だけのプログラムを用意してゴールまで伴走してくれる
・短期間での体型変化は健康面で不安もあるが、提携医師や管理栄養士などのプロ集団がバックにいるので安心
・トレーニング終了後も、リバウンドしないよう知識、ノウハウを蓄積できる


Price(価格)
・通常コースで、入会金:5万円、ベーシックコース:29万8千円、2ヶ月で35万円
・トレーニングジムの中ではかなり高額

Cost(顧客にとっての経費)
・割高だが、30日全額保証サービスがありので心理的に安心


Place(流通)
・全国(一部海外も)多店舗展開

Convenience(顧客利便性)
・全国に店舗があり、通いやすい


Promotion(販促)
・「結果にコミットする」という独自のキャッチコピー
・独創的なリズムを用いた演出のムービー、著名人が素敵な体型に変身していくビフォアー・アフターの様子をTVCMで大々的に打つ
・アフィリエイトも積極的に活用

Communication(顧客とのコミュニケーション)
・信頼できる専属トレーナーにいつでも報告・連絡・相談ができるため三日坊主になりにくい。

2.未来食堂

ただめしを食べさせる食堂が今日も黒字の理由

次に、中小企業診断士の中でも話題のマーケティング手法を用いている未来食堂を例に見てみましょう。

Product(製品)
・昭和を感じさせるこだわりいっぱいの小さな定食屋さん
・すぐに食事を提供する仕組み(定食メニュー1種類)
・従業員は店主1人だけで、ボランティアでお手伝いしてもらう

Customer Value(顧客価値)
・その日の気分によって食べたいものを提案してもらえる
・ファーストフード並に提供が早く、栄養価の高い食事ができる
・お手伝いをするとまかないが無料で食べられる「まかない」
・誰かの役に立ちたくてまかないの権利を放棄したお手伝いさんの分の食事を無料で1人1回食べられる「ただめし」
・カウンターに置いてある、他のお客さんが持ち込んだドリンクを自由に飲める「さしいれ」


Price(価格)
・日替わり定食900円
・プラス400円で顧客の好みの食事を提案・提供「あつらえ」

Cost(顧客にとっての経費)
・スピーディーな提供で平均価格で定食を食べられる
・お手伝いする、またはまかない券を利用すれば無料


Place(流通)
・神保町駅から徒歩3分

Convenience(顧客利便性)
・駅チカで行きやすい


Promotion(販促)
・元エンジニアの店主が飲食業界において画期的な店舗運営を展開

Communication(顧客とのコミュニケーション)
・自分の好みに応じておかずを提案してもらえる1対1のコミュニケーション
・その場にいない誰かへプレゼントを贈れる(まかないの権利を誰かにプレゼント)、または誰かからのプレゼントを受け取れる「ただめし」

4P分析と4C分析をセットで使うことで、企業側、顧客側のどちらの視点も取り入れた分析を行うことが可能になるのです。

また、顧客に自社の商品・サービスをいかにPRするか、どのような言葉が響くのか、キャッチコピーを考える上でも役立ちます。

まとめ

マーケティング施策を具体化する上で重要なフレームワーク4P・4C分析を紹介しました。

素晴らしい商品やサービスを作り出し消費者に受け入れてもらうためには、企業側・顧客側双方の視点を取り入れる必要があります。そのためにも、4P・4C分析を行い、効果的なマーケティング・ミックスを展開しましょう。

関連記事

4C分析とは?4P分析との違いは"消費者目線"かどうか

https://manamina.valuesccg.com/articles/592

マーケティング戦略のフレームワークで4P分析とセットで使われる4C分析について、用語の定義や使い方を解説します。4P分析の4つの要素を顧客目線で捉え直すと4C分析になります。売り手目線の4P分析から導き出された戦略が顧客目線から見ても妥当か?というチェックするのに役立ちます。

競合調査の代表的フレームワーク3種(3C分析・4P分析・SWOT分析)

https://manamina.valuesccg.com/articles/589

市場における自社の強み・弱みや他社の戦略を把握するために行う「競合調査」。ビジネスの競合調査でよく使わているフレームワークが3C分析・4P分析・SWOT分析です。各フレームワークの概要と分析方法、使い分けをご紹介します。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


マーケティング戦略とは?立案方法から事例まで

マーケティング戦略とは?立案方法から事例まで

自社の商品・サービスを市場に普及させるには、一貫したマーケティング戦略が必要です。企業のマーケティング戦略立案に使われる3C分析・STP分析・4P分析などのフレームワークや、有名企業のマーケティング戦略事例をご紹介します。


マーケティング戦略とは?基本から立案までを解説

マーケティング戦略とは?基本から立案までを解説

自社の商品やサービスを消費者に、どのように差別化して届ける(購入してもらう)かを考え、そこで出た結論を実行に移すのがマーケティング戦略の基本です。マーケティングの「戦略」を立案し実行するには具体的にどうしたらよいでしょうか。


顧客分析の代表的なフレームワーク3選(RFM分析・デシル分析・NPS分析)

顧客分析の代表的なフレームワーク3選(RFM分析・デシル分析・NPS分析)

自社の商品やサービスの購入が見込める顧客を予測し、効果的な販売促進のアプローチを探る「顧客分析」。マーケティングにおける顧客分析では「RFM分析」「デシル分析」「NPS分析」というフレームワークがよく用いられます。各フレームワークの基本的な概要や分析方法などを紹介します。


一人の顧客を徹底的に掘り下げる顧客分析手法 ~「n1分析」とは?

一人の顧客を徹底的に掘り下げる顧客分析手法 ~「n1分析」とは?

統計やマーケティングにおいて、分析結果の有意差を出すために必要な「n数」。分母を増やすのではなく、一人の顧客を徹底的に分析することで顧客理解を深める手法が「n1分析」です。


【メーカー系企業のEC担当者向け】ECの売上を伸ばすには?3ステップから学ぼう!

【メーカー系企業のEC担当者向け】ECの売上を伸ばすには?3ステップから学ぼう!

EC運営で困った時や、今より売れるヒント探しを目的とした方に向けた3stepガイド。「ECを効率的に勉強したい」「他社ECの事例を知りたい」「D2Cについて知識をつけたい」そんな思いに応えたブック型記事になっています。ステップ順に見ていけばEC運営の基礎知識も身につき、自社ECの課題点や改善点が把握できるように記載しています。


最新の投稿


戸建てVSリフォーム!?コロナ禍の住宅事情を検索キーワードから徹底調査!

戸建てVSリフォーム!?コロナ禍の住宅事情を検索キーワードから徹底調査!

新型コロナの影響によるステイホームやリモートワークの広がりが、住宅事情にも変化を及ぼしています。夫婦で在宅勤務できるスペース、子どもがストレスなく過ごせる空間など、家で過ごす時間が増えたことによって、今までとは違った視点で住宅について考えるきっかけができました。今回は戸建て、土地、リフォームなど、住宅に関する消費者意識の最新動向を分析していきます。


中国で社会現象に。「姐姐経済(お姉さん経済)」時代がやってきた|中国トレンド調査

中国で社会現象に。「姐姐経済(お姉さん経済)」時代がやってきた|中国トレンド調査

「小姐姐」は中国語で「姉」を意味する一方で、近年、「お姉さん経済」と呼ばれる社会現象が女性の社会進出によって現れました。20代〜40代、高学歴、都市部在住などの属性に分類できる、いわゆる「小姐姐」はモノ消費と、経験を楽しむコト消費を同時に重視しており、ECショッピング、スキンケア・化粧品から観光、美容医療、娯楽サービス領域まで、「お姉さん経済」によるインパクトが増大しています。このような消費者行動の特徴を理解することは中国女性消費者向けのマーケティング戦略を立てる時に不可欠であり、中国人女性のライフステージの多様化に伴う消費ニーズを見出すこともできます。


マスク着用でマウスウォッシュが話題に!中でも「リステリン」が注目されている理由を検索データから探ってみた

マスク着用でマウスウォッシュが話題に!中でも「リステリン」が注目されている理由を検索データから探ってみた

新型コロナウイルスの影響でマスクの着用が常態化している昨今。長時間のマスク着用などで自分の口臭が気になっている人が増えているのではないでしょうか。最近では、マスク着用という新生活様式に伴い、エチケットの一環としてマウスウォッシュなどの口臭ケア用品を取り入れている人も多いようです。そこで今回は「口臭」に関連するキーワードに着目して調査・分析をしてみました。


Webサイト&アプリ市場のユーザー数ランキング2020を発表!ステイホームでYouTube利用大幅増、非接触推奨でキャッシュレス決済アプリが日常化

Webサイト&アプリ市場のユーザー数ランキング2020を発表!ステイホームでYouTube利用大幅増、非接触推奨でキャッシュレス決済アプリが日常化

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、2020年1月~10月のWebサイトのアクセス数、スマートフォンのアプリの起動数を調査し、ランキングを作成。前年との比較や、年代別での利用傾向に関しても分析をおこないました。


【動画レポート】ネット行動ログデータによるパーソナルケア商品検索者の動向分析 ~ヘアケア及びオーラルケアの消費者調査

【動画レポート】ネット行動ログデータによるパーソナルケア商品検索者の動向分析 ~ヘアケア及びオーラルケアの消費者調査

いま知っておくべき情報を20分に要約した、ショートセミナー動画によるレポートです。業界調査、トレンド、消費者調査など、Web行動ログ分析によるマーケティング調査を提供するヴァリューズのコンサルタントが、簡潔に解説します。動画はYouTubeでの限定公開となりますので、ご都合のいい時間に、ぜひご覧ください。 <br><b>今回のテーマは「インターネット行動ログデータによるパーソナルケア商品検索者の動向分析~ヘアケア及びオーラルケアについて情報収集するユーザーを理解し、Web上での訴求を考える」です。</b>


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング