競合調査の代表的フレームワーク3種(3C分析・4P分析・SWOT分析)

競合調査の代表的フレームワーク3種(3C分析・4P分析・SWOT分析)

市場における自社の強み・弱みや他社の戦略を把握するために行う「競合調査」。ビジネスの競合調査でよく使わているフレームワークが3C分析・4P分析・SWOT分析です。各フレームワークの概要と分析方法、使い分けをご紹介します。


3C分析の概要と調査のやり方

Customer・Company・Competitorの3つの要素から名前を取った「3C分析」。マッキンゼーで経営コンサルタントをしていた大前研一氏が提唱し、市場の大きさや成長性、顧客ニーズを調べる「Customer(市場・顧客)」、自社の経営状況や強みを調べる「Company(自社)」、競合他社との状況を比較する「Competitor(競合)」の視点で現状を把握します。

・Customer(市場・顧客)
・Company(自社)
・Competitor(競合)

外部要因である市場・顧客と競合、内部要因である自社それぞれの関係性を把握すれば、マーケティン戦略を効率的に立てられます。

3C分析の概要とフレームワークの重要性とは?目的とやり方を解説

https://manamina.valuesccg.com/articles/512

自社製品やサービスの特徴を理解し、マーケティング施策をすることで、順調な販促が可能となります。必要なマーケティング戦略を考えるのに、3C分析という方法があります。3C分析をすることで、ニーズや自社の強みを分析し、効果的な施策に活かすことができるのです。この記事では、3C分析の意味や実際の手順を解説します。

3C分析で把握すべき項目

3C分析ではまずターゲットとする市場を規定します。マクロな市場環境を把握しておくことで市場規模や成長性、潜在的なリスクなどを把握できます。

次に、市場内の競合を把握します。売上やシェア、ユーザー数、それらを獲得するに至ったマーケティング戦略などを見ることで、ベンチマークとしたり差別化戦略を立てられます。

最後に市場と顧客、競合分析を元に自社の経営戦略を決定します。自社の強みと弱みを把握し、後述するSWOT分析などを用いて強みを強調するのか、弱点を解消していくのか等決定します。

4C分析との違い

3C分析と「4C分析」は全く異なる分析フレームワークです。4C分析は以下の4つのCの頭文字を取ってます。

・Customer value(顧客価値)
・Cost(顧客費用)
・Convenience(利便性)
・Communication(コミュニケーション)

次で紹介する4P分析が売り手視点なのに対して、顧客視点から商品・サービスを評価するのが4C分析の特徴です。

宣伝会議『アドタイ』
「マーケティングの4Pは知っていても、4Cを知らない人が多いのはなぜだろう?」

藤崎実(東京工科大学メディア学部専任講師/アジャイルメディア・ネットワーク エバンジェリスト)

マーケティングの4Pは知っていても、4Cを知らない人が多いのはなぜだろう?

https://www.advertimes.com/20160829/article232619/2/

これまで私が担当してきたコラムでは「アンバサダープログラム」を運営している企業の担当者の方へのインタビューを続けてきました。今回は、その前提となる考えをご紹介できればと思います。テーマは、「4P」「4C」「顧客志向」です。

4P分析の概要と調査のやり方

マーケティングで使われる「4P分析」とは以下の4つのPの頭文字を取った用語です。
・Product(製品)
・Price(価格)
・Place(流通)
・Promotion(販促)

マーケティングで自社でコントール可能な要素=コントロール・ミックスにおいて、4つのPそれぞれの領域における戦略を決定すると共に、要素相互で矛盾がないかの整合性チェックに活用できます。

4P分析の方法とポイント

「Product(製品)」分野では、自社の製品・サービスが顧客ニーズを満たすのか、どういうメリットを提供するのかを考えます。機能や品質、デザインやブランドはもちろん、サービスや保証などもProductの領域です。競合と差別化できるポイントをどこに置くかも検討します。

次に「Price(価格)」で価格戦略を考えます。低価格にするか、高価格にするかで高級製品かが自動的に決まってきます。値段が高いのに製品の品質が低い、あるいはブランド力がないので売れない、などお互いの要素の整合性が必要です。

直販するのか、コンビニで売るのか、量販店で売るのかなど顧客に効率的に届けられる「Place(流通)」を検討します。

魅力的な製品を作り、適切な価格を設定し、効率的な流通経路を確保したなら、この製品を知ってもらうための「Promotion(販促)」が必要です。高級腕時計なら高級誌に出稿するなど、ターゲットに応じて販促方法も変わってきます。

最後に4つのPの間に矛盾がないか検証します。事前にチェックすることで、整合性が取れたマーケティングが可能になります。

4P分析とは?マーケティングミックスに活用

https://manamina.valuesccg.com/articles/623

4P分析は企業が販売戦略を決める際に使わるフレームワークでProduct(製品)、Price(価格)、Place(流通)、Promotion(販促)の頭文字を取った用語です。ニーズを満たした製品を、適切な価格で適切な流通で効率よく販促できれば、売上拡大につながります。

4P分析の事例

「ソニーペイメントサービス 」の以下のページでは、高級焼き菓子詰め合わせを販売するネットショップを例とした4P分析の例が紹介されてます。

事例でみる4P分析のコツ

https://www.sonypaymentservices.jp/column/management/4p_analysis.html

ネットショップ運営に際し、商品の販売戦略フレームワークには「4P分析」を行うことが大変有効です。ここでは、ネットショップ運営者が認識しておくべき4P分析について、具体的な進め方を詳しくご説明いたします。

また、世界的な経営学者、野中 郁次郎のベストセラー「イノベーションの本質」では13の大ヒット商品が取り上げられてます。

その一つがサントリーの清涼飲料水「DAKARA」で、スポーツをしないのにスポーツ飲料を飲む人が8割もいることを発見、健康にいいものの摂取の真逆である「老廃物の排出」をコンセプトにプロモーションすることで、先行するアクエリアスやポカリスエットと差別化することに成功しました。

イノベーションの本質

¥ 1,620

SWOT分析の概要と調査のやり方

SWOT分析(スウォット分析)とは、「内部環境か外部環境か」と「事業にとってプラス要因かマイナス要因か」の2×2軸で4つに分類することで、事業を取り巻く要因を整理するフレームワークです。

2×2軸の4つの象限の頭文字が「SWOT」になります。
・Strength(強み)=内部環境xプラス要因
・Weakness(弱み)=内部環境xマイナス要因
・Opportunity(機会)=外部環境xプラス要因
・Threat(脅威)=外部環境xマイナス要因

「Strength(強み)」「Weakness(弱み)」は自社の強み・弱みとも言い換えられます。また例えば市場が成長しているなら外部環境xプラス要因で「Opportunity(機会)」になります。

クロスSWOT分析

SWOT分析はあくまで自社を取り巻く外部環境・内部環境を整理したものに過ぎません。これを施策に具体化していく作業が「クロスSWOT分析」です。

外部環境(機会と脅威)を縦軸、内部環境(強みと弱み)を横軸とし、かけ合わせた領域に対する施策を検討します。

例えば弱みx脅威=市場が縮小しつつあり自社のシェアが低い...という場合に防衛・撤退策を検討することで最悪の状況に陥る状況を回避します。

クロスSWOT分析

まとめ

競合調査でよく使われる代表的なフレームワークとして3C分析・4P分析・SWOT分析の3種類をご紹介しました。

強みと弱み、自社を取り巻く市場環境を把握し、競合に対して差別化し有利なポジションを築くには、これらのフレームワークを用いて漏れなく効率的な分析を行い、整合性の取れたマーケティング施策を打っていく必要があります。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


グローバル広告代理店GroupMが行う、デジタルメディアデータを活用したプロモーションプランニングの方法とは

グローバル広告代理店GroupMが行う、デジタルメディアデータを活用したプロモーションプランニングの方法とは

世界No.1の広告代理店WPPグループのメディア・エージェンシー「グループエム」。数多くのグローバル企業のコミュニケーション戦略と施策を手がける同社は、InstagramやYouTubeといった巨大プラットフォームだけでなく、月数十万UU規模のニッチメディアも含めた緻密なメディアプランニングを行っているといいます。活用しているのは国内主要サイトのユーザー数や属性の分析ができるツール「eMark+(イーマークプラス)」。これらのデジタルメディアデータを使ってどのようにプランニングを行っているのか、グループエムのマネージャー・植村輝(うえむら・ひかる)さんにマナミナ編集部が取材しました。


Webサイト分析ってどうやるの? 1年目の広告プランナー・坂山華がファッションECサイトを分析します

Webサイト分析ってどうやるの? 1年目の広告プランナー・坂山華がファッションECサイトを分析します

広告代理店の新人プランナーが競合サイト分析ツール「eMark+」を使いながら、市場・競合調査の考え方と方法を学んでいく「データマーケティング成長記」企画です。第2回となる今回は、特定サイトを分析する際に必要な視点を学び、実際にファッションEC主要3サイトの調査を行います。坂山華さんが一歩ずつ学んでいく様子を見守りましょう。


ターゲットユーザーがよくみているサイトやコンテンツがわかるTarget Focusとは?|eMark+(イーマークプラス)

ターゲットユーザーがよくみているサイトやコンテンツがわかるTarget Focusとは?|eMark+(イーマークプラス)

サイト分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」のTarget Focusを使うと、ターゲットユーザーがどんなサイトやコンテンツを見ているかチェックできるのをご存知でしょうか?自社サイトの利用ユーザーが、他にどのようなサイトに興味があるのか、商品やサービスの検討過程でどのようなサイトをよく見ているのかを知ることができます。広告出稿などでリーチしやすいメディアを把握したいという担当者の方は必見です!


4P分析とは?マーケティングミックスに活用

4P分析とは?マーケティングミックスに活用

4P分析は企業が販売戦略を決める際に使わるフレームワークでProduct(製品)、Price(価格)、Place(流通)、Promotion(販促)の頭文字を取った用語です。ニーズを満たした製品を、適切な価格で適切な流通で効率よく販促できれば、売上拡大につながります。


基礎から学ぶ代表的なマーケティング理論(3C・4P・カスタマージャーニー・AIDMA/AISAS・パーセプションフロー)

基礎から学ぶ代表的なマーケティング理論(3C・4P・カスタマージャーニー・AIDMA/AISAS・パーセプションフロー)

マーケティングで使われる理論は略語や似た用語が多く混乱しがちです。代表的な「3C分析」「4P分析」「カスタマージャーニー」「AIDMA / AISAS」「パーセプションフロー」について用語の定義と役立つ場面について説明します。


最新の投稿


急上昇ワードに“アカデミー賞”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/2/9~2020/2/15)

急上昇ワードに“アカデミー賞”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/2/9~2020/2/15)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


広報、事務、経理、商品管理…オフィスワーク系の人がよく見るサイトランキング【2019年上半期】

広報、事務、経理、商品管理…オフィスワーク系の人がよく見るサイトランキング【2019年上半期】

あの職種の人たちがよく訪れるサイトはどこなのでしょうか? アンケート調査から職種が分かっている人のネット行動ログを分析することで、ある特定の職種の人がよく閲覧している特徴的なサイトを把握することができます。今回は『広報』『事務』『経理』『商品管理』の人たちがよく見ているサイトを調査しました。


オリンピック後の日本経済をアテネ・ロンドン五輪から考察しました【2020年トレンド予測】

オリンピック後の日本経済をアテネ・ロンドン五輪から考察しました【2020年トレンド予測】

2020年に話題になりそうなトピックを調査・紹介する連載企画「2020年トレンド予測」。今回のテーマは「ポストオリンピックの経済をロンドン五輪から予測」です。大会後の日本経済について、サイト分析ツール「eMark+」や過去の開催国の経済を参考に予測します。


サブスクリプションとは?ビジネスモデルや具体的なサービス事例をわかりやすく解説

サブスクリプションとは?ビジネスモデルや具体的なサービス事例をわかりやすく解説

最近、よく耳にするようになった「サブスクリプション」方式。定期購読に代表される定額で一定期間利用できるサービスです。この記事ではサブスクリプションの定義や、具体的なサービスの事例を紹介していきます。


中国マーケティングの最新トレンドと有効なプロモーションとは?|セミナーレポート

中国マーケティングの最新トレンドと有効なプロモーションとは?|セミナーレポート

2019年の訪日中国人数は959.4万人。この膨大な窓口の先にある未知数の市場、中国市場。そんな中国市場向けにプロモーションを行なってみたものの、上手く成果に結びつかないという方も多いのではないでしょうか?1月28日に開催された「ヴァリューズ×バイドゥ×フルスピード共催セミナー」では、中国での豊富な調査データをもとにした分析に強みを持つ株式会社ヴァリューズが、最新のインバウンド事情と成功に必要なマーケティング手法を紹介しました。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら