Googleアナリティクスで検索キーワードを見る方法と「not provided」対策

Googleアナリティクスで検索キーワードを見る方法と「not provided」対策

Googleアナリティクスで自分のサイトの流入キーワードを見る方法と「not provided」で検索キーワードが見られない場合の対処方法について説明します。Googleアナリティクスでは「not provided」で検索キーワードを補足できない場合、同じGoogleのSearch Consoleを導入します。


Googleアナリティクスで検索キーワードをチェックする方法

2019年12月現在、Googleアナリティクスで検索キーワードを確認するには、Googleアナリティクスで次の操作をします。

サイドバーの「集客」メニューをクリック
「キャンペーン」メニューの中の「オーガニック検索トラフィック」を選択

しかし、この「オーガニック検索トラフィック」では90%以上の検索キーワードが取得できず、流入キーワードの分析には使えません。

ほとんどの検索キーワードがnot providedで見られない理由

Googleアナリティクスの「オーガニック検索トラフィック」で検索キーワードが一覧になっていますが、2019 年12月現在「not provided」が90%以上と検索キーワードが取得できない割合がほとんどです。

なぜ検索キーワードがわからない「not provided」が多いかというと、昨今のプライバシー強化の流れの中で、Googleは通信をSSLで暗号化し検索キーワードを渡さないようになったためです。

not setの意味

「not provided」に似た「not set」が表示される場合があります。「not set」はうまくデータが取得されなかった場合を指します。例外的に取得できなかった場合全般を指しているので、特に対策はなく対処も不要です。

「not provided」対策としてSearch Consoleを導入する

Googleアナリティクスの「オーガニック検索トラフィック」で検索キーワードが取得できなくなった現在、代替手段として同じGoogleのSearch Consoleが提供されています。

Search Consoleではサイドバーのメニュー「検索パフォーマンス」から検索キーワード(クエリ)を確認できます。Googleの検索で使われたキーワードがレポートされるので、ほぼ全ての流入キーワードを把握できます。

Googleアナリティクスの「オーガニック検索トラフィック」は役目を終え、今後はSearch Consoleが流入キーワード分析の主流になります。

Search Consoleの「検索パフォーマンス」の見方

Search Consoleの「検索パフォーマンス」は検索キーワードを知る単純なツールではなく、総合的な検索パフォーマンスのレポートになっています。

・検索クエリ: Googleの検索結果で、WebサイトのURLを表示させた検索キーワード。
・表示回数: 検索結果にWebサイトのURLが表示された回数。表示された回数なので、クリックされた回数とは別です。
・クリック数: Googleの検索結果ページでWebサイトのURLがクリックされた回数。
・平均掲載順位: 検索クエリに対するWebサイトの平均順位。複数の検索クエリの順位を平均したもの。
・クリック率(CTR): 「クリック数」÷「表示回数」× 100 で計算されます。

さらに、このレポートはWeb/画像/動画のフィルタ、期間指定や比較、検索キーワードやページなどでのフィルタでクロス集計できます。たとえば、あるページに対するクエリだけに絞り込んで深堀りできます。

詳細なヘルプは公式のSearch Console レポートのページにあります。

Search Consoleは頻繁に機能アップデートされているので、最近使っていない方は進化に驚かれるはずです。たとえば、以前Search Consoleの検索順位の反映にはタイムラグがありましたが、現在は24時間以内の最新データを閲覧できます。

・2019.11.16 Search Console での動画検索結果に関する新しいレポート
・2019.09.23 サイトの検索パフォーマンス レポートでより最新のデータが利用可能に
・2019.04.24 Search Console で Discover のパフォーマンス データの提供を開始しました

競合サイトの検索流入キーワードを調べる

最近のSEOでは、自社のアクセス分析だけでは不十分で、成功している競合Webサイトの分析が重要になってきています。

Googleの検索ロジックが複雑化し、単純なテクニックが通用しなくなっているからです。そこで、検索結果上位のWebサイトにはGoogleが評価する要素があるとみなして、その要素を取り入れるSEO手法が取られています。

VALUESが提供するインターネット行動ログ分析ツール「eMark+」は自社サイトのみならず、競合他社サイトを自由に設定して広告別の集客効果、検索キーワード、人気コンテンツを分析できます。

競合サイトのユーザーが丸わかり!Site Analyzerの7つの便利機能とは|eMark+(イーマークプラス)

https://manamina.valuesccg.com/articles/541

市場調査、競合分析が無料で始められる「eMark+(イーマークプラス)」で最もよく利用されている機能「Site Analyzer(サイトアナライザー)」はどんなことができるツール?詳しくご紹介します。

まとめ

Googleアナリティクスの検索キーワード閲覧機能は90%以上が「not provided」で実質的に機能を失っています。検索キーワード閲覧機能はSearch Consoleの「検索パフォーマンス」に移行されています。Search Consoleは大幅に機能強化されていて、複雑な分析に耐える実用度に達しています。

関連記事

Googleアナリティクス最初に覚える基本的な見方4つ

https://manamina.valuesccg.com/articles/669

Googleの「Googleアナリティクス」はWebサイトの担当者であればお馴染みのアクセス解析ツール。Webサイトの運営担当者が抑えるべき基本的な指標の見方と操作方法を説明します。

Google Analytics分析をしてスピーディーにサイト改善を進めたい。ビジネスマッチングの「リカイゼン」が取った手段とは

https://manamina.valuesccg.com/articles/788

外注先のパートナー企業を探せるビジネスマッチングサービス「<a href="https://rekaizen.com/" target="_blank">リカイゼン</a>」。かねてからGA(Google Analytics)を分析してサイト集客の改善を行っていましたが、GAには項目がたくさんありすぎて、効率的に分析するにはどうすべきか悩んでいたと言います。そんなリカイゼンが打った手とは何だったのでしょうか。サービスを運営するリトライブ株式会社・代表取締役の佐藤さん、Webサイト集客担当の吉田さんにマナミナ編集部がお話を聞きました。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


Googleアナリティクス

関連する投稿


Google Analytics分析をしてスピーディーにサイト改善を進めたい。ビジネスマッチングの「リカイゼン」が取った手段とは

Google Analytics分析をしてスピーディーにサイト改善を進めたい。ビジネスマッチングの「リカイゼン」が取った手段とは

外注先のパートナー企業を探せるビジネスマッチングサービス「<a href="https://rekaizen.com/" target="_blank">リカイゼン</a>」。かねてからGA(Google Analytics)を分析してサイト集客の改善を行っていましたが、GAには項目がたくさんありすぎて、効率的に分析するにはどうすべきか悩んでいたと言います。そんなリカイゼンが打った手とは何だったのでしょうか。サービスを運営するリトライブ株式会社・代表取締役の佐藤さん、Webサイト集客担当の吉田さんにマナミナ編集部がお話を聞きました。


Googleアナリティクス最初に覚える基本的な見方4つ

Googleアナリティクス最初に覚える基本的な見方4つ

Googleの「Googleアナリティクス」はWebサイトの担当者であればお馴染みのアクセス解析ツール。Webサイトの運営担当者が抑えるべき基本的な指標の見方と操作方法を説明します。


GA・Search Consoleだけじゃない!自社サイトの分析・改善に役立つツール

GA・Search Consoleだけじゃない!自社サイトの分析・改善に役立つツール

Webサイトのアクセス解析によく使われるのは、Google AnalyticsやSearch Consoleですが、サイトの分析・改善をサポートするツールにはアクセス元企業を表示したり、ヒートマップや読了率、A/Bテストができるものもあります。


最新の投稿


「損保関心層・検討層のWeb行動~コロナ影響はあったのか」レポート

「損保関心層・検討層のWeb行動~コロナ影響はあったのか」レポート

日本で初めての緊急事態宣言が発出された4月以降、対面販売の自粛や営業時間の短縮等により、販売業は大きな打撃を受けました。そんな中、ダイレクト型損害保険のサイトユーザー数は、昨年よりも増加傾向にあったようです。コロナ禍において、損保関心者や検討者はどのような行動をとっているのか、考察します。(ページ数|14p)


経済圏確立へキャリアが向かう道|金融編(2) ペイとの親和性は?

経済圏確立へキャリアが向かう道|金融編(2) ペイとの親和性は?

金融編第1回では各社の戦略を概観し、銀行と証券/資産運用サービスの利用状況から金融事業に関し一日の長がある楽天をKDDI(au)が追う構図を確認しました。今回はそうした動向をふまえつつ金融事業の主戦場である決済アプリバトルのその後、そして金融事業の相乗効果を考察してみます。


経済圏確立へキャリアが向かう道|金融編(1) 銀行・証券は楽天に一日の長

経済圏確立へキャリアが向かう道|金融編(1) 銀行・証券は楽天に一日の長

通信キャリアの経済圏確立へ向けた動向について、通信領域編、EC編に続いて今回は金融領域を分析してみます。通話や電話帳、予定表、メッセージや会議、ネット、ECそして出前での支払い、定期券、家計簿、健康管理..と生活にまつわるあらゆる機能を集約しつつあるスマートフォン。お財布を忘れるよりスマホを忘れた方が切実なほど身近な存在です。ペイバトルがほぼ通信キャリアへ集約されつつあるのも、まさにその生活密着度に根ざした顧客基盤、そして様々なサービスを通じポイント流通のしかけを作りやすい点が強みといえるでしょう。各社が通信(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク)、EC(楽天)というコア事業に加え注力する金融領域について動向を探ってみましょう。


カスタマージャーニーの基礎から事例まで【まとめ】

カスタマージャーニーの基礎から事例まで【まとめ】

企業のマーケティングに活用される「カスタマージャーニー」。顧客の購買行動を「旅」にたとえ、顧客との接点や課題を洗い出します。カスタマージャーニーの基本概念から作り方、B2B・B2C事例まで、まとめて紹介します。


コロナ影響で『隙間時間』が増加「オンライン教育サイトに大人も注目」レポート

コロナ影響で『隙間時間』が増加「オンライン教育サイトに大人も注目」レポート

新型コロナウイルスの蔓延により、私たちの生活様式は大きく変化しました。在宅勤務の推奨により通勤時間が短縮されたり、外出自粛に伴い家で過ごす時間が増えたことで生まれた隙間時間。そんな時間を活用し、オンラインでスキルアップを目指す人々が増えているようです。eMark+を用いて、大人向けオンライン教育サイトの変化を分析しました。(ページ数|7p)


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら