Google Analytics分析をしてスピーディーにサイト改善を進めたい。ビジネスマッチングの「リカイゼン」が取った手段とは

Google Analytics分析をしてスピーディーにサイト改善を進めたい。ビジネスマッチングの「リカイゼン」が取った手段とは

外注先のパートナー企業を探せるビジネスマッチングサービス「リカイゼン」。かねてからGA(Google Analytics)を分析してサイト集客の改善を行っていましたが、GAには項目がたくさんありすぎて、効率的に分析するにはどうすべきか悩んでいたと言います。そんなリカイゼンが打った手とは何だったのでしょうか。サービスを運営するリトライブ株式会社・代表取締役の佐藤さん、Webサイト集客担当の吉田さんにマナミナ編集部がお話を聞きました。


GA分析はデータの優先度づけが難しい

——本日はリカイゼンさんがGA分析をどのようにサイト集客の改善に活かしたのかお聞きしたいと思います。まず、ビジネスマッチングサイト「リカイゼン」のサービス概要を教えてください。

佐藤元紀さん(以下、佐藤として敬称を略させていただきます):リカイゼンのサービスを一言で言うなら、企業間の受発注活動を支援するビジネスマッチングサービスです。掲載企業の実績・ポートフォリオを比較して、相見積もりを取ったり外注先を探したりできるWebサイトを運営・提供しています。

リトライブ株式会社 代表取締役
佐藤元紀(さとう・もとのり)さん

佐藤:サイトには主にWebデザインやシステム開発など、制作系の企業様が多く掲載されています。ビジネスモデルとしては、掲載企業様から利用料を頂き、外注先を探すユーザーは完全無料で使える。いわゆる「マッチングビジネスモデル」と言われているビジネス形態です。

ビジネスマッチングサイト「リカイゼン」のWebサイト。システム開発、
Webデザイン、サイト構築、コンテンツ制作、アプリ開発などのメニューが並ぶ

——ということは、リカイゼンで見積もり比較をしたい訪問者をどれだけ集められるかがビジネス上で重要になってくるのですね。

佐藤:まさにそうですね。集客は主にSEOなどのWebマーケティング施策で行っており、施策分析のためにGAで分析を行っています。

——そうした中で、GA分析について悩みがあったとお聞きしています。

佐藤:はい。Webサイトへの集客に関しては吉田が担当してくれています。彼女は新卒6年目で、もともとは現場で営業を経験したあとWebマーケティングの部署に移りました。そのため、マーケティング実務の経験がほとんどない状態からスタートしたんです。

リトライブ株式会社 ReKaizenユニット 事業企画局 局長代理
吉田真帆(よしだ・まほ)さん

吉田真帆さん(以下、吉田):最初はマーケティング関連の書籍を読んだりして、独学でWebマーケティングの知識を身につけていきました。今では実務にも慣れてきましたが、GAはいろいろなデータが見える反面、情報量が多すぎて…。より効果に繋がるポイントを見つけるために、どのデータに着目して、優先順位をつけてWebサイト改善を行っていくべきか、スピードが求められる中で瞬時に判断していくのが難しいと感じていました。

佐藤:GA分析によるサイト改善は、データをサマライズして施策に落とし、実行する流れだと思います。それが全くできていなかったわけではないですが、よりスピード感を持って動かしていきたいという思いを抱えていました。

分析レポートだから発見できたサイトの課題点

——そこで今回、リカイゼンさんはGA分析のレポーティングサービス「eMark+ Prep(イーマークプラス プレップ)」を試してみたそうですね。どんな点に期待していたのでしょうか?

佐藤:まずはGAデータのまとめ方について、レポートを見ればざっくりと分かるようになるのではないかと期待していました。「こういうふうにデータを見ればいいんだな」と吉田も理解が深まり、分析の効率も上がるだろうと考えていましたね。

——なるほど。GAデータのまとめ方が分かることが1つのポイントだったのですね。

佐藤:そうです。さらに、実際の施策にも活かす狙いがありました。例えばSEO対策のキーワードです。レポートにはヴァリューズさんのサイト分析ツール「eMark+」のデータも含まれていて、競合の動向や狙いどころのキーワードもレコメンドしてくれる。第三者データとともに自社データがレポーティングされるので、マーケティング施策に直結すると期待していました。

——では実際にレポートを見て、新しい発見や気づきなどはありましたか?

吉田:今まで見過ごしていた点が多くあったと気づきましたね。例えば訪問ユーザーのデモグラ属性にしても、今までの経験則からおおよそは把握していました。しかし今回サマリーで見たときに、25歳〜34歳の比較的若い層が多いことをあらためて発見したんです。

リカイゼンの利用シーンのひとつは、上司から外注先探しを依頼された若手ビジネスマン層が使うタイミングかも、と再確認しました。レポートとしてまとめられていたからこその発見だったと思います。

——デモグラ属性も見てはいたものの、グラフ化されたことで今まで見過ごしていた事実が分かった、と。

吉田:そうですね。あとは、SEOやリスティング広告のためのキーワード分析も役に立ちました。今まではGoogleのキーワードプランナーから取り出した「発注」のようなワードを使っていましたが、それ以外の効果的なキーワードが分からなかった。レコメンドしていただいた対策ワードを現在、施策として実行に移しています。

「eMark+ Prep」レポートのキーワード分析サマリー。自然言語処理の「Word2Vec」という手法を使い、共によく検索されるキーワードや、類似キーワードを可視化している。

——もともとの狙いだった集客施策にも活かせているのですね。では佐藤さんはいかがでしょうか。

佐藤:私は個人的に、競合サイトの流入元比較レポートが印象的でした。なかなか見られないデータだと思いますし、流入チャネルごとの市場性が見えます。これはとても興味深かったですね。

「eMark+ Prep」レポートのヴァリューズ独自データによる競合の流入元比較サマリー。リカイゼンを含めた3サービスのサイト流入状況を数字で示している。

佐藤:競合の流入状況は感覚では理解していましたが、経路を内訳まで分けて、具体的に数字で把握できたのは大きいと思います。このようなデータを見ながら、ベンチマークとして自社サービスに活かせる部分を見つけて改善に取り組んでいきたいですね。

レポートでの効率化が現場の助けに

——レポートを考察することで、SEOやリスティング広告、注力すべき流入チャネルが見えてきたのだなと思いました。その他にもレポートを活かした取り組みはあるのでしょうか。

吉田:例えば、リカイゼンサイト内では「お役立ち記事」というページでコンテンツを公開していますが、PVは多いもののCV率が高くないことが見えてきました。そこで、特にPVが多い記事の中に問い合わせボタンを設置する施策を始めています。

佐藤:あとは、eMark+の行動ログデータから、サービス名である「リカイゼン」と会社名の「リトライブ」とを混同してしまい、迷っているようなユーザー像が見えてきたんです。このようなカスタマージャーニーの理解をもとに、営業の架電の際には「リカイゼン」に統一するという改善も行いました。

——サイト集客だけでなく、コンバージョンまでの導線改善や営業手法の改善にまで役立つ示唆が発見できた、と。

佐藤:そうですね。実際、レポートの各ページで違った「インサイト」や「発見」があり、集客・CV導線・営業手法など異なる目的で使えると感じました。

吉田:レポート全体の感想としては、サイト改善における優先順位をつけられなかった状態から、優先すべきページや判断軸がまとめられて分かったのはとても大きかったですね。

佐藤:実は私たちは社員15名くらいの規模感のベンチャー企業です。吉田は広報などの業務も含めてマルチにカバーしてくれていて、現状ではなかなかWebマーケティングだけに100%の時間を割けない状態なんです。今回のGA分析レポートで効率化が進められ、良かったなと思いますね。

——他の企業でも広報担当の方がWebマーケティングもカバーしている状況は多いのではないかと思います。入り口としての集客やCV率の改善に対して、eMark+ Prepのような分析レポートを活用してデータドリブンで取り組めば効率化につながると感じました。今日はGA分析の実際から、現場でのアウトプットまでのお話をお聞かせいただき、ありがとうございました!

この記事のライター

マナミナ編集部でデスクを担当しています。新卒でメディア系企業に入社後、デジタルマーケティングのテーマを中心とするフリーランスの編集ライターに。

関連する投稿


初めてでも分かりやすい!サイト・アプリ分析ツールeMark+の使い方事例まとめ

初めてでも分かりやすい!サイト・アプリ分析ツールeMark+の使い方事例まとめ

マナミナを運営する株式会社ヴァリューズの競合サイト分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」の事例記事をまとめます。eMark+には機能がたくさんあり、利用シーンも企業や担当者によってそれぞれ違います。実際何ができるのか、どんなシーンに使えるのかを一望できるようにしました。本記事をブックマークなどしてお使いください。


文系30歳からデータ人材に。三井住友海上の精鋭データ組織を支える「ビジネストランスレーター」のキャリア

文系30歳からデータ人材に。三井住友海上の精鋭データ組織を支える「ビジネストランスレーター」のキャリア

「データ人材を目指す道はいま、より簡単になっている」。そう語るのは、三井住友海上火災保険株式会社でデータ分析を率いる、木田浩理さんです。意外にも木田さんがデータ分析を学び始めたのは30歳になってから。現在、第一線で活躍するデータサイエンティストに、必要なスキルや身に付け方について、ヴァリューズの後藤がお話しを聞きました。


GDOがTableauで顧客情報をダッシュボード化。裏側にはデータドリブンな組織の4つの要素が

GDOがTableauで顧客情報をダッシュボード化。裏側にはデータドリブンな組織の4つの要素が

国内最大級のゴルフ関連総合サイト「ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)」は、BIツール「Tableau(タブロー)」を用いたデータの利活用を行っています。今回、マナミナ編集部はGDOのマーケティングにおけるデータ活用について、GDOとTableau Japan、ヴァリューズの3社鼎談を企画。GDOのデータ戦略の枠組みやデータの整理方法・アウトプットの事例から、データドリブン組織の秘訣を探りました。


サントリーはDMPで「お客様ともう一度つながる」。Quick-Winで進めるデータ活用とは

サントリーはDMPで「お客様ともう一度つながる」。Quick-Winで進めるデータ活用とは

プライベートDMP活用までの道のりとこれからをテーマに、ヴァリューズの岩村がサントリーさんにお話しを聞きました。DMPはそもそも導入で足踏みしてしまったり、導入自体がゴールとなって手段が目的化してしまったりすることも多い状況です。サントリーさんの事例から、データドリブンなマーケティングの文化を浸透させていく方法を探ります。


広告業界のキャリアデザインは?外資系企業のプランナーに大学生が直撃取材しました

広告業界のキャリアデザインは?外資系企業のプランナーに大学生が直撃取材しました

マーケターはどのようなキャリアを経てマーケターになったのでしょうか?そして実際どんな仕事をしているのでしょうか。学生から見たら詳しくは分からないことも多い「マーケター」に、現役の大学生・小幡がインタビューしていく連載の第4回です。今回は、グローバル広告代理店のグループエムジャパン株式会社で、メディアプランニングを担当されている氏川恭輔さんにお話を聞きました。広告業界のメディアプランナーから見たマーケティングの仕事には、どのようなスキルが求められるのでしょうか。


最新の投稿


なぜあの企業はスポンサーに?スポーツマーケティングに取り組む目的とメリット

なぜあの企業はスポンサーに?スポーツマーケティングに取り組む目的とメリット

企業がスポーツにお金を出す形には、大会やスポーツイベントへの協賛にスタジアムの命名権獲得、クラブや選手へのスポンサードなど色々な形があります。企業はスポーツマーケティングにより認知度の向上、ブランディングや販売促進などの目的を達成し、クラブや選手は資金源としてのメリットを得ます。企業がスポーツマーケティングに取り組む目的とメリット、具体的な事例を見ていきましょう。


ECマーケティングの特徴と集客・購入・再訪戦略に使われる手法まとめ

ECマーケティングの特徴と集客・購入・再訪戦略に使われる手法まとめ

ECサイトのマーケティングは、ネット比重が高く、数字で効果計測できる施策が多い点で、実店舗ベースのマーケティングと異なる特徴があります。ECサイトの代表的な施策について、集客・購入・再訪の3つの対策ごとにご紹介します。


急上昇ワードに“Zoom”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/3/29~2020/4/4)

急上昇ワードに“Zoom”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/3/29~2020/4/4)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


初めてでも分かりやすい!サイト・アプリ分析ツールeMark+の使い方事例まとめ

初めてでも分かりやすい!サイト・アプリ分析ツールeMark+の使い方事例まとめ

マナミナを運営する株式会社ヴァリューズの競合サイト分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」の事例記事をまとめます。eMark+には機能がたくさんあり、利用シーンも企業や担当者によってそれぞれ違います。実際何ができるのか、どんなシーンに使えるのかを一望できるようにしました。本記事をブックマークなどしてお使いください。


ローカル5Gは普通の5Gと何が違う?山間部や工場での活用を想定

ローカル5Gは普通の5Gと何が違う?山間部や工場での活用を想定

2019年は5G元年といわれ、2020年には国内でのサービス提供が始まります。5Gでは基地局整備に時間がかかるため、山間部などでは行政が通信業者に代わり独自の5Gネットワークを整備する「ローカル5G」、あるいは5Gの低遅延・多数接続の特徴を生かして、プライベートな5Gネットワークを構築し、工場で多数のセンサーを接続する「ローカル5G」などの活用方法が考えられています。この記事では、ローカル5Gの特徴や具体的な活用方法を解説していきます。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら