注目のコスメサイト @cosme、C CHANNEL、LIPSを比較調査!

注目のコスメサイト @cosme、C CHANNEL、LIPSを比較調査!

各メーカーからほぼ毎月のように発売される化粧品ですが、コスメ市場においては商品量が多すぎることもあり選択することに迷ってしまうことも多いのではないでしょうか?昨今では、化粧品を購入する前にクチコミサイトやInstagramなどのSNSから情報を得ることも多くなっているようです。そこで、今回は注目されているコスメサイトを3つピックアップして調査します。


「@cosme」はユーザー数もページビュー数もトップ!

今回、分析の対象としたコスメサイトは以下の3サイトです。

コスメ・美容の総合サイト
@cosme(アットコスメ)

動画ファッションマガジン
C CHANNEL(シーチャンネル)

コスメ・メイク・化粧品のクチコミ検索アプリ
LIPS(リップス)

最初に、ユーザー数について比較してみましょう。直近1年間で見てみると、「@cosme」が常にトップで2位の「LIPS」の約1.6倍のユーザー数で推移していることはわかります。

ただ「LIPS」は2020年1月からユーザー数を増やしており、2020年4月には「@cosme」に迫る勢いにまでなっています。

ユーザー数推移

コスメサイト ユーザー数推移

デバイス:PC+スマートフォン(アプリ含む)

また、ページビュー数でみても「@cosme」が圧倒的に多いことがわかりました。1人あたりページビュー数も50~60ページとなっており、「@cosme」ユーザーは他のサイトユーザーと比較するとより多くのページを回遊しているようです。

広告の観点から見るとページビュー数のボリュームは、より多くのユーザーにリーチできることとなり、「@cosme」は広告価値のある媒体と言えるのではないでしょうか。

ページビュー数推移

コスメサイト ページビュー数推移

デバイス:PC+スマートフォン

1人あたりページビュー数推移

コスメサイト 1人あたりページビュー数推移

デバイス:PC+スマートフォン

「@cosme」は直帰率も30%前後と低いことも魅了的な1つとなっています。

直帰率推移

コスメサイト 直帰率推移

デバイス:PC+スマートフォン

「C CHANNEL」と「LIPS」は新規率が高く、約半数が新規ユーザーとなっているようです。逆に「@cosme」の新規率は2割程度となっており、リピーターから支持されていることがうかがえました。

直帰率推移

コスメサイト 新規率推移

デバイス:PC+スマートフォン(アプリ含む)

「C CHANNEL」は『アプリのみ』ユーザーが多い結果に

次に、スマートフォンのブラウザとアプリの内訳を見てみました。どのサービスも『ブラウザのみ』が8割前後となっており、ブラウザ利用が多いことがわかりました。

『アプリのみ』利用者は「C CHANNEL」が20.1%、「lLIPS」が13.5%と「@cosme」よりも倍以上高い結果となりました。「C CHANNEL」は動画マガジンで、アプリの方がスムーズに閲覧できることもあり高くなっていることが考えられます。

スマートフォンユーザーの内訳

スマートフォンユーザーの内訳

デバイス:スマートフォン
集計期間:2019年5月~2020年4月

「LIPS」はクチコミページが人気!

続いて、直近半年間の各サイトのPCの流入元を見てみたところ、最も多かったのが『自然検索』となりました。特に「@cosme」関連のキーワードがトップ10のほとんどを占めており、高いブランド認知度をあらわしています。

また、「@cosme」は『Webメール経由』や『お気に入り/履歴』が多いことから、リピーターからの支持が高いことを裏付ける結果ともなりました。

流入元比較

コスメサイト 流入元比較

デバイス:PC
集計期間:2019年11月~2020年4月

『自然検索』が特に多かった「@cosme」と「LIPS」について検索ワードを見てみたところ、検索されているワードに大きな違いがありました。

「@cosme」はブランドワードが大半を占めているのに対し、「LIPS」はトップはブランドワードでしたが2位以下は“アイシャドウ”や“シャンプー”、“化粧下地”などのように化粧品の種類の検索ワードが多いことが特徴的でした。

流入元比較(自然検索)

「@cosme」と「LIPS」の流入元比較<自然検索>

デバイス:PC
集計期間:2019年11月~2020年4月

また、各サイトのLP(ランディングページ)をディレクトリ単位で見てみると、「@cosme」と「C CHANNEL」の1位はサイトトップページとなっているのに対し、「LIPS」はトップページをおさえ、上位には“コスメ一覧”や“クチコミ”、“ランキング”ページがランクインしていました。

ランディングページランキング

コスメサイト LP(ランディングページ)ランキング

デバイス:PC
集計期間:2019年11月~2020年4月

中でも特筆すべきなのは「LIPS」のクチコミページです。画像を上部に配置しているUIデザインも大きく関係しているものの、クチコミページと言うよりは“ブログ”を連想させる作りとなっていました。

また、どのユーザーもハッシュタグで多くのキーワードをタグ付けしていて、検索ユーザーをマッチングさせやすくなっていることからクチコミページがLPの上位にランクインしていることが考えられました。

「LIPS」のクチコミ例

「LIPS」のコンテンツランキングをディレクトリ単位で作成したところ、ここでもクチコミページは2位にランクインしていました。

「LIPS」はヒト軸を重視しており、他のユーザーをフォローすることでタイムライン上でコスメ情報を得ることができることもクチコミページが人気の理由のようです。

コンテンツランキング

「LIPS」コンテンツランキング<ディレクトリ単位>

デバイス:PC
集計期間:2019年11月~2020年4月

「C CHANNEL」と「LIPS」は20代ユーザーが多い

最後に各サイトのユーザー属性について見てみました。性別はどのサイトも女性が8割弱となっていました。化粧品サイトですが、男性も2割程度おり、男性も化粧品に興味関心があることがうかがえました。

ユーザー属性比較(性別)

コスメサイト ユーザー属性比較<性別>

デバイス:PC+スマートフォン

年代別では、「@cosme」はどの年代もほぼ均等。「C CHANNEL」は動画ファッションマガジンということもあり、20代が最も多く4割弱。「LIPS」もターゲット層である20代が一番多く3割となっていました。

ユーザー属性比較(年代別)

コスメサイト ユーザー属性比較<年代別>

デバイス:PC+スマートフォン

まとめ

今回はコスメサイトについて調査しました。「@cosme」は老舗サイトということもあり、ユーザー数やページビュー数の多さを維持していました。「C CHANNEL」は動画メディアということもありアプリのみユーザーが2割と多かったです。「LIPS」はヒト軸を重視していることから、特にクチコミページに強みをもっているようでした。

サイトごとの特徴を把握して、サイトの特性を活かした施策が重要になると思われます。

また、ユーザー数で「@cosme」に迫る勢いとなっている「LIPS」が、今後どこまでユーザー数を伸ばせるかも楽しみです。

分析概要

ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービスeMark+を使用し、2019年5月~2020年4月のネット行動ログデータを分析しました。
※Webサイトのユーザー数はPC及びスマートフォンからのアクセスを集計し、ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。
※アプリのユーザー数は、Androidスマートフォンでの起動を集計し、ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

本記事ではeMark+を用いて調査を行いましたが、eMark+の機能がパワーアップした新ツール「Dockpit(ドックピット)」が2020年10月にリリースされました。まずは無料版に登録して、実際にDockpitを体験してみてくださいね。

dockpit 無料版の登録はこちら

関連記事

オーガニックコスメを利用する人が増えている!? Cosme Kitchenが流行った理由を調査

https://manamina.valuesccg.com/articles/867

新型コロナ拡大防止のため、外出を自粛したり在宅勤務に切り替える人も多い中、「おうち時間(STAY HOME)」がInstagramのストーリーの項目として表示されるなど、新たなトレンドワードとして急上昇。おうち時間では、映画や読書、ネットサーフィンや料理など、普段はできない自己投資に時間を割く人も多いのではないでしょうか。そんな人と会う機会が減った今だからこそ、普段酷使しているお肌を時間をかけていたわる人が増えているのかもしれません。今回は、SNSでもよく目にするナチュラルコスメやオーガニックコスメ、スキンケアの需要の動向、特にナチュラルコスメを買えるお店で有名な『Cosme Kitchen(コスメキッチン)』に焦点を当ててみました

いま化粧品市場では何が起きている?新型コロナの影響を検索データからマーケコンサルが読み解く

https://manamina.valuesccg.com/articles/799

化粧品のトレンドについて調査する新企画。ヴァリューズのマーケティングコンサルタントである私、伊東茉冬が気になる話題について調査していきます。今回の調査は新型コロナウイルスの影響について。感染拡大により百貨店などが営業自粛となっている中、化粧品業界へはどのような影響が及んでいるのか。消費者の化粧品への関心度合の変化や、化粧品の中でもアイテムによって違いがあるのか、Web行動データを基に分析します。

なぜあのコスメはSNSでバズったのか?化粧品好きマーケコンサルが検索データから理由を探ります

https://manamina.valuesccg.com/articles/797

化粧品のトレンドについて調査する新企画。ヴァリューズのマーケティングコンサルタントである私、伊東茉冬が気になる話題について調査していきます。初回のテーマは「バズコスメ」。SNSでバズることで人気が広がるような化粧品に関して、バズの実態や人々に受け入れられた理由をデータから考察しました。

​​

メールマガジン登録

最新調査やマーケティングに役立つ
トレンド情報をお届けします

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第15弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「バレンタイン」「大学受験」の2テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 お菓子の手作り・購入のみならず、推し活やファッションにも広がるバレンタイン市場の様子や、大学受験にまつわるマーケティング・消費行動など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


トレンドは「コスパ×タイパ」? キーワード検索から紐解くその理由

トレンドは「コスパ×タイパ」? キーワード検索から紐解くその理由

2023年のヒット商品から推測される「コスパとタイパの掛け合わせ」。なぜこのトレンドが昨年注目を集めたのか、なぜここまでパフォーマンスにこだわるのか。関心を持つ人の属性やニーズについて、検索データから分析します。


Gen Z reflects on 2023 with social media & online behavior data! Was 2023 the year of “self-promotion”? (VALUES x Sucle)

Gen Z reflects on 2023 with social media & online behavior data! Was 2023 the year of “self-promotion”? (VALUES x Sucle)

In this series, Gen Z analysts analyze Gen Z’s behavioral data. For the 13th installment, we welcome editorial team at Sucle. We use data from VALUES & Sucle & real Gen Z opinion to reflect on 2023 trends, like participatory exhibits, seasonal events, creative experiences, MBTI and BeReal., to study the needs of Gen Z.


Z世代の消費が動く!「デート」のリアルを現役大学生と調査 |  Gen-Z調査隊×慶應義塾大学SFC桑原研 共同調査レポート<後編>

Z世代の消費が動く!「デート」のリアルを現役大学生と調査 | Gen-Z調査隊×慶應義塾大学SFC桑原研 共同調査レポート<後編>

これからの消費を担う、Z世代。デジタルネイティブ、スマホネイティブでもある彼らの消費行動は、常にマーケターから注目を集め続けています。今回、VALUESのZ世代アナリストたちがマーケティングを研究する現役大学生と共に、「Z世代のデート時の行動」を分析。その様子をお届けします。


Z世代の消費が動く!「デート」のリアルを現役大学生と調査 |  Gen-Z調査隊×慶應義塾大学SFC桑原研 共同調査レポート<前編>

Z世代の消費が動く!「デート」のリアルを現役大学生と調査 | Gen-Z調査隊×慶應義塾大学SFC桑原研 共同調査レポート<前編>

これからの消費を担う、Z世代。デジタルネイティブ、スマホネイティブでもある彼らの消費行動は、常にマーケターから注目を集め続けています。今回、VALUESのZ世代アナリストたちがマーケティングを研究する現役大学生と共に、「Z世代のデート時の行動」を分析。その様子をお届けします。


最新の投稿


広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

株式会社リンクアンドパートナーズは、上場企業に勤めており、PR施策を行っている広報担当者・マーケ担当者を対象に、「上場企業のPR施策の実態に関する調査」を実施し、結果を公開しました。


推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

株式会社博報堂、博報堂DYグループの株式会社 SIGNING は、生活者発想で経営を考える研究開発・社会実装プロジェクト「HAKUHODO HUMANOMICS STUDIO」の活動の第二弾として「オシノミクス プロジェクト」を発足、「オシノミクス レポート」を発表しました。


サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

株式会社サイバーエージェントはインターネット広告事業において、Amazon Adsにおける運用最適化ツール「PARADE(パレード)」を開発したことを発表しました。


企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージと聞き、最初に思いつくのはロゴでしょうか、色でしょうか、それともキャラクター?昨今では、キャラクターを用いての広告戦略は企業だけでなく、地域おこしなど、あらゆるところで目にするようになりました。誰も彼もが深い意味もなく「かわいい」と愛着を感じてしまう「ゆるキャラ」や企業のイメージキャラクター。実はそこに認知心理学が深く関わっているようです。本稿では人心を捉えるために計算尽くされたキャラクターの威力について、株式会社創造開発研究所所長を務める渡部数俊氏が解説します。


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第15弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「バレンタイン」「大学受験」の2テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 お菓子の手作り・購入のみならず、推し活やファッションにも広がるバレンタイン市場の様子や、大学受験にまつわるマーケティング・消費行動など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ