注目のコスメサイト @cosme、C CHANNEL、LIPSを比較調査!

注目のコスメサイト @cosme、C CHANNEL、LIPSを比較調査!

各メーカーからほぼ毎月のように発売される化粧品ですが、コスメ市場においては商品量が多すぎることもあり選択することに迷ってしまうことも多いのではないでしょうか?昨今では、化粧品を購入する前にクチコミサイトやInstagramなどのSNSから情報を得ることも多くなっているようです。そこで、今回は注目されているコスメサイトを3つピックアップして調査します。


「@cosme」はユーザー数もページビュー数もトップ!

今回、分析の対象としたコスメサイトは以下の3サイトです。

コスメ・美容の総合サイト
@cosme(アットコスメ)

動画ファッションマガジン
C CHANNEL(シーチャンネル)

コスメ・メイク・化粧品のクチコミ検索アプリ
LIPS(リップス)

最初に、ユーザー数について比較してみましょう。直近1年間で見てみると、「@cosme」が常にトップで2位の「LIPS」の約1.6倍のユーザー数で推移していることはわかります。

ただ「LIPS」は2020年1月からユーザー数を増やしており、2020年4月には「@cosme」に迫る勢いにまでなっています。

ユーザー数推移

コスメサイト ユーザー数推移

デバイス:PC+スマートフォン(アプリ含む)

また、ページビュー数でみても「@cosme」が圧倒的に多いことがわかりました。1人あたりページビュー数も50~60ページとなっており、「@cosme」ユーザーは他のサイトユーザーと比較するとより多くのページを回遊しているようです。

広告の観点から見るとページビュー数のボリュームは、より多くのユーザーにリーチできることとなり、「@cosme」は広告価値のある媒体と言えるのではないでしょうか。

ページビュー数推移

コスメサイト ページビュー数推移

デバイス:PC+スマートフォン

1人あたりページビュー数推移

コスメサイト 1人あたりページビュー数推移

デバイス:PC+スマートフォン

「@cosme」は直帰率も30%前後と低いことも魅了的な1つとなっています。

直帰率推移

コスメサイト 直帰率推移

デバイス:PC+スマートフォン

「C CHANNEL」と「LIPS」は新規率が高く、約半数が新規ユーザーとなっているようです。逆に「@cosme」の新規率は2割程度となっており、リピーターから支持されていることがうかがえました。

直帰率推移

コスメサイト 新規率推移

デバイス:PC+スマートフォン(アプリ含む)

「C CHANNEL」は『アプリのみ』ユーザーが多い結果に

次に、スマートフォンのブラウザとアプリの内訳を見てみました。どのサービスも『ブラウザのみ』が8割前後となっており、ブラウザ利用が多いことがわかりました。

『アプリのみ』利用者は「C CHANNEL」が20.1%、「lLIPS」が13.5%と「@cosme」よりも倍以上高い結果となりました。「C CHANNEL」は動画マガジンで、アプリの方がスムーズに閲覧できることもあり高くなっていることが考えられます。

スマートフォンユーザーの内訳

スマートフォンユーザーの内訳

デバイス:スマートフォン
集計期間:2019年5月~2020年4月

「LIPS」はクチコミページが人気!

続いて、直近半年間の各サイトのPCの流入元を見てみたところ、最も多かったのが『自然検索』となりました。特に「@cosme」関連のキーワードがトップ10のほとんどを占めており、高いブランド認知度をあらわしています。

また、「@cosme」は『Webメール経由』や『お気に入り/履歴』が多いことから、リピーターからの支持が高いことを裏付ける結果ともなりました。

流入元比較

コスメサイト 流入元比較

デバイス:PC
集計期間:2019年11月~2020年4月

『自然検索』が特に多かった「@cosme」と「LIPS」について検索ワードを見てみたところ、検索されているワードに大きな違いがありました。

「@cosme」はブランドワードが大半を占めているのに対し、「LIPS」はトップはブランドワードでしたが2位以下は“アイシャドウ”や“シャンプー”、“化粧下地”などのように化粧品の種類の検索ワードが多いことが特徴的でした。

流入元比較(自然検索)

「@cosme」と「LIPS」の流入元比較<自然検索>

デバイス:PC
集計期間:2019年11月~2020年4月

また、各サイトのLP(ランディングページ)をディレクトリ単位で見てみると、「@cosme」と「C CHANNEL」の1位はサイトトップページとなっているのに対し、「LIPS」はトップページをおさえ、上位には“コスメ一覧”や“クチコミ”、“ランキング”ページがランクインしていました。

ランディングページランキング

コスメサイト LP(ランディングページ)ランキング

デバイス:PC
集計期間:2019年11月~2020年4月

中でも特筆すべきなのは「LIPS」のクチコミページです。画像を上部に配置しているUIデザインも大きく関係しているものの、クチコミページと言うよりは“ブログ”を連想させる作りとなっていました。

また、どのユーザーもハッシュタグで多くのキーワードをタグ付けしていて、検索ユーザーをマッチングさせやすくなっていることからクチコミページがLPの上位にランクインしていることが考えられました。

「LIPS」のクチコミ例

「LIPS」のコンテンツランキングをディレクトリ単位で作成したところ、ここでもクチコミページは2位にランクインしていました。

「LIPS」はヒト軸を重視しており、他のユーザーをフォローすることでタイムライン上でコスメ情報を得ることができることもクチコミページが人気の理由のようです。

コンテンツランキング

「LIPS」コンテンツランキング<ディレクトリ単位>

デバイス:PC
集計期間:2019年11月~2020年4月

「C CHANNEL」と「LIPS」は20代ユーザーが多い

最後に各サイトのユーザー属性について見てみました。性別はどのサイトも女性が8割弱となっていました。化粧品サイトですが、男性も2割程度おり、男性も化粧品に興味関心があることがうかがえました。

ユーザー属性比較(性別)

コスメサイト ユーザー属性比較<性別>

デバイス:PC+スマートフォン

年代別では、「@cosme」はどの年代もほぼ均等。「C CHANNEL」は動画ファッションマガジンということもあり、20代が最も多く4割弱。「LIPS」もターゲット層である20代が一番多く3割となっていました。

ユーザー属性比較(年代別)

コスメサイト ユーザー属性比較<年代別>

デバイス:PC+スマートフォン

まとめ

今回はコスメサイトについて調査しました。「@cosme」は老舗サイトということもあり、ユーザー数やページビュー数の多さを維持していました。「C CHANNEL」は動画メディアということもありアプリのみユーザーが2割と多かったです。「LIPS」はヒト軸を重視していることから、特にクチコミページに強みをもっているようでした。

サイトごとの特徴を把握して、サイトの特性を活かした施策が重要になると思われます。

また、ユーザー数で「@cosme」に迫る勢いとなっている「LIPS」が、今後どこまでユーザー数を伸ばせるかも楽しみです。

分析概要

ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービスeMark+を使用し、2019年5月~2020年4月のネット行動ログデータを分析しました。
※Webサイトのユーザー数はPC及びスマートフォンからのアクセスを集計し、ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。
※アプリのユーザー数は、Androidスマートフォンでの起動を集計し、ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

本記事ではeMark+を用いて調査を行いましたが、eMark+の機能がパワーアップした新ツール「Dockpit(ドックピット)」が2020年10月にリリースされました。まずは無料版に登録して、実際にDockpitを体験してみてくださいね。

dockpit 無料版の登録はこちら

関連記事

オーガニックコスメを利用する人が増えている!? Cosme Kitchenが流行った理由を調査

https://manamina.valuesccg.com/articles/867

新型コロナ拡大防止のため、外出を自粛したり在宅勤務に切り替える人も多い中、「おうち時間(STAY HOME)」がInstagramのストーリーの項目として表示されるなど、新たなトレンドワードとして急上昇。おうち時間では、映画や読書、ネットサーフィンや料理など、普段はできない自己投資に時間を割く人も多いのではないでしょうか。そんな人と会う機会が減った今だからこそ、普段酷使しているお肌を時間をかけていたわる人が増えているのかもしれません。今回は、SNSでもよく目にするナチュラルコスメやオーガニックコスメ、スキンケアの需要の動向、特にナチュラルコスメを買えるお店で有名な『Cosme Kitchen(コスメキッチン)』に焦点を当ててみました

いま化粧品市場では何が起きている?新型コロナの影響を検索データからマーケコンサルが読み解く

https://manamina.valuesccg.com/articles/799

化粧品のトレンドについて調査する新企画。ヴァリューズのマーケティングコンサルタントである私、伊東茉冬が気になる話題について調査していきます。今回の調査は新型コロナウイルスの影響について。感染拡大により百貨店などが営業自粛となっている中、化粧品業界へはどのような影響が及んでいるのか。消費者の化粧品への関心度合の変化や、化粧品の中でもアイテムによって違いがあるのか、Web行動データを基に分析します。

なぜあのコスメはSNSでバズったのか?化粧品好きマーケコンサルが検索データから理由を探ります

https://manamina.valuesccg.com/articles/797

化粧品のトレンドについて調査する新企画。ヴァリューズのマーケティングコンサルタントである私、伊東茉冬が気になる話題について調査していきます。初回のテーマは「バズコスメ」。SNSでバズることで人気が広がるような化粧品に関して、バズの実態や人々に受け入れられた理由をデータから考察しました。

​​

メールマガジン登録

最新調査やマーケティングに役立つ
トレンド情報をお届けします

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


D2Cとは?ECとの使い分け・ブランドへの意識など、消費者の利用実態を調査|ホワイトペーパー

D2Cとは?ECとの使い分け・ブランドへの意識など、消費者の利用実態を調査|ホワイトペーパー

2020年はコロナ禍における巣ごもり消費も追い風となり、物販分野のBtoC EC市場は、伸長率20%超えという大幅な拡大が見られました。そんな中、メーカーが新たに注力を始めているのがD2C。D2Cとは「Direct to Consumer」の略であり、メーカーが商品を直接消費者に販売するビジネスを指します。今回は特に化粧品・家電業界に注目し、ECと比べた際のD2Cの使われ方や使い手について、その実態を調査しました。(ページ数|29ページ)


【急上昇サイト】年末やクリスマスなど、シーズナルなコンテンツに検索が急増!|2022年12月

【急上昇サイト】年末やクリスマスなど、シーズナルなコンテンツに検索が急増!|2022年12月

2022年12月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


人気の美容成分「レチノール」の検索者が急増中!「シカ」に関心がある人との違いは?

人気の美容成分「レチノール」の検索者が急増中!「シカ」に関心がある人との違いは?

「しわ改善に」などのフレーズで、「レチノール」という成分の名前を広告やTVCMで見かけるようになりました。レチノールはかつて化粧品への配合が難しい成分とされていましたが、ここ数年で、日本の大手化粧品メーカーや韓国コスメでも使われるようになっています。レチノールにいち早く反応している人は、どのような気になりごとを持っているのでしょう。ここ数年で人気が爆発した成分「シカ」と比較して、調査しました。


2022年の象徴的なリサーチ・トレンドを総まとめ。リサーチャー菅原大介さんと考える

2022年の象徴的なリサーチ・トレンドを総まとめ。リサーチャー菅原大介さんと考える

2022年、withコロナが日常生活に定着する中、消費者の動きやZ世代による新しい消費スタイルなど、多様なトレンドの兆しが見られました。2022年12月に開催したセミナーでは、象徴的なトピックスとマーケティング・リサーチ業界の新潮流について、リサーチャーの菅原大介さんと共に振り返り、2023年へと繋がるトレンドを考察。本稿では、そのレポートをお届けします。 ※詳細なセミナー資料は、記事末尾のフォームから無料でダウンロードできます。


リサイクルからリユースへ 〜 業界横断で広がるリユース文化

リサイクルからリユースへ 〜 業界横断で広がるリユース文化

「再利用」。このワードで今、思いつくのは何でしょうか。以前までは「リサイクル」が主流だった環境配慮への再利用活動も、今や「リユース」に焦点が当たることも珍しくありません。「リユース」とは“形を変えず”に繰り返し使うこと。形を変えずに循環させることで、再利用にかかるエネルギーを減らすこともCO2 の削減にも繋がります。そして「リユース」は、身近な自治体やインターネットオークション、リサイクルショップでも手軽に始めることができ、その対象は1点の衣類から、果ては1軒の家まで。いつの間にか幅広い市場で広がりつつあるこの「リユース」活動。生活者の興味関心や「リユース」市場の今について検証しました。


最新の投稿


【TVドラマランキング】Twitterで世界トレンドに!若年層の心をつかんだ「silent」が人気

【TVドラマランキング】Twitterで世界トレンドに!若年層の心をつかんだ「silent」が人気

近年動画配信サービスが普及し、時間や場所にとらわれず様々なジャンルの動画を手軽に視聴できるようになりました。テレビ離れが幅広い年代で囁かれている時代、話題になるテレビドラマとは、どのようなものなのでしょうか。今回は、2022年10月~12月に放送されたドラマについて、認知度や視聴方法、満足度、満足理由などをランキング化。その実態を探りました。


Does Gen Z Prefer Apps Over Websites When Online Shopping?

Does Gen Z Prefer Apps Over Websites When Online Shopping?

The Gen Z data analysts at VALUES, Inc. analyzed behavioral data regarding the online shopping consumption among Generation Z. It is said that Gen Z prefers “e-commerce apps” over “e-commerce websites,” but what is true? We will dig deeper, incorporating the honest voices of the Gen Zers.


検索順位をチェックし競合分析できる無料ツール「SEOチェキ!」と「SEOTOOLS」とは

検索順位をチェックし競合分析できる無料ツール「SEOチェキ!」と「SEOTOOLS」とは

競合サイト分析に使える無料ツール「SEOチェキ!」「SEOTOOLS」について。知名度がありキーワードの検索順位などもチェックできますが、ツールとしての世代が古い感は否めません。SEOチェキ!とSEOTOOLSの特徴や使いどころ、検索順位が競合分析にどう役立つかを解説します。


Instagramにおける「クリエイターマーケティング」 ~ 注目高まるクリエイターエコノミーと企業活用事例

Instagramにおける「クリエイターマーケティング」 ~ 注目高まるクリエイターエコノミーと企業活用事例

2023年、マーケターが押さえておきたいトピックのひとつに、Instagramを活用した「クリエイターマーケティング」が挙げられます。今回は、クリエイターマーケティングをテーマに、Facebook Japanの相原氏と、ヴァリューズの岩間と蒋が対談。期待される効果や施策を行う際のポイント、企業活用事例などをお届けします。


地産地消 ~ 道の駅と食育から

地産地消 ~ 道の駅と食育から

近年注目されつつある「地産地消」。この裏には、人気のお出かけスポットとしての「道の駅」が一役買っています。単なる観光客向けの食品・工芸品の販売だけではなく、地元の生活者の糧としても活用され、そして何より子供たちの「食育」にも繋がることで、「地産地消」の循環の輪は広がっているようです。そのような「地産地消」のメリット・デメリットを含めた実情を、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が解説します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら