新型コロナでお酒の購買行動はどう変わったか?大手ECサイト「カクヤス」のデータから考察

新型コロナでお酒の購買行動はどう変わったか?大手ECサイト「カクヤス」のデータから考察

新型コロナウイルスの流行に伴い、お酒の個人消費が増えていると見られています。実際にどれほど進んでいるのでしょうか。本記事では市場分析サービス「eMark+(イーマークプラス)」を用いて、お酒の大手ECサイト「カクヤス」の利用状況を調査し、消費マインド変化の考察を試みます。


ECサイト「カクヤス」でユーザー数が1.5倍に

新型コロナウイルスの流行に伴い、テレワークやオンライン飲み会などの新しい習慣が誕生しました。一方で、店での外食は現在でも自粛傾向が続き、代わりに自宅でのお酒の個人消費が増えていると見られています。

では、お酒の個人消費は実際にどれほど進んでいるのでしょうか。特に、お酒に対する消費者の意識の変化や、購買チャネル利用実態の変化が気になるところだと思います。

そこで本記事では、お酒の大手ECサイト「カクヤス」の利用状況を調査することで、消費マインド変化の簡易的な考察を試みます。使用するのはネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+(イーマークプラス)」。ユーザー数や利用者属性の変化から見えてくるのは一体どのようなことでしょうか。

カクヤスは「なんでも酒や」を掲げるお酒の大手ECサイト。あらゆる種類の酒類を販売しているほかソフトドリンクや食品・雑貨なども取り扱っており、toC、toBを問わず利用されています。

新型コロナウイルスの流行に伴う自粛要請、緊急事態宣言の発令など、いわゆるロックダウンのなかカクヤスのユーザー数はどのように変化したのでしょうか。パンデミック前夜の2019年12月からのユーザー数の変化を確認してみましょう。

eMark+画面より(分析期間:2019年12月-2020年5月、対象デバイス:PC&スマートフォン)

ユーザー数変化のグラフを見てみると、右肩上がりにユーザー数が増えていることがわかります。20年5月のデータを3ヶ月前と比べると、ユーザー数はおよそ1.5倍に。特に、初めて「3密」を避ける等の対策が示された3月、また、緊急事態宣言が発令された4月はユーザー数を大きく伸ばしています。

お酒をECで購入するとなると、他のチャネルとしてはAmazonや楽天などが考えられます。それら大手ECモール内の検索・購入数は今回は調査していませんが、カクヤスがお酒の大手ECサイトであることから、国内全体の傾向を一部反映していると想定できるでしょう。

ヴァリューズが実施したアフターコロナの消費者動向調査では、「新型コロナウイルスの影響拡大後、インターネットで購入・契約したものは何か」という項目で、アルコール飲料は全体回答者の2.3%を占めていました。どのような理由で態度変容が起こったかははっきりとしませんが、カクヤスなどのECサイトを使ってインターネットでのお酒の購入を行ったユーザーは一定数いたと言えるでしょう。

コロナ影響下での消費者動向、アフターコロナへの展望を調査 ~ 収束後も日用品・食材・化粧品などのネット購入は継続傾向に

https://manamina.valuesccg.com/articles/885

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、国内の20歳以上の男女25,884人を対象に、新型コロナウイルスの感染拡大によって変化した働き方や消費意識に関するアンケート調査を実施しました。また、一般ユーザーの行動ログとデモグラフィック(属性)情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用して、感染拡大前後のネット行動ログから消費者動向実態を調査しました。

カクヤスで関東地方ユーザーが増加。高所得者層も?

では、具体的にどのような人がカクヤスを利用してお酒を購入するようになったのでしょうか?

そこで、2月以前と3月以降のカクヤスのデモグラフィック属性を比較し、特徴的な変化が見られるかどうかをeMark+で調べてみました。項目としては、性別世帯別年収居住地域の3つを比較します。それぞれ見ていきましょう。

性別

eMark+画面より(分析期間:2019年12月-2020年2月、対象デバイス:PC&スマートフォン)

eMark+画面より(分析期間:2020年3月-2020年5月、対象デバイス:PC&スマートフォン)

まずは性別から見てみます。

グラフは上がコロナ禍以前の2019年12月〜2月、下が2020年3月〜5月のコロナ禍中のデータです。両者を比較してみると、女性ユーザーが全体のうち2%ほど増加していたという結果でした。性別では大きな変化はなかったと考えられます。

世帯別年収

eMark+より集計(コロナ禍前=2019年12月-2020年2月、コロナ禍後=2020年3月-5月、対象デバイス:PC&スマートフォン)

次に世帯年収別のユーザー数変化に注目してみましょう。上の表では世帯年収別のカクヤスユーザー割合を一覧化しています。コロナ禍以前とコロナ禍後の差分を見て、増加した年収帯を赤の矢印、減少した年収帯を青の矢印で表しました。

全体的に見てみると、どの年収帯でも増減幅は1%未満に収まっています。ただ、その中でももっとも変化幅が大きかったのは900万〜1500万までの世帯で、合計して1.7%利用者が増加しています。

これも性別と同様、有為な変化とは言い難い可能性もあります。しかし、世帯年収が900万以上の高所得者層はそもそもの絶対数が少ないため、性別の2%の変化幅よりは多少の意味を持ってくるでしょう。コロナ禍中でお酒EC利用を始めた層は、もしかするとこれらの高所得者層が一定の割合を占めていたのかもしれません。

地域

eMark+画面より(分析期間:2019年12月-2020年2月、対象デバイス:PC&スマートフォン)

eMark+画面より(分析期間:2020年3月-2020年5月、対象デバイス:PC&スマートフォン)

次に、地域別のユーザー数の増加度合いを見てみましょう。モニターの影響から2019年12月-2020年2月の時点でも関東地方の比率が高いのですが、2020年3月以降は関東地方のユーザー比率がさらに5パーセント増加しています。

関東地方の1都3県においては緊急事態宣言、自粛要請などがほかの地方より長く実施されており、これが影響している可能性があります。考えられるストーリーとしては、ほかの地方よりも外で飲める機会が減ったため、反動やストレスでお酒を飲みたくなる人が増え、EC利用に走ったというもの。

あるいは、関東地方がほかの地方よりもコロナ影響が強く、普段からスーパーなどでお酒を購入していた人が警戒を強め、EC利用に流れたという可能性もあるでしょう。

これらの態度変容の理由づけは、デモグラ属性の変化量を見る調査では仮説設定のみにとどまります。より深く知る手法としては、お酒のEC利用者の興味・関心ワードの束を集め、サイコグラフィック属性によってユーザーをクラスタリング、変化を追うというものがあります。

ヴァリューズのツール「story bank」では、Web行動ログの束を可視化することによって、ユーザーのジャーニーを理解することができます。興味のある方はぜひセミナーにご参加ください。

【6/26(金)・7/6(月)・7/14(火)・7/21(火)・7/30(木)】story bank紹介セミナー【オンライン開催】

https://manamina.valuesccg.com/articles/831

消費者ニーズやアクションに至るプロセス(story)をWeb行動ログから分析・可視化できるツール「story bank」をリリースいたしました。サービスリリースに伴いstory bankの有料機能を御覧いただけるセミナーを開催いたします。

EC利用は持続するか?ノンアル飲料のニーズも増加

ここまで、カクヤスのユーザー数や属性の変化を分析することで、お酒ECの利用にまつわる消費者行動の変化を考察してきました。

まず、カクヤスのユーザー数はコロナ渦中で1.5倍に増加していたことが分かりました。実は、酒類に限らずスーパーでの購買行動もオンラインに移行していく流れがあります。下記記事ではネットスーパーの利用者数が増加した実態を明らかにしました。

コロナ影響でネットスーパー4サイトのユーザーが急上昇。1位はコストコ、楽天西友は経済圏内の回遊が強みか

https://manamina.valuesccg.com/articles/843

新型コロナの影響で外出自粛が叫ばれ、多くの業界が打撃を受ける一方、一部のサービスは需要を伸ばしています。その一つとして今回着目したのが、ネットスーパー。感染予防のために店頭での買い物を控え、ネットスーパーの利用者が増えているのではないかと予想し、eMark+を使ってその実態を調査しました。

コロナ禍が収まればネットスーパー利用は継続されない、という見立てもあるでしょう。ただ、現状はまだまだ収束時期が見えず、このままの状況が長引けば習慣としてEC利用が継続的に根付く可能性もおおいに考えられます。

また、購買チャネルや購入方法の変化にとどまらず、嗜好するお酒についても新しい傾向があると指摘されています。下記の記事では、消費者インサイトとしてアルコールを含まない「ノンアル飲料」への注目が取り上げられていました。カクヤス等のECサイトにおいても、ノンアル飲料の購入数が増加していたかもしれません。

在宅効果でノンアルビールが売れまくり…「オールフリー」の3月出荷が42%増

https://www.businessinsider.jp/post-214156

長期化する在宅ワーク推奨期間のなかで、サントリーのノンアルビール「オールフリー」が売れている。サントリーは6月3日、自粛ムード真っ只中だった3月の...

本記事ではお酒の大手ECサイト、カクヤスのユーザー実態の分析から、お酒の個人消費のコロナ影響について考察しました。最後に内容をまとめます。

1.購買チャネルの変化:オンライン化の進展 - ECサイト利用が増大。デモグラ属性の変化からは、関東地方の高所得者層において特にEC利用が増加した可能性が考えられる。コロナ禍の状況次第では消費者の間でEC利用習慣が定着するかもしれない。

2.消費者インサイトの変化 - ノンアル飲料の需要の増大。テレワーク中心の生活者の中には、新しいニーズが生まれる可能性も。サイコグラフィック属性の変化を追うことでより深く知ることができるだろう。

今回の調査で使用したSaaS型市場分析ツール「eMark+」には無料機能があります。より詳細なデモグラ属性や検索後のLP分析、コンテンツ分析などに興味のある方はぜひ試用してみてください。

eMark+ 無料で競合調査ができる! 無料登録はこちら

この記事のライター

ウィーン大学への留学を経て京都大学文学部卒業。
外資系大手ITコンサルティング会社に勤務後、フリーランスライターに転向。

関連する投稿


コロナからの消費復活の兆しを探る アパレル各社のマスクや食材宅配は需要継続か

コロナからの消費復活の兆しを探る アパレル各社のマスクや食材宅配は需要継続か

緊急事態宣言下の「巣ごもり消費」で生まれた、ネット通販や宅配サービスを活用した新しい消費スタイルは今後どのように変化していくのでしょうか。今回は、コロナ禍の2020年4月から、緊急事態宣言が全国で解除されニューノーマル(新常態)での生活が始まりつつある6月10日までの間で、Webサイトやアプリの行動ログをもとに、消費者の行動変化とコロナからの復活、ウィズコロナ時代のニーズの兆しを探ります。


コロナ禍による失業解決策として屋台の出店が推奨された中国。「歩道で営業禁止」から一転。

コロナ禍による失業解決策として屋台の出店が推奨された中国。「歩道で営業禁止」から一転。

新型コロナウイルスの感染が収束しつつある中国で、地方政府が消費喚起策、失業解決策に相次いで動いています。具体的な施策の一つとして、中心部の歩道で屋台を出店することが推奨されました。これまで環境に悪影響を与えるため、禁止になっていた歩道での屋台出店は今、上海、済南、南寧を初めとした27以上の都市で解禁され、服や雑貨などを売る個人の出店や飲食の屋台が歩道で溢れています。さらに、中国の最大規模のSNS「Weiboウェイボー」で屋台経済が急上昇ワードとなり、新型コロナウイルスの影響で大幅に増加した失業者が屋台の経営者と一変し、一つの町だけで10万人ほどの雇用を生み出しました。屋台経済の復興は、コロナ後の景気回復に向けた奇策と言えます。


コロナ禍でTwitter・インスタなど、SNSユーザーの変化は? |2020年5月のアクティブ率・デモグラ調査最新版

コロナ禍でTwitter・インスタなど、SNSユーザーの変化は? |2020年5月のアクティブ率・デモグラ調査最新版

コロナ禍での「外出自粛」「巣ごもり」「おうち時間」といった生活の中、時間を持て余した人、リモートワークによって通勤時間が減りスマートフォンを扱う時間が減った人など、SNSに費やす時間は一体どう変わったのでしょうか。「eMark+」を用いて、4つのSNS(LINE、Twitter、Facebook、Instagram)のユーザー数の変化とアプリのアクティブ率、2020年5月時点最新のアプリユーザーのデモグラフィックについて調査しました。


保険難民が増加? withコロナ時代突入により変わり始める保険の選び方

保険難民が増加? withコロナ時代突入により変わり始める保険の選び方

一昔前、保険は自宅や職場に訪れる各保険会社の営業担当者から加入するのが一般的でした。しかし、現在ではそういった光景は減りつつあり、代りにさまざまな会社の保険を扱う来店型の保険ショップや、Web 上の保険比較サイトが増加しています。また、ネットで手続きを行うダイレクト型保険も浸透し、より手軽に保険へ加入できるようになりました。そんな中、新型コロナウイルスの蔓延により、人との接触をできる限り減らす新しい生活様式での日常がスタートしました。withコロナの生活は人々の保険の選び方にどのような影響を与えているのか、eMark+を用いて分析してみました。


【メーカー系企業のEC担当者向け】ECの売上を伸ばすには?3ステップから学ぼう!

【メーカー系企業のEC担当者向け】ECの売上を伸ばすには?3ステップから学ぼう!

EC運営で困った時や、今より売れるヒント探しを目的とした方に向けた3stepガイド。「ECを効率的に勉強したい」「他社ECの事例を知りたい」「D2Cについて知識をつけたい」そんな思いに応えたブック型記事になっています。ステップ順に見ていけばEC運営の基礎知識も身につき、自社ECの課題点や改善点が把握できるように記載しています。


最新の投稿


今日から始めるデータマーケティング!ツールや組織づくりの事例まとめ

今日から始めるデータマーケティング!ツールや組織づくりの事例まとめ

デジタルツールの普及により、質・量ともに豊富なデータを収集できるようになった昨今。これらのデータをマーケティングに活かす「データマーケティング」が広がっています。多くの企業がデータマーケティングに取り組んでいる理由は、データの収集・分析により目的達成のプロセスの可視化や課題を発見しやすいメリットがあるからです。そこで今回は、データマーケティングをスムーズに始めるために必要な基礎知識から事例をまとめて紹介します。


無印良品に「惚れた」のはどんな人なのか?ブランドの強みをデータ分析でマーケコンサルが考察

無印良品に「惚れた」のはどんな人なのか?ブランドの強みをデータ分析でマーケコンサルが考察

気になるブランドや商品についてヴァリューズのマーケティングコンサルタントが調査する企画。今回の調査は根強いファンを持ち、ブランドを確立している『無印良品』についてです。無印良品ファンにはいったいどんな特徴があるのか。他ブランドとの比較を交えながら考察していきます。


コロナからの消費復活の兆しを探る アパレル各社のマスクや食材宅配は需要継続か

コロナからの消費復活の兆しを探る アパレル各社のマスクや食材宅配は需要継続か

緊急事態宣言下の「巣ごもり消費」で生まれた、ネット通販や宅配サービスを活用した新しい消費スタイルは今後どのように変化していくのでしょうか。今回は、コロナ禍の2020年4月から、緊急事態宣言が全国で解除されニューノーマル(新常態)での生活が始まりつつある6月10日までの間で、Webサイトやアプリの行動ログをもとに、消費者の行動変化とコロナからの復活、ウィズコロナ時代のニーズの兆しを探ります。


【まとめ】データ活用やDX組織づくりを進めていくには?3ステップから学ぼう!

【まとめ】データ活用やDX組織づくりを進めていくには?3ステップから学ぼう!

DX組織づくりに困っている方に向けた3stepガイド。「そもそもDXとは何か?具体的にはどういうことなのか基本を理解したい」「DXの成功事例を知りたい」「データに強い組織はどのように作っていけばいいのか」そんな悩みに応えたブック型記事になっています。Step順に見ていけばDX組織づくりの基礎知識も身につき、自社で組織づくりを進める際の土台になるはずです。


コロナ禍による失業解決策として屋台の出店が推奨された中国。「歩道で営業禁止」から一転。

コロナ禍による失業解決策として屋台の出店が推奨された中国。「歩道で営業禁止」から一転。

新型コロナウイルスの感染が収束しつつある中国で、地方政府が消費喚起策、失業解決策に相次いで動いています。具体的な施策の一つとして、中心部の歩道で屋台を出店することが推奨されました。これまで環境に悪影響を与えるため、禁止になっていた歩道での屋台出店は今、上海、済南、南寧を初めとした27以上の都市で解禁され、服や雑貨などを売る個人の出店や飲食の屋台が歩道で溢れています。さらに、中国の最大規模のSNS「Weiboウェイボー」で屋台経済が急上昇ワードとなり、新型コロナウイルスの影響で大幅に増加した失業者が屋台の経営者と一変し、一つの町だけで10万人ほどの雇用を生み出しました。屋台経済の復興は、コロナ後の景気回復に向けた奇策と言えます。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら