“第3のビール”の公式サイト訪問者数を調査!圧倒的な強さを見せたのは「金麦(サントリー)」

“第3のビール”の公式サイト訪問者数を調査!圧倒的な強さを見せたのは「金麦(サントリー)」

気温も高まり、アルコール飲料がより美味しく感じられる季節になってきました。新型コロナの影響もあり、巣ごもり消費でビール業界にも変化があったのではないでしょうか?そこで、今回は第3のビール(新ジャンル)に絞って、公式サイト のユーザー動向や属性などについて掘り下げてみたいと思います。


「金麦(サントリー)」が4倍以上の差をつけてサイト訪問者数トップに

まずは、直近1年間の公式サイト訪問者数を見てみたところ、トップは「金麦(サントリー)」で他商品に4倍以上の 差をつけてトップとなりました。続いて「クリアアサヒ 贅沢ゼロ/アサヒオフ(アサヒ)」「ザ・リッチ(アサヒ)」「本麒麟(キリン)」という結果でした。

TOP5の内、アサヒの商品が3つランクインしていることから、アサヒの人気の高さがうかがえました。

また、「ザ・リッチ(アサヒ)」は2020年3月17日に発売と後発ながら、「本麒麟(キリン)」を抜き4位にランクインしていることから、こちらもユーザーの興味関心が高いことがわかりました。

公式サイト訪問者数

公式サイト訪問者数

デバイス:PC+スマートフォン
集計期間:2019年7月~2020年6月

キャンペーンをフックに巧みに集客

次に、トップの「金麦(サントリー)」のサイト訪問者数がなぜ多いのかを探ってみましょう。過去2年間のサイト訪問者数推移を見てみると、2019年、2020年と3月からアクセス数が伸び始め、7月頃にピークを迎えていることがわかります。

季節要因も大きく関係していると思いますが、それ以外にどんな手段で集客しているのでしょうか?

「金麦(サントリー)」のユーザー数推移

公式サイト「金麦(サントリー)」のユーザー数推移

デバイス:PC+スマートフォン
集計期間:2018年7月2020年6月

まず最初に、アクセス数が伸び始めた2019年3月の「金麦(サントリー)」のコンテンツランキングを見てみましょう。『絶対もらえる。あいあい皿2019』のキャンペーンページが多くを占めていますが、ユーザー数もまだそこまで多くない上に”金麦”のトップページが1位となっています。

流入元も“自然検索”が多いことから、恐らく、CMでキャンペーンの告知をしたことでサイトにユーザーが訪れていることが考えられます。

「金麦(サントリー)」の2019年3月のコンテンツランキング

「金麦(サントリー)」の2019年3月のコンテンツランキング

デバイス:PC
集計期間:2019年3月

『絶対もらえる。あいあい皿2019』の応募期間が2019年4月15日~ということもあり、2019年4月の「金麦(サントリー)」のコンテンツランキングは、キャンペーンページが上位を占めていることがわかります。

「金麦(サントリー)」の2019年4月のコンテンツランキング

「金麦(サントリー)」の2019年4月のコンテンツランキング

デバイス:PC
集計期間:2019年4月

また、訪問者数が急増している「金麦(サントリー)」の2019年7月のコンテンツランキングを見てもわかるように、『金麦 特等席 ご招待』や『絶対もらえる!金麦の夏皿』にアクセスが集中しておりキャンペーンの人気の高さがうかがえました。

「金麦(サントリー)」の2019年7月のコンテンツランキング

「金麦(サントリー)」の2019年7月のコンテンツランキング

デバイス:PC
集計期間:2019年7月

さらに、訪問者数が多い2020年4月のコンテンツランキングを見てみましたが、『絶対もらえる!あいあい皿2020』がトップとなっていました。やはり、ユーザーのキャンペーンへの興味関心度合いが高いと言っていいでしょう。

「金麦(サントリー)」はキャンペーンをフックにユーザーをサイトへ誘導していることがわかりました。

「金麦(サントリー)」の2020年4月のコンテンツランキング

「金麦(サントリー)」の2020年4月のコンテンツランキング

デバイス:PC
集計期間:2020年4月

「絶対もらえる!あいあい皿2020」キャンペーンページ

※現在、キャンペーン期間は終了

一方で、訪問者数が落ち込んだ2019年6月に対して、2020年6月は直近2年間の中で最も訪問者数が多い結果となりました。『絶対もらえる!あいあいカレー皿』の他に『おうちで金麦花火大会』のキャンペーンが訪問者数を伸ばした要因となっていました。

「金麦(サントリー)」の2020年6月のコンテンツランキング

「金麦(サントリー)」の2020年6月のコンテンツランキング

デバイス:PC
集計期間:2020年6月

『おうちで金麦花火大会』キャンペーンは、新型コロナの影響で“中止になってしまった全国の花火大会を、今年の夏はご自宅で、金麦を片手にお楽しみください。”というコンテンツのようです 。

「おうちで金麦花火大会」キャンペーンページ

「金麦(サントリー)」は年間を通してみると、4月と7月にプロモーションを打っているようですが、2020年は新型コロナの影響で6月にも施策を実施したことで6月にもピークを作っていることがわかりました。

ただ、7月は年間を通じて最もアクセス数が伸びるようなので、2020年はどこまで訪問者数が伸びるか楽しみです。

「金麦(サントリー)」は女性、「本麒麟(キリン)」は若年層が支持

続いて、サイト訪問者の属性をみてみましょう。性別では、全体的に男性が多い結果となりました。その中でも、「ザ・リッチ(アサヒ)」は男性比率が7割と高くなっていました。

また、男性比率が高い中でも「金麦(サントリー)」は女性比率が約53%と男性を若干上回っており、他の商品の属性(性別)との違いが見うけられました

ユーザー属性:性別

ユーザー属性:性別

デバイス:PC+スマートフォン
集計期間:2019年7月~2020年6月

次に年代別で見てみると、40代以上の年齢層が多いことがわかりました。特に50代・60代以上で半数を占めている結果となっていました。

ただ、その中でも「本麒麟(キリン)」は20代・30代が約4割と、若年層にも支持されているようです。

ユーザー属性:年代別

ユーザー属性:年代別

デバイス:PC+スマートフォン
集計期間:2019年7月~2020年6月

「金麦(サントリー)」はキャンペーンに関連するワードが人気

最後に、『金麦』を含む検索をしているユーザーが併せて検索しているワードを見てみたところ、『キャンペーン』や『あいあい皿』などのワードが上位となっていました。

検索ワードから考察しても、金麦サイトに訪れるユーザーはキャンペーンに非常に興味をもっていることがわかりました。

『金麦』を含む検索ワード

『金麦』を含む検索ワード

デバイス:PC
集計期間:2018年7月~2020年6月

『金麦』を含む検索ユーザーの推移は下図のようになっています。キャンペーンのタイミングでユーザー数が伸びていました。

『金麦』を含む検索ユーザー数推移

『金麦』を含む検索ユーザー数推移

デバイス:PC
集計期間:2018年7月~2020年6月

まとめ

今回は第3のビール(新ジャンル)の公式サイトについて調査しました。サイト訪問者数を見ても、「金麦(サントリー)」が強く一人勝ちの様相を呈しています。

その背景にはキャンペーンとCMの両輪でユーザーを巧みにサイトに誘導していたり、需要が高まる時期に施策を実施するなどして、ユーザーの購買意欲を上手に高めていることがわかりました。

今後、各社がどのような施策でユーザーを獲得していくか注目したいところです。

分析概要

ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービスeMark+を使用し、2018年7月~2020年月6のネット行動ログデータを分析しました。
※2019年7月~2020年6月の累計のサイト訪問者数上位5商品(下図)を分析。

第3のビール(新ジャンル)のサイト訪問者数上位5商品

本調査は国内Webサイト・アプリの利用実態が簡単に分析できるSaaS型ツール「eMark+(イーマークプラス)」を用いて行いました。eMark+の一部の機能は無料でご利用いただけます。下記より無料登録ができますので、ご興味のある方はぜひどうぞ。

eMark+ 無料で競合調査ができる! 無料登録はこちら

関連記事

新型コロナでお酒の購買行動はどう変わったか?大手ECサイト「カクヤス」のデータから考察

https://manamina.valuesccg.com/articles/897

新型コロナウイルスの流行に伴い、お酒の個人消費が増えていると見られています。実際にどれほど進んでいるのでしょうか。本記事では市場分析サービス「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を用いて、お酒の大手ECサイト「カクヤス」の利用状況を調査し、消費マインド変化の考察を試みます。

三越伊勢丹やメルカリからオウンドメディアの集客方法を学ぶ。ステイホーム需要をすくい取ったヒットコンテンツとは

https://manamina.valuesccg.com/articles/943

本稿では、新型コロナに大きく影響されたこの期間に、訪問者数が伸びたオウンドメディアを調査。動きが顕著だった4メディア「FOODIE(三越伊勢丹)」「メルカリマガジン(メルカリ)」「Hayakawa Books & Magazines(β)(早川書房) 」「SMART MAGAZINE(ジェイトリップ)」のヒットの背景を分析します。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


成長市場のクラフトビール、大手メーカーのWeb集客戦略は?キリン「スプリングバレー」が人気か

成長市場のクラフトビール、大手メーカーのWeb集客戦略は?キリン「スプリングバレー」が人気か

マイナス基調にあるビール市場のなかで成長を続けるクラフトビール市場。近頃は大手メーカーの参入が続き、競争が激化しています。そんななかで各社はどのような戦略を取っているのか。本記事では、大手ビールメーカーのクラフトビールに加え、Amazonで人気の定番クラフトビールをピックアップ。各ブランドのWeb集客の特徴や強みを分析していきます。


不動産企業Webサイトのユーザー数ランキングを調査。集客のポイントは「自社の強みの打ち出し」

不動産企業Webサイトのユーザー数ランキングを調査。集客のポイントは「自社の強みの打ち出し」

不動産業界の企業について、各社のWebサイトの集客力をユーザー数ランキングで調査しました。上位には三井のリハウスや大和ハウス工業、三井住友トラスト不動産などがランクイン。Webでの集客に成功している不動産企業が、実施している施策も併せて分析します。


スマートウォッチ市場のユーザー層を調査。Apple WatchとFitbitの購買検討層の違いが明らかに

スマートウォッチ市場のユーザー層を調査。Apple WatchとFitbitの購買検討層の違いが明らかに

多機能なウェアラブルデバイスとして人気を集めるスマートウォッチ。コロナ禍のここ2年ほどで出荷台数は増え、スマートウォッチ市場は拡大中です。需要はどのような消費者ニーズにより引き起こされているのか、「スマートウォッチ」検索者や国内シェア上位のApple WatchとFitbitの購買検討層を分析します。


「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、ファミペイが急上昇で2位に|2021年7月~8月

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、ファミペイが急上昇で2位に|2021年7月~8月

スマートフォンアプリの最新インストール数ランキングTop5をまとめました。2021年8月の1位はスマートニュース。毎月の上位ランクインで安定してインストール数を伸ばしています。2位は半年ぶり上位復帰のファミペイ。キャンペーン施策が当たりました。


マナミナ独自の市場調査事例9選

マナミナ独自の市場調査事例9選

消費者ニーズの多様性、市場の成熟化が進んでいる昨今、市場調査の重要性は日に日に増しています。マナミナでは独自の市場調査を行い、様々な業界の調査記事を数多く掲載しています。今回は市場調査に関連する記事や事例を、主にこれから市場調査を始めたいという方に向けてまとめました。


最新の投稿


2021年版!国内企業の最新DX事例15選

2021年版!国内企業の最新DX事例15選

DXでは、単なるIT化や部分的な効率化にとどまらず、デジタル技術で新たな価値を創造していくことが求められています。大企業においても、経産省がDXを推進する企業を選定するなどしています。今回は国内でも着実に成果を上げているDXの事例を紹介します。


アンケート×Webログを用いた飲食店選びに関する調査 ~ 外食シーン・利用媒体・人の視点で分析

アンケート×Webログを用いた飲食店選びに関する調査 ~ 外食シーン・利用媒体・人の視点で分析

新型コロナウイルスの感染拡大により、大きなダメージを受けた飲食業界。外食市場規模は、2021年7月には2019年比で48.1%にまで減少したとも言われています。コロナによって外食への意識が大きく変わる中、飲食店はどのように選ばれているのでしょうか。アンケートとWeb行動ログを用いて、消費者の飲食店選びの現状について詳しく分析しました。(ページ数|30p)


成長市場のクラフトビール、大手メーカーのWeb集客戦略は?キリン「スプリングバレー」が人気か

成長市場のクラフトビール、大手メーカーのWeb集客戦略は?キリン「スプリングバレー」が人気か

マイナス基調にあるビール市場のなかで成長を続けるクラフトビール市場。近頃は大手メーカーの参入が続き、競争が激化しています。そんななかで各社はどのような戦略を取っているのか。本記事では、大手ビールメーカーのクラフトビールに加え、Amazonで人気の定番クラフトビールをピックアップ。各ブランドのWeb集客の特徴や強みを分析していきます。


不動産企業Webサイトのユーザー数ランキングを調査。集客のポイントは「自社の強みの打ち出し」

不動産企業Webサイトのユーザー数ランキングを調査。集客のポイントは「自社の強みの打ち出し」

不動産業界の企業について、各社のWebサイトの集客力をユーザー数ランキングで調査しました。上位には三井のリハウスや大和ハウス工業、三井住友トラスト不動産などがランクイン。Webでの集客に成功している不動産企業が、実施している施策も併せて分析します。


スマートウォッチ市場のユーザー層を調査。Apple WatchとFitbitの購買検討層の違いが明らかに

スマートウォッチ市場のユーザー層を調査。Apple WatchとFitbitの購買検討層の違いが明らかに

多機能なウェアラブルデバイスとして人気を集めるスマートウォッチ。コロナ禍のここ2年ほどで出荷台数は増え、スマートウォッチ市場は拡大中です。需要はどのような消費者ニーズにより引き起こされているのか、「スマートウォッチ」検索者や国内シェア上位のApple WatchとFitbitの購買検討層を分析します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー