withコロナのシェアエコ市場のデータを調査。戦略シフトで実は会員や売上を伸ばしていたサービスも

withコロナのシェアエコ市場のデータを調査。戦略シフトで実は会員や売上を伸ばしていたサービスも

新型コロナの影響で、シェアリングエコノミーのサービスは接触リスクを伴うことが懸念されていました。しかし、コロナ需要に合わせて戦略をシフトしたいくつかのサービスは、新たな価値を築きつつあるといいます。本稿では、そんなシェアエコ市場に着目。市場分析ツール「eMark+」を使い、「スペースマーケット」「タイミー」「ココナラ」「メルカリ」の4サービスの最新動向を分析します。


コロナショックはシェアエコ市場をどう変えた?

遊休資産の活用や人材不足の解消、コスト削減などのメリットから近年急速に浸透し、「所有から共有へ」という新たな価値観を築いたシェアリングエコノミー市場。モノや空間、車やスキルなど多様なカテゴリへ広がり、2017年度から2023年度の年平均成長率は14.1%で推移と予測されるなど、今後の成長が期待されています。

新型コロナの影響で、接触リスクを伴うシェアエコ市場は一時衰退が懸念されましたが、コロナ禍需要に合わせて各社は方向転換。これに成功したサービスは、ウィズコロナ時代の新しい価値を築きつつあるといいます。

本稿では、そんなシェアエコ市場の最新動向を調査。「スペースマーケット」「タイミー」「ココナラ」「メルカリ」の4サービスのWebサイト・アプリユーザー数からコロナ前後の変化を捉え、トレンドを探ります。

オフィスサービスの拡充で挽回した「スペースマーケット」

まずひとつめは、スペースシェアのサービス「スペースマーケット」を取り上げます。

スペースマーケットは、会議室や住宅、スポーツ施設など、ありとあらゆるスペースを掲載する空間シェアプラットフォームです。誰でも簡単に遊休スペースを収益源として活用でき、ユーザーは低コストでレンタルが可能。現在1万3千件以上のスペースが掲載されています。

では、スペースマーケットの過去1年のWebサイトのユーザー推移について、国内主要Webサイト・アプリを分析できるツール「eMark+」を使って見てみましょう。

集計期間:2019年8月~2020年7月、対象デバイス:PC&スマートフォン

コロナ第一波の3月から5月にかけてユーザーが減少し、6月から増加傾向です。接触リスクが懸念され一時下降したものの、対コロナ戦略によって回復したと考えられます。

スペースマーケットは、在宅ワークへの移行が急速に進み、オフィスの解約・縮小させる企業も出てきていることから、「働く場所」に特化した形にシフト。4月に「オフィスの間借り」支援サービスをリリースしました。オフィスの一部を貸したい企業と借りたい企業をマッチングさせる本サービスは、オフィスのあり方を見直した企業に刺さり、話題になりました。

このほか、サテライトオフィスの最短即日契約サービスや、働くシーンに特化したスペースをオンラインで貸し借りできる新サービス「スペースマーケットWORK」を開始するなど、ウィズコロナ時代の働き方に合わせてサービスを拡充しています。

また、eMark+でユーザー属性を見てみると、ビジネスパーソン(一般会社員・経営者など)の利用者が6割以上です。

集計期間:2019年8月~2020年7月、デバイス:PC&スマートフォン

働く環境に着目したサービス転換はユーザー属性にもマッチしており、サービスを挽回させ、さらに躍進させる転機になったのではないでしょうか。

テレワークや配達バイトに切り替えた「タイミ―」

続いて、単発バイトのシェアサービス「タイミ―」です。

タイミ―は、空き時間に働きたい人と、この時間だけ働いてほしい企業・お店をつなぐ"スキマバイト"を提供するサービス。バイトの新スタイルとして浸透し、利用者・導入店舗ともに広がりを見せています。

そんな昨年の9月にリリースされたタイミ―の、アプリユーザー推移を見てみましょう。

集計期間:2019年9月~2020年7月、対象デバイス:スマートフォンアプリ

今年2月までは好調にユーザーが拡大。11月に放送開始した橋本環奈さん出演のテレビCM効果もあり、大きく成長しています。この内容は本メディア・マナミナでも過去に取り上げました。

スキマバイトアプリ「Timee」、人気女優出演のCMで 月間ユーザー数が約2倍に

https://manamina.valuesccg.com/articles/854

橋本環奈さん出演のCMが大きな話題となったスキマバイトアプリ「Timee(タイミー)」。事前登録が不要で、条件をクリアすれば好きな場所・時間・職種で働けると注目を集めています。サービスの特徴やユーザーの傾向を従来のアルバイト求人アプリと比較しながら調べていきます。

グラフを見ると、コロナ感染拡大が深刻化してきた3月以降はやや下降傾向にあります。外食産業をはじめ接客を伴う求人が減少したことが影響していると考えられます。

一方で、コロナショックで収入が減った影響で仕事を探す人は増加。タイミーはこれらの状況を受け、在宅で勤務できる案件の掲載や、デリバリーサービス「スキマ便」の配達員の募集を5月にスタートしました。

6月にユーザー数がやや回復しているのは、これらの展開によるものだと言えるでしょう。タイミーでは、会員数でも100万人から135万人へ登録店舗も8000店舗から1万9000店舗まで伸びたという報道もあります。

今後、コロナ禍で需要が拡大している在宅・配達ジャンルの求人が充実すれば、さらに活性化していくのではないでしょうか。

コロナ禍で出品数増の「ココナラ」

「ココナラ」は、WEBデザインや動画制作、占いなど、幅広い分野の個人スキルを販売するオンラインスキルシェアサービス。スキルシェアは、人材不足解消や人件費削減、新しい働き方の実現などのメリットから急速に普及し、中でもココナラは出品数、業種ともに豊富で同カテゴリを牽引しています。

こちらは、過去1年のココナラのWebサイト・アプリ合算のユーザー推移です。

集計期間:2019年8月~2020年7月、対象デバイス:PC&スマートフォン

コロナが危険視されはじめた3月頃からユーザーがなだらかに増えています。

ココナラは、外出自粛で在宅時間が増えたことや、コロナ不況で「新たな収入源を作りたい」というニーズの高まりから、出品数は今年4月~5月には前年比で2倍だといいます。先行きが不安定な経済が続く中、「会社に頼らず個人で稼げるようになりたい」と考える人が増えたのかもしれません。

また、ユーザー属性を見てみると、会社に所属するビジネスマンが全体の約6割を占めており、副業としてココナラを利用する人が多いことが分かります。

ウィズコロナ時代には個人の能力で稼ごうとする動きは加速し、非対面で接触リスクもないココナラのようなスキルシェアサービスは、これまで以上に需要が高まるのではないでしょうか。

副収入で利用者増の「メルカリ」

最後に、CtoCマーケットの「メルカリ」をチェックします。

フリーマーケットアプリとして広く親しまれるメルカリは、プラットフォームを通じた資産活用といった概念を日本社会に広めた、シェアエコ市場のパイオニア的存在です。

コロナ禍ではどのような動きが見られたのか、Webサイト・アプリ合算の過去1年のユーザー推移をチェックしてみましょう。

集計期間:2019年8月~2020年7月、対象デバイス:PC&スマートフォン

年間通してなだらかな増加傾向で、特にコロナが危ぶまれてきた3月ごろに拡大。それ以降高い値を推移しています。また、同社の株価については5月初旬ごろに1カ月で5割成長したという数字もあります。

コロナ不況における節約・副収入目的のほか、ステイホーム中の片付け利用が増えたと考えられます。メルカリのオウンドメディアでも、メルカリを活用した部屋の片付けを提案し、出品のコツを紹介していました。

▼メルカリマガジンを含め、コロナ禍で集客に成功したオウンドメディアを調査しました。

三越伊勢丹やメルカリからオウンドメディアの集客方法を学ぶ。ステイホーム需要をすくい取ったヒットコンテンツとは

https://manamina.valuesccg.com/articles/943

本稿では、新型コロナに大きく影響されたこの期間に、訪問者数が伸びたオウンドメディアを調査。動きが顕著だった4メディア「FOODIE(三越伊勢丹)」「メルカリマガジン(メルカリ)」「Hayakawa Books & Magazines(β)(早川書房) 」「SMART MAGAZINE(ジェイトリップ)」のヒットの背景を分析します。

接触リスクが懸念されるモノのシェアですが、メルカリはユーザーの減少が見られませんでした。リスク以上にメリットを感じ利用され続けているということでしょう。

大きなシフトチェンジは行っていませんが、活用法の訴求などで好調なメルカリ。コロナ禍の変化は、メルカリにとって追い風になったと言えるかもしれません。

まとめ

接触リスクが懸念される空間シェアや、求人業種が変化したバイトシェアは一時ユーザーが減少傾向でしたが、シフトチェンジに成功したサービスは見事に回復の兆しを見せました。

また、ココナラやメルカリが好調であるように、収入機会の創出コスト削減といった文脈で、経済が不安定なウィズコロナ時代にシェアエコ需要は高まると考えられそうです。

感染リスクを回避し、需要に合わせて柔軟に「いいとこどり」ができれば、コロナ前以上の躍進も期待できるでしょう。その戦略が成功するかどうかで、多様化するシェアエコ市場の中でも差が開くかもしれません。長期化するであろうウィズコロナ時代、各社がどのような道を進むのか、今後の展開に注目です。

分析概要

ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、2019年8月~2020年7月のネット行動ログデータを分析しました。
※ユーザー数はヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

eMark+ 無料で競合調査ができる! 無料登録はこちら

関連記事

市場拡大する「シェアリングエコノミー」とは?

https://manamina.valuesccg.com/articles/1014

2021年までに市場規模1070億円にも拡大すると予測されている日本のシェアリングエコノミー市場。注目を集めるシェアリングエコノミーの基本から事例までをまとめて紹介します。

withコロナでカーシェアサービスに新たなニーズ?カーシェア業界Webサイトの最新動向を調査

https://manamina.valuesccg.com/articles/997

新型コロナウイルスの影響は収束の兆しが見えず、多くの業界が深刻な打撃を受けています。その中で、今回はカーシェア業界の動きを分析します。外出自粛など人々の移動制限によって利用者が減ったのか、それとも公共交通機関より安心だという理由で利用者が増えているのか…。市場分析サービス「eMark+(イーマークプラス)」を用いて、タイムズカーシェア、カレコ・カーシェアリングクラブ、オリックスカーシェアの3社を調査しました。

「コロナ禍で増大するスキルマッチングサービス業界を分析~増加する『スキルシェア』の利用者属性とは」レポート

https://manamina.valuesccg.com/articles/992

新型コロナウイルスは、企業のテレワーク導入を後押しするなど私たちの働き方にも大きな変化をもたらしました。外出自粛が求められるコロナ禍において、スキルマッチングサービスはどのように利用されているのでしょうか。サイト分析ツール「eMark+」を用いて調査しました。(ページ数|10p)

この記事のライター

フリーランスPRおよびライターとして活動中。二児の母。

関連する投稿


全国旅行支援開始!「新型コロナワクチン接種証明書」が最新スマホアプリインストールランキング上位に(2022年10月)

全国旅行支援開始!「新型コロナワクチン接種証明書」が最新スマホアプリインストールランキング上位に(2022年10月)

毎月更新のスマートフォンアプリインストール数ランキングTop5をまとめました。今月のランキングでも「マイナポイント」「マイナポータル」が相変わらず根強い結果の中、全国旅行支援開始と同時に「新型コロナワクチン接種証明書」が急浮上。そして、Z世代に特徴的と言われる「タイパ」の影響が映像業界にも大きく影響している?「TVer」の上位ランクインの裏には、ダイジェスト動画配信サービスが関係していると考えられそうです。


コロナ禍でメンズ人気も高まる骨格診断。マーケティングに戦略的に活用するには?

コロナ禍でメンズ人気も高まる骨格診断。マーケティングに戦略的に活用するには?

女性ファッション業界ではお馴染みの骨格診断。自分の魅せ方を知るため、体験するにはとても楽しいコンテンツです。骨格診断は女性人気が高いイメージですが、メンズ自身のニーズの高まりは見られるのでしょうか。また、骨格診断を活用したビジネスは今後どうなっていくのか。海外で長年ラグジュアリーブランドに従事してきたビューティーアナリスト、東風上尚江が、業界のプロの目線から考察します。


注目のキャリア支援策「リスキリング」とは。社会人も効率的に学べる「オンライン学習」業界を調査

注目のキャリア支援策「リスキリング」とは。社会人も効率的に学べる「オンライン学習」業界を調査

「リスキリング」とは、2022年10月、臨時国会開会時の岸田首相による所信表明演説で国家的支援の発表がなされ、ニュース等でも一斉に取り上げられた「学び直し」を意味するワードです。ただ、働き方の変化に必要不可欠なスキル習得を急に迫られたところで、仕事を持ちながらキャリアアップのため新たな技術を習得するには、さまざまなハードルもあるのが現状ではないでしょうか。今回は、社会人でも手軽に「リスキリング」を始められるオンライン学習業界に注目。業界状況や利用する人々の属性などを調査分析しました。


コロナ後の旅行動向はどう変化する?2022年シルバーウィークから分析

コロナ後の旅行動向はどう変化する?2022年シルバーウィークから分析

新型コロナウイルスと戦い続けて3年。2022年は9月のシルバーウィークで、長い連休を取って遠出した人も多いのではないでしょうか。感染症の流行がある程度落ち着いていた2022年のシルバーウィークは、「コロナが落ち着いたら旅行動向はどう変化するのか」を分析するのに適した時期でもあります。そこで今回は、旅を計画したときに検索するであろう「旅行」と「観光」という2つのワードを中心に、消費者の要望や行動を調査しました。


「買い物=ポイント付与」が当たり前のご時世に?最新スマホアプリインストール数ランキングで「iAEON」が急上昇(2022年9月)

「買い物=ポイント付与」が当たり前のご時世に?最新スマホアプリインストール数ランキングで「iAEON」が急上昇(2022年9月)

毎月更新のスマートフォンアプリインストール数ランキングTop5を一覧にまとめました。今月のランキングは、申込締め切りを延長した「マイナポイント」「マイナポータル」が相変わらず上位と根強い結果に。そしてポイント訴求の影響か、女性ランキングに「iAEON」が浮上しています。日頃のお買い物とポイント取得は密接に関係している背景がうかがえそうです。


最新の投稿


タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

Z世代は、生活のあらゆる場面でタイパ(タイムパフォーマンス)を意識しています。「タイパ至上主義」という言葉が登場するほど、Z世代は時間効率を重視しているのです。この記事では、Z世代の購買心理・最新のトレンドを知るために、タイパの概要や価値観、マーケティング事例を解説します。


2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

ダブルイレブン(W11)とは、毎年<b>11月11日に中国で行われている独身の日を祝うイベント</b>です。2022年のダブルイレブンでは、ECプラットフォームや店舗などの関係者が売上高を伸ばすことに力を入れていました。その中で加盟店が示す戦況報告からは、中国のマーケットで、新しい産業やブランドが急成長しているのを垣間見ることができます。 本記事では、2022年ダブルイレブンのトレンドとなった業界を中心にご紹介します。


Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

We will investigate "Midjourney" and "Stable Diffusion" AI Image Generators, which allow anyone to generate images from keywords. Let’s look into it users, its purpose, the reason for its popularity, and its strengths. We will analyze the data of the interest group and analyze our user experience.


お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界大手の「森永製菓」「江崎グリコ」「カルビー」「ブルボン」「不二家」。各公式サイトの集客状況に注目し、強みや施策の違いを調査します。2年半前に公開した同記事の最新版として、新たな発見をお届けします。


行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

経済学に心理学を組み合わせる「行動経済学」。マーケティングとの親和性の高さ、そしてマーケティング活動のためのヒントがあるとされており、さまざまな場面で活用が進んでいます。行動経済学をビジネスに活かすには、そのエッセンスがよくまとまった本・書籍で学ぶのが近道です。今回は、ベストセラー本から教科書的なものまで、行動経済学についてまんべんなく学べるよう、20冊のおすすめ本を紹介します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら