スキマバイトアプリ「Timee」、人気女優出演のCMで 月間ユーザー数が約2倍に

スキマバイトアプリ「Timee」、人気女優出演のCMで 月間ユーザー数が約2倍に

橋本環奈さん出演のCMが大きな話題となったスキマバイトアプリ「Timee(タイミー)」。事前登録が不要で、条件をクリアすれば好きな場所・時間・職種で働けると注目を集めています。サービスの特徴やユーザーの傾向を従来のアルバイト求人アプリと比較しながら調べていきます。


Timeeとは?

Timee」は、空いた時間に働きたい人と人手が必要な店舗・企業をつなぐスキマバイトアプリです。従来の単発バイトのような面接や事前登録 は不要で、条件をクリアすれば好きな場所・時間・職種で働くことができます。仕事が終わるとその場で報酬がアプリに反映されるため、「すぐに働けて、すぐにお金がもらえる」と人気を集めています。2019年11月より女優の橋本環奈さん出演のCMを放映し、大きな話題となりました。

職種は、飲食店スタッフやイベントスタッフの他、オフィスワークやモニター調査もあり希望に合わせて仕事を選ぶことも可能です。現在100万人を超えるワーカーが登録しており、マッチング率90%以上当日稼働率99.5%と採用コスト削減にも大きく貢献するサービスです。(参考:Timee公式サイト

エン・ジャパン株式会社の調査によると、希望する勤務期間について、25%が「1日だけ」と回答しています。時間に融通が利き、空いた時間に働くことができるスキマバイトには大きなニーズがあるといえます。

ユーザー数はCM放映開始後2倍を超える

まず、アプリ「Timee」利用者のユーザー数推移を分析しました。CM放映を開始した11月から12月にかけてユーザー数を一気に伸ばし、一か月でMAUは約2倍となりました。その後もユーザー数は上昇傾向にあり、スキマ時間のバイト探しに利用されている傾向が伺えます。3月にはユーザー数が下落していますが、これは新型コロナウイルスにより飲食店の閉鎖・外出自粛が広がったことが要因といえるでしょう。

対象期間:2019年10月~2020年3月
デバイス:スマートフォン

年代別のユーザー数の変化を見てみると、特に20代が急激に伸びていることが分かります。CMは若者の日常生活を描いたものとなっており、内容に共感した若年層が利用につながったといえます。

対象期間:2019年10月~2020年3月
デバイス:スマートフォン

では、実際にどんな消費者がTimeeを利用しているのでしょうか。大手求人アプリ「タウンワーク」「バイトル」利用者と比較し、ユーザー属性を調べてみました。

まずは年代についてです。Timeeは約5割のユーザーが20代であり、主に若年層が利用していることが分かります。

対象期間:2019年10月~2020年3月
デバイス:スマートフォン

次に、職業についてみてみます。他アプリ同様「パート・アルバイト」「主婦(夫)」「学生」比率が高く、全体の50%近くを占めます。また、「バイトル」「タウンワーク」と比べ一般社員の比率が高いことが分かります。手軽に利用ができ、事業委託案件も多いTimeeでは、社会人が副業として利用するケースも多いことが影響しているといえます。

対象期間:2019年10月~2020年3月
デバイス:スマートフォン

自粛期間は料理宅配サービス・エンタメアプリを幅広く活用

Timee利用者とタウンワーク・バイトル利用者では、ネット行動にどのような特徴があるのでしょうか。Timee利用者と「タウンワーク」または「バイトル」利用者が使用しているアプリの特徴を調べました。

両者に料理カテゴリのアプリがランクインしていますが、その特徴は異なります。タウンワーク・バイトル利用者の場合「クックパッド」「クラシル」など、レシピ検索アプリがランクインしているのに対し、Timeeの場合は「Uber Eats」といった料理宅配サービスが目立ちます。

また、Timee利用者は「Amazonプライム・ビデオ」「LINEマンガ」などのエンタメ系アプリを特徴的に利用しているのに対し、タウンワーク・バイトルの場合、エンタメ系アプリは少なく、代わりに「スマートニュース」「グノシー」などのニュースアプリが目立ちます。外出自粛期間の過ごし方にも両者には大きな違いがあることが分かりました。

リーチ率(母集団に対する利用比率)を各アプリ利用者・全モニターで比較し、その差分が大きい順にランキングを作成

2020年1月~3月に「Timee」・「タウンワーク」もしくはバイトルを利用したユーザーが2020年3月に利用したアプリをそれぞれランキング化

手軽に空いた時間でアルバイトが探せる「Timee」。CMをきっかけに20代を中心とした若年層の人気を集めていることが分かりました。また、外出自粛期間には料理宅配サービスを利用したり、エンタメ系アプリを幅広く活用していることが分かりました。緊急事態宣言の解除後、求人数と利用ユーザー数がどのように変化するのか、注目が高まります。

調査・分析概要

ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、2019年3月~2020年2月のネット行動ログデータを分析しました。
※ユーザー数はヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

分析対象期間:2019年10月~2020年3月
デバイス:スマートフォン

関連記事

カレンダー共有の「タイムツリー」、夫婦共演のテレビCMで月間ユーザー数が約1.6倍に。F1層の心を掴む?

https://manamina.valuesccg.com/articles/798

中尾明慶さんと仲里依紗さんの夫婦共演CMが印象的な「タイムツリー」。アプリ内でコミュニケーションが取れるスケジュール管理アプリとして注目を集めるサービスです。本稿では、そんなタイムツリーを調査。サービスの特徴やユーザー傾向、マネタイズ方法など、サービスの実態を調べていきます。

この記事のライター

大学でマーケティングを勉強しながら、ヴァリューズでインターンとして働いていました。2020年の春からは新卒としてヴァリューズに入社しました。

関連する投稿


「少年ジャンプ+」「LINEマンガ」など、拡大するマンガアプリ業界のユーザー数や利用者層を調査

「少年ジャンプ+」「LINEマンガ」など、拡大するマンガアプリ業界のユーザー数や利用者層を調査

マンガアプリ業界が好調です。2020年9月から2年間のアプリユーザー数を見ると、新型コロナによる巣ごもり需要の影響もあってか、その伸びは顕著です。 今回は、拡大するマンガアプリ業界を牽引する、電子書店型サービス「LINEマンガ」「ピッコマ」、および、出版社が提供する「少年ジャンプ+(集英社)」「マガポケ(講談社)」「マンガワン(小学館)」について調査します。また、今年に入って好調の「ヤングジャンプ+」について、さらに詳しく掘り下げてみたいと思います。


【急上昇サイト】フィギュアイベントや楽天コミュニティアプリがサイト集客に成功した理由|2022年8月

【急上昇サイト】フィギュアイベントや楽天コミュニティアプリがサイト集客に成功した理由|2022年8月

2022年8月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


レトロマーケティング戦略とは ~ レトロブームから学ぶこと

レトロマーケティング戦略とは ~ レトロブームから学ぶこと

「昭和レトロ」、「平成レトロ」などレトロブームとも呼ばれる現象があちらこちらで見受けられます。「これからのマーケティング戦略を考える上で、レトロや復刻版から学ぶべきものは大きい」と語るのは、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏。なぜレトロブームは起きるのか、レトロと消費の関係性について、考察いただきました。


いま、あの年代でウケているアプリは?2022年のトレンドアプリを年代別で調査してみた

いま、あの年代でウケているアプリは?2022年のトレンドアプリを年代別で調査してみた

我々の生活に必要不可欠なスマホアプリ。今回は、2022年最新のトレンドアプリを年代別で調査しました。コロナ禍の影響が強く見られたり、同カテゴリのアプリであっても年代により使用するアプリに違いがあったりと、興味深い傾向が多く見られる結果となっています。


What markets are now gathering attention among businesspersons? Survey based on "market size" query search data

What markets are now gathering attention among businesspersons? Survey based on "market size" query search data

It is very important for businesspersons to keep an eye on various markets. Using VALUES' web behavior analytics tool Dockpit, we will investigate and analyze the trends of query searches on "market size" to find out which industries are currently experiencing a rise in interest trends among businesspersons.


最新の投稿


Analysis of smartphone-related keyword searches of non-Japanese manufacturers like OPPO

Analysis of smartphone-related keyword searches of non-Japanese manufacturers like OPPO

The "SIM lock ban" has been mandated since October 1, 2021. Now, all smartphones must be "SIM-free." We investigate and analyze OPPO, which entered the Japan market in January 2018, along with Huawei and ASUS, two top-ranking overseas manufacturers that offer affordable products.


気になるガソリン価格の値上げ。燃費関心ユーザーはどんな人?消費者Web行動分析ツール「story bank」で調査

気になるガソリン価格の値上げ。燃費関心ユーザーはどんな人?消費者Web行動分析ツール「story bank」で調査

昨今、原油高の影響でガソリン価格が高騰しており、物流に影響を及ぼしているほか、家計も圧迫されるなどで省エネ意識が格段に高まっているのではないでしょうか。そこで今回は、自動車選びの中でも消費者が気になるポイントのひとつである「燃費」について、関心を持っているユーザーをクラスタ分析し、その人物像を調査しました。分析ツールはヴァリューズが提供する消費者Web行動分析ツール「story bank」を用いています。


「貯金」と「貯蓄」の検索行動で浮き彫りになるユーザー像とその関心事とは

「貯金」と「貯蓄」の検索行動で浮き彫りになるユーザー像とその関心事とは

2019年に問題になった「老後資産2,000万円」が記憶に新しいなか、政府によって「資産所得倍増計画」が発表されました。「貯蓄から投資へ」とも謳われている現在。「お金」に関して、漠然とした不安と戸惑いを抱えている人も多いのではないでしょうか。「人生100年時代」とも言われる長い人生のために、どのように資産を作り守って行くか。「貯金」と「貯蓄」という2つのワードを検索する消費者のWeb行動に着目し、調査・分析しました。


「業界別」アプリランキング - 旅行・地域編 -

「業界別」アプリランキング - 旅行・地域編 -

「業界別」アプリランキング、今月は「旅行・地域」編です。アプリ利用ユーザー数の順に並べると、1位は「楽天トラベル」、2位「じゃらん」、3位「ANA」…という結果に。トップ20まで掲載しています。


【YouTube利用動向調査】男性は学び系・女性は熱量高く多様な動画を視聴 | ショート動画に代替されにくい“ながら見”コンテンツが若者に人気

【YouTube利用動向調査】男性は学び系・女性は熱量高く多様な動画を視聴 | ショート動画に代替されにくい“ながら見”コンテンツが若者に人気

利用率9割という圧倒的な浸透率を誇るYouTube。生活の中での位置づけや、実際の使われ方、よく見られるコンテンツとはどのようなものなのでしょうか。またそれらは、性年代で切ったときにどのような違いが出てくるのでしょうか。アンケートとWeb行動ログデータから、YouTubeの利用動向を調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら