記事総数:1743

公開中の記事


カメラアプリの動向を探る

カメラアプリの動向を探る

― 男性は無音カメラ、女性はSNOWがトップ! ―


料理の価値観とレシピサービス利用動向調査

料理の価値観とレシピサービス利用動向調査

―“料理好きルーキー”さんはレシピ動画がお好き?―


災害時の情報収集メディアとネット行動調査

災害時の情報収集メディアとネット行動調査

【eMark+】でみる!地震・台風・豪雨など自然災害時のネット行動特徴とは


2016年「クリスマス」関連検索キーワード速報!

2016年「クリスマス」関連検索キーワード速報!

クリスマスの定番に加え、今人気のキーワードは?


2016年「ハロウィン」関連キーワード速報 検索ワード「USJ」が上昇!

2016年「ハロウィン」関連キーワード速報 検索ワード「USJ」が上昇!

<テーマパークで過ごす><手頃な飾り付け>に注目



Yahoo!ファイナンスユーザー動向に見る個人投資家市場

Yahoo!ファイナンスユーザー動向に見る個人投資家市場

20代の投資家予備群は、リア充女子と堅実男子?


2015夏のボーナス使い道ランキング

2015夏のボーナス使い道ランキング

-[VALUES eMark+]で見る! 「貯金派」「旅行派」のネット行動リサーチ-


事前調査がキモとなるWebから入るマーケティングリサーチの手法

事前調査がキモとなるWebから入るマーケティングリサーチの手法

マーケティングリサーチ、なかでもマーケットリサーチは、ECサイトに限らず企業戦略を練る上でも欠かせないステップです。Webでの事前調査をしっかりと行っておくことで、より効果的なリサーチをすることができます。 今回は、マーケティングリサーチの手法やメリット、注意点だけではなく、自社でできるマーケティングリサーチをご紹介します。マーケティングリサーチを実施したいとお考えの方はぜひご一読ください。


アトリビューション分析で何がわかる?その方法を徹底解説

アトリビューション分析で何がわかる?その方法を徹底解説

広告からの直接CVが伸びないとお悩みのマーケティング担当者の方の多くが、間接的な効果があるのかを把握するためにアトリビューション分析の導入を検討されます。 効果的なマーケティング施策を立案・実行し、CVにつなげるためには、一定以上のデータを収集する必要があります。 今回は、アトリビューション分析の概要や分析で使われる代表的なモデルの説明はもちろん、ヴァリューズの「eMark+」シリーズのアトリビューション分析での活用例などをご紹介します。


行動プロセスを分解!フレームワーク「AARRR」の活用法

行動プロセスを分解!フレームワーク「AARRR」の活用法

Dave McClure(デイブ・マクルーア)氏の提唱した、経営のデータ分析を行う際に重要なフレームワーク「AARRR」。「アーモデル」と呼ばれます。


新事業、Webマーケティング施策を成功させる企画立案のプロセスとは?

新事業、Webマーケティング施策を成功させる企画立案のプロセスとは?

新事業、Webマーケティング施策の企画立案プロセスでは、Webマーケティングを実施する際は、市場分析とSTPの策定段階で、より具体的な情報やデータを収集することが大切なポイントです。より具体的なデータを集めることができれば、次のフェーズに進む前に現在検討している企画の良し悪しを判断することが可能になります。


定量的なデータに基づくペルソナの作り方

定量的なデータに基づくペルソナの作り方

マーケティングで使われる「ペルソナ」の意味と作り方を解説します。詳細で具体的なユーザー像を設定すれば、商品・サービスが顧客目線でどうか?を見るのに役立ちます。ペルソナを作るには定量的な属性データに、定性データを加えて一人の人物像としてまとめます。


「本当」の潜在層を見つけよう!オウンドメディアの分析手法

「本当」の潜在層を見つけよう!オウンドメディアの分析手法

「オウンドメディア」(自社がOwned(所有する)メディア)が注目を浴びています。企業が商品情報発信やカスタマーとのコミュニケーション強化を目的としてメディアを立ち上げ、顧客の育成に乗り出すようになりました。一方的な広告メッセージだけではなく、トレンドや潜在顧客のニーズを捉えたコンテンツを用意し、ターゲットユーザーが検索やSNSなどを通じて自然と集まるメディアの構築がもとめられています。オウンドメディアを作り、成長させていくためにはどのような分析をすればよいのでしょうか。


仮説だけで作ってない?カスタマージャーニーを分析してみよう

仮説だけで作ってない?カスタマージャーニーを分析してみよう

ユーザーエクスペリエンスマップとして、UI設計で使用されてきた「カスタマージャーニーマップ」は、顧客の経験価値を上昇させるために注目を集めているマーケティングの手法です。カスタマージャーニーマップを作成する上では、ターゲットユーザーの分析が欠かせません。ここでは、「正確なデータの収集」や「顧客情報の獲得」が必要となり、VALUESの「eMark+」シリーズが有効です。カスタマージャーニーマップの作成をお考えの方は、以下をご一読いただき、ぜひ無料利用をお試しください。


RFM分析の活用法!顧客セグメントを展開する際の軸とは

RFM分析の活用法!顧客セグメントを展開する際の軸とは

「より効果的なマーケティング施策を実施したい」と考える時、重要になるのが「どんな顧客セグメントの軸を使用するのか」ということです。性別や年代などのデモグラにRFM分析をあわせることで、顧客のニーズを正確に捉えることが大切です。 今回は、RFM分析や顧客セグメンテーション、そしてリードナーチャリングの手法をご紹介します。効果的なマーケティング施策を実施するために、WebマーケティングやECサイト事業部の担当者の方は、ぜひご一読ください。


競合調査でライバルに勝つ!Webサイト分析ツール10選(無料)

競合調査でライバルに勝つ!Webサイト分析ツール10選(無料)

SEO対策のために、競合サイトをツールで分析する「競合調査」が一般的になりつつあります。Googleの検索ロジックが複雑化する中、競合調査では検索上位のサイトには評価される要素があるとみなして自社サイトと比較し、差分を埋めていきます。無料のもの含む複数のツールで競合調査すれば流入キーワードや被リンク、ドメインの強さなど競合サイトのかなりのことがわかります。


競合分析の要!ベンチマークするWebサイトの選び方と分析手法

競合分析の要!ベンチマークするWebサイトの選び方と分析手法

いまやWebサイトは業種業界を問わず全ての企業に欠かせないツールとなっています。オフラインでの消費を促すことはもちろん、ECサイトとしてWebサイト上で収益上げることは日毎ビジネスにおける重要度を増しています。では、最大の効果を発揮するためのWebマーケティング施策とはどのようにして生み出されるのでしょうか?一つの正解は他社のWebサイトをベンチマークし、成功要因を分析することです。本記事ではベンチマークすべきWebサイトの選び方や分析方法を紹介します。


LTVを底上げする!ECサイトの利益率を向上させる方法

LTVを底上げする!ECサイトの利益率を向上させる方法

ECサイトの利益率を向上させるためには、LTV(Life Time Value:顧客生涯価値)の底上げを行い、PCDAサイクルをより効果的に回すのが大切なポイント。 ECサイトの運営で注目したいCRM(Customer Relationship Management:顧客関係管理)とLTVの概要や、情報収集・分析、そして顧客管理の重要性をご紹介します。コンバージョンにつながる施策にお悩みのマーケティング担当者様は、ぜひご一読ください。


ECサイトにおけるKPIを策定する際のポイント

ECサイトにおけるKPIを策定する際のポイント

ECサイトの売り上げをあげるためには、KGIの設定だけではなく、KPIの策定が重要なポイントになります。そこで、気になるKPIの策定ポイントや、課題の洗い出し・分析についてご紹介します。効果的なマーケティング施策にお悩みの方や、ECサイトの売り上げが伸び悩んでいる方はぜひ参考になさってください。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング