3大ECモール(Amazon/楽天市場/Yahoo!ショッピング)を競合サイト分析ツールeMark+で比較してみた

3大ECモール(Amazon/楽天市場/Yahoo!ショッピング)を競合サイト分析ツールeMark+で比較してみた

経済産業省によると、2017年のEC(BtoC)市場規模は、16 兆 5,054 億円。前年と比較すると9.1%の増加、まさに成長市場です。その市場を牽引する3大ECモールといえば、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング。今回はそれぞれのサイトの特徴について、競合サイト分析ツールeMark+を用いて比較します。


【サイト訪問者の数を知ろう】ユーザー数、1人あたりページビュー数が多いのはAmazon

eMark+の「Site Analyzer」は、競合サイト分析でよく使われるメニューです。指定したサイトのユーザー数推移やユーザー属性、流入元などを比較することができ、それぞれのサイトの特徴や時系列変化などを一目で把握することができます。

まずは2018年8月〜2019年7月の1年間のユーザー数推移をみていきます。使用するのは「Site Analyzer」の「ユーザー数推移」です。

・Amazon(www.amazon.co.jp)
・楽天市場(www.rakuten.co.jp)
・Yahoo!ショッピング(shopping.yahoo.co.jp)
それぞれのURLを入力し、当該期間のPCとSPの合計のユーザー数推移、1人あたりページビュー数を表示します。

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングのユーザー数、1人あたりページビュー数

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングのユーザー数、1人あたりページビュー数

期間:2018年8月〜2019年7月

集計対象期間におけるユーザー数推移に大きな変化はみられず、ほぼ横ばいとなっています。
1位はAmazon。Yahoo!ショッピングはAmazonや楽天市場に比べるとユーザー数が半数程度です。

Amazonと楽天市場は、ユーザー数だけをみるとほぼ互角ですが、1人あたりのページビュー数は大きく異なり、Amazonが他サイトを大きく上回っていることがわかります。

では、Amazonのページビューはどのようにその数を増やしているのか、Amazonサイトへ流入する経路を調べてみましょう。

【どこから来たのかを知ろう】流入元分析で各社の流入経路を比較

それぞれのサイトへの流入経路を、「Site Analyzer」の「流入元」で調べます。

比較するサイトのURLと期間を入力しグラフで確認してみましょう。

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの流入元

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの流入元

(集計期間:2019年2月〜2019年7月、デバイス:PC)

楽天市場は一般広告、外部サイトからの流入が多く、Amazonは自然検索からの流入が多いことがわかりました。

外部サイトからの流入について、グラフ下部にランキングを表示しました。

Yahoo!JAPANからYahoo!ショッピングへの流入が1位、楽天市場のマイページ、my Rakutenから楽天市場への流入が2位と続きます。楽天市場は楽天グループサイトからの流入でトータルセッション数を獲得していることがわかります。

一方、検索エンジンであるGoogleからの流入はAmazonが多いことがわかります。

では、Amazonへ流入する際の自然検索に頻出する検索ワードは何なのか。同機能内のキーワードタブから確認します。

Amazonの流入キーワード

Amazonの流入キーワード

(集計期間:2019年2月〜2019年7月、デバイス:PC)

Amazonへの流入キーワードは上図の通りです。

Amazonプライム、Amazonプライムビデオ、Kindle、Amazonミュージックなどサービスサイト名もよく検索されています。

【ユーザーは誰かを知ろう】Yahoo!ショッピングは50代以上の割合が高め

次に、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングそれぞれのユーザー属性を、「Site Analyzer」の「ユーザー属性」機能を用いて比較します。

ユーザー属性機能で表示される項目は、性別、年代、地域、職業、未既婚、子供有無、世帯年収、個人年収の8項目です。

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングのユーザー属性(性別・年代)

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングのユーザー属性(性別・年代)

(集計期間:2018年8月〜2019年7月)

ユーザーの性別には大きな差はなく、男女比は3サイトともほぼ半分の比率。Yahoo!ショッピングが若干男性比率が高いという結果になりました。

年代はYahoo!ショッピングが50代以上のユーザーが多く、Amazonと楽天市場には大きな差はみられませんでした。

【競合サイトとの併用状況を知ろう】半数以上がAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングを併用

競合サイト分析でユーザーの重複率をみる併用状況を知ることはとても重要です。

「Site Analyzer」の「併用状況」機能を用いて確認しましょう。

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの併用状況サマリ

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの併用状況サマリ

(集計期間:2019年2月〜2019年7月、デバイス:PC)

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの併用率は非常に高く、集計対象の半年間に3サイトとも利用している割合が55.6%という結果でした。

その中で最も利用されているサイトがAmazonということになります。

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの他サイト併用状況

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの他サイト併用状況

(集計期間:2019年2月〜2019年7月、デバイス:PC)

それぞれのサイトからみた併用率もわかります。

楽天市場のユーザーの9割が、Amazonを併用していることがわかります。

また、使用しているのがYahoo!ショッピングのみ、というユーザーは3%にとどまり、現状ではAmazonと楽天市場の2大巨塔と言えそうです。

この記事でご紹介した「Site Analyzer」の「流入元」や「併用状況」は有料機能となっていますが
指定したサイトのユーザー数がわかる「ユーザー数推移」やサイト訪問者の性別、年代、職業などがわかる「ユーザー属性」は、PCのデータであれば無料で利用することができます。

本記事ではeMark+を用いて調査を行いましたが、eMark+の機能がパワーアップした新ツール「Dockpit(ドックピット)」が2020年10月にリリースされました。Dockpitには無料版もありますので、ぜひ以下ボタンよりご登録ください。

dockpit 無料版の登録はこちら

関連記事

経済圏確立へキャリアが向かう道|EC編(1) コロナ禍がもたらした市場変化

https://manamina.valuesccg.com/articles/884

通信キャリアの経済圏確立へ向けた動向について、第4回ではEC領域を分析してみます。新型コロナウィルス感染拡大防止に伴う外出自粛でさらに欠かせない存在となり、市場成長が見込まれるEC市場。米国では過去5週間に失業給付金申請が2,650万件を記録するなか、Amazonが3月に10万人、4月に7.5万人を採用するなど労働力の受け皿としても期待されています。

Shopifyが伸びている。ネットショップ開設サービスの最新動向を調査

https://manamina.valuesccg.com/articles/893

2017年にカナダから日本に参入したECプラットフォーム「Shopify」。Amazonや楽天市場といった大手プラットフォームを使うよりも費用は格段に安く、更新作業もまるでSNSにアップするかのような手軽さで、特に中小企業の支持を集めています。日本では同様のサービス「BASE」「STORES」も人気です。それらとの違いは?今回はそんな「Shopify」の動向を探ります。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


市場調査 EC eMark+

関連する投稿


市場調査とマーケティングリサーチ、両者の違いや調査方法を解説

市場調査とマーケティングリサーチ、両者の違いや調査方法を解説

商品やサービスの企画・開発にあたり、マーケティング施策立案の材料になるのが市場調査とマーケティングリサーチ。混同しがちですが、両者はベクトルが異なっています。市場調査は過去、マーケティングリサーチは未来にベクトルが向いています。このように性格が異なる両者の違い、そして主な調査方法などを解説します。


遂に、コスメ専門モール「ZOZOCOSME」がオープン!話題の「ZOZOGLASS」の反応は?

遂に、コスメ専門モール「ZOZOCOSME」がオープン!話題の「ZOZOGLASS」の反応は?

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するZOZOは、2021年3月18日にコスメ専門モール「ZOZOCOSME」をオープンし、化粧品に本格参入しました。3D計測用ボディースーツ「ZOZOSUIT」や、3Dで足を計測できるマット「ZOZOMAT」に次いで、ユーザーの肌の色を診断する新たなウェアラブルデバイス「ZOZOGLASS」も話題となっています。コロナ禍で店舗におけるコスメのサンプル試用機会が制限されている昨今ですが、自宅でも自分にマッチしたコスメ選びが可能になることもあり、期待を寄せているユーザーも多いと思います。今回は「ZOZOCOSME」と「ZOZOGLASS」について調査します。


「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、最新1位はセブンイレブンアプリ【2021年2月~2021年3月】

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、最新1位はセブンイレブンアプリ【2021年2月~2021年3月】

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、2021年3月のアプリインストール数1位は「セブン-イレブンアプリ」でした。本記事では最新のアプリインストール数ランキングTop5を掲載。また、男女別の人気インストール数ランキングもまとめています。


携帯の新料金プラン、ahamo・povo・LINEMOのデジタル集客を調査!初速の勝者はどこ?

携帯の新料金プラン、ahamo・povo・LINEMOのデジタル集客を調査!初速の勝者はどこ?

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社から発表された格安プランについて、3月のサービス開始前後の集客状況を調査。「ahamo」「povo」「LINEMO」の3プランがどういった層から関心を受け、現時点で市場での勝ち筋が見えているのはどこなのか、という分析をヴァリューズの「Dockpit」を用いて進めていきます。


呪術廻戦は「鬼滅超え」なるか!?TVアニメ開始前後の検索データから止まらない人気ぶりを徹底分析

呪術廻戦は「鬼滅超え」なるか!?TVアニメ開始前後の検索データから止まらない人気ぶりを徹底分析

映画化も決定した人気作品の「呪術廻戦」。その人気ぶりは、社会現象ともなった「鬼滅の刃」(著:吾峠呼世晴/集英社)と似ることから、最近ではメディアから“ポスト鬼滅”として取り上げられることも。今回はそんな「呪術廻戦」について、ヴァリューズが提供する市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit</a>」を用いて、検索データを分析しました。


最新の投稿


Zoomのセキュリティ問題はどうなった?より安全に利用する方法は?

Zoomのセキュリティ問題はどうなった?より安全に利用する方法は?

現在ではWeb会議の定番ツールとなった「Zoom」ですが、普及当初はセキュリティ問題が話題となったのを覚えている方も多いでしょう。当時指摘されたセキュリティの問題と、より安心・安全にZoomを利用する方法について再確認します。


ネットの「急上昇ワード」に見る“今”のトレンドをリアルタイムに調べる方法

ネットの「急上昇ワード」に見る“今”のトレンドをリアルタイムに調べる方法

日々入れ替わるネットの「急上昇ワード」は、新たなトレンドや今何が流行っているかを表すシグナルです。Yahoo!やGoogleなど検索エンジンの「急上昇ワード」を確認する方法や、Twitterのリアルタイムトレンドの仕組みを確認しましょう。「急上昇ワード」は中長期の流行に先行して現れることがあり、マーケティング関係者であればアンテナを張っておきたい情報。本サイト「マナミナ|まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン」でも継続的に調査レポートを出しています。


マーケターはYouTubeに注目している?マーケ系主要メディアのTop5を調査【21年3月】

マーケターはYouTubeに注目している?マーケ系主要メディアのTop5を調査【21年3月】

その月のマーケター向け注目トピックを厳選してお届けする企画「マナミナ編集部が選ぶ今月のマーケティングトピック」。各メディアでは、どのような記事が閲覧数を伸ばしたのでしょうか。調査ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit</a>」を使ってマーケター向けビジネスメディア「マーケジン」「日経クロストレンド」「DIGIDAY」の人気コンテンツを調査するとともに、マナミナ編集部の注目記事もピックアップ。それぞれのテーマを紹介しながら、人気の要因を探ります。


シニアのWeb利用と購買行動に関するセミナーレポート

シニアのWeb利用と購買行動に関するセミナーレポート

日本の65歳以上の人口は既に約3600万人、総人口の約3割を占め、「シニアマーケット」はその存在感を大きくしており、シニアマーケティングも重要な課題となってきています。しかし一方で、シニアがどのようにWebを活用しているのか、商品の購入にあたってどのような形で情報を収集しているのかといった情報は、明らかになっていません。そこで、シニアのWebでの情報収集の仕方や商品購入の仕方について調査を行い、2021年4月9日にセミナーを開催しました。※詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。記事末尾のフォームよりお申し込みください。


中国都市部在住男性のカラダに関する悩みと対策法を調査 ~ 髪・頭皮・肌・オーラルケアの悩みには医食同源で対策

中国都市部在住男性のカラダに関する悩みと対策法を調査 ~ 髪・頭皮・肌・オーラルケアの悩みには医食同源で対策

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、中国都市部在住の男性600人を対象にアンケートを実施し、中国都市部の男性が抱えるカラダの悩みおよびその悩みを改善するための意識と行動を調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング