Webで消費者とのコミュニケーションに成功したサイトは…?公式note活用のLINE、ギフトマーケティングも台頭【20年9月急上昇サイト】

Webで消費者とのコミュニケーションに成功したサイトは…?公式note活用のLINE、ギフトマーケティングも台頭【20年9月急上昇サイト】

2020年9月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型の市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


2020年9月の急上昇サイトは?

まず、訪問ユーザー数の前月比が高い順にWebサイトをランキングしました。以下のトップ10をご覧ください。

9月の急上昇サイトランキング(対象はPC&スマートフォン、「eMark+」画面より)

ネット回答の効果?国勢調査オンラインが前月比で1位に

それでは早速、ランキングの1位から詳しく見ていきましょう。

1位:国勢調査オンライン

1位は国勢調査の公式ホームページ「国勢調査オンライン」でした。今回の国勢調査は9月14日から始まり、その影響でユーザーアクセス数が急上昇したと考えられます。

総務省は新型コロナウイルス対策で調査員との接触を減らすため、ネットでの回答を呼びかけていました。ネット回答を行う人が増加したことで、急上昇サイトにランクインしたと言えるでしょう。

2位:LINE MUSIC 公式note

2位にランクインしたのは「LINE MUSIC 公式note」でした。

同サイトはLINE運営の音楽ストリーミングサービス「LINE MUSIC」の公式noteで、アーティスト情報やキャンペーン等の情報を配信しています。こちらのサイトは4月の急上昇サイトにもランクインしていました。

その際は人気占い師を登用したコンテンツで訪問者が増加しましたが、今回はどのようなページに注目が集まったのでしょうか。コンテンツランキングで確認してみましょう。

「LINE MUSIC 公式note」のコンテンツランキング(対象デバイスはスマートフォン、「eMark+」画面より)

1位のページのUUが圧倒的に多いことがわかります。こちらのページに実際にアクセスすると、noteの投稿コンテストでグランプリを受賞されたライターとのコラボ作品が掲載されていました。

この企画の記事ではnoteの「スキ」数がどれも多く、人気作品であることが伺えます。

次に、どのような経路でサイトに訪問したのかを流入元を確認してみましょう。

「LINE MUSIC 公式note」の流入元セッション数(対象デバイスはスマートフォン、「eMark+」画面より)

外部サイト流入の内訳を見てみると、LINE MUSICを抑えて外部サイト1位はnoteの公式サイトでした。

種々の投稿コンテンツを通じて次々に人気クリエイターが生まれているのがnoteというメディアの特徴でもあります。それを活かし、noteで人気のライターを起用することで、LINE MUSICユーザーだけでなく広くnoteユーザーの認知獲得に成功したのではないでしょうか。

3位:プレモノ Yahoo!JAPAN

3位はYahoo!JAPANが運営する「プレモノ」でした。プレモノとは、メーカーなどの企業から提供される商品のキャンペーンを紹介するサイトです。掲載されているキャンペーンに応募して当選すると商品がもらえます。

急上昇の原因をコンテンツランキングで探っていきましょう。

「プレモノ」のコンテンツランキング(対象デバイスはスマートフォン、「eMark+」画面より)

上位には人気商品のキャンペーンのページが多数ランクインしていました。実際、1位はコカ・コーラが提供する無料ドリンクチケットのキャンペーンページで、2位はイオンが提供するクーポン配布ページでした。

どのような経路でユーザーが訪問したのか流入元を見てみましょう。

「プレモノ」の流入元セッション数(対象デバイスはスマートフォン、「eMark+」画面より)

外部サイトからの流入が多いことがわかります。

外部サイトの流入元詳細をみると、Yahoo! JAPANを始めとするYahoo!の関連サイトからの流入が目立ちました。

「プレモノ」の流入元・外部サイトランキング(対象デバイスはスマートフォン、「eMark+」画面より)

国内最大級の利用者数を誇るYahoo!は、アクティブユーザー数の多い関連サイトからの送客を武器に、プレモノの利用者を集めたのではないでしょうか。

giftee for Businessも上位にランクイン

その他の上位には、消費者や企業のニーズをうまく汲み取ったサービスのサイトが目立ちました。いくつか見ていきましょう。

7位:LINE Credit

7位は「LINE Credit」の公式ホームページでした。LINE Creditは個人向けスコアリングサービス「LINEスコア」と、信用スコアを活用したローンサービス「LINEポケットマネー」を提供しています。

「LINE Credit」のコンテンツランキング(対象デバイスはスマートフォン、「eMark+」画面より)

1位のページはUU数が圧倒的に多いです。こちらのページは、以下のようなお得なクーポンページでした。新規契約のユーザーにLINE Payクーポン50%OFFがプレゼントされたようです。

国外だけでなく国内でもスコアリングサービスが広がりを見せています。また、突然の出費に備えるための手軽なローンサービスへのニーズの高まりがあります。こうした背景から、LINE Creditは潜在ユーザー獲得のためにクーポンを配布したと考えられます。

9位:giftee for Business

9位にランクインしたのは「giftee for Business」でした。これはスタバやコンビニなど有名ブランド500種類以上の商品をノベルティとして活用できる、いま話題のキャンペーンツールです。

従来は煩雑だった有名ブランドを活用したノベルティ送付がデジタル上で簡単にできるため、企業がキャンペーン・アンケート・自社SNS登録等の集客を目的とする販促活動を行う際や、社内従業員向けに福利厚生の一部としてeギフトなどのインセンティブを渡す際の活用が進んでいます。

インターネットやSNSの普及にともない、消費者と企業間のデジタル完結のコミュニケーションが可能になってきています。「giftee for Business」は消費者とコミュニケーションを取りたい企業側のニーズをうまく汲み取っており、サービス自体が伸びているのではないでしょうか。

まとめ

最後に9月の急上昇サイトと、その増加要因をまとめます。

9月14日に始まった国勢調査が始まり、1位は「国勢調査オンライン」となりました。今回の調査では、新型コロナウイルス対策で調査員との接触を減らすため、ネットでの回答を推進した影響も大きいのではないでしょうか。

2位の「LINE MUSIC 公式note」と3位の「プレモノ」はどちらも大手企業運営のサイトでした。特に、LINEやYahoo!はアクティブユーザーを多く抱えているため自社の関連サイトを生かしたアプローチができたと考えられます。

その他の上位には時流に乗ったサイトが目立ちました。ローンサービスへの消費者ニーズの高まりをとらえた「LINE Credit」は、クーポンをフックに訪問者数を増加させたと言えるでしょう。また「giftee for Business」についても、消費者とリアルでのコミュニケーションが取りづらくなった企業に、オンライン上での接点を提供する点で時流に即したサービスと言えるでしょう。

本記事のデータはWeb行動ログ調査ツールのeMark+を使用しています。急上昇サイト分析機能は無料ですので、より詳細なデータを知りたい方はぜひ見てみてください。

eMark+ 無料で競合調査ができる! 無料登録はこちら

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

食品業界のマーケターや、トレンドに敏感なマーケター層に向けて、食品のトレンドを分析します。今回のテーマは「ヤクルト1000」。とにかく様々な場所でよく耳にする「ヤクルト1000」ですが、なぜここまで流行っているのでしょうか?そこで今回は「ヤクルト1000」検索者のデータからそのブームのきっかけと理由を分析します。


アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

2022年4月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


脱クルマ社会実現へ。いま最も注目されているスマートモビリティ「電動キックボード」の関心層について調査

脱クルマ社会実現へ。いま最も注目されているスマートモビリティ「電動キックボード」の関心層について調査

2022年4月19日、改正道交法が国会で成立し、規制緩和が徐々に進み身近になってきている電動キックボード。16歳以上であれば運転免許証不要・ヘルメット着用は努力義務となり「ほぼ自転車扱い」となります。中でも電動キックボードのシェアリングサービス「LUUP」が着々とユーザー数を伸ばしており、都心には高密度にポートが設置され、好きな場所で借りて返すことが可能になってきています。今回は、より身近になった電動キックボードについて、どんな点が注目を集めているのか、どのような人達が関心を持っているのかを調査・分析します。


【トレンド調査】楽天NFTのサイトユーザー数が急上昇!ダイハツや日清の特設サイトも|2022年3月急上昇サイト

【トレンド調査】楽天NFTのサイトユーザー数が急上昇!ダイハツや日清の特設サイトも|2022年3月急上昇サイト

2022年3月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


SNSブランディング用途で利用者急増中…link in bio主要サービスのWebサイト訪問者数を調査

SNSブランディング用途で利用者急増中…link in bio主要サービスのWebサイト訪問者数を調査

SNSなどを通じた、新しいマーケティング手法の1つとして注目されている「link in bio」。この記事では、link in bioの拡大する背景と、国内でも利用者が伸びている「lit.link」や「Linktree」といったサービスについてユーザー数の推移を調査していきます。


最新の投稿


コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

全国のコンビニ店舗数は約56,000店舗。近ごろでは駅構内や大学、病院など、公的な場所での出店も目立ち、加えて、アプリやSNSでの情報発信にも力を入れるなど、各社ともユーザ囲い込み戦略に力を入れています。そこで今回は、新しく「Dockpit」に加わったアプリ分析機能を用いて、コンビニ大手3社(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート)のアプリユーザーのペルソナを解析し、ターゲティングの特徴や違いを明らかにしていきます。


ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

食品業界のマーケターや、トレンドに敏感なマーケター層に向けて、食品のトレンドを分析します。今回のテーマは「ヤクルト1000」。とにかく様々な場所でよく耳にする「ヤクルト1000」ですが、なぜここまで流行っているのでしょうか?そこで今回は「ヤクルト1000」検索者のデータからそのブームのきっかけと理由を分析します。


インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

3回にわたって、株式会社ヴァリューズの新生コンサルティンググループで行われたインナーブランディング・プロジェクトの事例をご紹介。最終回となる本稿では、社内浸透施策への取組みとプロジェクト全体を振り返り、実践する際のポイントについて、プロジェクトリーダーの中尾さんに伺いました。


Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

昨年末に「メタバース」という概念がMeta社のプロパガンダのおかげで一気に広がったことは記憶に新しいでしょう。そして2022年に入ってから、古参のゲーム大手によるNFT進出やブロックチェーンゲーム企業の大型調達が話題になったり、ゲーム内で歩いて仮想通貨を稼ぐ「STEPN」がネット上でバズっていたり、そしてよくメタバースとも関連する文脈で、「Game-Fi 」という概念がひそかに広がり始めたりしています。経営コンサルタントで上級VR技術者としてXR(XReality)の市場調査や新規事業創成支援等の活動を行っているパトリック・ショウさんに、Game-Fi(NFTゲーム)の市場規模や特徴、ビジネスモデルの変遷について解説いただきます。


アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

2022年4月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー