4月の急上昇サイトはシャープマスクやLINE全国調査、Uber Eatsなどコロナ影響が反映された結果に

4月の急上昇サイトはシャープマスクやLINE全国調査、Uber Eatsなどコロナ影響が反映された結果に

2020年4月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型の市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


2020年4月の急上昇サイトは?

まず、訪問ユーザー数の前月比が高い順にWebサイトをランキングしました。以下のトップ10をご覧ください。

順位サイト名前月比(%↑)
1SHARP COCORO LIFE
914.6
2LINE MUSIC 公式note523.4
3LINE引き継ぎ攻略プロジェクト272.4
4Zoom224.9
5Skype201.0
6フィネス180.1
7Microsoft Teams178.0
8総務省165.0
9Uber Eats155.3
10nunocoto fabric126.2

※eMark+データより。不適切なサイトを一部除外しています。

急上昇サイト1位はシャープ

それでは早速、ランキングの1位から詳しく見ていきましょう。

1位:SHARP COCORO LIFE

1位はSHARPの子会社「SHARP COCORO LIFE」のホームページでした。前月比で900%以上も訪問者数が増加しています。家電メーカーのSHARPがマスクの製造を発表したことで話題になりましたが、今回のサイト急上昇と関連があるのか、コンテンツランキングで確認していきます。

実際、「SHARP マスク」で検索するとこちらのページが検索結果1位に出てきました。品薄のマスクを求めてアクセスする人が急増したと考えられます。

では、どのような経路で訪問ユーザー数を増加させたのか見てみましょう。

「SHARP COCORO LIFE」の流入元セッション数(対象デバイスはPC、「eMark+」画面より)

上図からわかるように、お気に入りや自然検索や外部サイトなど流入方法は様々でした。特に多かった外部サイトと自然検索からの流入を詳しくみていきましょう。

「SHARP COCORO LIFE」の流入元外部キーワードランキング(対象デバイスはPC、「eMark+」画面より)

検索ワードランキングでは、上位のほとんどが「マスク」を含んだ検索による流入であると分かります。4月に多くの人がSHARP製のマスクを求めて検索し、当サイトに流入したと考えられます。

次に外部サイトランキングを見ていきます。

「SHARP COCORO LIFE」の流入元外部サイトランキング(対象デバイスはPC、「eMark+」画面より)

SHARPの公式サイトやニュースサイトからの流入が目立ちました。ニュースでマスクの抽選を知り、そのまま当サイトに流入する様子が読み取れます。

また、外部サイト流入の3位にはTwitterがランクインしていました。シャープと言えば、Twitterの公式アカウントが有名です。

公式アカウントではマスクの抽選受付の情報も発信しており、サイト流入の大きなチャネルのひとつとなっていたのではないでしょうか。

2位:LINE MUSIC 公式note

2位はLINE MUSIC 公式noteでした。

LINE MUSICはLINEが運営している音楽ストリーミングサービスです。そんなLINE MUSICの公式noteではアーティスト情報や、キャンペーン等の情報を配信しています。

4月はどのようなページに注目が集まったのでしょうか。コンテンツランキングで確認してみましょう。

「LINE MUSIC 」のコンテンツランキング(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

1位と2位のページのUU数が非常に多いことが分かります。実際1位ページにアクセスすると、「LINE占い」で人気占い師の運勢占いの記事でした。

noteの「スキ」数は5月13日現在で6531件となっており、ユーザーの人気をつかんでいることがうかがえます。

また、2位の記事では以下のようなキャンペーンが行われていました。

こちらのキャンペーンでは、LINE MUSICで配信中の人気アーティストのキャンペーンソングをLINEのプロフィールBGMに設定し、指定ハッシュタグとともにツイートすると、抽選でスペシャルグッズが当たるそうです。

次に、どのような経路でサイトに訪問したのかを流入元を確認してみましょう。

「LINE MUSIC」の流入元セッション数(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

流入元を見てみると、外部サイトからの流入が圧倒的に多いことが分かります。内訳を見てみましょう。

「LINE MUSIC」の流入元外部サイトランキング(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

流入元ランキング1位はLINE MUSICでした。また、5位にはLINEモバイルがランクインしています。

最近ではnoteを活用する企業が増えていますが、LINE MUSICは音楽をテーマにしたゆるめのコンテンツでユーザーとコミュニケーションを取るスタイル。デジタル完結のコミュニケーション手法として参考になるのではないでしょうか。

コロナ禍で注目を集めたサイトがランクイン

3月の急上昇サイトでもランクインした「Zoom」が4月も4位にランクインしました。今回は新たにランクインした「LINE引き継ぎ攻略プロジェクト」と「Skype」と「総務省」の急上昇の原因を探っていきます。

3位:LINE引き継ぎ攻略プロジェクト

3位にランクインした「LINE引き継ぎ攻略プロジェクト」は、LINEの使い方がかんたんにわかるガイドページです。急上昇の原因はなんでしょうか。

コンテンツランキングで注目ページを確認してみましょう。

「LINE引き継ぎ攻略プロジェクト」のコンテンツランキング(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

こちらも1位のページのUU数が圧倒的に多いことが分かります。実際のページが以下になります。

コンテンツランキング1位は、LINEが厚生労働省とタッグを組んだことで話題になった「新型コロナ対策のための全国調査」のページでした。既に3回実施されており、回答者数が2,453万人に上るなど大きな反響を呼びました。こちらのページから第4回「新型コロナ対策のための全国調査」に参加できます。

LINEの新型コロナ対策の全国調査に協力したい人や興味を持った人が多く、今回の急上昇サイトのランクインにつながったと考えられます。

5位:Skype

5位は無料でオンライン通話ができるSkypeがランクインしました。Skypeはお互いにSkypeのアカウントを持っていないと利用できません。そのため、Zoomのように部屋を作る手間なく簡単に特定の相手とオンライン通話ができます。

こちらのコンテンツランキングを確認しましょう。

「Skype」のコンテンツランキング(対象デバイスはPC、「eMark+」画面より)

上図からわかるように、アプリのダウンロードページやビデオ会議の作成ページが目立ちました。

4月は緊急事態宣言を受けて企業の在宅勤務の導入が本格化しました。Zoomの躍進が注目されていますが、ビデオ通話サービスの古参であるSkypeも利用者を集めている様子がうかがえます。

8位:総務省

8位にランクインしたのは総務省の公式ホームページでした。

3月は新型コロナウイルスに伴う国の緊急経済対策で国民に一律10万円を支給する特別定額給付金が発表され、話題になりました。この影響が大きいと考えられます。

どんなページに注目が集まったのかコンテンツランキングで確認してみましょう。

「総務省」のコンテンツランキング(対象デバイスはPC、「eMark+」画面より)

上位にランクインしたページ全てが新型コロナウイルスに関連するものでした。また、その大半が特別定額給付金の説明や申請に関するページとなっていました。

まとめ

最後に4月の急上昇サイトと、その増加要因をまとめます。4月は先月以上に新型コロナウイルスの影響がランキングに反映されていました。

LINEの新型コロナに関する大規模調査やSHARPのマスク製造や10万円の特別定額給付金などは、ニュースでも大きく話題となりました。これらを検索する人が増えた結果、SHARP COCORO LIFEやLINE引き継ぎ攻略プロジェクト、総務省などのページがユーザーを集めたと言えるでしょう。

またその他にも、先月に引き続いてZoomが4位にランクインしていましたし、9位のUber Eatsは外出自粛の影響でアクセスが急上昇していたことがうかがえます。本記事のデータはWeb行動ログ調査ツールのeMark+を使用しています。急上昇サイト分析機能は無料ですので、より詳細なデータを知りたい方はぜひ見てみてください。

eMark+ 無料で競合調査ができる! 無料登録はこちら

関連記事

10万円オンライン申請でマイナポータルの利用者が急増。テレワークでVPN検討も増加?【20年5月急上昇サイト】

https://manamina.valuesccg.com/articles/890

2020年5月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型の市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。

コロナ禍で起きた消費者行動変化を緊急調査 Webやアプリの行動ログから見えてきた実態とは

https://manamina.valuesccg.com/articles/823

新型コロナウイルスの感染拡大により、外出自粛やテレワークなど、人々のライフスタイルが大きく様変わりする中、消費者の行動や意識にはどのような変化が起きているのでしょうか。「巣ごもり消費」や「ネット行動の活発化」など、Webやアプリの行動ログから、日別の推移、商品ジャンルの閲覧伸び率などを通じて、変化の実態を緊急調査しました。

新型コロナの影響は食生活にも?「Uber Eats」などフードデリバリーアプリの利用が急増中

https://manamina.valuesccg.com/articles/835

2019年10月からの消費増税で盛り上がりを見せたフードデリバリー市場。現在は新型コロナウイルスの影響で自宅で食事を取る機会が急増していることもあり、フードデリバリー市場にさらなる勢いが見られます。今回は既に定着しつつあるフードデリバリーアプリの利用状況を「eMark+」を用いて比較・調査しました。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


スポーツウェアブランドの“withコロナ”成長戦略を探る ~ adidas, NIKE, MIZUNOを比較分析

スポーツウェアブランドの“withコロナ”成長戦略を探る ~ adidas, NIKE, MIZUNOを比較分析

新型コロナウイルスの影響により外行きの衣服の需要が激減したことから、アパレル業界は大打撃を受けています。多くのアパレルブランドが経営不振に陥る中、外出自粛期間はジムにも行けず、スポーツウェアブランドも例に漏れず人気が低迷...?しかしそういう訳でもないようです。コロナ禍において、成功の明暗を分けるものは何なのか。スポーツウェアブランド(アディダス、ナイキ、ミズノ)に注目して分析しました。(ページ数|20p)


大手企業Webサイトの訪問者数が急上昇、デジタル広告への投資増の結果か?富士フイルムやNEC、ソニー、コカ・コーラなど【20年8月急上昇サイト】

大手企業Webサイトの訪問者数が急上昇、デジタル広告への投資増の結果か?富士フイルムやNEC、ソニー、コカ・コーラなど【20年8月急上昇サイト】

2020年8月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型の市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


東京コピーライターズクラブ創始者が立ち上げたクリエイティブハウスは、なぜ提案にデータを活用するのか?その理由を聞く

東京コピーライターズクラブ創始者が立ち上げたクリエイティブハウスは、なぜ提案にデータを活用するのか?その理由を聞く

東京コピーライターズクラブ(TCC)の初代会長、上野壮夫(うえのそうふ)氏が1966年に創立したクリエイティブハウス、ユー・ピイ・アール。心を動かすクリエイティブが伝統でもある同社では、競合分析ツール「eMark+」を使い、データによる提案も行なっているといいます。それはなぜなのか?また、その実態はどんなものなのでしょうか。マナミナ編集部がユー・ピイ・アールの田地さんにお聞きしました。


ウィズコロナ時代の新たなビジネス機会を発見する「Listening型リサーチ」とは|セミナーレポート

ウィズコロナ時代の新たなビジネス機会を発見する「Listening型リサーチ」とは|セミナーレポート

私たちの消費行動を大きく動かした新型コロナ。観光業や外食産業を中心に多くの事業者が経営不振に苦しむ一方で、コロナ禍需要を掴んだ新たなビジネスが頭角を現しています。 このような中、企業ではウィズコロナ時代に向けた新たなビジネス開拓が活発化。しかし、コロナ禍で変わり果てた社会において、従来のリサーチ手法では潜在ニーズやビジネス機会を見つけ出すことが困難だという声も聞かれます。 8/28,9/9にヴァリューズが開催したオンラインセミナーでは、新しいビジネス機会を発見するための手法として、「Web行動ログを活用したListening型のリサーチ手法」を紹介。有効なアプローチやプロセスを紐解きました。本稿はそのレポートをお届けします。


コロナで生まれた化粧品への新たなニーズとは?美容にまつわる消費者の「不」をデータから読み解き、コミュニケーション設計まで考える

コロナで生まれた化粧品への新たなニーズとは?美容にまつわる消費者の「不」をデータから読み解き、コミュニケーション設計まで考える

化粧品のトレンドについて調査する新企画。ヴァリューズのマーケティングコンサルタントである私、伊東茉冬が気になる話題について調査していきます。 今回の調査は前回の記事に引き続き、新型コロナウイルスの影響についてです。 新型コロナウイルスの影響が長引く中、化粧品業界へはどのような影響が及んでいるのか。 また、このような状況でも消費者にアプローチする方法は無いのか、Web行動データやアンケート調査を基に分析します。


最新の投稿


スポーツウェアブランドの“withコロナ”成長戦略を探る ~ adidas, NIKE, MIZUNOを比較分析

スポーツウェアブランドの“withコロナ”成長戦略を探る ~ adidas, NIKE, MIZUNOを比較分析

新型コロナウイルスの影響により外行きの衣服の需要が激減したことから、アパレル業界は大打撃を受けています。多くのアパレルブランドが経営不振に陥る中、外出自粛期間はジムにも行けず、スポーツウェアブランドも例に漏れず人気が低迷...?しかしそういう訳でもないようです。コロナ禍において、成功の明暗を分けるものは何なのか。スポーツウェアブランド(アディダス、ナイキ、ミズノ)に注目して分析しました。(ページ数|20p)


【ショートセミナー動画】激変する証券業界の実態を紐解く~インターネット行動ログデータによるWeb上での証券業界動向調査(視聴時間20分)

【ショートセミナー動画】激変する証券業界の実態を紐解く~インターネット行動ログデータによるWeb上での証券業界動向調査(視聴時間20分)

マーケティングの最新情報を学びたいが、イベントに出かけたり、セミナーを聴く暇もない…そんな忙しいあなたに、いま知っておくべき情報を20分に要約した、ショートセミナー動画をご用意しました。業界調査、トレンド、消費者調査など、Web行動ログ分析によるマーケティング調査を提供するヴァリューズのコンサルタントが、簡潔に解説します。動画はYouTubeでの限定公開となりますので、あなたのご都合のいい時間に、お好きな場所で是非ご覧ください。<b><br>今回のテーマは「激変する証券業界の実態を紐解く~インターネット行動ログデータによるWeb上での証券業界動向調査」です。</b>


急上昇ワードに“国勢調査オンライン”“PS5”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/9/13~2020/9/19)

急上昇ワードに“国勢調査オンライン”“PS5”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/9/13~2020/9/19)

2020年9月13日~9月19日週の検索急上昇ワードでは、9月14日からスタートした5年に1度の「国勢調査」にインターネットで回答できる「国勢調査オンライン」や、11月12日に発売と発表された新型ゲーム機「PS5」の検索数が急増。全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


中国女性の敏感肌に関する報告書|2020年 中国市場調査

中国女性の敏感肌に関する報告書|2020年 中国市場調査

中国市場調査サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、中国iResearchの自主調査結果を翻訳し、中国女性の敏感肌に関する報告書を日本語レポートにまとめました。(ページ数|33p)


コロナ禍で広島県観光連盟が実践したカスタマー理解のための「アンケート×行動ログ分析」とは|MarkeZine Day 2020セミナーレポート

コロナ禍で広島県観光連盟が実践したカスタマー理解のための「アンケート×行動ログ分析」とは|MarkeZine Day 2020セミナーレポート

広島県内およびその周辺県における観光事業の発展と振興・地域の活性化を図る、一般社団法人広島県観光連盟(HIT)。今回は2020年9月1日に開催されたMarkeZine Day 2020 Autumnで解説された、コロナ禍で広島県観光連盟が推進した、新たな商品開発における「圧倒的なカスタマー理解のための、ヴァリューズ独自保有のネット行動ログとアンケートを掛け合わせた分析手法」をご紹介します。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング