Googleアナリティクスで自社のアクセスを除外する方法|Googleアナリティクス使い方ガイド

Googleアナリティクスで自社のアクセスを除外する方法|Googleアナリティクス使い方ガイド

今回はGoogleアナリティクスで自社のアクセスを除外する方法について紹介します。コロナの影響により在宅やオフィス以外でテレワークの機会が増えたこともあり、もしかするとこれまで設定していた形では除外したいアクセス除外設定が機能していない可能性もあります(特にIPアドレス除外など)。いくつか除外方法はありますが、本記事では3つの方法について説明します。すでに自社アクセス除外を設定済みという方も、いま一度、アクセス除外設定の見直しをしてみてはいかがでしょうか。


自社のアクセスを除外する理由

アクセス除外

Googleアナリティクス(GA)で自社サイトのアクセスを計測することはWebマーケティングにおいて重要となりますが、意外と自社のアクセスを除外することを忘れがちです。

Web担当者は公開した商品やコンテンツなどの確認のため、おのずと自社サイトにアクセスする機会が多くなることから、自社のアクセスを除外しないとGoogleアナリティクスにおいて「PV数が増えた!」と勘違いしてしまうことになります。

Googleアナリティクスで自社のアクセスを除外して、より正確な解析結果を取得しましょう。

アクセスを除外する3つの方法

Googleアナリティクスにおいて、自社のアクセスを除外する代表的な3つの方法を紹介します。

 ➀フィルタ機能の「IPアドレス」を指定して除外
 ②拡張機能の「Googleアナリティクス オプトアウト アドオン」をインストールして除外
 ③ブラウザの「Cookie(クッキー)」を利用して除外

以下で、各方法のメリットとデメリット、除外する設定手順についてご説明します。

➀フィルタ機能の「IPアドレス」を指定して除外

3つの中で最もオーソドックスかつ、よく用いられる設定方法です。固定IPアドレスでインターネット接続している環境からのトラフィックを、例外なく一括除外したい場合に最適です。

メリット・デメリット

メリット

・比較的、設定が簡単

・複数の端末からのアクセスを一括で除外できる

・指定した固定IPからのアクセスを100%除外できる

・インターネットへの接続環境に変更がなければ、人や端末が増えても追加設定が不要である

デメリット

・共通項(IP、ホスト名など)がない端末群は除外できない

・同じ組織内アクセスであっても、モバイル通信からのアクセスは別IPなので除外できない

・例外設定ができない(例:この端末からのアクセスだけは収集する)


設定手順

Googleアナリティクスで[管理] → [フィルタ] → [+フィルタを追加] → [フィルタの名前や種類を設定する] → [保存]

左メニューから[管理]をクリックして[フィルタ]をクリック

左メニューから[管理]をクリックして[フィルタ]をクリック

[+フィルタを追加]をクリック

[+フィルタを追加]をクリック

※デモ画面のため、[+フィルタを追加]は表示されていません。

「フィルタ情報」のフィルタの名前や種類を設定する

「フィルタ情報」のフィルタの名前や種類を設定する

ここがポイント!

除外したいIPアドレスが複数ある場合は、複数のフィルタを作成

「フィルタパターン」は正規表現を使うと、複数のIPアドレスを指定することが可能

②拡張機能の「Googleアナリティクス オプトアウト アドオン」をインストールして除外

3つの中で最も設定が簡単で手軽な方法です。Googleアナリティクス側の設定を一切変更せずに、アクセスする端末(ブラウザ)単位でトラフィックを除外する方法です。複数サイトのアクセス解析の担当者や、個人でブログなどを運営している人に最適です。

メリット・デメリット

メリット

設定が簡単

・IPアドレスが変わっても問題ない

・「ON」「OFF」の切り替えができる

・Googleアナリティクス側の設定が不要

デメリット

・スマートフォンやタブレットからのアクセスを除外できない

・除外されるのは、インストールしたブラウザからのアクセスに限定

(ブラウザ毎にインストールする必要があるため、多人数のアクセス除外には不向き)

・全てのGoogleアナリティクスに記録されなくなる

・特定サイトのアクセスだけ除外できない


設定手順

[ページにアクセス] → [Googleアナリティクス オプトアウト アドオンをダウンロード] → [Chromeに追加] → [拡張機能を追加]→ [インストール完了]

[ページにアクセス]

[Googleアナリティクス オプトアウト アドオンをダウンロード]をクリック

[Googleアナリティクス オプトアウト アドオンをダウンロード]をクリック

[Chromeに追加]をクリック

[Chromeに追加]をクリック

[拡張機能を追加]をクリック

[拡張機能を追加]をクリック

「拡張機能」一覧に表示されていたら、インストール完了

「拡張機能」一覧に表示されていたら、インストール完了

※右下のスライドボタンで「ON」「OFF」の切り替えが可能

ここがポイント!

「Googleアナリティクス オプトアウト アドオン」はGoogleのWebブラウザChrome用のアドオン(拡張機能)で、Chromeウェブストアから無料で入手可能

③ブラウザの「Cookie(クッキー)」を利用して除外

3つの中で最も手間がかかりますが、複数端末を1回の設定で除外できるためメリットも大きいです。IPアドレスでのアクセス除外が難しい環境(変動IPやモバイル端末)からのトラフィックを除外する場合の方法です。

メリット・デメリット

メリット

・事前にアップしたHTMLにアクセスすれば、複数の端末からのアクセスを一括で除外できる

・IPやホスト名が一致していなくても、複数端末を一種類の設定のみで除外できる

外部に依頼したWeb制作者などのアクセスを除外するのに非常に有効である

デメリット

・設定に時間がかかる

・除外できるのはCookie(クッキー)を付与されたブラウザのみ


設定手順

Googleアナリティクスで[管理] → [カスタム定義] → [カスタムディメンション]
→ [+新しいカスタムディメンション] → [カスタムディメンションの名前や範囲を設定する]
→ [作成] → [このディメンションのサンプル コード]が表示される → [コードをメモする]
→ [HTMLファイルを作成] → [HTMLファイルを公開]

→ Googleアナリティクスで[管理] → [フィルタ] → [+フィルタを追加]
→ [フィルタの名前や種類を設定する] → [保存]

左メニューから[管理]をクリックして[カスタム定義]をクリックして[カスタムディメンション]をクリック

左メニューから[管理]をクリックして[カスタム定義]をクリックして[カスタムディメンション]をクリック

[+新しいカスタムディメンション]をクリック

[+新しいカスタムディメンション]をクリック

※デモ画面のため、[+新しいカスタムディメンション]は表示されていません。

「カスタムディメンショ」の名前や範囲を設定して[作成]をクリック

「カスタムディメンショ」の名前や範囲を設定して[作成]をクリック

[このディメンションのサンプル コード]が表示

[このディメンションのサンプル コード]が表示

[コードをメモする]

[コードをメモする]

※コード = dimension1


<!DOCTYPE html>

<html lang="ja">

<head>

<meta charset="utf-8">

<meta name="googlebot" content="noindex">

<meta name="robots" content="noindex,nofollow,noarchive" />

<script>

(function () {

(function (i, s, o, g, r, a, m) {

i['GoogleAnalyticsObject'] = r; i[r] = i[r] || function () {

(i[r].q = i[r].q || []).push(arguments)

}, i[r].l = 1 * new Date(); a = s.createElement(o),

m = s.getElementsByTagName(o)[0]; a.async = 1; a.src = g; m.parentNode.insertBefore(a, m)

})(window, document, 'script', '//www.google-analytics.com/analytics.js', 'ga');

ga('create', 'UA-********-*', 'auto');

var dimensionValue = 'Yes';

ga('set', 'dimension1', dimensionValue);

ga('send', 'pageview');

})();

</script>

<body>

(※GAのアクセス除外設定用のページです!)

</body>

</html>

上記のコードをコピペして[HTMLファイルを作成]

※'UA-********-*' の部分は自分のアナリティクスのプロパティのトラッキングコードを入力して下さい。

※先程メモしたコード’dimension1’を入力して下さい。

[HTMLファイルを公開]

※アップ場所はどこでも問題ありませんが、除外対象となる方のみがアクセス可能な箇所にするのが理想です。

左メニューから[管理]をクリックして[フィルタ]をクリック

左メニューから[管理]をクリックして[フィルタ]をクリック

[+フィルタを追加]をクリック

[+フィルタを追加]をクリック

※デモ画面のため、[+フィルタを追加]は表示されていません。

「フィルタ情報」のフィルタの名前や種類を設定する

「フィルタ情報」のフィルタの名前や種類を設定する

ここがポイント!

Cookie(クッキー)の有効期間を超えた時やCookieを削除した場合は、再度Cookieを読み込ませる必要があります。(※Cookieの有効期間は一般的に2年間

アクセス除外の設定を確認する

アクセス除外の設定が完了したら、該当アカウントが除外されているか確認をします。確認方法はGoogleアナリティクスの「リアルタイム」機能を使います。

「リアルタイム」機能とは、その名の通り、サイト内でユーザーがどのような行動をとっているかリアルタイムで確認することができる機能になります。

確認手順

1. 動作確認用のテストページをサーバーにアップロード
2. アップロードしたページにアクセス
3. Googleアナリティクスで、[リアルタイム] → [概要]または[コンテンツ]で確認
4. 「アクティブなページ」上にアップロードしたテストページが表示されていたら失敗表示されていなかったら成功

左メニューから[リアルタイム]をクリックして[概要]または[コンテンツ]をクリック

左メニューから[リアルタイム]をクリックして[概要]または[コンテンツ]をクリック

ここがポイント!

テストページは「一般ユーザーがアクセスできないページ」をアップロードし、そのページにアクセスする

おさらい

  • Googleアナリティクスで自分や自社のアクセスを除外することで、より正確な解析結果を得られる
  • Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外するには、主に以下の3つの方法がある

   ➀フィルタ機能の「IPアドレス」を指定して除外

   ②拡張機能の「Googleアナリティクス オプトアウト アドオン」をインストールして除外

   ③ブラウザの「Cookie(クッキー)」を利用して除外

  • アクセス除外設定が簡単なのは、「IPアドレスを指定して除外」か「Googleアナリティクス オプトアウト アドオンをインストールして除外
  • 3種類ともにメリット・デメリットがあるので、適宜、自分や自社の状況にあった設定方法にする


※本記事は、2021年3月時点の情報に基づいています。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


Googleアナリティクス

関連する投稿


Googleタグマネージャー(GTM)を導入する|Googleアナリティクス使い方ガイド

Googleタグマネージャー(GTM)を導入する|Googleアナリティクス使い方ガイド

Webサイトの計測や広告等の施策投下、効果測定の実施にあたり増え続ける計測タグの管理に便利なタグマネジメントツールがあるのはご存じでしょうか?もし、まだ利用されてない方はぜひ導入をおすすめします。また「Googleタグマネージャー」を導入することで、『タグの管理が簡単になる』『タグの管理を外部に委託する必要がなくなる』『ページの表示速度が速くなる』などのメリットも挙げられるので、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。今回はいくつかあるタグマネジメントツールの中でも代表的な「Googleタグマネージャー」の基礎設定について紹介していきます。


Googleアナリティクスで目標を設定してCV(コンバージョン)を計測する|Googleアナリティクス使い方ガイド

Googleアナリティクスで目標を設定してCV(コンバージョン)を計測する|Googleアナリティクス使い方ガイド

Googleアナリティクス(GA)の設定で重要な項目が「目標設定」です。この目標を設定することで重要指標となるコンバージョン数(CV)やコンバージョン率(CVR)がレポートに表示され、そのWebサイトの成果を数値で把握することが可能になります。今回はコンバージョン設定の手順について紹介します。また、コンバージョンに至るまでの経路において、ページ遷移の状況や、離脱ポイントを可視化できる目標到達プロセスについても併せて紹介します。Webサイトの改善にお役立てください。


GoogleアナリティクスをGoogle Search Console(サーチコンソール)のアカウントとリンクする設定方法|Googleアナリティクス使い方ガイド

GoogleアナリティクスをGoogle Search Console(サーチコンソール)のアカウントとリンクする設定方法|Googleアナリティクス使い方ガイド

Google Search Console(グーグル サーチコンソール)はGoogleがWebサイトの担当者向けに提供している、Google検索結果表示における自社サイトのパフォーマンスを確認できるツールです。Googleアナリティクスはサイト流入後のアクセス解析ツールになりますが、Google サーチコンソールを設定すると、検索トラフィックや掲載順位の測定などサイト流入前のデータが解析できます。今回はサイトの不具合の発見やSEO改善のヒントとなる解析ツール「Googleサーチコンソール」とGoogleアナリティクスの連携手順を紹介します。


オウンドメディア担当者がGAとeMark+を使って3C分析を行い、コンテンツの改善策を考えてみた

オウンドメディア担当者がGAとeMark+を使って3C分析を行い、コンテンツの改善策を考えてみた

ヴァリューズのオウンドメディア・マナミナでGoogleアナリティクスとeMark+による3C分析を行い、改善策を考えてみた話です。データ分析はヴァリューズのデータアナリスト・今井さんに協力してもらいました。マナミナの課題は回遊率のアップ…。データ分析による考察→仮説立案のプロセスを公開します。


Google Analytics分析をしてスピーディーにサイト改善を進めたい。ビジネスマッチングの「リカイゼン」が取った手段とは

Google Analytics分析をしてスピーディーにサイト改善を進めたい。ビジネスマッチングの「リカイゼン」が取った手段とは

外注先のパートナー企業を探せるビジネスマッチングサービス「<a href="https://rekaizen.com/" target="_blank">リカイゼン</a>」。かねてからGA(Google Analytics)を分析してサイト集客の改善を行っていましたが、GAには項目がたくさんありすぎて、効率的に分析するにはどうすべきか悩んでいたと言います。そんなリカイゼンが打った手とは何だったのでしょうか。サービスを運営するリトライブ株式会社・代表取締役の佐藤さん、Webサイト集客担当の吉田さんにマナミナ編集部がお話を聞きました。


最新の投稿


Googleタグマネージャー(GTM)を導入する|Googleアナリティクス使い方ガイド

Googleタグマネージャー(GTM)を導入する|Googleアナリティクス使い方ガイド

Webサイトの計測や広告等の施策投下、効果測定の実施にあたり増え続ける計測タグの管理に便利なタグマネジメントツールがあるのはご存じでしょうか?もし、まだ利用されてない方はぜひ導入をおすすめします。また「Googleタグマネージャー」を導入することで、『タグの管理が簡単になる』『タグの管理を外部に委託する必要がなくなる』『ページの表示速度が速くなる』などのメリットも挙げられるので、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。今回はいくつかあるタグマネジメントツールの中でも代表的な「Googleタグマネージャー」の基礎設定について紹介していきます。


覇権確実?スマホゲーム『ウマ娘』は引退馬も救う?!

覇権確実?スマホゲーム『ウマ娘』は引退馬も救う?!

2021年2月24日にサービスが開始された新作スマホゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』(以下、ウマ娘)が話題を集めています。早くも2021年覇権タイトル確実と噂される「ウマ娘」の人気の実態やその理由を、ネットでの検索データをもとに徹底リサーチします。


呪術廻戦は「鬼滅超え」なるか!?TVアニメ開始前後の検索データから止まらない人気ぶりを徹底分析

呪術廻戦は「鬼滅超え」なるか!?TVアニメ開始前後の検索データから止まらない人気ぶりを徹底分析

映画化も決定した人気作品の「呪術廻戦」。その人気ぶりは、社会現象ともなった「鬼滅の刃」(著:吾峠呼世晴/集英社)と似ることから、最近ではメディアから“ポスト鬼滅”として取り上げられることも。今回はそんな「呪術廻戦」について、ヴァリューズが提供する市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit</a>」を用いて、検索データを分析しました。


郊外に移り住む人が増えている?コロナ禍での引っ越し傾向を探る自主調査レポート

郊外に移り住む人が増えている?コロナ禍での引っ越し傾向を探る自主調査レポート

コロナ禍でのテレワークの浸透や在宅時間の増加から、住環境を見直す人が増えているようです。都心を離れての近距離の移住や新たに住宅を購入する動きなどが見られる中、コロナが引っ越しに与えている影響はどのようなものなのでしょうか。アンケート調査とインターネット行動ログデータの分析から調査しました。(ページ数|25p)


急上昇ワードに“松山英樹”“マスターズ”など...「週間」検索キーワードランキング(2021/4/11~2021/4/17)

急上昇ワードに“松山英樹”“マスターズ”など...「週間」検索キーワードランキング(2021/4/11~2021/4/17)

2021年4月11日~4月17日週の検索急上昇ワードでは、日本人として初のマスターズ制覇を果たしたプロゴルファー「松山英樹」さんの検索が急増。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング