ホスト以外もOK!Zoomで会議資料を画面共有する方法

ホスト以外もOK!Zoomで会議資料を画面共有する方法

Zoomの画面共有機能を使えばさまざまな資料(ファイル)を共有できるので、よりリアルなWeb会議やミーティングを行えます。皆さんがもっとも心配されているZoomの画面共有機能ですが、これはホストでなくても利用できます!Zoomの画面共有機能のやり方から画面共有ができない場合のトラブルシューティングまで解説します。


ホスト以外でもOK!Zoomで画面共有する方法

ZoomでのWeb会議においては、自分のPCデスクトップ画面をほかのメンバーに見せたり、会議資料(エクセルなど各種ファイル)を「画面共有」という形でメンバーで共有する機会が多いと思います。 Zoomでこのような画面共有を行う場合、画面下部の「画面共有」で共有したい項目を選ぶだけでOKです。

Zoom 画面共有 設定

※例として挙げている画像はMac版ですが、Windows版のZoomと手順はほぼ同じです

Zoomの画面共有機能はホストだけに限らず、参加メンバーの誰でも利用できますが、ホストと共同ホストは参加メンバーによる画面共有を禁止する設定も用意されています。多数が参加するプレゼンなどの場合は、ホストだけが画面共有できるようにした方が良いでしょう。

ホストが画面共有をする場合、画面下部の「画面共有」ボタンの右側の「^」マークから「高度な設定」を選択します。ここで参加メンバーが誰でも共有できるようにするか、ホストのみが共有できるのかを設定できます。

Zoom 画面共有 共有できる人

ZoomのWeb会議で画面共有するメリット

Zoomの「画面共有」は、参加者が操作している端末(PCやスマホ)の画面をほかの人に見せて、オンラインであっても実際の会議やミーティングと同じように進められます。単に画面を共有する以外にも、「ファイルの共有」「ホワイトボードの共有」「チャット」といった機能もあります。

これら以外にもZoomならではの機能として「遠隔操作」機能もあります。「遠隔操作」の詳細は後述しますが、参加者の端末をリモートから操作できる機能です。

このように、参加者が別々の場所にいても、同じ場所で会議やミーティングをしているのに近い環境を作れるのが、Zoomにおける画面共有のメリットです。

スマホ、タブレットでの画面共有も可能

スマホやタブレットでZoom会議・ミーティングに参加しても、ほかの参加者が共有した画面を見られます。また、自分の画面をほかの参加者と共有できます。

そのほか、デスクトップパソコンでマイクを接続・設定するのが難しい、パソコンからだとノイズが入ってしまう場合、スマホで音声・パソコンで画面共有と、二重に参加する方法もあります。

Zoomの基本や録画方法、その他のWeb会議ツールについて

新型コロナウイルス感染症の影響で世界中のリモートワークが増えたことから、Zoomの利用者は2019年12月の1,000万人から2020年4月のピーク時で3億人と、30倍に急増しました。参加者側は無料なので、Web会議でZoomに参加した経験がある方も多いのではないでしょうか。Zoomの基本やホストになった場合の録画方法、その他のWeb会議ツールの比較については、以下の記事も御覧ください。

Zoomでテレビ会議!無料版は何人まで?コロナ対策で一部の時間制限緩和中

https://manamina.valuesccg.com/articles/846

新型コロナ対策で高まるテレワーク需要でテレビ会議ツールの需要が高まっています。なかでも「Zoom(ズーム)」は敷居の低さや通話品質が評価され、急激にユーザーを増やしています。人気になった理由や無料版と有料版の違いなどZoomの基本を解説します。

Zoomの録画は無料版でもOK?録画の方法を確認しよう

https://manamina.valuesccg.com/articles/1065

Web会議やセミナーの録画機能は、Googleの「Hangouts Meet」が無料対応していましたが、2020年10月1日以降有料版のみの制限が付きます。有料無料で動画の保存場所の違いはありますが、「Zoom」でも録画は可能です。今回は、Zoomの録画機能について紹介します。

無料で使い勝手もよいWeb会議ツールおすすめ6選

https://manamina.valuesccg.com/articles/845

新型コロナ対策で緊急事態宣言もでるなか「テレワーク」がにわかに脚光を浴びています。物理的に会えない状況で社内会議に営業、セミナーを実現するには「Web会議」ツールが必要です。今回はWeb会議ツールで無料でどこまでできるのか、Teams、Googleハングアウト(Meet)、Zoom、Skype、Webex、Wherebyの6つを比較します。

Zoomで共有できる画面は2種類

Zoomの画面共有では、画面を共有しようとしている人のデスクトップ、つまりその人のパソコンの画面もろもろの共有と特定のアプリケーションのみを共有する2パターンが可能です。

デスクトップ画面の共有

デスクトップ画面の共有は、共有したいメンバーのデスクトップがそのままほかのメンバーに映し出せる機能です。

カーソルの動きまでメンバーに共有できるので、操作も含めて参加メンバーに共有したい場合に有効です。反面、パスワードの入力がそのまま表示されてしまう、セキュリティ上見られるのが好ましくないフォルダやファイルが不意に表示されてしまうといった危険性がありますので、注意が必要です。

アプリケーションの共有

アプリケーションの共有は、デスクトップの共有とは異なり、カーソルなどの動きは表示されません。当然ながらデスクトップにあるフォルダやファイルなども共有されないので、セキュリティの面では安心できます。

Zoomの画面共有前に初期設定を確認

初期設定では、画面共有はホストのみが許可されている状態です。したがって、つねに参加者に画面共有を許可する場合にはZoomの公式サイトにアクセスし、設定変更を行います。

Zoomの公式サイトにアクセスしたら、左側のナビゲーションメニューから「設定」>「ミーティング」>「画面共有」と遷移し、「共有できるのは誰ですか?」>「全参加者」にチェックを入れれば設定変更完了です。

Zoomでの画面共有方法:デスクトップ画面の共有

画面下部の「画面共有」ボタンをクリックすると、各種の共有できる画面が表示されます。デスクトップ画面を共有する場合は、左上にある「Desktop」のアイコンをクリックすると、デスクトップ画面の共有が始まります。

Zoom 画面共有 画面共有ボタン

※画面下部の赤い四角で囲んだ「画面共有」ボタン。

Zoom 画面共有

このとき、自身を映していた画面から外枠が緑色になったデスクトップ画面が表示されます。これにてほかの参加者にデスクトップ画面が共有が始まります。

Zoomでの画面共有方法:アプリケーションの共有

特定のアプリケーション、ワードやエクセル、PDFなどのファイル画面のみを共有する場合は、画面下部の「画面共有」ボタンをクリックした後に現れる画面の中から、共有したい画面を選択します。

Zoom 画面共有 アプリ 共有

※この場合は「Google Chrome」が立ち上がっており、これを共有できます

写真ではGoogle Chromeしか起動されていませんが、ほかのアプリケーションも起動されている場合は、Shiftボタンを長押ししながら当該のアプリケーションをクリックすると、複数アプリケーション画面の共有が可能です。

Zoomの画面共有方法:パワーポイントのスライドを共有

パワーポイントのスライドを画面共有する場合は、Zoomでの会議前にファイル(スライドショー)を開いておくとスムーズです。

ファイルを開いた後、画面下部右側にある「スライドショー」アイコンをクリックします。スライドショー画面に移行したら画面のいずれかを右クリックし、「発表者ツールを表示」を選択します。これでパワーポイント側の準備は完了です。

続いてZoom側の操作ですが、先ほど紹介した手順のように「画面の共有」ボタンをクリックします。「ベーシック」項目の中に「PowerPoint スライドショー」が出てきますので、こちらをクリックします。

これ以降の操作については、通常のスライドショーと同じです。

Zoomの画面共有方法:iPhoneなどのスマホでの画面共有

スマホ、タブレット版のZoomでも、画面下部に表示される「共有」ボタンで各種共有ができます。

Zoom 画面共有 スマホ

「ミュート」「ビデオの停止」に赤い斜線がついていると、これらの機能はOFFになっているため、利用したい場合はそれぞれをタップしてONに切り替えます。

Macの場合、パソコンに接続したiPhone(iPad)画面の共有も可能です。この場合は画面下部の「画面共有」ボタンを押すと表示される画面の中から

iPhone・スマホから他の参加者に画面共有を許可する方法

iPhoneやスマホなどのモバイル端末のZoomアプリからホスト以外の参加者に画面共有を許可する手順は、画面下部の「詳細」>「セキュリティ」の順にタップし、「画面の共有」をONにします。

Zoomでの画面共有方法:動画を共有する

動画共有の方法は、先に「Zoomでの画面共有方法:アプリケーションの共有」で紹介した方法で、共有したい動画ファイルを選択します。続いて、「コンピューターの音声を共有」にチェックを入れ、「画面の共有」ボタンをクリックすれば完了です。

共有する画面サイズは「全画面ビデオクリップ用に最適化」をクリックすると、拡大できます。この場合、通信データ量が増加する点にご留意ください。もうひとつ注意点を挙げると「コンピューターの音声を共有」にチェックを入れないとほかのメンバーは音声が聞こえなくなってしまいます。

Zoomの画面共有機能でほかのパソコンを操作できる?

画面共有を行うと、ほかの参加者が別の人のパソコンを遠隔操作できるようになります。手順としては、画面共有で操作してもらいたい画面を選択します。その画面が表示されたら、「○○の画面を表示しています」という緑色のタブのとなりにある「オプションの表示」から「リモート制御のリクエスト」をクリックします。

この後、リモート制御のリクエストに対して承認すると相手の画面内で各種操作が可能になります。

複数の画面共有も可能?

Zoom会議に参加しているメンバーの中から、複数人の画面を共有することも可能です。

手順としては画面下部の「画面共有」ボタンの右側にある「^」をクリックし、「複数の参加者が同時に共有可能」を選択します。

なお、画面共有していないメンバーが、画面共有しているメンバーを選択し、その画面を見ることもできます。その方法ですが、画面上部の「オプションを表示」内に「共有されている画面」として見たいメンバー名をクリックします。

特定の人だけに画面共有を許可するには?

参加メンバーの1人だけに画面共有を許可する場合は、画面下部の「画面共有」ボタンの右側にある「^」をクリックし、「同時に1名の参加者が共有可能」を選択します。

Zoomで画面共有ができない場合のトラブルシューティング

ホストに画面共有を許可してもらう

画面共有できない場合、まず確認したいのが権限的に画面共有が許可されているかです。画面共有にはホスト=主催者の許可が必要になります。ほかの参加者がホストの場合、画面共有の許可を申請すれば先方で対応してくれますが、自分がホストの場合は自ら許可を出さなければなりません。

画面共有を許可するには、Zoom画面下部の「セキュリティ」をクリックし、「参加者に次を許可:」の中から「画面を共有」を選択。チェックマークがつけば共有の許可が出ます。

画面共有の設定を見直す

ホストから許可をもらったにもかかわらず画面共有できない場合は、こちらが出力する映像が高画質すぎる(=データ量が大きすぎる)可能性があります。

さきほど「画面共有方法:動画や音声を共有」で紹介した「ビデオクリップ用に最適化」にチェックが入っていたら、それを外してください。これによって、データ量を減らします。

それでも改善しない場合は、アプリの「設定」アイコンから「統計情報」に遷移し、「画面の共有」タブからパケット損失が発生していないかをチェックしてみてください。発生している場合はハード(パソコン)のトラブルが疑われます。

使用端末、ネット回線のスペックを再確認

画面共有できない場合、設定以外のチェック項目としては、バーチャル背景がパソコンに負荷をかけているケースです。バーチャル背景をOFFにして状況が改善されるか試してみましょう。また、インターネット回線の接続状況が不安定だと正常に画面共有ができないので、有線LANにしたりWi-Fiの電波強度が強いところを探るといった方法が有効です。

Macで画面共有ができない場合

MacのOS「BigSur」の最新版にアップデートすると不具合が起こり、画面共有ができない場合があるようです。

この場合、応急処置としてMacとiPhone、Androidをつなぎ、iPhoneやAndroidの画面を共有するといった方法が挙げられます。Macと接続した各スマホ画面の共有方法は「Zoomの画面共有方法:iPhoneなどのスマホでの画面共有」中に紹介しています。

Zoomの画面共有機能のまとめ

今後、Zoomでのプレゼン機会がますます増加すると予想されます。PowerPointの資料や動画などを画面共有で参加者に見せながらのプレゼンは、リアルのものとさほど変わらなくなるので、Zoomの画面共有機能は必須の機能と言えます。

画面共有のトラブルで多い「画面共有できない」というケースは、ホストの設定見直しで解決する場合が多いので、まずは改めてこちらの設定を確認するようにしてください。

Zoomの画面共有に関するFAQ

iPadやスマホの画面もZoomで画面共有できる?

できます!iPhone・iPadなどのiOS、Android、Windows/MacのZoomアプリではいずれも画面共有に対応しています。詳しい方法は記事の本文をご確認ください。

Zoomで画面共有した場合、手元の音声も相手に共有される?

通常共有されるのは画面だけですが、手元の音声も共有可能です。「画面共有」でアプリを選ぶ際に「Share Computer Sound」のチェックを入れてください。

Zoomで動画も共有できる?

高画質な動画を共有したい場合は、通常OFFになっている「グループHD映像」をONにしてください。ただし、それだけネットワーク帯域を消費します。

Zoomで「ワード」や「パワーポイント」を画面共有するには?

「ワード」や「パワーポイント」を画面共有する方法は、通常の「画面共有」と同じです。詳しい操作方法は記事の本文をご確認ください。

画面共有中に相手の画面を操作できない場合は?

画面共有機能を使って共有先の画面を操作できますが、これができない場合にチェックしたいのが、「リモート制御のリクエスト」を許可しているか否かです。自分が相手の画面を操作したい場合は、先方に自分のリモート制御を許可してもらいます。反対に、相手に自分の画面を操作してもらう場合は、自分が先方のリモート制御を許可する必要があります。

画面の緑色の枠の意味は?

アプリケーションの共有を行っている際、共有しているアプリケーションをわかりやすくするために枠を緑色にするようになっています。

ちなみに、緑色にしたくない場合は「設定」>「画面の共有」>「共有コンテンツの周囲に緑色の境界を表示」のチェックを外します。

メールマガジン登録

最新調査やマーケティングに役立つ
トレンド情報をお届けします

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


Web会議 ツール zoom

関連する投稿


競合サイト分析に使えるWebツール9選

競合サイト分析に使えるWebツール9選

自社サイトのアクセス数増のために行うSEO対策や広告出稿。その手段はさまざまですが、競合するサイトをベンチマークとして、自社サイトよりも優れている点やその要因を分析することもひとつの方法です。特にSEO対策を目的とした競合分析にあたっての考え方、競合分析に使えるツールを紹介します。


今日から効率UP!Web運営の現場で使われているChrome拡張機能30選

今日から効率UP!Web運営の現場で使われているChrome拡張機能30選

ブラウザをよく使う仕事をしていると、Chromeの拡張機能を数十個入れている人も珍しくありません。便利な機能から繰り返し作業を効率UPできる拡張機能まで、Web編集者十数人に聞いた“使えるChrome拡張機能”をご紹介します。複数URLを一気に開ける拡張機能、Twitterのブックマークを検索できる拡張機能、AmazonやFacebookの不要なパラーメーターを除去できる拡張機能など。


【2022年上半期】Zoomの主な仕様変更 背景ぼかしがさらに身近に!

【2022年上半期】Zoomの主な仕様変更 背景ぼかしがさらに身近に!

Web会議の定番ツール「Zoom」。普及当初はセキュリティ面の指摘があったものの、最近のアップデートは機能追加がメインになっています。アップデート通知は頻繁に届くものの、その内容まで把握していない方向けに最近の仕様変更内容をまとめました。


競合サイト分析で「流入キーワード」を調査する方法

競合サイト分析で「流入キーワード」を調査する方法

自社サイトのアクセス数を増やすには、戦略的なコンテンツ更新が必要です。たとえば競合サイトがどのようなキーワードから流入しているか、自社サイトと差分があるかは参考になります。競合サイト分析における流入キーワードの調べ方にスポットをあてて解説します。


データからユーザーの解像度を上げるには?ターゲット分析ツール「story bank」の機能を徹底解剖|vol.2

データからユーザーの解像度を上げるには?ターゲット分析ツール「story bank」の機能を徹底解剖|vol.2

前回の記事では、「story bank」の機能を紹介してもらうため、「ダイエット」を含むワード検索者分析を展開。デモグラフィックだけではなく、「ダイエット」と検索する前後のWeb行動から導き出された“検索キーワード、頻繁に接触したサイトやアプリなど、詳細なデータを収集できることがわかりました。今回は「ダイエット」と検索したユーザーを7つのクラスタに分類し、中でも「オートミールダイエッター」をピックアップ。「オートミールダイエッター」のユーザー像を探りつつ、「story bank」のさらなる機能も掘り下げます。


最新の投稿


急上昇ワードに「THE MATCH 2022」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/6/19~2022/6/25)

急上昇ワードに「THE MATCH 2022」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/6/19~2022/6/25)

2022年6月19日~6月25日の検索急上昇ワードでは、19日に開催された「Yogibo presents THE MATCH 2022」関連のワードが上位入り。「天心」「武尊」といった出場選手名や、「ABEMA」などが検索されました。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


ピンタレスト広告を出稿すべき理由とは?ユーザーデータと特徴から解説!

ピンタレスト広告を出稿すべき理由とは?ユーザーデータと特徴から解説!

ピンタレスト(Pinterest)で広告を出稿したいけどよく分からない。ユーザーがどのような目的でピンタレストを利用しているか、詳しく知りたい。ピンタレスト広告と相性の良い商材/ジャンルが知りたい。こんな悩みをお持ちの方に向けてピンタレスト利用者の利用シーンを分析し、ピンタレスト広告と相性の良いテーマを解説します。ピンタレスト広告の出稿を検討している方は参考にしてみてください。


【2022年7月11日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2022年7月11日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


Tableau中級者への第一歩「LOD表現」について【第2回】FIXED以外のLOD表現「INCLUDE」

Tableau中級者への第一歩「LOD表現」について【第2回】FIXED以外のLOD表現「INCLUDE」

Tableauを使いこなすために避けては通れないテクニックとして「LOD表現」というものがあります。 慣れていないと少し難しく思えてしまいますが、LOD表現を自在に使えるようになるとTableauでの表現の幅がより拡がるので是非この連載で基本的な使い方や考え方をマスターしていきましょう。


徹底した顧客理解が起点に。ちば興銀が取り組むユーザーニーズに寄り添うコンテンツの磨き方|「VALUES Marketing Dive」レポート

徹底した顧客理解が起点に。ちば興銀が取り組むユーザーニーズに寄り添うコンテンツの磨き方|「VALUES Marketing Dive」レポート

「VALUES Marketing Dive」は、“データを通じて顧客のことを深く考える”、“マーケティングの面白さに熱中する”という意味を込めて、今年誕生した新しいマーケティングイベントです。今回のテーマは「Update Your Marketing ~ 顧客理解の新潮流」。本レポートでは、ちば興銀の顧客理解を起点としたコンテンツマーケティングの取組みについてお届けします。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら