W11(ダブルイレブン)だけじゃない!中国のECセールまとめ。日本との違いは?

W11(ダブルイレブン)だけじゃない!中国のECセールまとめ。日本との違いは?

中国のECセールと聞くと、皆さんは何を思い浮かべますか?多くの人が毎年11月11日に行われている「独身の日(シングルデー)」を祝うイベント、「W11(ダブルイレブン)」と答えるのではないかと思いますが、実は中国のECセールはW11だけではありません。今回は、1年を通して盛り上がる中国ECセールについてご紹介します。


毎月開催される中国のECセール事情

W11(ダブルイレブン)のみならず、中国では毎月のように何かしらのセールが実施されています。主なセールをまとめたものが以下のカレンダーです。

1月はお正月用品大セール、3月は女神デーセール、6月は618商戦など、まさに1年中、大盛況ですね。

では、実際にそれぞれのセールはどのようなものなのでしょうか。今回は数あるセールの中から、W11(ダブルイレブン)とその他に重要な3つのセールをご紹介します。

11月11日:W11(ダブルイレブン)

まずは日本で最も知名度の高いW11(ダブルイレブン)。W11とは、毎年11月11日に行われる中国最大のECイベントです。

もともとは11月11日の独身の日(シングルデー)を祝うイベントでしたが、独身者向けのパーティーやイベントの中でプレゼントを贈り合うことに目をつけたアリババがW11に合わせたイベントを実施したことで、近年ではアリババやタオバオをはじめとする一大ECセールイベントとなりました。日本でもこの時期になるとメディアでセールの盛況具合が報じられるので、耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

3月8日:女神デーセール

次にご紹介するのは、2月下旬~3月8日に行われる女神デーセールです。3月8日は国連により、「国際婦人デー」として定められています。

中国では以前から3月8日は女性に感謝する日として定着しており、女性は仕事が半日お休みになったり、勤め先からちょっとしたプレゼントをもらえるなど特別な日となっています。これに合わせ、各ECプラットフォームでは3月8日にかけて女性向け商品のセールを開催します。これが女神デーセールです。

女性や女性にプレゼントをする男性をターゲットとしており、コスメやアパレル商品がメインとなっています。コスメや女性向けブランド品を扱う企業であれば、必ず押さえておきたいセールと言われています。

6月18日:618商戦

続いて6月1日~18日にかけて行われる618商戦です。こちらはW11と並ぶ中国EC2大イベントの一つで、中国EC市場を考える上で外せないイベントです。

JD.com(京東)を運営する京東の設立日が由来となっており、設立記念日である6月18日がセール最終日として最大のプロモーションが行われ、最も盛り上がりを見せます。京東の設立日ではありますが、T-MALLなど他のECも参入し、今では業界全体が盛り上がるイベントとなっています。

8月8日:天猫88グローバルカーニバル

最後にご紹介するのは8月1日~8日に行われる天猫88グローバルカーニバルです。中国で縁起が良いとされる、月と日の重なる8月8日を起点に実施され、海外ブランド品販売に特化したイベントとなっています。

この期間は海外のブランド品を送料無料で購入することができるため、海外のブランド品を国内商品と同じように手軽に購入することが可能です。コロナ禍での需要は高く、また日本企業を含め越境ECを考える企業にとっては非常に重要なイベントといえます。

日本のECセールとの違い

中国のECセールについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?中国では1年中セールが開催されていますが、特別な意味を持つ日である3月8日(国際婦人デー)や6月18日(京東設立日)を除くと、月と日が重なる日が多くなっています。これは、月と日の重なる日は縁起が良いとされる文化があるためで、特に7月以降は7月7日~12月12日まで毎月セールが開催されています。

また、日本のECセールとの大きな違いは1つのECサイトがセールを行うのではなく、多数のECサイトが同時期にセールを行うことです。日本ではアマゾンのセールと楽天のセールは重ならないように別々に開催されていますが、中国では特定のサイトだけでなくさまざまなECサイトで一斉にセールを行うことで、業界全体が盛り上がる仕組みとなっています。

新型コロナの影響もあり、ECサイトでの購入が増える中、今後ますます盛り上がりを見せるであろう中国のEC市場から目が離せません。

関連記事

「ダブル11」超えたECセール「618」~ ライブ配信やTiktok参戦など、コロナ後の中国人消費の新たな潮流とは|中国トレンド調査

https://manamina.valuesccg.com/articles/1362

中国ECイベントといえば、さまざまな記念日に開催されるキャンペーンがあります。今では他のネット通販各社も加わり、最大手のアリババ集団が中心となる11月11日の「独身の日セール」はもはや定番となっています。最近では京東商城(JD.com)を運営する京東集団が設定した「6月18日」も大きな盛り上がりを示し、「独身の日」と並ぶ一大商戦に成長しました。 今年の「618」についての売上データを概観した上で、ライブ配信や抖音(ドウイン/中国版Tiktok)の参戦、セールイベントの参加方法、実際に売られた商品という3つの側面から昨年度と比較しつつその特徴を解説します。

2021年 中国の春節から見た新たな消費 ~ EC購入品|中国トレンド調査

https://manamina.valuesccg.com/articles/1299

2月は、中国で最も大切で伝統的な祝日である春節(旧正月)がありました。しかし、今年の春節は、今までとは異なる過ごし方をした人がたくさんいました。新型コロナウイルスの再拡大への警戒から政府が「居住地で春節を迎えて」と帰省自粛を呼びかけており、家族と一緒に春節を過ごすことができないため、ECを利用して実家にいる両親にプレゼントを贈る人が増えていました。また、中国人は、春節(旧正月)の長い休みに際し、何らかの手土産を持って目上の人へ挨拶に伺う「拝年」という習慣があるため、今年はインターネットを活用してこの習慣を続ける人も多くいました。ここでは、春節のECショッピングブームの中でよく買われたもの、流行ったものについて紹介したいと思います。

中国の主要越境ECサイト9選〜CtoCから共同購入まで注目プラットフォームを解説!

https://manamina.valuesccg.com/articles/1306

「618」や「W11」等のキャンペーンで大きな売り上げが報じられる中国越境EC。サイト・プラットフォームにはどのような種類があるのでしょうか。モール型、CtoC型などに越境ECを分類し、9つのプラットフォームを取り上げた上で特徴を解説します。

​​

メールマガジン登録

最新調査やマーケティングに役立つ
トレンド情報をお届けします

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


中国市場 EC

関連する投稿


ウィズコロナ時代の「モノの買い方変化」「ショールーミング行動の実態」を調査

ウィズコロナ時代の「モノの買い方変化」「ショールーミング行動の実態」を調査

ウィズコロナ時代とも言われる2022年、顧客の獲得戦略を練る上では、消費者が実店舗×ECをどのように活用しているのか、リアルな消費者行動を理解することは必須となるでしょう。そこで今回は、ウィズコロナ時代の「モノの買い方変化」および「ショールーミング行動の実態」に着目し、消費者トレンドを分析。分析には、国内の20~60代の男女6,105人を対象にしたアンケート調査と、ヴァリューズが独自保有する消費者行動ログを用いました。


アフターコロナのインバウンドの動向は?データから対策を考える|ウェビナーレポート

アフターコロナのインバウンドの動向は?データから対策を考える|ウェビナーレポート

新型コロナウイルス感染拡大により、インバウンド観光産業は未だ厳しい状況が続いていますが、ワクチンの普及や感染状況の落ち着きから訪日観光客の受け入れが再開し、インバウンド回復に大きな期待が寄せられています。ヴァリューズで開催された「アフターコロナに向けたインバウンド対策セミナー」では、訪日観光客数が上位地域の中国・台湾・タイにフォーカスして、消費者の行動変化について徹底解説。いま消費者が求めていることや、旅行意向の変化はどういったものなのか、レポートします。


楽天西友アプリのユーザーが急増!OMO施策とネットスーパーの動向を探る

楽天西友アプリのユーザーが急増!OMO施策とネットスーパーの動向を探る

今年4月のリニューアル以後、ユーザー数を急増させている「楽天西友ネットスーパー」のアプリ。同事業が見据えている展望や、国内のネットスーパーにおけるOMOの現状について、ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を用いて分析します。


2022年「618キャンペーン」商戦結果は?|中国トレンド調査

2022年「618キャンペーン」商戦結果は?|中国トレンド調査

今年の「618キャンペーン」では、コロナ禍において消費者の購買意欲を刺激するために、中国のあらゆるECおよび動画プラットフォームが、様々なプロモーションを仕掛けました。果たして、プロモーションの効果はあったのでしょうか? また、昨年と比較して売上は増加したのでしょうか? 本レポートでは、2022年の「618キャンペーン」について、特に美容、食品・飲料、家電カテゴリーを取り上げ、売り上げ状況と市場の動向をご紹介します。


物流戦略から読み解くAmazonの強みと日本企業の対抗策

物流戦略から読み解くAmazonの強みと日本企業の対抗策

新型コロナの影響もあり普及が加速したEC市場の急成長の裏に、自動化技術やロボット導入などが進む物流DXがあります。「実は物流の搬送・自動化分野に関しては日本企業が大きな影響力を持っている」と語るのは、産業用ロボットの知能化を手掛ける株式会社Mujinのシステムエンジニア、湊真司さん。寄稿初回となる本稿では、ECの雄、Amazonを取り上げ、同社の物流の強みと、それに対抗する楽天、ヨドバシカメラ等日本企業の戦略について紐解いていきます。


最新の投稿


急上昇ワードに「デジタル献花」「全国旅行支援」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/9/25~2022/10/1)

急上昇ワードに「デジタル献花」「全国旅行支援」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/9/25~2022/10/1)

ネット行動ログをもとに週次の検索急上昇ワードランキングを作成し、トレンドになっているワードについて取り上げます。2022年9月25日~10月1日の検索急上昇ワードでは、9月27日に行われた国葬関連のワードを中心に、10月11日から始まる「全国旅行支援」に関するワード、先日放送が開始した「SPY×FAMILY」や「ポプテピピック」といったアニメ作品の検索も上位に見られました。


【2022年10月17日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2022年10月17日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


中国の激しい市場変化に対応するには?「中国市場・トレンド分析手法 解説セミナー」レポート

中国の激しい市場変化に対応するには?「中国市場・トレンド分析手法 解説セミナー」レポート

中国市場のトレンド変化は非常に速く、激しいのが特徴です。そのため、中国市場をいち早く理解するためには、リサーチ方法が大きなカギとなります。本レポートでは、マーケティング・プロセスに合わせた分析手法を用いて、中国の「健康意識」と「美容」の2テーマのトレンドを調査しました。(ページ数|66ページ)


9月末締切りへの駆け込み需要か?最新スマホアプリインストールはマイナンバー関連アプリが優勢(2022年8月)

9月末締切りへの駆け込み需要か?最新スマホアプリインストールはマイナンバー関連アプリが優勢(2022年8月)

毎月更新のスマートフォンアプリインストール数ランキングTop5をまとめました。依然として、「マイナポイント」「マイナポータル」が2強となっています。そして3位には先月に引き続き「ENEOS サービスステーション」がランクインしました。


メタバースブーム、中国ビジネスに新しい風

メタバースブーム、中国ビジネスに新しい風

Facebookが社名を「メタ」に変更したことでも話題になり、注目が高まっている「メタバース」。TikTokなどのSNSマーケティングやOMO施策の最前線に立つ中国では、どのようなメタバースビジネスが展開されているのでしょうか。メタバースとEC、SNS、飲食それぞれ掛け合わせた中国ビジネスを中心に、動向を解説します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら