シニア層のYouTube利用実態をWeb行動ログから分析・考察|セミナーレポート

シニア層のYouTube利用実態をWeb行動ログから分析・考察|セミナーレポート

拡大を続けるシニア市場の動向を把握するため、シニアマーケティングを検討している各企業にとって、その実情を知ることは大変重要な課題となっています。しかしながら、シニアの生活実態は想像も調査も難しく、実態に即していない施策が行われていることも少なくありません。シニアの生活実態に迫ることを目的として、行動ログ分析に基づく、Web利用の実態(主に動画サービスYouTubeの利用実態)の独自調査結果を7月21日開催のセミナーにてご紹介しました。 ※詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。記事末尾のフォームよりお申し込みください。


スピーカー紹介

図:スピーカー紹介

図:スピーカー紹介

はじめに〜高齢者のWeb利用の実態

株式会社ヴァリューズ 竹久真也(以下、竹久):「まずは、現在のシニア層のWeb利用動向についてご紹介します。

下図は2019年度の総務省発表のデータを抜粋したものです。こちらを見ると、この5年間で高齢者(65歳以上)のインターネット利用者が大幅に増加していることがわかります。その数はおよそ1.5倍にものぼります。

図:シニア層のウェブ利用動向

図:シニア層のウェブ利用動向

このように、シニア層にインターネット利用が急速に拡大している今、シニアマーケティングの重要性が問われる時代になってきていると言えるでしょう。

シニアマーケティングを実施する際には、シニア層の利用実態を捉えるため、ネット利用の時間帯、利用サイト、流入経路の特徴など、他世代との相違に注目することが重要だと考えます。

例えば、ネット利用の時間帯という点では、若い世代が夜間にかけての利用時間の長さが目立つのに対して、65歳以上のシニア層では、朝8〜9時ごろの時間帯がピークという結果が出ています。

また、流入経路の特徴としては、他世代に比べて自然検索からサイトに流入する割合が低い反面、広告バナーや外部サイト(リンク)、リスティング広告から流入している割合が高いことがわかっています。

こういった世代間の相違をヒントに、シニア層に向けてWeb広告やプロモーションを打つと、より有効なマーケティング施策が実行できるのではないかと考えられます。

これらシニア層のWeb利用状況の詳細に関しては、以前のセミナーでご紹介していますので、そちらの資料もご覧いただければと思います。」

シニアのWeb利用と購買行動に関するセミナーレポート

https://manamina.valuesccg.com/articles/1327

日本の65歳以上の人口は既に約3600万人、総人口の約3割を占め、「シニアマーケット」はその存在感を大きくしており、シニアマーケティングも重要な課題となってきています。しかし一方で、シニアがどのようにWebを活用しているのか、商品の購入にあたってどのような形で情報を収集しているのかといった情報は、明らかになっていません。そこで、シニアのWebでの情報収集の仕方や商品購入の仕方について調査を行い、2021年4月9日にセミナーを開催しました。※詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。記事末尾のフォームよりお申し込みください。

図:シニアに関する過去の調査結果まとめ

図:シニアに関する過去の調査結果まとめ

Web行動ログ分析から見るシニアのWeb行動特徴

Agenda

⚫︎分析概要:2021年3月〜5月のYouTubeデータを集計
⚫︎①YouTubeサイトの利用方法について(利用時間帯・動画の選択方法)
⚫︎②YouTube内でどのような動画・チャンネルを視聴しているのか?

シニア層の動画投稿サイト利用動向

竹久:「60代以上のシニア層について、YouTubeのサイト訪問回数と月平均訪問日数の推移を集したところ、 訪問回数は直近で大きく増加しているのがわかります。

コロナ禍での巣ごもり生活ということも影響していると考えられますが、月平均訪問日数も右肩上がりに上昇しており、少なくともシニア層にもYouTubeの利用が浸透しつつあることがわかります。」

図:シニア層の動画投稿サイト利用動向

図:シニア層の動画投稿サイト利用動向

①-1:YouTubeサイトの利用方法について(利用時間帯)

竹久:「シニア層のアクセス時間で最も多いのは、夜20〜21時の時間帯となりました。13時頃から徐々に増加し、20時にピークを迎えています。夜間にアクセスが伸びる若年層と比較すると、時間帯によってサイトへのアクセス数の差分があまりないことが特徴的です。」

図:どのような時間帯にYouTubeを利用しているのか?

図:どのような時間帯にYouTubeを利用しているのか?

①-2:YouTubeサイトの利用方法について(動画の選択方法)

竹久:「シニア層は実際どのようにして動画を選択しているのか、その方法を見てみました。

YouTube上の各機能(検索・履歴・登録チャンネル等)の利用率を若年層と比較すると、検索や登録チャンネルなどの機能の利用率が少ないことがわかりました。これは、YouTube内で動画を探して閲覧するというよりも、外部サイトのリンクや検索エンジンでの検索結果などから直接動画に流入するような動きが多いのではないかと考えられます。」

図:試聴する動画をどのように選んでいるのか?

図:試聴する動画をどのように選んでいるのか?

②-1:YouTube内でどのような動画・チャンネルを視聴しているのか?(動画ランキング)

竹久:「では、実際にはどのような動画が視聴されているのか、ランキングで見てみましょう。シニア層の特徴を見るために、若年層と比較してみました。

若年層のランキング上位には、「音楽・ゲーム・エンターテイメント系」の動画が並んでいる一方で、シニア層は「皆既月食・ゴルフのライブ中継・ニュース動画」のほか、「確定申告の解説動画」などが並んでいます。
これらの結果からシニア層の傾向を大きく3パターンに分類してみると、以下のカテゴリが想定されました。」

⚫︎ライブ映像系(スポーツ・イベント)
 →テレビでは長い時間中継されにくいスポーツやイベント映像を視聴。
⚫︎ニュース・ゴシップ系
 →テレビ局や週刊誌など既存のマスメディアによる動画が見られている。外部のニュースサイトからの流入も多い可能性も。
⚫︎解説動画
→手続きや操作の解説が、動画による解説 へと需要がシフトしてきている可能性がある。外部のウェブページから流入しているケースも考えられる。

図:視聴動画ランキング

図:視聴動画ランキング

②-2:YouTube内でどのような動画・チャンネルを視聴しているのか?(チャンネルランキング)

竹久:「続いては、チャンネルの試聴実態を見てみましょう。

若年層では「音楽系・ゲーム実況・料理・知識・学び系」と幅広いカテゴリに分散視聴されていますが、シニア層では「ニュースチャンネル」が多数を占めています。また、若年層ではみられない、PCなどの「使い方解説のチャンネル」が上位にあることも特徴的と言えます。

シニア層にとっては、現段階、エンターテイメントより実用性をYouTubeに求めているとも言えそうです。」

図:視聴チャンネルランキング

図:視聴チャンネルランキング

まとめ

竹久:「今回はシニア層のYouTube利用実態を見てみました。コロナ禍で巣ごもり生活を余儀なくされたことや、若年層と比べて可処分時間が長いと考えられることからも、インターネット利用の増加に乗じて、YouTubeの利用も増加していることがわかりました。

シニア層特有のインターネット利用の特徴を洗い出し、シニアマーケティングに活用する有効性をお話しした前回のセミナー同様、今回の動画利用(YouTubeの利用実態)という観点から現れてきたシニア層特有のネット利用実態やその目的にも注目し、的確なプロモーションを実行することが、拡大し続けるシニア市場に向けての大きな一手となると言えるのではないでしょうか。」

図:YouTube分析まとめ

図:YouTube分析まとめ

上記のほか、本稿で掲載していない詳細資料も多数ございますので、ぜひ無料ダウンロードにてご覧ください。

セミナー資料ダウンロード【無料】

シニア層のYouTube利用実態をWeb行動ログから分析・考察|セミナーレポート

セミナー資料のダウンロードURLを、ご入力いただいたメールアドレスに送付させていただきます。
ご登録頂いた方にはヴァリューズからサービスのお知らせやご案内をさせて頂く場合がございます。

この記事のライター

マナミナ 編集部 ライター。
金融・通信・メディア業界を経てリサーチ業界へ。
趣味は食と旅行。

関連する投稿


【2022年8月29日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2022年8月29日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


【2022年8月22日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2022年8月22日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


「シニアマーケティング」「バタフライ・サーキット」など...ベスト記事「セミナー・イベント」編

「シニアマーケティング」「バタフライ・サーキット」など...ベスト記事「セミナー・イベント」編

今年で3周年を迎えるマナミナ。特別企画として、カテゴリごとのPV数トップ5の記事をご紹介します。 今回の記事では、第4弾として「セミナー・イベント編」をお届け。世間の関心が高いテーマについて、振り返ってみましょう。


「このリサーチ本がすごい!~ リサーチャー著者対談」8/24(水)開催|マナミナ・トークLIVE

「このリサーチ本がすごい!~ リサーチャー著者対談」8/24(水)開催|マナミナ・トークLIVE

マナミナ・トークLIVEが8月24日(水) 17:00〜18:00で配信決定!『このリサーチ本がすごい!』をテーマに、データ分析・インサイト理解に関する著作を多数お持ちの松本健太郎さんと、アンケートの質問法・レポートやリリースの文章力に関する著作をお持ちのリサーチャー・菅原大介さんによる対談セッションをLIVE配信します。


【2022年8月15日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2022年8月15日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


最新の投稿


Can Craft Cola Achieve the Popularity of Spiced Curry? Surprising Commonalities Revealed by Keyword Research

Can Craft Cola Achieve the Popularity of Spiced Curry? Surprising Commonalities Revealed by Keyword Research

We will analyze food trends while targeting marketers in the food industry or those interested in trends. Although seemingly unrelated, “craft cola” and “spiced curry” are both unique and playful "health-conscious" foods that "use spices." Here, we analyze the popularity of "craft cola" and "spiced curry."


【2022年8月29日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2022年8月29日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


広告出稿に役立つ!競合サイト分析をツールで効率化

広告出稿に役立つ!競合サイト分析をツールで効率化

競合サイト分析で自社サイトのアクセスを増やすには?ツールを使った分析手法が一般的になったSEOのほか、流入増の手段は一つではありません。広告出稿や顧客のペルソナの把握などの分野でも、ツールを使って競合サイトを分析することで、効率的に対策を立案することに役立ちます。Webサイトの流入構造の基本とツールを使った競合サイト分析手法についてまとめます。


コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年8月版)|ホワイトペーパー

コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年8月版)|ホワイトペーパー

国内外のSEO対策・SNSでの集客法など、コンテンツマーケティングに関する最新情報をまとめてご紹介。検索順位に影響する指標とは?TikTokの今後は?コンテンツマーケター必見のレポートを、毎月お届けします。


競合分析を効果的に活用するためのポジショニングマップの作り方

競合分析を効果的に活用するためのポジショニングマップの作り方

競合分析を経てマーケティング戦略を立案するには、自社が市場のどのポジションを狙うかが大事。「ポジショニングマップ」は、市場のどの分野で自社の競争優位を確立するか整理するのに役立つツール。今回はポジショニングマップの基本から作り方までを解説します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら