日本でもブーム到来の兆し?『CBD』に対する国内消費者の関心を調査

日本でもブーム到来の兆し?『CBD』に対する国内消費者の関心を調査

海外で人気のCBD(カンナビジオール)が、日本でもじわじわ注目が集まっているようです。CBDは大麻草に含まれる成分で、ストレス解消効果やリラックス効果があり、WHO(世界保健機関)も安全性を認めている物質です。海外では「グリーンラッシュ」と呼ばれ、急成長を見せている大麻草関連ビジネス。日本でも5年ほど前からCBD商品が販売されるようになり、順調にマーケットを拡大しています。今回は、インターネットユーザー動向から国内のCBDブーム到来の兆しを分析します。


日本にやってきたCBD

CBDは大麻草に含まれる成分ですが、日本の大麻取締法で使用が禁止されているTHC(テトラヒドロカンナビノール)とはまったく別の成分です。精神作用、中毒性があるTHCと違い、ストレス解消やリラックス効果が得られる有効成分であり、依存性のない安全なものであるとして、WHO(世界保健機関)も認可しています。

大麻の合法化が進むアメリカやカナダなどで、このCBDを含む大麻草関連ビジネスが急拡大し「グリーンラッシュ」とも称されています。日本でも5年ほど前からCBD商品が流通するようになり、電子タバコのように吸引するタイプのものや肌に直接塗るオイル、グミやキャンディなど、様々な商品が販売されています。

ローラさんや吉川ひなのさん、紗栄子さんら人気タレントも愛用し、自身のSNSで紹介するなど、いわゆる“大麻草”に日本人が抱くイメージとはかけ離れた、“セレブも愛用する心と身体に良いもの”として認知が進んでいるようです。

CBD検索ユーザー数は着実に増加

では、国内ではどれほど関心が寄せられているのでしょうか。CBD検索ユーザー数の推移から見ていきましょう。

2年間で「CBD」とネットで検索したユーザーは着実に増加していることがわかります。

「CBD」検索ユーザー数推移

「CBD」検索ユーザー数推移

期間:2019年8月〜2021年7月
デバイス:PCおよびスマホ

CBDを検索しているのは20代〜40代の男性が多い

続いて、CBD検索ユーザーの属性を確認します。
性別は57.1%が男性、20代〜40代が多いようです。

「CBD」検索ユーザー属性/性別

「CBD」検索ユーザー属性/性別

期間:2019年8月〜2021年7月
デバイス:PCおよびスマホ

「CBD」検索ユーザー属性/年代

「CBD」検索ユーザー属性/年代

期間:2019年8月〜2021年7月
デバイス:PCおよびスマホ

気になるのは効果と種類。ネガティブな印象は少ない

次に「CBD」と掛け合わせで検索されているキーワードを分析します。

多く検索されたキーワードの上位には「効果」「オイル」「リキッド」「VAPE」「グミ」などの製品「おすすめ」などで、「大麻」(17位)や「違法」(21位)「危険性」(39位)などのネガティブワードは上位にはあがっていないことがわかりました。

「CBD」掛け合わせワードランキング(上位15位)

「CBD」掛け合わせワードランキング(上位15位)

期間:2019年8月〜2021年7月
デバイス:PCおよびスマホ

属性別に掛け合わせワードを見ると、男性は「GUMMIES」「リッチル(RICHILL)」「EMILI」など、直接舌下に垂らしたり吸引するタイプ女性は「ロールオン」「クリーム」などの肌に塗るタイプや「モリンダ」「エンドカ」など、サプリメントタイプに興味を持っていることがわかります。

「CBD」掛け合わせワード/属性別マップ

「CBD」掛け合わせワード/属性別マップ

期間:2019年8月〜2021年7月
デバイス:PCおよびスマホ

CBD検索後の流入ページは?

「CBD」検索後の流入ページの上位15位までのランキングは以下の表のとおりです。
CBDとは何か、効果や安全性についての情報がよく見られていることがわかります。

また、CBD商品を販売している会社の公式サイトが5件ランクインしています。いずれも販売ページではなく、CBDについての説明ページに流入しています。
楽天市場、価格.comへの流入も見られます。

「CBD」検索後流入ページランキング

「CBD」検索後流入ページランキング

期間:2019年8月〜2021年7月
デバイス:PCおよびスマホ

気になるワードのつながりは「効果」「商品の種類」

検索ワードのつながりを可視化することで、ユーザーがどんなことを知りたがっているかを深掘りしていきます。

下のワードネットワークでわかるように、「CBD」と関連の強いキーワードは「とは」「効果」「オイル」「リキッド」「VAPE」の5つです。商品としてはオイル、リキッドがよく認知されていて、効果や購入方法などがよく検索されています。

「CBD」検索ワードネットワーク

「CBD」検索ワードネットワーク

期間:2019年8月〜2021年7月
デバイス:PCおよびスマホ

まとめ

海外では「グリーンラッシュ」と呼ばれるほど盛り上がっている大麻草関連ビジネス。日本でも大麻草に含まれるCBD(カンナビジオール)成分を含む商品に注目が集まってきています。

「CBD」と検索したユーザー数はこの2年間で着実に増加しています。ユーザー属性は20代〜40代の男性が多く、掛け合わせで検索されているキーワードは「効果」、「オイル」「リキッド」「VAPE」「グミ」などの製品、「おすすめ」などが上位を占めました。大麻草に含まれる成分ということで、「大麻」「違法」などのネガティブワードが上位に入ると思いきや、意外とこれらのワードはランク外にとどまりました。正しく知識を得ながら取り入れようとしている様子がわかりました。

「CBD」検索後の流入ページは、その成分や効果、安全性についての情報サイトが多く占めました。CBD商品を販売しているサイトの説明ページもよく見られています。現在のところ、購入目的で検索するというよりは、CBDの成分や効果に興味を持って情報収集しているユーザーが多いようです。

また、人気タレントの愛用品またはプロデュース商品としての認知が広がれば、女性ユーザーも増えていくでしょう。危険なイメージもなく、心と身体に良いものとして、CBDがコスメやサプリメントと同列に扱われる日もそう遠くはないかもしれません。

分析概要

今回の分析には、マーケティング分析ツール『Dockpit』を使用し、ユーザーのデジタル行動を分析しました。

『Dockpit』は、競合サイト分析や消費者のトレンド調査にとても役立ちます。もし宜しければ、無料版もありますので、下記よりご登録ください。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

フリーライター。大手キャリア系企業で編集の仕事に出会い、その後、3つのメディアの立ち上げなど行い、2014年にフリーランスに。医療系、就活系、教育系、結婚系のサイトで執筆中。

関連する投稿


アットコスメWebサイトでのライブコマース、閲覧ユーザーにはどんな特徴が?ログデータで分析

アットコスメWebサイトでのライブコマース、閲覧ユーザーにはどんな特徴が?ログデータで分析

日本国内でも徐々に注目を集めている、ライブコマース。販売側と視聴者の双方向性を強みとして、業界問わず採用する企業が増えています。今回はコスメ・美容の総合サイト、アットコスメが取り入れているライブコマースサービスに焦点をあて、ライブコマースを利用するユーザー層にどんな特徴があるのか、調査してみます。


「化粧品のブランドスイッチはどのようにして起きるのか?Web行動ログから分析」レポート

「化粧品のブランドスイッチはどのようにして起きるのか?Web行動ログから分析」レポート

化粧品が選ばれる過程においては、もともと使用しているアイテムからのスイッチングで商品が選ばれる場合が多いと考えられます。 スイッチングのタイミングでどうしたら自社ブランドを選んでもらえるのか、Web行動ログデータを用いて分析・考察します。


主流は総合型から専門型へ?「フィットネスクラブの動向調査」レポート

主流は総合型から専門型へ?「フィットネスクラブの動向調査」レポート

人々の健康意識が高まったコロナ禍。身体作りをサポートする大きな味方が「フィットネスクラブ」ですが、いま業界内では、勢力図の変化が起きているようです。本レポートでは、業界を牽引する専門型フィットネスクラブとして、「カーブス」について調査しました。(ページ数|21ページ)


新型コロナで変化した化粧品業界の動向を調査 化粧品業界の調査レポートまとめ

新型コロナで変化した化粧品業界の動向を調査 化粧品業界の調査レポートまとめ

新型コロナで消費者のニーズや美容意識が変化した「化粧品業界」に注目。化粧頻度が減少したとされるコロナ禍で消費者のニーズや美容意識はどのように変化したのでしょうか。インバウンド業界のターゲットである中国における化粧品市場の動向も調査。各レポートは全て無料でダウンロードできますので、リンク先のフォームからお申し込みください。


サプリメントEC市場の最新動向と消費者トレンド調査レポート

サプリメントEC市場の最新動向と消費者トレンド調査レポート

コロナで高まる健康志向を追い風に、サプリメント市場は拡大を続けているようです。 変わりゆく市場動向や消費者のトレンドを捉えることが戦略・施策立案にあたっては、ますます重要になってきていると考えられます。このレポートでは、Web行動ログ分析ツールの「Dockpit」と「story bank」を用いて各社ECサイトを対象にWeb上のサプリメント市場の概況・消費者のトレンドを捉えて分析しています。


最新の投稿


コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年8月版)|ホワイトペーパー

コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年8月版)|ホワイトペーパー

国内外のSEO対策・SNSでの集客法など、コンテンツマーケティングに関する最新情報をまとめてご紹介。検索順位に影響する指標とは?TikTokの今後は?コンテンツマーケター必見のレポートを、毎月お届けします。


競合分析を効果的に活用するためのポジショニングマップの作り方

競合分析を効果的に活用するためのポジショニングマップの作り方

競合分析を経てマーケティング戦略を立案するには、自社が市場のどのポジションを狙うかが大事。「ポジショニングマップ」は、市場のどの分野で自社の競争優位を確立するか整理するのに役立つツール。今回はポジショニングマップの基本から作り方までを解説します。


中国における洗濯・ボディケアのトレンドとは?「身の周り」に関する調査レポート

中国における洗濯・ボディケアのトレンドとは?「身の周り」に関する調査レポート

洗濯アイテム、お風呂用品など、消費者がどんな日用品を好んでいるのかを把握するのは、中国でのビジネスを考える上で重要です。今回は、そんな中国消費者の「身の回り」に注目し、現在のトレンドを調査しました。(ページ数|25ページ)


実例でイメージを掴む!競合調査の事例集

実例でイメージを掴む!競合調査の事例集

競合調査の必要性やツールを使った分析の話は聞いていても、そのメリットや実際のイメージが湧かない方も多いのではないでしょうか。膨大なWeb行動ログデータ等を元に各社のユーザー属性や集客構造を把握したり、自社との差分を洗い出して改善施策に活かした例など、具体的な事例をご紹介していきます


「マスク」をめぐって ~ 少子化・行動経済学

「マスク」をめぐって ~ 少子化・行動経済学

米国の起業家でありテスラ最高経営責任者のイーロン・マスク氏の日本に対するツイートが話題になり、改めて浮き彫りになった日本の少子化問題。また、新型コロナウイルスの予防対策の1つであるマスク着用をめぐっては、世論でも様々な意見が見られます。2つの「マスク」をめぐって、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が考察します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら