日本でもブーム到来の兆し?『CBD』に対する国内消費者の関心を調査

日本でもブーム到来の兆し?『CBD』に対する国内消費者の関心を調査

海外で人気のCBD(カンナビジオール)が、日本でもじわじわ注目が集まっているようです。CBDは大麻草に含まれる成分で、ストレス解消効果やリラックス効果があり、WHO(世界保健機関)も安全性を認めている物質です。海外では「グリーンラッシュ」と呼ばれ、急成長を見せている大麻草関連ビジネス。日本でも5年ほど前からCBD商品が販売されるようになり、順調にマーケットを拡大しています。今回は、インターネットユーザー動向から国内のCBDブーム到来の兆しを分析します。


日本にやってきたCBD

CBDは大麻草に含まれる成分ですが、日本の大麻取締法で使用が禁止されているTHC(テトラヒドロカンナビノール)とはまったく別の成分です。精神作用、中毒性があるTHCと違い、ストレス解消やリラックス効果が得られる有効成分であり、依存性のない安全なものであるとして、WHO(世界保健機関)も認可しています。

大麻の合法化が進むアメリカやカナダなどで、このCBDを含む大麻草関連ビジネスが急拡大し「グリーンラッシュ」とも称されています。日本でも5年ほど前からCBD商品が流通するようになり、電子タバコのように吸引するタイプのものや肌に直接塗るオイル、グミやキャンディなど、様々な商品が販売されています。

ローラさんや吉川ひなのさん、紗栄子さんら人気タレントも愛用し、自身のSNSで紹介するなど、いわゆる“大麻草”に日本人が抱くイメージとはかけ離れた、“セレブも愛用する心と身体に良いもの”として認知が進んでいるようです。

CBD検索ユーザー数は着実に増加

では、国内ではどれほど関心が寄せられているのでしょうか。CBD検索ユーザー数の推移から見ていきましょう。

2年間で「CBD」とネットで検索したユーザーは着実に増加していることがわかります。

「CBD」検索ユーザー数推移

「CBD」検索ユーザー数推移

期間:2019年8月〜2021年7月
デバイス:PCおよびスマホ

CBDを検索しているのは20代〜40代の男性が多い

続いて、CBD検索ユーザーの属性を確認します。
性別は57.1%が男性、20代〜40代が多いようです。

「CBD」検索ユーザー属性/性別

「CBD」検索ユーザー属性/性別

期間:2019年8月〜2021年7月
デバイス:PCおよびスマホ

「CBD」検索ユーザー属性/年代

「CBD」検索ユーザー属性/年代

期間:2019年8月〜2021年7月
デバイス:PCおよびスマホ

気になるのは効果と種類。ネガティブな印象は少ない

次に「CBD」と掛け合わせで検索されているキーワードを分析します。

多く検索されたキーワードの上位には「効果」「オイル」「リキッド」「VAPE」「グミ」などの製品「おすすめ」などで、「大麻」(17位)や「違法」(21位)「危険性」(39位)などのネガティブワードは上位にはあがっていないことがわかりました。

「CBD」掛け合わせワードランキング(上位15位)

「CBD」掛け合わせワードランキング(上位15位)

期間:2019年8月〜2021年7月
デバイス:PCおよびスマホ

属性別に掛け合わせワードを見ると、男性は「GUMMIES」「リッチル(RICHILL)」「EMILI」など、直接舌下に垂らしたり吸引するタイプ女性は「ロールオン」「クリーム」などの肌に塗るタイプや「モリンダ」「エンドカ」など、サプリメントタイプに興味を持っていることがわかります。

「CBD」掛け合わせワード/属性別マップ

「CBD」掛け合わせワード/属性別マップ

期間:2019年8月〜2021年7月
デバイス:PCおよびスマホ

CBD検索後の流入ページは?

「CBD」検索後の流入ページの上位15位までのランキングは以下の表のとおりです。
CBDとは何か、効果や安全性についての情報がよく見られていることがわかります。

また、CBD商品を販売している会社の公式サイトが5件ランクインしています。いずれも販売ページではなく、CBDについての説明ページに流入しています。
楽天市場、価格.comへの流入も見られます。

「CBD」検索後流入ページランキング

「CBD」検索後流入ページランキング

期間:2019年8月〜2021年7月
デバイス:PCおよびスマホ

気になるワードのつながりは「効果」「商品の種類」

検索ワードのつながりを可視化することで、ユーザーがどんなことを知りたがっているかを深掘りしていきます。

下のワードネットワークでわかるように、「CBD」と関連の強いキーワードは「とは」「効果」「オイル」「リキッド」「VAPE」の5つです。商品としてはオイル、リキッドがよく認知されていて、効果や購入方法などがよく検索されています。

「CBD」検索ワードネットワーク

「CBD」検索ワードネットワーク

期間:2019年8月〜2021年7月
デバイス:PCおよびスマホ

まとめ

海外では「グリーンラッシュ」と呼ばれるほど盛り上がっている大麻草関連ビジネス。日本でも大麻草に含まれるCBD(カンナビジオール)成分を含む商品に注目が集まってきています。

「CBD」と検索したユーザー数はこの2年間で着実に増加しています。ユーザー属性は20代〜40代の男性が多く、掛け合わせで検索されているキーワードは「効果」、「オイル」「リキッド」「VAPE」「グミ」などの製品、「おすすめ」などが上位を占めました。大麻草に含まれる成分ということで、「大麻」「違法」などのネガティブワードが上位に入ると思いきや、意外とこれらのワードはランク外にとどまりました。正しく知識を得ながら取り入れようとしている様子がわかりました。

「CBD」検索後の流入ページは、その成分や効果、安全性についての情報サイトが多く占めました。CBD商品を販売しているサイトの説明ページもよく見られています。現在のところ、購入目的で検索するというよりは、CBDの成分や効果に興味を持って情報収集しているユーザーが多いようです。

また、人気タレントの愛用品またはプロデュース商品としての認知が広がれば、女性ユーザーも増えていくでしょう。危険なイメージもなく、心と身体に良いものとして、CBDがコスメやサプリメントと同列に扱われる日もそう遠くはないかもしれません。

分析概要

今回の分析には、マーケティング分析ツール『Dockpit』を使用し、ユーザーのデジタル行動を分析しました。

『Dockpit』は、競合サイト分析や消費者のトレンド調査にとても役立ちます。もし宜しければ、無料版もありますので、下記よりご登録ください。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

フリーライター。大手キャリア系企業で編集の仕事に出会い、その後、3つのメディアの立ち上げなど行い、2014年にフリーランスに。医療系、就活系、教育系、結婚系のサイトで執筆中。

関連する投稿


みんなはどんなプチプラアイテムを買っている?支持される「プチプラ」の特徴と傾向を分析

みんなはどんなプチプラアイテムを買っている?支持される「プチプラ」の特徴と傾向を分析

さまざまなものが値上がりしている2022年。いま、世間ではリーズナブルな価格をコンセプトとする「プチプラ」商品への関心が高まっています。今回は1年を通してどのような「プチプラ」へのニーズがあるのか、ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」のデータをもとに検証しました。


RIZAP発のコンビニジム「chocozap」が話題!ワークアウトのトレンドは"筋トレ"から"ジム"へシフト?

RIZAP発のコンビニジム「chocozap」が話題!ワークアウトのトレンドは"筋トレ"から"ジム"へシフト?

『コンビニみたい』や『5分でいいんです。』というCMフレーズでお馴染みになりつつあるRIZAP発のコンビニジム「chocozap(ちょこざっぷ)」。今回は、RIZAPが監修する軽い運動から始められる初心者向けのフィットネスジム「chocozap」を始め、ワークアウトのトレンドについて調査・分析します。


Website traffic increased by 12 times in one year! Analyzing the "Smart Brain Dock" strategy with online behavioral data

Website traffic increased by 12 times in one year! Analyzing the "Smart Brain Dock" strategy with online behavioral data

"Smart Brain Dock" rebuffs the idea that brain docks are time-consuming and provides viewable test results within 30 minutes. Why has this service attracting more and more user interest? This time, we will analyze Smart Brain Dock's customer attraction strategy using VALUE's online behavior analytics tool Dockpit.


Characteristics of users using @cosme’s live commerce based on online analytics

Characteristics of users using @cosme’s live commerce based on online analytics

Live commerce is gradually attracting attention in Japan. With the interactive nature between the seller and viewer, companies in different industries are adopting it. We will focus on live commerce adopted by @cosme, a cosmetics and beauty website and investigate the user characteristics of live commerce participants.


サイト訪問者は1年で約12倍に!話題の「スマート脳ドック」の戦略をWeb行動ログで読み解く

サイト訪問者は1年で約12倍に!話題の「スマート脳ドック」の戦略をWeb行動ログで読み解く

「脳ドックは所要時間がかかるもの」という常識を覆し、30分程度の短時間で検査結果の閲覧まで可能な「スマート脳ドック」。ここ1年ほどで着実にユーザーを伸ばしている同サービスが、ユーザーの関心を集めるポイントはどこにあるのでしょうか。今回は、スマート脳ドックの集客戦略をヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を用いて紐解いていきます。


最新の投稿


タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

Z世代は、生活のあらゆる場面でタイパ(タイムパフォーマンス)を意識しています。「タイパ至上主義」という言葉が登場するほど、Z世代は時間効率を重視しているのです。この記事では、Z世代の購買心理・最新のトレンドを知るために、タイパの概要や価値観、マーケティング事例を解説します。


2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

ダブルイレブン(W11)とは、毎年<b>11月11日に中国で行われている独身の日を祝うイベント</b>です。2022年のダブルイレブンでは、ECプラットフォームや店舗などの関係者が売上高を伸ばすことに力を入れていました。その中で加盟店が示す戦況報告からは、中国のマーケットで、新しい産業やブランドが急成長しているのを垣間見ることができます。 本記事では、2022年ダブルイレブンのトレンドとなった業界を中心にご紹介します。


Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

We will investigate "Midjourney" and "Stable Diffusion" AI Image Generators, which allow anyone to generate images from keywords. Let’s look into it users, its purpose, the reason for its popularity, and its strengths. We will analyze the data of the interest group and analyze our user experience.


行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

経済学に心理学を組み合わせる「行動経済学」。マーケティングとの親和性の高さ、そしてマーケティング活動のためのヒントがあるとされており、さまざまな場面で活用が進んでいます。行動経済学をビジネスに活かすには、そのエッセンスがよくまとまった本・書籍で学ぶのが近道です。今回は、ベストセラー本から教科書的なものまで、行動経済学についてまんべんなく学べるよう、20冊のおすすめ本を紹介します。


全国旅行支援開始!「新型コロナワクチン接種証明書」が最新スマホアプリインストールランキング上位に(2022年10月)

全国旅行支援開始!「新型コロナワクチン接種証明書」が最新スマホアプリインストールランキング上位に(2022年10月)

毎月更新のスマートフォンアプリインストール数ランキングTop5をまとめました。今月のランキングでも「マイナポイント」「マイナポータル」が相変わらず根強い結果の中、全国旅行支援開始と同時に「新型コロナワクチン接種証明書」が急浮上。そして、Z世代に特徴的と言われる「タイパ」の影響が映像業界にも大きく影響している?「TVer」の上位ランクインの裏には、ダイジェスト動画配信サービスが関係していると考えられそうです。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら