中国オーラルケア市場のアップグレード背景に迫る|中国トレンド調査

中国オーラルケア市場のアップグレード背景に迫る|中国トレンド調査

近年、中国人の口腔内の健康意識の高まりと消費者の消費意識の変化によって、中国のオーラルケア市場が大幅にアップグレードしました。本記事では、中国オーラルケア市場の成長の背景、口腔ケア用品の客層、オーラルケア市場の現状についてまとめました。


現在、中国では半数近くの国民が口腔内トラブルに困っていますが、さらに新型コロナウイルス蔓延でマスク着用時間の増長により、口腔内トラブルが目立って来ました。口腔ケア用品ブランド「BOP」の創業者である劉濱は、「マスクをすると自分の口臭を自覚される方が非常に多くなったので、オーラルケアのためにマウスウォッシュや口腔用スプレーなどの口腔ケア用品を購入するようになりました」と語っています。

昨年度では、ほぼ全種類の口腔ケア用品の消費が増加しました。歯磨き粉や歯ブラシのような一般的な製品はもちろん、新しい商品の売行きも絶好調でした。

口腔トラブルの国民病化

「2021年飲食習慣と口腔内トラブルに関する報告」によれば、中国では口腔内のトラブルを持つ人口は年々増えており、昨年までには7億人を超えました。

中国版インスタグラム「RED」では、65万以上のオーラルケアに関するコンテンツがあります。それに伴い、マウスウォッシュと口腔洗浄器の売上は約100%、口腔用スプレーは約130%アップし、口腔ケア用品の市場は百億元(約1770億円)の規模に達しました。

2015〜2020年の中国における口腔内トラブルを持つ人数

口腔ケア用品の客層

まず、中国では口腔ケア用品の消費者の7割以上は女性です。この数字はCBNDataが公表した口腔ケア用品の消費者の特徴とも一致しました。CBNDataの「健康生活消費トレンドに関する報告」によれば、口腔ケア用品の消費者のうち、72%は口腔内トラブルは対人場面での不安をもたらし、67%は顔面偏差値を下げると考えているようです。

つまり、見た目を重視し、対人不安を感じやすい女性が口腔ケア用品を積極的に購入している可能性が高いということです。

次に、「2020中国口腔医療業界に関する報告」によれば、口腔ケア用品の消費者は20代に集中しています。

そのうち、20代前半の消費者は26%、20代後半は33%を占めています。また、中国最大のECサイト「Tmall(天猫)」は口腔ケア用品の輸入品の客層を分析しました。口腔ケア用品の輸入品は幅広い年代が購入していますが、その全年代の平均購入金額は平年と比べて増加しました。特に、全消費者の5割以上を占めている20代前半の消費者の平均購入額は、増加率が最多となりました。

さらに、「2021年TikTokオーラルケア業界に関する報告」から分かるように、口腔内のトラブルやオーラルケアに対して関心が高い人の半数近くは大都市に分布しています。

TikTokにおけるオーラルケアに関心を持つユーザーの特徴

オーラルケア市場のアップグレード

中国の20代の人口は約1.7億人です。継続して収入が向上するこの年代は活発に消費しているだけでなく、消費する際には商品のコンセプトや品質、外観、有効性など様々な方面を重視する特徴があります。

すなわち、中国の消費市場を支えている20代の消費意識が高くなったことで、中国の消費構造が変化しました。この変化はオーラルケア市場においても見られます。

近年の口腔ケア用品は消費者のニーズに合わせて大幅にアップグレードしました。口腔ケア用品の単価は10元(約177円)から20〜30元(約354〜532円)に上昇したという価格のアップグレードのみならず、革新的な製品を次から次へと生み出され始めたという、口腔ケア用品の種類とビジュアル・コンセプトのアップグレードも見られました。

口腔ケア用品の種類のアップグレード

マウスウォッシュや口腔ジェル、マウススプレーなど、近年の口腔ケア用品は用途別に様々な種類があります。歯磨き一つとっても、歯間ブラシやデンタルフロス、スポンジブラシ、舌ブラシ、電動歯ブラシなどの、様々な新製品が流行り出しました。

「2020年オーラルケア業界最新のトレンドに関する報告」によれば、消費者のうちの31%は同時に2種類以上の口腔ケア用品を購入しています。これは、多くの人は歯磨き以外にも、マウスウォッシュやマウススプレーを用いて口腔ケアを行っていることを示唆しています。

また、近年中国では歯列矯正も注目されているため、昔なら歯科クリニックでしか見かけることのない口腔洗浄器も日常的に使用されるようになりました。REDで「口腔洗浄器」を検索すれば、3万以上のコンテンツと1800以上の商品が出てくることからも、口腔洗浄器の人気が窺えます。

「RED」におけるオーラルケアに関するコンテンツ

CBNDataのデータによると、歯磨き粉や歯ブラシのような一般的な口腔ケア用品は依然として高い購買頻度を維持していますが、マウスウォッシュと口腔洗浄器の市場成長率は100%、電動歯ブラシに至っては驚異の280%増、新種類の口腔ケア用品はかなり人気のようです。

口腔ケア用品のビジュアル・コンセプトのアップグレード

上記のように、口腔ケア用品の消費者の約7割は女性で、口腔内のトラブルによって、見ためが悪くなり、さらに対人場面では不安を感じやすいと考えています。その心理に合わせて、コスメのような口腔ケア用品が生み出されました。

例えば、口腔ケア用品ブランド「BOP」はマウススプレーを「口腔のコスメ」と位置づけし、パッケージもリップのように小さく、可愛くすることで、爆発的な人気を獲得しました。

「BOP」のマウススプレー

一方、口腔ケア用品ブランド「CANBAN(参半)」の創業者である張軼は、マウスウォッシュをガムに位置付けることから商機を見つけました。

彼はインタビューで「従来の口腔ケア用品は、耐用財として扱われています。(中略)大量のマーケットアナリシスとユーザー調査を行った後、全種類の口腔ケア用品のうち、FMCG(Fast Moving Consumer Goods;商品回転率が高い消費財のこと)化の可能性が最も高いのはマウスウォッシュだということに気づきました。」と語っています。実際、CANBANが昨年10月に発売したマウスウォッシュは、80日だけで1億元(約18億円)を売り上げました。

まとめ

大量の時間とお金をかけてオーラルケアを丹念に行う人がいる一方で、朝と夜にしっかりと歯磨きすることもできない人も存在しています。第4回の全国口腔流行病学に関する調査の結果に示されているように、中国では1日に2回歯磨きする人口は36.1%しかありません。また、2019年の世界におけるマウスウォッシュの市場規模はオーラルケア市場の10.97%を占めているのに対して、中国では僅かの1.45%と、まだまだ中国のオーラルケア市場には成長があると考えられます。

<参考文献>
「美妆化的漱口水、9.9元的电动牙刷,口腔里的“快消”战事拉响」
https://www.cbndata.com/information/198749
「2020口腔护理行业最新趋势报告」
https://www.sohu.com/na/445509395_384789
「线上口腔微损伤修复市场达百亿规模,云南白药口腔健康关注国人口腔黏膜健康」
http://news.hexun.com/2021-11-01/204646733.html
「为什么说中国口腔市场是创新大赛道?」
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1700271825070282792&wfr=spider&for=pc
「口腔经济崛起:一口好牙齐又白,千亿市场随风来」
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1706667373181735245&wfr=spider&for=pc
「社交焦虑障碍为何男女有别?」
http://blog.sina.com.cn/s/blog_13e620b4a0102vb6l.html
「2021抖音口腔护理行业洞察报告」
https://finance.ifeng.com/c/88fdu3x8NIR
「对话未来商业 | 漱口水“美妆化”?参半张轶:口腔护理快消化时代已经来临」
http://www.nbd.com.cn/articles/2021-08-03/1862849.html

この記事のライター

中国出身の留学生。立教大学大学院に在学中。

関連する投稿


中国Z世代の新しいトレンド「養生ブーム」を徹底調査!

中国Z世代の新しいトレンド「養生ブーム」を徹底調査!

あらゆる市場で消費者の中心になり得る中国Z世代の若者たち。そんな彼らの間で広がる「養生ブーム」について調査を行い、健康食品や化粧品分野における中国市場への拡販の足掛かりを探りました。(ページ数|46p)


2021年、異例の「独身の日/W11」商戦。中国EC通販はどのように変わった?|中国トレンド調査

2021年、異例の「独身の日/W11」商戦。中国EC通販はどのように変わった?|中国トレンド調査

世界的なコンサルティング会社であるAlixPartnersが発表した「2021年ダブル・イレブン予測レポート」によると、調査対象となった消費者の半数が、今年の「W11(ダブルイレブン)」で3,000元以上の買い物をすると予想しています。本調査では今年W11の実態やトレンドをデータから説明します。


オムロン ヘルスケアがデータパートナーと共に推進した、EC市場の潜在・顕在顧客を可視化するデータ分析とは?|MarkeZine Day 2021 Autumnレポート

オムロン ヘルスケアがデータパートナーと共に推進した、EC市場の潜在・顕在顧客を可視化するデータ分析とは?|MarkeZine Day 2021 Autumnレポート

新型コロナウイルス感染拡大以降、ECサイトの存在感が増すなか、ヘルスケア市場のリーダーとして市場規模拡大を目指したオムロン ヘルスケア株式会社。更なる市場開拓のためには、市場の余地を確認しながら、新たな取組みとして潜在顧客を可視化し定義する必要がありました。2021年9月に開催されたイベント「MarkeZine Day 2021 Autumn」では、データ分析パートナーのヴァリューズと共に実施した、横断的なEC市場分析による潜在・顕在顧客層の可視化事例が紹介されました。※詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。記事末尾のフォームよりお申し込みください。


中国でスキーブームの到来。スキービジネスの発展を後押し|中国トレンド調査

中国でスキーブームの到来。スキービジネスの発展を後押し|中国トレンド調査

北京冬季オリンピックの影響を受けて、中国ではスキーブームが到来しました。それに伴い、中国におけるスキー産業も急速に発展し、中国は投資や貿易の対象となりました。本記事では、中国のスキーブームの現状とスキービジネスの実態について考察します。


「スキンケア成分党」とは?中国Z世代で新型スキンケア概念が流行|中国トレンド調査

「スキンケア成分党」とは?中国Z世代で新型スキンケア概念が流行|中国トレンド調査

現代社会では、スキンケア製品に対する消費者の安全意識が高まり、製品の成分表を調べるようになり、オーガニックな食品や化粧品が注目されているようです。特に中国ではこうした現象を「スキンケア成分党」と名付けられ、流行語にもなっています。「2018 FIT Transparency Perception Assessment Survey」では、72%の消費者がブランドによる製品の成分の効果、60%以上の消費者がブランドによる成分の原産地の表記を求めているとしています。今回は、中国の「スキンケア成分党」が化粧品や美容市場に与える影響について詳しくご紹介します。


最新の投稿


コロナやマッチングアプリの普及で告白事情はどう変わった?検索ワードから生活者の関心を調査

コロナやマッチングアプリの普及で告白事情はどう変わった?検索ワードから生活者の関心を調査

コロナ禍による緊急事態宣言の発令やマッチングアプリの普及など、交際に関する様式も大きく変わりつつあります。そんななかで、「告白」の事情はどうなっているのでしょうか?今回の調査で共通して関心が高い項目やユーザーの属性による関心の違いが明らかになりました。今回はWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を用いて検索キーワード数の推移や属性別の掛け合わせワード、流入ページ・サイトを分析し、告白にまつわる関心を調査しました。


Tableauで実際にデータを深掘ってみた【第1回】OODAループでデータを見ていく

Tableauで実際にデータを深掘ってみた【第1回】OODAループでデータを見ていく

Tableauを使った分析が良い!と言われても正直ピンと来ない方もいらっしゃると思います。 この連載ではなぜTableauでデータを分析すべきなのか、どう使っていくとデータ分析がはかどるのかご紹介していきます。 <br>第1回は、ExcelとTableauの違い、PDCAサイクルとOODAループの考え方の違いについてみていきましょう。


ヴァリューズ&TableauがDX・データ活用セミナーを共催。「Tableau」を活用したビッグデータ分析手法を徹底解説

ヴァリューズ&TableauがDX・データ活用セミナーを共催。「Tableau」を活用したビッグデータ分析手法を徹底解説

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、リーディング分析プラットフォームを提供するTableau (NYSE:CRM)と共同で、『Tableau・VALUES共催 _ゼロから始めるDX&データ活用徹底解説セミナー』を、2021年12月10日(金)16:00~17:00にオンラインで無料開催いたします。


Zoomで背景のぼかしはどうやる?ぼかせない場合の対処方法も解説

Zoomで背景のぼかしはどうやる?ぼかせない場合の対処方法も解説

リモートワークの普及に伴い、急速に普及したWeb会議ツール「Zoom」。Zoomでは背景画像を設定しなくても、背景をぼかす機能が備わっていて便利です。Zoomで背景ぼかしを設定したり、それがうまくいかない場合の改善方法について解説します。


2021年のトレンド総決算!流行語大賞の「リアル二刀流/ショータイム」をはじめ「AHAMO」「CLUBHOUSE」「マリトッツォ」など。2021年検索キーワードまとめ

2021年のトレンド総決算!流行語大賞の「リアル二刀流/ショータイム」をはじめ「AHAMO」「CLUBHOUSE」「マリトッツォ」など。2021年検索キーワードまとめ

コロナ2年目となる2021年も残り僅かとなりましたが、今年はどんな1年だったのでしょうか。ヴァリューズでは、保有するモニターパネルのWeb行動ログを分析し、毎週急上昇している検索キーワードを調査しています。昨年に引き続き、今年も2021年1月~10月の週間検索キーワードで検索が急上昇した特徴的なワードと、2021年新語・流行語大賞の分析から2021年のトレンドを分析しました。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー