中国人はECを使い分ける?北京が京東(JD)、上海はTmallってホント?!

中国人はECを使い分ける?北京が京東(JD)、上海はTmallってホント?!

Tmall、Taobao、京東(JD)の三大ECプラットフォームをはじめ、中国には様々なECプラットフォームがあります。EC利用は地域差、購入商品による差があるのではと思う方がいるかもしれません。今回はヴァリューズ独自の定性調査パネル「百路QIC(ヴァリュークイック)」で検証してみました。


中国EC市場の主要プレイヤーと違い

中国のEC市場においては、Tmall、Taobao、京東(JD)が大きなシェアを占めていますが、近年、拼多多(Pinduoduo)の急成長、Tiktokなどのライブコマースの拡大、REDにおけるKOLの活発化により、プレイヤー構成が複雑になってきています。

図1 中国EC市場の主要プレイヤー

※ヴァリューズ整理

また、各プラットフォームの特徴も違います。

Taobaoは低価格の商品やニッチな商品を提供し、個人による販売が多いです。同じアリババ系のTmallは幅広く商品を展開し、企業のオフィシャルショップも多く存在しています。もう一つの大手EC京東(JD)は企業のオフィシャルショップも多く、家電・デジタル製品などの販売が強い傾向があります。

特徴が違うほか、各プラットフォームが中国人に与えるイメージも異なります。

Tmall、JDのような大手ECプラットフォーム(図2 紫色ゾーン)は「じっくり検討できる」「価格が高めだが、信頼できる」のイメージが強く、一方、拼多多(Pinduoduo)、Tiktokを代表とするライブコマースなど(図2 緑色ゾーン)は「価格が低めだが、正規品か心配」「衝動買い」のイメージが強く持たれています。

図2 中国EC市場の主要プレイヤー

※ヴァリューズ整理

中国人のEC利用の特徴は?

このように、中国には多くのECプラットフォームが存在し、各プラットフォームの特徴も異なるなか、中国人はどのようにECを使っているのでしょうか。また、地域や購入商品によるECの使い分けはあるのでしょうか。

今回、ヴァリューズ独自の定性調査パネル「百路QIC(ヴァリュークイック)」を利用して、検証してみました。

定性調査で中国市場トレンドを把握できる「百路QIC」サービスを開始

※ヴァリューズは2021年12月に、
定性調査で中国市場トレンドを把握できる「百路QIC」サービスを開始

百路QICとはヴァリューズが大手生活用品メーカーご協力のもとに開発した定性調査サービスです。トレンド変化の早い中国市場に対応し、中国人消費者の声を最短7日でスピーディに低予算で確認できるというのが最大の特徴です。

実際に、以下の内容をパネル会員に質問しました。

図3 百路QICでの質問画面 

北京市、上海市在住者の回答結果を見ると、Tmall、Taobao、京東(JD)の地域による差はほぼ見られませんでしたが、一方、商品カテゴリによるECの使い分けがありました。

例えば、服、日用品、食べ物・調味料など利用頻度が高く、低価格で商品数が多いものをTaobaoで購入する人が多く、家電、デジタル家電など価格が高いものについて京東(JD)の利用率が高くなっていました。

EC使い分けに関する回答例

女性
20代後半
北京在住

1. Taobao、Tmall、JD、Xianyu
2. Taobaoで服、日用品、Tmallで化粧品、JDで生鮮食品、デジタル製品、Xianyuで中古品
3. Tiktokのライブコマースを見たことがある。果物、食品、子供の服などを買ったことがある

女性
20代後半
北京周辺在住

1. Taobao、JD、Pinduoduo、Wechatミニプログラム
2 Taobaoが最も使っている、日用品、お菓子、服など、JDで家電、Pinduoduoで小物、お菓子、果物
3. Tiktokのライブコマースでパンツ、本、クーポンなど買ったことがある

女性
30代前半
上海周辺在住

1. Taobao、Wechat、JD
2. JDで家電、Wechatは芸能人のグッズ、Taobaoは日用品
3. Tiktokで食品を1回買った。普段あまりライブコマースを見ない

女性
40代
上海在住

1. Taobao、每日鲜优、JD、Wechat
2. Taobaoを最も使っている、料理の原料、器具、每日鲜优はスーパー替わり、Wechatは特産品や日本商品など
3. ショートムービーアプリを使っていない

男性
20代後半
上海周辺在住

1. Taobao、JD
2. Taobaoで日用品とお菓子、JDで価格の高いもの
3. TiktokとKuaishouは使わない

男性
30代前半
北京在住

1. Taobao、JD、Pinduoduo
2. Taobaoで食べ物、服、JDで家電、スマホ、Pinduoduoで道具など
3. ライブコマースで買ったことがない

また、最近利用者数が急増している拼多多(Pinduoduo)については、お菓子、野菜、日用雑貨など低価格の商品で利用する人が多くみられました。北京・上海のような1級都市とそれ以外の都市との差はほぼ見られませんでした。

EC市場で近年、大きなシェアを占めているライブコマースですが、利用経験のある人がそれほど多くはありませんでした。利用者のうち、Tiktokを利用した人が最も多く、Taobaoのライブコマースが続いていました

さらに、大半の利用者はライブコマースでお菓子、服、日用雑貨などを購入している様子もうかがうことができました。

※実際の回答データ(日本語訳付き)を本稿を読んで頂いた方に無料で提供いたします。記事末尾のフォームからお申込みください。

まとめ

中国のEC市場が拡大しつつありますが、ECプラットフォームも数多く存在し、各ECの特徴も異なります。中国人も買いたいものに合わせてECプラットフォームを使い分けています。そのため、中国のECプラットフォームで商品を販売する際、中国EC市場の実態に合わせて戦略を立てる必要があります。

回答データダウンロード|「百路QIC」によるEC使い分け調査

資料のダウンロードURLを、ご入力いただいたメールアドレスに送付させていただきます。
ご登録頂いた方にはVALUESからサービスのお知らせやご案内をさせて頂く場合がございます。

▼中国市場トレンドを把握できる定性調査「百路QIC」サービスに関して、詳しくはこちらをご覧ください。

▼「百路QIC」の導入事例はこちら

中国市場のトレンドを素早くキャッチ! ライオンが導入した定性調査「百路QIC」の実力とは

https://manamina.valuesccg.com/articles/1593

洗剤やハミガキ、医薬品など幅広い生活用品を扱う大手メーカー、ライオン株式会社。日本国内だけでなくアジアを中心に海外展開にも積極的な姿勢を見せる同社は、中国市場における消費者の実態調査を行うため、定性調査ソリューションとして株式会社ヴァリューズが新たに開発した「百路QIC(ヴァリュークイック)」を導入し、スピーディーな情報収集を実現しました。百路QICを実際に活用した感想について、ライオン株式会社の朱 婷(リナ)氏に、株式会社ヴァリューズ グローバルチームの韓が聞きました。

この記事のライター

株式会社ヴァリューズ グローバルリサーチ推進室 データアナリスト 姜 茹楠(きょう じょなん)
中国北京市出身。2014年来日し、2017年にヴァリューズに入社。現在は中国をはじめとしたグローバルリサーチに携わっている。

関連するキーワード


中国市場 EC

関連する投稿


物流戦略から読み解くAmazonの強みと日本企業の対抗策

物流戦略から読み解くAmazonの強みと日本企業の対抗策

新型コロナの影響もあり普及が加速したEC市場の急成長の裏に、自動化技術やロボット導入などが進む物流DXがあります。「実は物流の搬送・自動化分野に関しては日本企業が大きな影響力を持っている」と語るのは、産業用ロボットの知能化を手掛ける株式会社Mujinのシステムエンジニア、湊真司さん。寄稿初回となる本稿では、ECの雄、Amazonを取り上げ、同社の物流の強みと、それに対抗する楽天、ヨドバシカメラ等日本企業の戦略について紐解いていきます。


今年の「618キャンペーン」、Eコマースは盛り上がらず?|中国トレンド調査

今年の「618キャンペーン」、Eコマースは盛り上がらず?|中国トレンド調査

中国で毎年恒例のECセール「618キャンペーン」。ECショップやプラットフォームが収益を上げる大きなチャンスとなるはずですが、コロナウィルス感染症の流行や街のロックダウン、消費意欲の減退など「不安要素」が相次ぐ中、各プラットフォームはどのような対策を打ち出しているのでしょうか? 本レポートでは、3大プラットフォームであるTmall、Douyin(中国版TikTok)、京東による2022年「618キャンペーン」期間中のプロモーション施策を詳しく紹介し、今年の特徴をまとめていきます。


中国における「機能性スキンケア製品業界」に関する調査報告書

中国における「機能性スキンケア製品業界」に関する調査報告書

中国市場調査サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、中国大手のインターネット調査会社iResearchの自主調査レポートを翻訳し、「中国における機能性スキンケア製品業界に関する調査報告書」を作成しました。中国市場、美容業界にご興味をお持ちの方はぜひご一読ください。(ページ数|28p)


購入者の「人となり」に合わせた、チャネル別サプリメント市場の訴求方法とは?

購入者の「人となり」に合わせた、チャネル別サプリメント市場の訴求方法とは?

コロナ禍で高まった健康意識が追い風となり、サプリメント市場の拡大が続いているようです。さらに、デジタル化・ネット消費の拡大で、サプリメントを含む健康食品が隠れたネット巨大市場になっているとも言われています。オフラインでの購買が盛んなサプリメント市場に、オンラインの購入チャネルの勢力が加わり、今後はますますチャネルに合わせた販売戦略が必要となるはずです。そこで今回は、サプリメント市場全体を捉え、購入チャネル別に市場とユーザー像を分析しました。


Yahoo!が参入するクイックコマースは日本で広がるか?市場動向をWebサイトデータで分析

Yahoo!が参入するクイックコマースは日本で広がるか?市場動向をWebサイトデータで分析

インターネットを介した多様な購買活動が発展してきた昨今、にわかに注目を集めている「クイックコマース」という形態。欧米で急成長を遂げているクイックコマースの市場が、同じように日本国内でも拡大していくのかどうか気になるところです。この記事では、ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を使用し、国内のクイックコマース市場の展望を探っていきます。


最新の投稿


サプリメントEC市場の最新動向と消費者トレンド調査レポート

サプリメントEC市場の最新動向と消費者トレンド調査レポート

コロナで高まる健康志向を追い風に、サプリメント市場は拡大を続けているようです。 変わりゆく市場動向や消費者のトレンドを捉えることが戦略・施策立案にあたっては、ますます重要になってきていると考えられます。このレポートでは、Web行動ログ分析ツールの「Dockpit」と「story bank」を用いて各社ECサイトを対象にWeb上のサプリメント市場の概況・消費者のトレンドを捉えて分析しています。


【業界別アプリ利用動向】スマホ決済アプリ&ファストフードアプリのコロナ後~現在までの利用者数推移を公開

【業界別アプリ利用動向】スマホ決済アプリ&ファストフードアプリのコロナ後~現在までの利用者数推移を公開

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、新型コロナウイルス感染拡大の影響で利用者数が増加したアプリを業界ごとにカテゴライズし、スマホ決済アプリとファストフードアプリの2020年4月から2022年5月まで約2年間の利用者数推移を調査いたしました。調査にはヴァリューズが提供している、直感的なダッシュボードで誰でもカンタンに3C(自社・競合・市場)分析できるツール「Dockpit(ドックピット)」を使用いたしました。


Survey on the Automotive Subscription Market. Companies are chasing Toyota's KINTO [April 2022].

Survey on the Automotive Subscription Market. Companies are chasing Toyota's KINTO [April 2022].

Automobile subscription services have gained increasing recognition throughout Covid-19. This article analyzes and explains the current status of the automobile subscription market and the companies that provide the service, several years since the beginnings of the service, using website traffic data.


「コロナ1年目、2年目の男性の美容意識調査」レポート

「コロナ1年目、2年目の男性の美容意識調査」レポート

Withコロナの生活が定着してきた今日、マスク着用は常態化しています。そんな中、男性の美容意識が急速に高まってきているようです。本レポートでは男性の美容事情について、コロナ1年目と2年目における変化に注目して調査しました。(ページ数|17ページ)


withコロナでの旅行のトレンドは?旅行業界の調査レポートまとめ

withコロナでの旅行のトレンドは?旅行業界の調査レポートまとめ

withコロナで消費者は旅行に何を求めているのか。旅行の需要はコロナ拡大と共にどのように変化していったのか。そんな旅行市場において、集客を戻すにはどのようなアプローチが効果的なのでしょうか。これまでにマナミナで発信してきた旅行業界に関する調査レポートをまとめました。各レポートは全て無料でダウンロードできますので、リンク先のフォームからお申し込みください。