「光回線」検索での流入サイト1位は価格.com!閲覧サイトランキングを調査

「光回線」検索での流入サイト1位は価格.com!閲覧サイトランキングを調査

光回線の家庭への供給も一般的となってきた昨今。自宅で、光回線を用いたインターネットを利用している方も多いのではないでしょうか。本記事では光回線の業界について検索キーワードを分析。具体的には「光回線」クエリでの訪問ユーザー数が多いサイト順にランキングを作成しました。ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を用いて、光回線に関するネット検索で訪問者の多いサイトを調査します。


光回線関連WebサイトのアクセスランキングTOP10

まずは、「光回線」クエリの過去1年におけるWebサイトユーザー数ランキングを調査しました。下図をご覧ください。

「光回線」関連サイトの「ユーザー数」ランキング

「Dockpit」で抽出した「光回線」関連サイトの「ユーザー数」ランキング
期間:2021年2月〜2022年1月
デバイス: PC・スマートフォン

Webサイト名がすべて掲載されているTop50までのランキングをホワイトペーパーにまとめています。ページ下部から無料でダウンロードしてご覧ください。

首位にランクインしたのは幅広いジャンルを手がける比較サイト「価格.com」でした。続く2位には、ソニーネットワークコミュニケーションズの提供するISP(インターネットサービスプロバイダ)の「NURO」公式サイト、3位には学研のニュースメディアである「GetNavi web」がそれぞれランクインしています。

また、4位以下は主にアフィリエイトによる収益化を図っているブログ型サイトが多く見られ、光回線市場におけるWeb上の主要な集客チャネルとして、アフィリエイト広告が機能していることが窺えます。

ランキング上位のWebサイトの特徴を紐解く

先ほどのランキングで上位だった各Webサイトの特徴を簡単に見ていきましょう。

1位:価格.com

「価格.com」は国内の大手比較サイトであり、光回線の領域でも複数クエリにおいて検索上位にランクインしています。この背景には、光回線ではプロバイダや料金プラン、各種キャンペーンの組み合わせが非常に多岐に渡ることが挙げられます。情報を比較検討したいユーザーにとって、価格.comの「料金・サービス比較」というサイト機能がニーズにマッチしていると考えられます。

上記のように、サイト内にはランキング、プラン検索、口コミ…といった契約に際しての意思決定要素が充実しており、煩雑な光回線の商材選択をサポートする機能群が、検索エンジン上の評価にも繋がっていそうです。

2位:NURO公式サイト

「NURO」公式サイトの特徴としては、まず自身が急成長を遂げているISPであることが挙げられます。MM総研の光回線サービスに関する市場調査(2021年5月度)を見ると、同市場内でNURO光が昨対比40%以上の高成長と遂げていると報じられています。市場シェアやサービス知名度の拡大に伴い、検索市場での露出も増えてきていると考えられるでしょう。

また、ISP公式サイトの中でも、NUROは積極的にSEO対策を進めている点が特徴の1つです。様々なジャンルの記事がサイト上に公開されており、これらのコンテンツがサイト集客の間口を広げていると思われます。

3位:GetNavi web

3位の「GetNavi Web」は、ガジェットやライフハックの情報を主としたニュースメディアとして多くの訪問者を集めています。光回線だけでなく、通信機器やMVNOなど幅広い領域に対してコンテンツが公開されている様子です。

光回線を含む通信業界は、技術革新やサービス更新のニュースが日々絶えないという側面を持ちます。GetNaviも最新情報の発信媒体として、トレンドに即したコンテンツによる多くの集客を得ていると推測されます。

まとめ

今や現代人の生活に欠かせないネット通信の分野。今回は光回線の検索市場について調査をしてみましたが、訪問者の多いサイトを総括すると、どれも「消費者の検討フェーズに寄り添うサービスや情報を提供している」という特徴を持っているように感じました。

本調査が、皆さんのマーケティング業務や市場調査などに役立ちますと光栄です。

【調査概要】
・全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報にもとづき分析
・行動ログ分析対象期間:2021年2月〜2022年1月
※ボリュームはヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測
※対象デバイス:PC・スマートフォンの両デバイス

ホワイトペーパーダウンロード【無料】|「光回線」検索者のアクセスサイトランキング

資料のダウンロードURLを、ご入力いただいたメールアドレスに送付させていただきます。
ご登録頂いた方にはVALUESからサービスのお知らせやご案内をさせて頂く場合がございます。

この記事のライター

国内大手の採用メディア制作部を経てフリーライターとして独立。現在はWebマーケティング、就職・転職、エンタメ(ゲーム・アニメ・書籍)等の各種メディアにて記事制作を担当。「マナミナ」では一人でも多くの読者に楽しく読んでもらえるマーケティングコンテンツを提供していきます。

関連するキーワード


市場調査 SEO

関連する投稿


全国旅行支援開始!「新型コロナワクチン接種証明書」が最新スマホアプリインストールランキング上位に(2022年10月)

全国旅行支援開始!「新型コロナワクチン接種証明書」が最新スマホアプリインストールランキング上位に(2022年10月)

毎月更新のスマートフォンアプリインストール数ランキングTop5をまとめました。今月のランキングでも「マイナポイント」「マイナポータル」が相変わらず根強い結果の中、全国旅行支援開始と同時に「新型コロナワクチン接種証明書」が急浮上。そして、Z世代に特徴的と言われる「タイパ」の影響が映像業界にも大きく影響している?「TVer」の上位ランクインの裏には、ダイジェスト動画配信サービスが関係していると考えられそうです。


Search on 22:Google mapで情報探索が完結する、新しい検索体験とは|「2022年11月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

Search on 22:Google mapで情報探索が完結する、新しい検索体験とは|「2022年11月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

2022年9月にGoogleが開催した「Search on 22」では、新しい検索体験の広がりを予感させる様々な機能が発表されました。一体何が変わり、マーケティングにはどのような影響があるのでしょうか。ヴァリューズのマーケティングコンサルタントがポイントや今後の対応について、解説していきます!


コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年11月版)|ホワイトペーパー

コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年11月版)|ホワイトペーパー

国内外のSEO対策・SNSでの集客など、コンテンツマーケティングに関する最新情報を毎月まとめてご紹介。11月版はGoogleの「Search on 22」から伺える、Google mapをはじめとした今後の検索体験の変化についてや、主要SNSが短尺動画機能を続々リリースした背景とその動向といったコンテンツをお届け。コンテンツマーケター必見のレポートです。(ページ数|54ページ)


注目のキャリア支援策「リスキリング」とは。社会人も効率的に学べる「オンライン学習」業界を調査

注目のキャリア支援策「リスキリング」とは。社会人も効率的に学べる「オンライン学習」業界を調査

「リスキリング」とは、2022年10月、臨時国会開会時の岸田首相による所信表明演説で国家的支援の発表がなされ、ニュース等でも一斉に取り上げられた「学び直し」を意味するワードです。ただ、働き方の変化に必要不可欠なスキル習得を急に迫られたところで、仕事を持ちながらキャリアアップのため新たな技術を習得するには、さまざまなハードルもあるのが現状ではないでしょうか。今回は、社会人でも手軽に「リスキリング」を始められるオンライン学習業界に注目。業界状況や利用する人々の属性などを調査分析しました。


競合サイト分析に使えるツール12選

競合サイト分析に使えるツール12選

無料から有料まで競合サイト分析に使えるツールをまとめました。SEO対策や広告出稿の方法はさまざまですが、競合するサイトをベンチマークとして、自社サイトよりも優れている点やその要因を分析することも有効です。特にSEO対策を目的とした競合分析にあたっての考え方、競合分析に使えるツールを紹介します。


最新の投稿


タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

Z世代は、生活のあらゆる場面でタイパ(タイムパフォーマンス)を意識しています。「タイパ至上主義」という言葉が登場するほど、Z世代は時間効率を重視しているのです。この記事では、Z世代の購買心理・最新のトレンドを知るために、タイパの概要や価値観、マーケティング事例を解説します。


2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

ダブルイレブン(W11)とは、毎年<b>11月11日に中国で行われている独身の日を祝うイベント</b>です。2022年のダブルイレブンでは、ECプラットフォームや店舗などの関係者が売上高を伸ばすことに力を入れていました。その中で加盟店が示す戦況報告からは、中国のマーケットで、新しい産業やブランドが急成長しているのを垣間見ることができます。 本記事では、2022年ダブルイレブンのトレンドとなった業界を中心にご紹介します。


Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

We will investigate "Midjourney" and "Stable Diffusion" AI Image Generators, which allow anyone to generate images from keywords. Let’s look into it users, its purpose, the reason for its popularity, and its strengths. We will analyze the data of the interest group and analyze our user experience.


お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界大手の「森永製菓」「江崎グリコ」「カルビー」「ブルボン」「不二家」。各公式サイトの集客状況に注目し、強みや施策の違いを調査します。2年半前に公開した同記事の最新版として、新たな発見をお届けします。


行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

経済学に心理学を組み合わせる「行動経済学」。マーケティングとの親和性の高さ、そしてマーケティング活動のためのヒントがあるとされており、さまざまな場面で活用が進んでいます。行動経済学をビジネスに活かすには、そのエッセンスがよくまとまった本・書籍で学ぶのが近道です。今回は、ベストセラー本から教科書的なものまで、行動経済学についてまんべんなく学べるよう、20冊のおすすめ本を紹介します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら