仮想通貨のユーザー動向を調査。bitFlyerやCoincheckの利用シェアは?

仮想通貨のユーザー動向を調査。bitFlyerやCoincheckの利用シェアは?

加速度的に存在感を増してきた仮想通貨や暗号資産。年々、流通量や時価総額が伸びていく中で、仮想通貨に対する日本国内の興味はどの方向へ向けられているのでしょうか。この記事では、いま仮想通貨やその取引サービスに対して寄せられている人々の関心事を、ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を使って調査します。


「仮想通貨」ワードの検索者数とビットコイン価格に類似点?

まず、「仮想通貨」というキーワードを検索した人について分析します。毎月更新される行動ログデータを用いて、手元のブラウザで競合サイト分析やトレンド調査を行えるヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を用いて、過去1年の検索ユーザー数の推移を見ていきましょう。

「仮想通貨」の検索ユーザー数データ

「仮想通貨」の検索ユーザー数データ(「Dockpit」画面キャプチャ)
期間:2021年2月〜2022年1月
デバイス: PC・スマートフォン

上記グラフを見ると、検索ユーザー数は2021年2月~5月の間は月間60万ユーザー前後で推移していました。その後、夏場にかけて検索ユーザーが半数ほどに下降するも、2021年末~2022年年始にかけて再び上昇している、という状況です。

上記、「仮想通貨」の検索ユーザー数の推移は、仮想通貨の時価の変動と似た波形を描いているようです。以下は、仮想通貨の中で最も時価総額の大きい「ビットコイン」のチャートです。

Google.com

過去1年のチャートを先ほどのグラフと比較してみると、ビットコインの価格が高い時期は検索数が多く、価格が低い時期は検索数も下がる傾向にあります。両グラフは形状がとても似ており、価値と検索需要がある程度、相関している様子です。

ただし、検索数の増減と価格の上下は似た動きをするものの、両数値が完全な比例関係にあるわけではないと言えます。例えば、ともに検索ユーザー数の山が頂点に達している2021年5月と11月を比較すると、検索数は5月のほうの方が大きいものの、ビットコインの価格は11月のほうが高かった様子です。

【関連記事】投資のロボアドバイザーサービスの利用者はどんな人?Web行動ログで調査

https://manamina.valuesccg.com/articles/1677

ウェルスナビや楽ラップ、folioをはじめとしたロボアドバイザーサービスのユーザー動向とは。本記事では投資信託と比較したロボアドバイザーサービスのユーザー規模の変化や、サービスごとのユーザー属性の違いについて調査します。

検索ユーザーの属性・興味関心は?

つづいて、「仮想通貨」と検索するユーザーのインサイトを探ってみましょう。
以下は、Dockpitで抽出した「仮想通貨」を検索するユーザーの各種属性データです。

「仮想通貨」のユーザー属性データ

「仮想通貨」のユーザー属性データ(「Dockpit」画面キャプチャ)
期間:2021年2月〜2022年1月
デバイス: PC・スマートフォン

上記、属性データから、仮想通貨に対して興味を持っているのは7割強が男性、かつ20~30代のユーザーだとわかります。居住地域は関東、特に東京都が多いです。

仮想通貨に対して興味関心を抱いている事柄も探っていきます。Dockpitで「仮想通貨」と掛け合わせて検索されている語句を、ワードネットワークで見てみます。

「仮想通貨」のワードネットワーク

「仮想通貨」のワードネットワーク(「Dockpit」画面キャプチャ)
期間:2021年2月〜2022年1月
デバイス: PC・スマートフォン

ワードネットワークでは検索ワードごとの相関を見ることができます。中央の「仮想通貨」から直接つながっている2階層目のワード(「チャート」や「取引所」など)が仮想通貨と関連性の強いワードです。さらにその下の階層のワードと、2階層目のワードとを見ることで、当該ジャンルに関するユーザーの興味を調べることができます。

上図から、検索者が仮想通貨に対して持っている主な関心分野が俯瞰できます。通貨の値動きを可視化する「チャート」においては、「リアルタイム」「分析」など、取引を検討するにあたっての情報収集ニーズが見て取れます。「RAY」や「TITAN」は、仮想通貨の銘柄です。

「取引所」や「おすすめ」は、どの仮想通貨をどの取引所で流通するか、という商品とサービスの比較検討に関するワードであると見られます。「ランキング」「比較」「違い」などの語句も登場していることから、多数の銘柄・多数の取引サービスから、自身に適したものを探したいという検索者です。

また、「確定申告」「税金」というワードへの関心が大きい様子もあります。仮想通貨によって得た利益が大きくなると確定申告を行わなければならなくなりますので、その計算や納税の方法を調べたいニーズも高いようです。

検索ユーザーの流入サイトはどこ?

「仮想通貨」と検索する人たちがどういったWebサイトへ流入しているか、というデータも見ていきましょう。Dockpitによって、流入サイトTOP10を調べてみます。

「仮想通貨」の流入サイトデータ(「Dockpit」画面キャプチャ,上位10サイト)

「仮想通貨」の流入サイトデータ(「Dockpit」画面キャプチャ,上位10サイト)
期間:2021年2月〜2022年1月
デバイス: PC・スマートフォン

1位「CoinMarketCap」、2位「coindesk JAPAN」、3位「フィスコ」まで、流入サイトの上位は仮想通貨のチャートや関連ニュースなどを掲載しているサイトです。その他、「CoinPost」なども仮想通貨や投資情報を発信している金融メディアなので、仮想通貨取引における情報キャッチアップの重要性が感じ取れますね。

4位「bitFlyer」、5位「GMOコイン」、9位「Coincheck」は仮想通貨の取引所(取引サービス)です。これらサービスについては、次章で利用状況の差異を探っていきます。

【関連記事】ツイートが約3億で販売!? NFT関心層が増加する様子を検索キーワードから分析

https://manamina.valuesccg.com/articles/1447

2021年3月、Twitterにおける最初のツイートをTwitter社のCEOがおよそ291万ドル(約3億1500万円)で販売したことが話題となりました。この販売の裏側には、「NFT」というブロックチェーン技術を活用したデジタルデータが大きく関わっています。今回は徐々に話題を生み、大手企業もその市場に参入し始めている「NFT」について、検索ワードから分析します。

bitFlyerやGMOコイン、Coincheckの利用シェアは?

「bitFlyer」「GMOコイン」「Coincheck」のユーザー数推移

「bitFlyer」「GMOコイン」「Coincheck」のユーザー数推移(「Dockpit」画面キャプチャ)
期間:2021年2月〜2022年1月
デバイス: PC・スマートフォン

どのサイトへのユーザー数推移も概ね、冒頭に掲載した「仮想通貨」検索ユーザー数の動きと近しく、昨年初夏までは好調→夏に下落→年末年始にかけて増加…というグラフになっている様子です。

過去1年、3サービスの中で最もユーザーが多かったのはCoincheckでした。また、bitFlyerとGMOコインは同水準のユーザー数で推移していますが、何らかの要因で2021年末以降はbitFlyerの訪問ユーザーが急増しているのも見て取れます。とはいえ、いま時点ではどこかのサービスが突出して訪問者を集めているという状況ではないようです。

続いて、ユーザー属性のデータを見てみましょう。

「bitFlyer」「GMOコイン」「Coincheck」のユーザー属性

「bitFlyer」「GMOコイン」「Coincheck」のユーザー属性(「Dockpit」画面キャプチャ)
期間:2021年2月〜2022年1月
デバイス: PC・スマートフォン

性別を見ると、女性ユーザーの訪問が最も多いのは「Coincheck」です。年代別ではGMOコインがやや、仮想通貨のメインの層である20~30代の割合が低く、50代以上の訪問ユーザーが多い様子です。

居住地域は3サービスともやはり、関東に集中していますが、各都道府県で見た場合に訪問ユーザーが多いサービスには特色があります。関東・関西はGMOコイン、中部地方ではbitFlyerへのアクセスが多いようです。

まとめ

今回は仮想通貨に関心を寄せる検索ユーザーについて探ってきました。結果としてわかったことをまとめると、以下の通りです。

• 仮想通貨への世の中の興味関心度合い(検索数)と、通貨の価格の動きは似た波形を描く
• 現状で仮想通貨に興味関心を寄せているメインの層は20~30代の関東住みの男性
• チャートや関連ニュースなど取引に必要な情報と税申告に関する事柄を知りたがっている

過去数年で一気に市場が拡大した仮想通貨。性別や年代のデータを見て、まだまだ関心を寄せているユーザーの層は限られている印象を持ちました。また、取引所を比較しても、突出したWeb集客を得ているサービスはまだ無い様子です。限定されている興味関心層だけでなく、どれだけ様々な層へリーチを拡大していけるか、という点が、今後の国内の仮想通貨業界では肝になってくるのではないでしょうか。

本調査が、皆さんのマーケティング業務や市場調査などに役立ちますと光栄です。

Top Photo by Adobe Stock

【調査概要】
・全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報にもとづき分析
・行動ログ分析対象期間:2021年2月〜2022年1月
※ボリュームはヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測
※対象デバイス:PC・スマートフォンの両デバイス

▼今回の分析にはWeb行動ログ調査ツール『Dockpit』を使用しています。『Dockpit』では毎月更新される行動データを用いて、手元のブラウザで競合サイト分析やトレンド調査を行えます。Dockpitには無料版もありますので、興味のある方は下記よりぜひご登録ください。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

国内大手の採用メディア制作部を経てフリーライターとして独立。現在はWebマーケティング、就職・転職、エンタメ(ゲーム・アニメ・書籍)等の各種メディアにて記事制作を担当。「マナミナ」では一人でも多くの読者に楽しく読んでもらえるマーケティングコンテンツを提供していきます。

関連する投稿


「貯金」と「貯蓄」の検索行動で浮き彫りになるユーザー像とその関心事とは

「貯金」と「貯蓄」の検索行動で浮き彫りになるユーザー像とその関心事とは

2019年に問題になった「老後資産2,000万円」が記憶に新しいなか、政府によって「資産所得倍増計画」が発表されました。「貯蓄から投資へ」とも謳われている現在。「お金」に関して、漠然とした不安と戸惑いを抱えている人も多いのではないでしょうか。「人生100年時代」とも言われる長い人生のために、どのように資産を作り守って行くか。「貯金」と「貯蓄」という2つのワードを検索する消費者のWeb行動に着目し、調査・分析しました。


コロナ禍の「旅行」「飲料」業界など...ベスト記事「動画編」

コロナ禍の「旅行」「飲料」業界など...ベスト記事「動画編」

今年で3周年を迎えるマナミナ。特別企画として、カテゴリごとのPV数トップ5の記事をご紹介します。 第6弾の今回は「動画編」をお届け。世間の関心が高いテーマについて、振り返ってみましょう。


保険の見直し検討ユーザーはどこへ行っている?最適な訴求方法とは

保険の見直し検討ユーザーはどこへ行っている?最適な訴求方法とは

近年、オンライン上で保険の見積もりや見直しができるツールをテレビCMなどでよく見かけますが、保険を見直そうと考えるユーザーは実際に、ネット上でどういった行動を取っているのでしょうか?今回は、ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を用いて、保険見直しの検討ユーザーのインサイトと、興味関心を寄せているWebページを調査していきます。


【業界別アプリ利用動向】スマホ決済アプリ&ファストフードアプリのコロナ後~現在までの利用者数推移を公開

【業界別アプリ利用動向】スマホ決済アプリ&ファストフードアプリのコロナ後~現在までの利用者数推移を公開

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、新型コロナウイルス感染拡大の影響で利用者数が増加したアプリを業界ごとにカテゴライズし、スマホ決済アプリとファストフードアプリの2020年4月から2022年5月まで約2年間の利用者数推移を調査いたしました。調査にはヴァリューズが提供している、直感的なダッシュボードで誰でもカンタンに3C(自社・競合・市場)分析できるツール「Dockpit(ドックピット)」を使用いたしました。


証券(投資信託)口座を開設する消費者像の調査を5ヶ月実施してわかったこと

証券(投資信託)口座を開設する消費者像の調査を5ヶ月実施してわかったこと

証券(投資信託)口座の開設数はここ数年、ネット証券を中心に大きく伸びています。皆さまの周りでも「投資、資産運用を始めたよ」という方が増えてきているのではないでしょうか?本記事では、各金融機関で口座開設する消費者像についてヴァリューズのマーケティングコンサルタントとデータアナリストが5ヶ月に渡って分析した試みをご紹介します。


最新の投稿


タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

Z世代は、生活のあらゆる場面でタイパ(タイムパフォーマンス)を意識しています。「タイパ至上主義」という言葉が登場するほど、Z世代は時間効率を重視しているのです。この記事では、Z世代の購買心理・最新のトレンドを知るために、タイパの概要や価値観、マーケティング事例を解説します。


2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

ダブルイレブン(W11)とは、毎年<b>11月11日に中国で行われている独身の日を祝うイベント</b>です。2022年のダブルイレブンでは、ECプラットフォームや店舗などの関係者が売上高を伸ばすことに力を入れていました。その中で加盟店が示す戦況報告からは、中国のマーケットで、新しい産業やブランドが急成長しているのを垣間見ることができます。 本記事では、2022年ダブルイレブンのトレンドとなった業界を中心にご紹介します。


Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

We will investigate "Midjourney" and "Stable Diffusion" AI Image Generators, which allow anyone to generate images from keywords. Let’s look into it users, its purpose, the reason for its popularity, and its strengths. We will analyze the data of the interest group and analyze our user experience.


お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界大手の「森永製菓」「江崎グリコ」「カルビー」「ブルボン」「不二家」。各公式サイトの集客状況に注目し、強みや施策の違いを調査します。2年半前に公開した同記事の最新版として、新たな発見をお届けします。


行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

経済学に心理学を組み合わせる「行動経済学」。マーケティングとの親和性の高さ、そしてマーケティング活動のためのヒントがあるとされており、さまざまな場面で活用が進んでいます。行動経済学をビジネスに活かすには、そのエッセンスがよくまとまった本・書籍で学ぶのが近道です。今回は、ベストセラー本から教科書的なものまで、行動経済学についてまんべんなく学べるよう、20冊のおすすめ本を紹介します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら