マーケティングの「戦略」と「戦術」両者の違いを詳しく解説

マーケティングの「戦略」と「戦術」両者の違いを詳しく解説

マーケティングにおける「戦略」と「戦術」……混同しやすいこれらのワード、それぞれの意味を正しく理解できていますか?マーケティング戦略と戦術の用語としての違いや策定段階・実行段階で注意すべき点を解説します。


「戦略」「戦術」それぞれの言葉の意味

まずはマーケティングにとどまらず、広義の「戦略」と「戦術」の違いについて解説します。

広義の「戦略」とは?

目的達成に向け、さまざまな思考や視野を組み合わせ、持てるリソースを効果的に運用するためのアイデア、シナリオを考えることが「戦略」です。目的達成に必要な方向性の決定、とも言い換えられます。

広義の「戦術」とは?

一方の戦術ですが、こちらは「戦略」を実行するために必要な「方法」や「手段」を考え、遂行するものです。戦略で方向性やシナリオを決めた後、具体的な実務に落とし込んでいく段階が「戦術」になります。

マーケティングにおける戦略と戦術の違いを事例からチェック

マーケティング文脈においても「戦略」と「戦術」の違いは前記とほぼ変わりませんが、よりニュアンスが伝わりやすいよう、一般的な事例をもとに解説していきます。

マーケティング戦略について

マーケティング戦略とは、自社や自社製品を提供する「顧客」は誰か、顧客にどのように見てもらいたいか、そして、それに対してどのような商品・サービスを幾らの価格帯でどのような手段で提供していくかを考えるものです。さらに、ブランディングや顧客と自社や製品の関係を構築(コミュニケーション)する部分の計画もマーケティング戦略に含まれます。

要約すると、マーケティング戦略の命題は、商品やサービスの売り上げをいかに伸ばすか、です。

マーケティングの大家であるピーター・F・ドラッカーの言葉「企業において価値を生み出す活動はマーケティングとイノベーションの2つだけで、その他はすべてコストである」にもあるように、マーケティング戦略の重要性はかなり高いと言えます。

では、マーケティング戦略とはどのようなものがあるのでしょうか? 一例として、
・複数ある自社製品のひとつの売り上げを○%伸ばす
・自社製品全体の売り上げを○%伸ばす
・会社の業績を○%伸ばす
・来客数を○%増やす
・経費を○%削減
といったものが挙げられます。このように見ると、前記の「戦略」を理解しやすいのではないでしょうか?

マーケティング戦略とは?立案方法から事例まで

https://manamina.valuesccg.com/articles/1106

自社の商品・サービスを市場に普及させるには、一貫したマーケティング戦略が必要です。企業のマーケティング戦略立案に使われる3C分析・STP分析・4P分析などのフレームワークや、有名企業のマーケティング戦略事例をご紹介します。

マーケティング戦術について

戦略を達成するために、どのようなアクションを取るべきか?それを「戦術」として考えます。具体的なアクション(施策)やKPIを決め、それを実行して成果を評価する流れです。

例えば、PR活動への注力もひとつの戦術となりえますが、それをさらに掘り下げる、PR活動の場はTVCM?チラシ?Web?どのチャネルにするのか。そしてそのチャネルはひとつなのか複数なのか、それとも全部か?など、次々に戦術を挙げられます。

戦略と戦術についてのアウトラインについては以上ですが、ここからはそれぞれを一本化して理解していただきやすい事例を紹介します。

コンビニチェーンのひとつ「ローソン」ですが、競合他社(セブンイレブン、ファミリーマート)と対抗するために「差別化」を図っています。まず、この差別化が「マーケティング戦略」になります。

差別化という戦略を実現・成功させるために、ローソンが採った戦術は競合他社にはない「健康志向」です。健康志向を実現するために国産原料にこだわる、合成保存料を使用しない、健康にまつわる商品ラインナップの拡充といった「戦術」を用いました。

この結果、競合他社にはないオリジナリティのある商品やサービスを提供し、ユーザーにもローソン=健康志向というイメージが広がっています。

マーケティング戦略策定の基本ポイント

マーケティング戦略策定にあたっては、目標である戦略を立て、次に手段である戦術の立案という流れになります。

最初のステップとしては、まず達成すべき目的(目標)を明確にする必要があります。この目的はできるだけ具体的なものである必要があります。そのためには現状の把握が必要です。

例えば、会社の業績をアップさせるという目的を掲げたとしても、数値目標がなければ戦術に落とし込めません。そして、現状を把握していなければ、数値目標を設定したとしてもそれが現実的に達成できるものであるのかもわからなくなってしまいます。

続いては、立てた目標(戦略)を達成するための手段(戦術)を考えます。先に紹介したローソンの例にもあるように戦術はひとつだけではなく、複数あるのが普通です。したがって、考えられる手段を一通りリストアップします。このとき、その手段が実際にできるかどうかは意識しないのがベターです。

そして、リストアップした手段、戦術案の中から、自社のリソースを鑑みて効率よく実現できるものをピックアップし、実行していく……基本的なマーケティング戦略策定の流れになります。

まとめ

マーケティング戦略と戦術の違いですが、一言で表すならば「戦略(=目標)を達成するために必要なのが戦術」となります。マーケティング戦略策定にあたっては、明確な目標、正確な現状把握、多くの戦術候補という3要素が肝心となります。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


企業イメージ経営 ~「レピュテーション」を考える

企業イメージ経営 ~「レピュテーション」を考える

SNSにより企業の評判はプラス・マイナス双方の側面で時として急速に拡大し、全く想定外の方向へと進むこともあり、事前予測が難しい時代になりました。今回は、評判、風評、評価、信用などの意味を持つ「レピュテーション」がテーマ。広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏に、企業イメージを戦略的にコントロールするヒントを寄稿いただきました。


競合調査でライバルに勝つ!Webサイト分析ツール10選

競合調査でライバルに勝つ!Webサイト分析ツール10選

SEO対策のために、競合サイトをツールで分析する「競合調査」が一般的になりつつあります。Googleの検索ロジックが複雑化する中、競合調査では検索上位のサイトには評価される要素があるとみなして自社サイトと比較し、差分を埋めていきます。複数のツールで競合調査すれば流入キーワードや被リンク、ドメインの強さなど競合サイトのかなりのことがわかります。


競合サイトのアクセス数を測るには?競合分析に欠かせない5つのポイントを解説

競合サイトのアクセス数を測るには?競合分析に欠かせない5つのポイントを解説

Googleの検索ロジックが複雑化していく中で、競合サイトの調査・分析は、自社サイトのSEO対策に役立ちます。検索上位のサイトには、Googleから評価される要素があるとみなし、自社サイトに足りない分を補いましょう。競合サイト分析に使えるツールも紹介します。


競合サイト分析に使えるWebツール9選

競合サイト分析に使えるWebツール9選

自社サイトのアクセス数増のために行うSEO対策や広告出稿。その手段はさまざまですが、競合するサイトをベンチマークとして、自社サイトよりも優れている点やその要因を分析することもひとつの方法です。特にSEO対策を目的とした競合分析にあたっての考え方、競合分析に使えるツールを紹介します。


経験価値と消費 ~ 経験価値マーケティングとは

経験価値と消費 ~ 経験価値マーケティングとは

観光業界をはじめ、「コト消費」といわれる体験型の消費を重視するサービスが伸びています。単純にニーズを満たすだけの消費活動ではなく、「経験」で得られる価値はどのように捉え、創り出していけばよいのでしょうか。広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が、「経験価値マーケティング」を考察します。


最新の投稿


急上昇ワードに「THE MATCH 2022」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/6/19~2022/6/25)

急上昇ワードに「THE MATCH 2022」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/6/19~2022/6/25)

2022年6月19日~6月25日の検索急上昇ワードでは、19日に開催された「Yogibo presents THE MATCH 2022」関連のワードが上位入り。「天心」「武尊」といった出場選手名や、「ABEMA」などが検索されました。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


ピンタレスト広告を出稿すべき理由とは?ユーザーデータと特徴から解説!

ピンタレスト広告を出稿すべき理由とは?ユーザーデータと特徴から解説!

ピンタレスト(Pinterest)で広告を出稿したいけどよく分からない。ユーザーがどのような目的でピンタレストを利用しているか、詳しく知りたい。ピンタレスト広告と相性の良い商材/ジャンルが知りたい。こんな悩みをお持ちの方に向けてピンタレスト利用者の利用シーンを分析し、ピンタレスト広告と相性の良いテーマを解説します。ピンタレスト広告の出稿を検討している方は参考にしてみてください。


【2022年7月11日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2022年7月11日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


Tableau中級者への第一歩「LOD表現」について【第2回】FIXED以外のLOD表現「INCLUDE」

Tableau中級者への第一歩「LOD表現」について【第2回】FIXED以外のLOD表現「INCLUDE」

Tableauを使いこなすために避けては通れないテクニックとして「LOD表現」というものがあります。 慣れていないと少し難しく思えてしまいますが、LOD表現を自在に使えるようになるとTableauでの表現の幅がより拡がるので是非この連載で基本的な使い方や考え方をマスターしていきましょう。


徹底した顧客理解が起点に。ちば興銀が取り組むユーザーニーズに寄り添うコンテンツの磨き方|「VALUES Marketing Dive」レポート

徹底した顧客理解が起点に。ちば興銀が取り組むユーザーニーズに寄り添うコンテンツの磨き方|「VALUES Marketing Dive」レポート

「VALUES Marketing Dive」は、“データを通じて顧客のことを深く考える”、“マーケティングの面白さに熱中する”という意味を込めて、今年誕生した新しいマーケティングイベントです。今回のテーマは「Update Your Marketing ~ 顧客理解の新潮流」。本レポートでは、ちば興銀の顧客理解を起点としたコンテンツマーケティングの取組みについてお届けします。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら