マーケティング戦略とは?立案方法から事例まで

マーケティング戦略とは?立案方法から事例まで

自社の商品・サービスを市場に普及させるには、一貫したマーケティング戦略が必要です。企業のマーケティング戦略立案に使われる3C分析・STP分析・4P分析などのフレームワークや、有名企業のマーケティング戦略事例をご紹介します。


そもそも「マーケティング戦略」とは?

自社や自社製品を提供する「顧客」は誰か、そして、顧客にどのようにみてもらいたいか、それに対してどのような商品・サービスを幾らの価格帯でどのような手段で提供していくかを考えるのが、マーケティング戦略の基本です。

また、顧客と自社や製品の関係を構築(コミュニケーション)する部分の計画も、マーケティング戦略に含まれます。

昨今はインターネット、スマホの普及により、顧客の価値観が多様化し、マーケティングもそれに応じて細やかな施策が求められます。マーケティング戦略は、関係者で共通認識を持ち、各部署が矛盾のない施策を実施していくのに役立ちます。

マーケティング戦略立案に欠かせない代表的なワークフレーム

マーケティング戦略を立案するにあたり、集めるべき情報や市場の情勢、自社の客観的な立ち位置を漏れなく効率的に把握するには、「3C分析」「STP分析」「4P分析」などのフレームワークを活用するとよいでしょう。

市場における自社の立ち位置を知る「3C分析」

3Cは、Customer(市場・顧客)、Company(自社)、Competitor(競合)という3つの要素の頭文字のCを取ったものです。これらの要素を勘案し、市場における自社のポジションを分析します。

3C分析の基本については以下の記事で詳しく解説しています。

3C分析の概要とフレームワークの重要性とは?目的とやり方を解説

https://manamina.valuesccg.com/articles/512

自社の製品・サービスをマーケティングするには、自社が置かれた市場環境や強み・弱みなどを理解してマーケティング戦略を立案し、施策を実行していきます。マーケティング戦略立案にあたり、顧客・競合・自社の3つの要素から分析する3C分析という方法があります。この記事では、3C分析の意味や実際の手順、事例を元に3C分析活用の注意点を解説します。

3C分析で把握すべき項目を順を追って説明すると、まずターゲットとする市場を規定します。マクロな市場環境の把握によって、市場規模や成長性、潜在的なリスクなどを見通せるからです。

続いて、市場内の競合を把握します。競合の売上や市場におけるシェア、ユーザー数、そしてそれらを獲得するに至ったマーケティング戦略までチェックすれば、これらをベンチマークとするだけではなく、差別化戦略の立案にも役立てられます。

そして、これらの分析結果をもとに、自社の経営戦略を決定します。分析結果から出たウィークポイントを消すのか、それとも強みを伸ばしていくのかをSWOT分析を用いて決めるといった最後の詰めを行います。

ちなみに、SWOT分析とは、「内部環境か外部環境か」と「事業にとってプラス要因かマイナス要因か」の2×2軸で4つに分類することで、事業を取り巻く要因を整理するフレームワークです。

3C分析とSWOT分析の関連については、以下の記事で詳解していますので、ぜひ参考にしてください。

競合調査の代表的フレームワーク3種(3C分析・4P分析・SWOT分析)

https://manamina.valuesccg.com/articles/589

市場における自社の強み・弱みや他社の戦略を把握するために行う「競合調査」。ビジネスの競合調査でよく使わているフレームワークが3C分析・4P分析・SWOT分析です。本稿では、各フレームワークの概要と分析方法、使い分けをご紹介します。

市場を細分化しターゲットとするポジションを絞り込む「STP分析」

STPとは、Segmentation・Targeting・Positioning(セグメンテーション・ターゲティング・ポジショニング)の頭文字を取ったもので、市場は?顧客は?自社や自社製品を顧客にどのようにみてもらう?といった部分を明確にするものです。

ひとつめのSegmentation(セグメンテーション)では、効率的なマーケティングのために市場の絞り込み、細分化を行います。この際に考慮すべき要素として、地理的変数・人口動態変数・心理的変数・行動変数がおもなものとして挙げられます。

Targeting(ターゲティング)では細分化した市場のうち、どこを目標にするかを決めます。その際の指標として「6R」が用いられます。
これは、
Realistic Scale(市場規模)・Rate of Growth(市場の成長性)・Rank & Ripple Effect(顧客の優先順位と波及効果)・Reach(到達可能性)・Rival(競合状況)
という、それぞれの頭文字の「R」を取ったものです。

Positioning(ポジショニング)は、市場において優位なポジションを得るために必要な要素です。価格や品質といった、競合に勝てる要素を把握した上での市場への参入が効率的なマーケティングを可能にします。

少々駆け足気味の説明になってしまいましたので、詳細についてはぜひ以下の記事をご確認ください。

マーケティングの基礎!STP分析を使った市場参入

https://manamina.valuesccg.com/articles/553

STP分析はマーケティングのフレームワークで、セグメンテーション、ターゲティング、ポジショニングの頭文字を取ったもの。新規参入にあたって、市場全体の中でどの分野を狙い、自社が競争優位なポジショニングはどこかを決めるのに役立ちます。

マーケティング要素を組み合わせる「4P分析」でマーケティングミックスを実現する

4P分析は、Product(製品)・Price(価格)・Place(流通)・Promotion(販促)の頭文字「P」を取ったもので、自社や自社の製品を顧客に対してどのような価値、価格で提供するのかを分析・決定するために用います。そのために必要な要素を紹介します。

Product(製品):コア機能(機能・価値)、形態(品質・ブランド・パッケージ)、付随機能(アフターサービス)など。

Price(価格):販売利益を考慮した上で高級品か庶民向けか、値引き有無といった要素。

Place(流通):チャネル構造・在庫など。

Promotion(販促):広告媒体、イベントなど。

こうした要素をもとにそれぞれをどうするかを決定しますが、4P分析のポイントなどは、以下の記事で詳しく解説しています。

4P分析とは?マーケティングミックスに活用

https://manamina.valuesccg.com/articles/623

4P分析は企業が販売戦略を決める際に使わるフレームワークでProduct(製品)、Price(価格)、Place(流通)、Promotion(販促)の頭文字を取った用語です。ニーズを満たした製品を、適切な価格で適切な流通で効率よく販促できれば、売上拡大につながります。

マーケティング戦略立案のフロー

これらのワークフレームを利用し、マーケティング戦略を立案する流れは「3C分析→STP分析→4P分析」で、以下のような流れになります。

1.マーケティング環境分析(3C分析)
2.マーケティング課題の特定(3C分析)
3.標的市場の選定(STP分析)
4.ポジショニング(STP分析)
5.マーケティング・ミックスの最適化(4P分析)
6.実行計画の策定(4P分析)

続いて、マーケティング戦略の事例を紹介します。

マーケティング戦略事例:日本マクドナルド

2014年に不祥事が相次ぎ、業績不振に陥った日本マクドナルドですが、2年ほどで業績の回復に成功しました。

その理由は日本マクドナルドの理念である「QSC&V(Quality=品質・Service=サービス・Cleanliness=清潔さ)・Value=価値」を徹底的に見直し、向上させてきたからにほかなりません。

そしてもうひとつ重要なポイントとして、SNSやWebメディアを活用したプロモーション活動の成功が挙げられます。日本マクドナルドでは、SNSで口コミが広がる(話題になる)条件として「議論したくなる・つっこみたくなる・写真を撮りたくなる」という3つの条件を掲げ、これをキャンペーンに落とし込みました。

一例を挙げると、「食べて投票! あなたが選ぶレギュラー争奪オーディション」では、イベントメニューだった「てりやきチキンフィレオ」がオーディションを勝ち抜き、レギュラーメニューに昇格しました。「私はこれが好きだ、いや、こっちだろ」といった顧客の持論をSNSを通して形にしたのは、3つの条件のひとつめの「議論したくなる」に当てはまります。

これらから読み解けるのは、Promotion(販促)に注力する4P分析の巧みな活用と言えるでしょう。

マクドナルド公式サイト | McDonald's Japan

https://www.mcdonalds.co.jp/

日本マクドナルド公式ウェブサイトはお得な情報が満載!期間限定商品など「旬」な情報の他に、原料から製品に至るまでの品質管理や衛生管理、また食育や社会貢献活動に対する取り組みなどお役立ち情報いっぱいです!

マーケティング戦略事例:レッドブル

“エナジードリンク”という市場がまだ小規模だった時代、商品を認知してもらうためにレッドブルが積極的に取り組んだのはスポーツマーケティングです。エクストリームスポーツをなどスポーツのスポンサードを積極的に行うことによってファンを獲得し、商品を口コミで広げていくという戦略を取りました。

エナジードリンクなので、飲んでどのような効果を得られるのか?キャッチコピーにもあるように「翼をさずける」、つまりはレッドブルを飲めばエキサイティングな体験、具体的には、やる気がでる、気合いが入る、テンションが上がる、なにかがができる、というイメージです。そのためにスポーツをサポートし、レッドブルのコンセプトを明確に伝えています。

これは顧客を明確にし、自社製品をどのように見てもらいたいかを明確にしたSTP分析活用の好例と言えるでしょう。

レッドブル翼をさずける - RedBull.com

https://www.redbull.com/jp-ja/

モータースポーツ、バイク、スノー、サーフィン、ミュージックなどの最新ニュース、イベント、ライブストリーミング、動画や写真をレッドブルの世界で体験しよう

マーケティング戦略事例:ライザップ

一般的なトレーニングジムはエアロバイクやマシンを提供し、顧客が自ら体を動かして健康増進やダイエットといった目的を達成しようとしますが、ライザップでは、理想の体型にするための食事、トレーニング方法を提供します。

ライザップはダイエットに目的を絞り込むことで、ほかのトレーニングジムとの差別化を図っていて、その差別化(独自性)は「結果にコミットする。」というキャッチコピーとともにビフォーアフターの姿を全面に出したCM・広告で表現しています。

ダイエットにターゲットを絞り込み(STP分析の市場の細分化)、痩せる結果にコミットする代わりに競合他社より高い料金を設定し(4P分析の製品・価格)、広告やCMによるブランディングでそのイメージを強化する(4P分析の販促)という一貫したマーケティング戦略の事例です。

マーケティング戦略事例:スタジオアリス

スタジオアリスは写真スタジオのカテゴリに分類されますが、単に子供の写真撮影を行う場所ではなく「子供と家族」というターゲティングを行っています。

子供と気軽に記念写真を撮影できるスタジオとポジショニングし、子供の親、祖父母をターゲティングしています。

スタジオアリスでは、こうしたポジショニングを実現するため、記念写真を撮影・購入するまでのプロセスを楽しめるようスタジオで衣装を選定できたり、数多く撮影してその中から気に入ったものを選ぶといった付加価値をつけています。

減少傾向にある写真スタジオの中にあって、着実に成長を続けられるスタジオアリスのマーケティング戦略の事例は、ほかとは異なるポジショニングとターゲティング、つまりSTP分析活用の賜物と言えそうです。

スタジオアリス写真撮影ならこども写真館|写真スタジオ・フォトスタジオ

https://www.studio-alice.co.jp/

七五三、卒園・卒業、入園・入学、お宮参り、百日祝い(お食い初め)、マタニティの記念写真撮影なら、写真スタジオ・フォトスタジオのスタジオアリスにお任せください。スタジオアリスは、いつでも撮れる「こども専門写真館」です。

マーケティング戦略事例:無印良品

生活の合理性を求める消費者をターゲットとして、シンプルなライフスタイルを提案する無印良品。

その製品は「誰でも、いつでも使える無難さ」を意識し、無駄を省いたシンプルなものづくり、製造過程でゴミを減らすという点を開発コンセプトにしています。


これらのコンセプトを、オウンドメディア「くらしの良品研究所」やSNS、スマホアプリ「MUJI passport」などを通じて自社の情報を発信するだけではなく、顧客の意見やアイデアを吸い上げてフィードバックするといった取り組みも行っています。

このように無印良品の事例は、ターゲットをシンプル志向のユーザーに絞り、そこに支持されるように4P分析をバランス良く活用していることが伺えます。

無印良品

https://www.muji.com/jp/ja/store

無印良品は衣服、生活雑貨、食品という幅広い品ぞろえからなる品質の良い商品として、1980年に生まれました。現在、全世界で700店舗を超え、商品アイテムは、約7,000品目を扱っています。

まとめ

マーケティング戦略立案にあたっては、3つのワークフレームの活用が効率的かつ成功への足がかりになります。さらに今回紹介した事例を参考に、より自社の状況に合致した戦略を立ててください。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


オンラインとオフラインの垣根をなくすマーケティング施策「OMO」とは?

オンラインとオフラインの垣根をなくすマーケティング施策「OMO」とは?

昨今、OMO(Online Merges with Offline)という、オンライン、オフラインの境界を意識せずに顧客の購買意欲を創出するマーケティング施策が広まっています。オンラインとオフラインの垣根をなくすOMOとは何か、解説します。


CMOがおさえるべき消費者・ユーザー理解の核心|宣伝会議CMO CLUB FORUMレポート

CMOがおさえるべき消費者・ユーザー理解の核心|宣伝会議CMO CLUB FORUMレポート

「コロナによって売上が減少し顧客が離反した」という構図は果たして本当でしょうか。2020年、コロナショックにより消費者ニーズ、パーセプションの前提自体が変化している可能性がある中、これまでと同じブランド戦略や施策を続けていくべきか、疑問に感じる方も少なくないはずです。ソーシャルプレッシャーにより消費者の本音が届きにくい今、適切な消費者理解はどうあるべきか。11月11日に開催された「宣伝会議CMO CLUB FORUM」では、国内最大規模のWeb行動ログデータを保有し分析支援する株式会社ヴァリューズのゼネラルマネジャー 間宮浩平と、株式会社クー・マーケティング・カンパニーの代表取締役、音部大輔氏が登壇。活発な意見交換を繰り広げました。


事例に学ぶブランディング戦略ノウハウ

事例に学ぶブランディング戦略ノウハウ

「ブランド」や「ブランディング戦略」という言葉はよく使われますが、具体的にはなにを意味していて、どう実践すればよいのでしょうか。ブランディング戦略の立案方法や商品やサービス、企業のブランディング事例をもとにご紹介します。


中国でのブランド育成を化粧品・医薬品の商品名から考える ~ 中国市場マーケティング戦略

中国でのブランド育成を化粧品・医薬品の商品名から考える ~ 中国市場マーケティング戦略

「企業ブランドと、個々の商品ブランド、どちらを育てるべきでしょうか?」中国人向けのマーケティングでそんなご相談をよく頂きます。どちらも浸透させることができれば、それに越したことはありませんが、広大な中国市場ではなかなか難しいのが現状です。 では、中国において、ブランド育成はどのように行っていくべきなのでしょうか。インバウンド・越境ECでよく買われている化粧品や医薬品を中心に考えていきたいと思います。


月々定額で新車に乗れる車のサブスクとは?メーカー各社も参入!

月々定額で新車に乗れる車のサブスクとは?メーカー各社も参入!

月々定額でサービスを利用する「サブスクリプション」の流れは車にも及んでいます。新車の購入に比べ、初期費用が抑えられる、車の乗り換えが簡単で、車の維持にまつわる諸手続きが軽減されるなどの特徴があります。最近では、トヨタ・ホンダなどメーカー各社も車のサブスクに参入しています。


最新の投稿


戸建てVSリフォーム!?コロナ禍の住宅事情を検索キーワードから徹底調査!

戸建てVSリフォーム!?コロナ禍の住宅事情を検索キーワードから徹底調査!

新型コロナの影響によるステイホームやリモートワークの広がりが、住宅事情にも変化を及ぼしています。夫婦で在宅勤務できるスペース、子どもがストレスなく過ごせる空間など、家で過ごす時間が増えたことによって、今までとは違った視点で住宅について考えるきっかけができました。今回は戸建て、土地、リフォームなど、住宅に関する消費者意識の最新動向を分析していきます。


中国で社会現象に。「姐姐経済(お姉さん経済)」時代がやってきた|中国トレンド調査

中国で社会現象に。「姐姐経済(お姉さん経済)」時代がやってきた|中国トレンド調査

「小姐姐」は中国語で「姉」を意味する一方で、近年、「お姉さん経済」と呼ばれる社会現象が女性の社会進出によって現れました。20代〜40代、高学歴、都市部在住などの属性に分類できる、いわゆる「小姐姐」はモノ消費と、経験を楽しむコト消費を同時に重視しており、ECショッピング、スキンケア・化粧品から観光、美容医療、娯楽サービス領域まで、「お姉さん経済」によるインパクトが増大しています。このような消費者行動の特徴を理解することは中国女性消費者向けのマーケティング戦略を立てる時に不可欠であり、中国人女性のライフステージの多様化に伴う消費ニーズを見出すこともできます。


マスク着用でマウスウォッシュが話題に!中でも「リステリン」が注目されている理由を検索データから探ってみた

マスク着用でマウスウォッシュが話題に!中でも「リステリン」が注目されている理由を検索データから探ってみた

新型コロナウイルスの影響でマスクの着用が常態化している昨今。長時間のマスク着用などで自分の口臭が気になっている人が増えているのではないでしょうか。最近では、マスク着用という新生活様式に伴い、エチケットの一環としてマウスウォッシュなどの口臭ケア用品を取り入れている人も多いようです。そこで今回は「口臭」に関連するキーワードに着目して調査・分析をしてみました。


Webサイト&アプリ市場のユーザー数ランキング2020を発表!ステイホームでYouTube利用大幅増、非接触推奨でキャッシュレス決済アプリが日常化

Webサイト&アプリ市場のユーザー数ランキング2020を発表!ステイホームでYouTube利用大幅増、非接触推奨でキャッシュレス決済アプリが日常化

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、2020年1月~10月のWebサイトのアクセス数、スマートフォンのアプリの起動数を調査し、ランキングを作成。前年との比較や、年代別での利用傾向に関しても分析をおこないました。


SFCの学生が語る、データを駆使して大学HPのPR改善を実現した研究プロジェクトの実態とは?

SFCの学生が語る、データを駆使して大学HPのPR改善を実現した研究プロジェクトの実態とは?

カリキュラムの自由度の高さなど、ユニークな教育プログラムで注目を集める慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス(SFC)。マーケティングコミュニケーションを研究する桑原武夫研究会では、大学の広報担当と連携してPRコンテンツを制作する研究活動も行われています。その際にはWeb行動ログデータも使い、コンテンツの課題発見や改善、効果検証まで実施されているとか。では、その実態はどのようなものなのでしょうか? プロジェクトリーダーである4年生の加藤さん、次期リーダーの3年生の片桐くんに取材しました。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング