コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

全国のコンビニ店舗数は約56,000店舗。近ごろでは駅構内や大学、病院など、公的な場所での出店も目立ち、加えて、アプリやSNSでの情報発信にも力を入れるなど、各社ともユーザ囲い込み戦略に力を入れています。そこで今回は、新しく「Dockpit」に加わったアプリ分析機能を用いて、コンビニ大手3社(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート)のアプリユーザーのペルソナを解析し、ターゲティングの特徴や違いを明らかにしていきます。


セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートの公式アプリの特徴

コンビニ大手3社、セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートは、それぞれ公式アプリをリリースしています。簡単に特徴をご紹介します。

「セブン-イレブンアプリ」/セブン-イレブン

「セブン‐イレブンアプリ」の特徴は、使えば使うほどお得になるバッジ制度があることです。対象商品を買うと、銅・銀・金・プラチナと徐々にランクが上がり、獲得したランクに応じて様々な特典が受けられる仕組みです。

「セブンカフェを10杯買うごとに1杯無料クーポン」「おにぎり10個買うたびに1個無料プレゼント」などのキャンペーンからもわかるように、リピートすることで得をするのが「セブン‐イレブンアプリ」の特徴です。また、アプリ会員になると無料Wi-Fiサービス「セブンスポット」が無制限で使えるメリットも。

「セブン‐イレブンアプリ」はnanacoポイントと連動することで、先述のバッジやnanacoポイント、セブンマイルを貯めることができます。

「セブン-イレブンアプリ」/セブン-イレブン

「セブン-イレブンアプリ」/セブン-イレブン

「ローソンアプリ」/ローソン

「ローソンアプリ」の特徴は何と言ってもクーポンが充実していることです。クーポンは毎日配信され、「ウチカフェスイーツ各種20円引き」「パスタ各種50円引き」「まちかど厨房のお弁当各種50円引き」など、すぐに使えるクーポンが表示されます。また、クーポン情報はTwitterなどSNSでも毎日配信されます。

ローソンアプリは「Pontaポイント」「dポイント」と連動できます。

「ローソンアプリ」/ローソン

「ローソンアプリ」/ローソン

「ファミペイ」/ファミリーマート

「ファミペイ」ファミリーマート社が独自に開発した決済サービスのため、ファミリーマートで使用するとお得になる仕組みはありますが、他社と比べると、クーポンやキャンペーンでのユーザー囲い込みは控えめな印象です。

会計時に1回バーコードを提示すれば、決済とクーボン適用、各種ポイント付与が一度に完了するのもウリです。

「ファミペイ」/ファミリーマート

「ファミペイ」/ファミリーマート

コンビニ3社アプリ登録ユーザー比較

ここからは、2022年5月にリリースした「Dockpit」のアプリ分析機能を用いて、コンビニ大手3社のアプリユーザーについて詳しく見ていきます。

アプリ登録ユーザー数は3社とも好調

まずはアプリ登録ユーザー数を比較します。

直近の1年間で、ユーザー数では「セブン‐イレブンアプリ」が最多でした。インストールユーザー数はローソンが最も多くなっています。月平均アプリ起動日数を比較すると、「ローソンアプリ」が11.9日で最多、次いで「ファミペイ」が11.0日、「セブン‐イレブンアプリ」は10.3日でした。

どのアプリも、1ヶ月のうち約3日に1回はアプリを起動していることになり、日常的にコンビニアプリを利用しているようです。

「セブン-イレブンアプリ」「ローソンアプリ」「ファミペイ」ユーザー数・月平均起動日数

「セブン-イレブンアプリ」「ローソンアプリ」「ファミペイ」ユーザー数・月平均起動日数

期間:2021年5月〜2022年4月

ユーザー数の推移を直近2年間で見ると、3社とも2022年4月に少し落ち込んだものの、全体で見ると増加傾向にあることがわかります。

「セブン-イレブンアプリ」「ローソンアプリ」「ファミペイ」ユーザー数推移

「セブン-イレブンアプリ」「ローソンアプリ」「ファミペイ」ユーザー数推移

期間:2020年5月〜2022年4月

また、直近2年間のインストールユーザー数の推移を比較すると、2021年3月以降の「セブン-イレブンアプリ」の好調ぶりがわかります。

「セブン-イレブンアプリ」「ローソンアプリ」「ファミペイ」インストールユーザー数推移

「セブン-イレブンアプリ」「ローソンアプリ」「ファミペイ」インストールユーザー数推移

期間:2020年5月〜2022年4月

アプリユーザー属性比較

続いて、「セブン-イレブンアプリ」「ローソンアプリ」「ファミペイ」各アプリのユーザー属性を比較します。

男女比はほぼ均等。年代は3アプリとも40代が最多。

ユーザーの性別を比較したところ、「セブン-イレブンアプリ」「ローソンアプリ」は男女比がほぼ均等でした。「ファミペイ」は56.7%が男性でした。

年代については3アプリでほとんど差は見られず、40代が最多、続いて50代、30代でした。アプリユーザー全体の年代構成比と比べると、コンビニアプリユーザーは50代、60代の比較的高い年代の人も多いことがわかります。

「セブン-イレブンアプリ」「ローソンアプリ」「ファミペイ」ユーザー属性/男女比

「セブン-イレブンアプリ」「ローソンアプリ」「ファミペイ」ユーザー属性/男女比

期間:2021年5月〜2022年4月

「セブン-イレブンアプリ」「ローソンアプリ」「ファミペイ」ユーザー属性/年代

「セブン-イレブンアプリ」「ローソンアプリ」「ファミペイ」ユーザー属性/年代

期間:2021年5月〜2022年4月

ユーザーの居住都道府県については、実際のコンビニの店舗数の影響が大いにあると思われますが、アプリユーザー数についても地域性がよく表れています。

関東全域は「セブン-イレブンアプリ」、関西の一部と東北、北海道は「ローソンアプリ」のユーザーが多いことがわかります。

「セブン-イレブンアプリ」「ローソンアプリ」「ファミペイ」ユーザー属性/居住都道府県

「セブン-イレブンアプリ」「ローソンアプリ」「ファミペイ」ユーザー属性/居住都道府県

期間:2021年5月〜2022年4月

コンビニアプリユーザーのペルソナを分析

ユーザーのペルソナをより知るために、他にどんなアプリに関心があるのかを調べてみましょう。

「セブン-イレブンアプリ」ユーザーはグルメ好き?

それぞれのアプリ以外にも普段よく使われているアプリからユーザーの特徴を分析します。
併用率では大きな差がみられないため、特徴値(※)での比較を行いました。
この結果、以下のような特徴が見られました。

「セブン-イレブンアプリ」ユーザー
・グルメ系のアプリをよく利用している
・Wi-Fiファインダーなどツール系、仕事効率化アプリを利用している

「ローソンアプリ」
・特に特徴はなく、幅広いジャンルにアンテナを張っている

「ファミペイ」
・ファイナンスに興味あり
・美容、コスメ系のアプリも特徴的

関心アプリランキング

関心アプリ ランキング

期間:2022年2月(ユーザー数が最大の期間を選択)
対象アプリの利用者が、他に利用したアプリのうち、特徴値(※)の大きなアプリ順に表示

※当該アプリ利用者のうち対象者が占める割合が高いアプリをスコア化しランキングにしたもの
比較的小規模なアプリであっても、対象者が利用していたアプリを把握することができ、対象者の特徴を把握することが可能

独自のカラーが出せるかどうかが今後の成長の鍵を握る

ここまで、3社の公式アプリの機能、ユーザー数の推移やユーザー属性などを見ていきましたが、コンビニエンスストアという同じ業態の中での企業戦略の差別化については、全体としては見えにくい部分もあります。

そんな中、各社以下のような戦略で次の一手を目論んでいます。

●セブン-イレブン:イトーヨーカ堂の「顔が見える野菜」など日常品の取り扱いを強化、ダイソー商品の取り扱いも開始

●ローソン:全国の店舗で無印良品の商品の販売を開始。関東甲信越地区の約5000店に約半年間で導入し、2023年中をめどに全国に拡大する予定。

●ファミリーマート:コロナ禍の影響もあり無人決済店舗や自販機コンビニが好調。24年度末までに無人決済型の店舗を約1000店出す方針を掲げている。

また、店舗によっては他にない取り組みで注目を集めたり、地域密着で固定客をつかんでいる事例もあります。

ローソン宿河原駅前店「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」とのコラボ店舗

まとめ

今回は、新しく「Dockpit」に加わったアプリ分析機能を用いて、コンビニ大手3社(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート)のアプリユーザーのペルソナを解析し、ターゲティングの特徴や違いについて分析しました。

各社の公式アプリの特徴は以下のとおりです。

「セブン‐イレブンアプリ」
・使えば使うほどお得になるバッジ制度がある
・nanacoポイントと連動

「ローソンアプリ」
・クーポンが充実している
・「Pontaポイント」「dポイント」と連動

「ファミペイ」
・バーコード提示だけで決済。クーボン適用、各種ポイント付与が一度に完了する


次に、各社のアプリユーザーについて詳しく分析しました。
ユーザー数の推移を比較すると、直近の1年間で、ユーザー数、インストールユーザー数ともに「セブン‐イレブンアプリ」が1位でした。月平均アプリ起動日数は「ローソンアプリ」が最多でした。各社ともユーザー数は順調に増加しています。

ユーザー属性を比較したところ、男女比はほぼ均等、年代についても3アプリでほとんど差は見られず、40代が最多、続いて50代、30代でした。全アプリユーザーと比較すると、コンビニアプリユーザーの年代は高めだということがわかりました。

さらに、それぞれのアプリと併用して使われているアプリを調べたところ、以下のことがわかりました。

・「セブン-イレブンアプリ」ユーザーはグルメ系のアプリをよく利用している
・「ファミペイ」ユーザーは美容、コスメ系のアプリをよく利用している


コンビニ各社の次なる戦略に、アプリユーザーがどう反応するのか、今後の動きにも注目が集まります。

▼今回の分析にはWeb行動ログ調査ツール『Dockpit』を使用しています。『Dockpit』では毎月更新される行動データを用いて、手元のブラウザでキーワード分析やトレンド調査を行えます。Dockpitには無料版もありますので、興味のある方は下記よりぜひご登録ください。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

フリーライター。大手キャリア系企業で編集の仕事に出会い、その後、3つのメディアの立ち上げなど行い、2014年にフリーランスに。医療系、就活系、教育系、結婚系のサイトで執筆中。

関連する投稿


What are the the differences between the searches of “medical consultation” and “health consultation”?

What are the the differences between the searches of “medical consultation” and “health consultation”?

Values Inc. (online behavior analysis services provider using advanced IT technologies) has conducted a collaborative survey with MRT inc. (medical information platform provider) to quantify consumer insights using online behavior histories and user attributes.


流行に火がついたスイーツを振り返る!「Dockpit」と「story bank」でスイーツ関心層を調査

流行に火がついたスイーツを振り返る!「Dockpit」と「story bank」でスイーツ関心層を調査

2021年はマリトッツォをはじめとして、フルーツ大福やフルーツサンド、カヌレなど可愛らしく、美味しいスイーツが様々な人から注目を集めました。2021年の流行スイーツをWebツール「Dockpit」と「story bank」を用いて分析し、調査レポートにまとめました。Webログデータをもとに定量と定性の両面から調査・分析し、最新情報をお伝えします。※詳細なレポートは記事末尾のフォームから無料でダウンロードできます。


大手調剤薬局でも加速するDX ~ Dockpit新搭載のアプリ分析機能で利用者層を比較調査

大手調剤薬局でも加速するDX ~ Dockpit新搭載のアプリ分析機能で利用者層を比較調査

新型コロナウイルスの影響も加わり、昨今では業界を問わず多くの企業においてDXが進んでいます。これは医療業界も例外ではありません。調剤薬局大手ではアプリでのオンライン相談や服薬指導の他に、お薬手帳のアプリ化などが進んでいます。今回は、2022年5月にDockpitの競合分析メニューに新たに搭載された「アプリ分析機能」を用いて、調剤薬局各社のアプリのユーザー数やユーザー属性などについて調査・分析します。


消費者ニーズやブランド認知度を測るツールとしても活用 ~ 日本ペットフードの導入事例|Dockpitユーザー会レポート

消費者ニーズやブランド認知度を測るツールとしても活用 ~ 日本ペットフードの導入事例|Dockpitユーザー会レポート

株式会社ヴァリューズが提供するWeb行動ログ分析ツールDockpitの有料契約者限定で開催された「Dockpitユーザー会」。有料契約者の導入事例として日本ペットフード株式会社を迎え、ツールの導入に至った背景や活用方法、活用メリットについて紹介いただきました。 マナミナ編集部もDockpitユーザー会に参加。日本ペットフード株式会社の独自のツール活用術についてレポートします。


スマホアプリインストール数ランキング、最新1位は「COCOA」。アップデート版配布が要因か(2022年4月)

スマホアプリインストール数ランキング、最新1位は「COCOA」。アップデート版配布が要因か(2022年4月)

毎月更新のスマートフォンアプリインストール数ランキングTop5をまとめました。2022年4月の1位は「COCOA」という結果に。2位には「Tver」、3位には「スマートニュース」がランクインしました。


最新の投稿


急上昇ワードに「THE MATCH 2022」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/6/19~2022/6/25)

急上昇ワードに「THE MATCH 2022」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/6/19~2022/6/25)

2022年6月19日~6月25日の検索急上昇ワードでは、19日に開催された「Yogibo presents THE MATCH 2022」関連のワードが上位入り。「天心」「武尊」といった出場選手名や、「ABEMA」などが検索されました。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


ピンタレスト広告を出稿すべき理由とは?ユーザーデータと特徴から解説!

ピンタレスト広告を出稿すべき理由とは?ユーザーデータと特徴から解説!

ピンタレスト(Pinterest)で広告を出稿したいけどよく分からない。ユーザーがどのような目的でピンタレストを利用しているか、詳しく知りたい。ピンタレスト広告と相性の良い商材/ジャンルが知りたい。こんな悩みをお持ちの方に向けてピンタレスト利用者の利用シーンを分析し、ピンタレスト広告と相性の良いテーマを解説します。ピンタレスト広告の出稿を検討している方は参考にしてみてください。


【2022年7月11日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2022年7月11日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


Tableau中級者への第一歩「LOD表現」について【第2回】FIXED以外のLOD表現「INCLUDE」

Tableau中級者への第一歩「LOD表現」について【第2回】FIXED以外のLOD表現「INCLUDE」

Tableauを使いこなすために避けては通れないテクニックとして「LOD表現」というものがあります。 慣れていないと少し難しく思えてしまいますが、LOD表現を自在に使えるようになるとTableauでの表現の幅がより拡がるので是非この連載で基本的な使い方や考え方をマスターしていきましょう。


徹底した顧客理解が起点に。ちば興銀が取り組むユーザーニーズに寄り添うコンテンツの磨き方|「VALUES Marketing Dive」レポート

徹底した顧客理解が起点に。ちば興銀が取り組むユーザーニーズに寄り添うコンテンツの磨き方|「VALUES Marketing Dive」レポート

「VALUES Marketing Dive」は、“データを通じて顧客のことを深く考える”、“マーケティングの面白さに熱中する”という意味を込めて、今年誕生した新しいマーケティングイベントです。今回のテーマは「Update Your Marketing ~ 顧客理解の新潮流」。本レポートでは、ちば興銀の顧客理解を起点としたコンテンツマーケティングの取組みについてお届けします。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら