コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

全国のコンビニ店舗数は約56,000店舗。近ごろでは駅構内や大学、病院など、公的な場所での出店も目立ち、加えて、アプリやSNSでの情報発信にも力を入れるなど、各社ともユーザ囲い込み戦略に力を入れています。そこで今回は、新しく「Dockpit」に加わったアプリ分析機能を用いて、コンビニ大手3社(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート)のアプリユーザーのペルソナを解析し、ターゲティングの特徴や違いを明らかにしていきます。


セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートの公式アプリの特徴

コンビニ大手3社、セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートは、それぞれ公式アプリをリリースしています。簡単に特徴をご紹介します。

「セブン-イレブンアプリ」/セブン-イレブン

「セブン‐イレブンアプリ」の特徴は、使えば使うほどお得になるバッジ制度があることです。対象商品を買うと、銅・銀・金・プラチナと徐々にランクが上がり、獲得したランクに応じて様々な特典が受けられる仕組みです。

「セブンカフェを10杯買うごとに1杯無料クーポン」「おにぎり10個買うたびに1個無料プレゼント」などのキャンペーンからもわかるように、リピートすることで得をするのが「セブン‐イレブンアプリ」の特徴です。また、アプリ会員になると無料Wi-Fiサービス「セブンスポット」が無制限で使えるメリットも。

「セブン‐イレブンアプリ」はnanacoポイントと連動することで、先述のバッジやnanacoポイント、セブンマイルを貯めることができます。

「セブン-イレブンアプリ」/セブン-イレブン

「セブン-イレブンアプリ」/セブン-イレブン

「ローソンアプリ」/ローソン

「ローソンアプリ」の特徴は何と言ってもクーポンが充実していることです。クーポンは毎日配信され、「ウチカフェスイーツ各種20円引き」「パスタ各種50円引き」「まちかど厨房のお弁当各種50円引き」など、すぐに使えるクーポンが表示されます。また、クーポン情報はTwitterなどSNSでも毎日配信されます。

ローソンアプリは「Pontaポイント」「dポイント」と連動できます。

「ローソンアプリ」/ローソン

「ローソンアプリ」/ローソン

「ファミペイ」/ファミリーマート

「ファミペイ」ファミリーマート社が独自に開発した決済サービスのため、ファミリーマートで使用するとお得になる仕組みはありますが、他社と比べると、クーポンやキャンペーンでのユーザー囲い込みは控えめな印象です。

会計時に1回バーコードを提示すれば、決済とクーボン適用、各種ポイント付与が一度に完了するのもウリです。

「ファミペイ」/ファミリーマート

「ファミペイ」/ファミリーマート

コンビニ3社アプリ登録ユーザー比較

ここからは、2022年5月にリリースした「Dockpit」のアプリ分析機能を用いて、コンビニ大手3社のアプリユーザーについて詳しく見ていきます。

アプリ登録ユーザー数は3社とも好調

まずはアプリ登録ユーザー数を比較します。

直近の1年間で、ユーザー数では「セブン‐イレブンアプリ」が最多でした。インストールユーザー数はローソンが最も多くなっています。月平均アプリ起動日数を比較すると、「ローソンアプリ」が11.9日で最多、次いで「ファミペイ」が11.0日、「セブン‐イレブンアプリ」は10.3日でした。

どのアプリも、1ヶ月のうち約3日に1回はアプリを起動していることになり、日常的にコンビニアプリを利用しているようです。

「セブン-イレブンアプリ」「ローソンアプリ」「ファミペイ」ユーザー数・月平均起動日数

「セブン-イレブンアプリ」「ローソンアプリ」「ファミペイ」ユーザー数・月平均起動日数

期間:2021年5月〜2022年4月

ユーザー数の推移を直近2年間で見ると、3社とも2022年4月に少し落ち込んだものの、全体で見ると増加傾向にあることがわかります。

「セブン-イレブンアプリ」「ローソンアプリ」「ファミペイ」ユーザー数推移

「セブン-イレブンアプリ」「ローソンアプリ」「ファミペイ」ユーザー数推移

期間:2020年5月〜2022年4月

また、直近2年間のインストールユーザー数の推移を比較すると、2021年3月以降の「セブン-イレブンアプリ」の好調ぶりがわかります。

「セブン-イレブンアプリ」「ローソンアプリ」「ファミペイ」インストールユーザー数推移

「セブン-イレブンアプリ」「ローソンアプリ」「ファミペイ」インストールユーザー数推移

期間:2020年5月〜2022年4月

アプリユーザー属性比較

続いて、「セブン-イレブンアプリ」「ローソンアプリ」「ファミペイ」各アプリのユーザー属性を比較します。

男女比はほぼ均等。年代は3アプリとも40代が最多。

ユーザーの性別を比較したところ、「セブン-イレブンアプリ」「ローソンアプリ」は男女比がほぼ均等でした。「ファミペイ」は56.7%が男性でした。

年代については3アプリでほとんど差は見られず、40代が最多、続いて50代、30代でした。アプリユーザー全体の年代構成比と比べると、コンビニアプリユーザーは50代、60代の比較的高い年代の人も多いことがわかります。

「セブン-イレブンアプリ」「ローソンアプリ」「ファミペイ」ユーザー属性/男女比

「セブン-イレブンアプリ」「ローソンアプリ」「ファミペイ」ユーザー属性/男女比

期間:2021年5月〜2022年4月

「セブン-イレブンアプリ」「ローソンアプリ」「ファミペイ」ユーザー属性/年代

「セブン-イレブンアプリ」「ローソンアプリ」「ファミペイ」ユーザー属性/年代

期間:2021年5月〜2022年4月

ユーザーの居住都道府県については、実際のコンビニの店舗数の影響が大いにあると思われますが、アプリユーザー数についても地域性がよく表れています。

関東全域は「セブン-イレブンアプリ」、関西の一部と東北、北海道は「ローソンアプリ」のユーザーが多いことがわかります。

「セブン-イレブンアプリ」「ローソンアプリ」「ファミペイ」ユーザー属性/居住都道府県

「セブン-イレブンアプリ」「ローソンアプリ」「ファミペイ」ユーザー属性/居住都道府県

期間:2021年5月〜2022年4月

コンビニアプリユーザーのペルソナを分析

ユーザーのペルソナをより知るために、他にどんなアプリに関心があるのかを調べてみましょう。

「セブン-イレブンアプリ」ユーザーはグルメ好き?

それぞれのアプリ以外にも普段よく使われているアプリからユーザーの特徴を分析します。
併用率では大きな差がみられないため、特徴値(※)での比較を行いました。
この結果、以下のような特徴が見られました。

「セブン-イレブンアプリ」ユーザー
・グルメ系のアプリをよく利用している
・Wi-Fiファインダーなどツール系、仕事効率化アプリを利用している

「ローソンアプリ」
・特に特徴はなく、幅広いジャンルにアンテナを張っている

「ファミペイ」
・ファイナンスに興味あり
・美容、コスメ系のアプリも特徴的

関心アプリランキング

関心アプリ ランキング

期間:2022年2月(ユーザー数が最大の期間を選択)
対象アプリの利用者が、他に利用したアプリのうち、特徴値(※)の大きなアプリ順に表示

※当該アプリ利用者のうち対象者が占める割合が高いアプリをスコア化しランキングにしたもの
比較的小規模なアプリであっても、対象者が利用していたアプリを把握することができ、対象者の特徴を把握することが可能

独自のカラーが出せるかどうかが今後の成長の鍵を握る

ここまで、3社の公式アプリの機能、ユーザー数の推移やユーザー属性などを見ていきましたが、コンビニエンスストアという同じ業態の中での企業戦略の差別化については、全体としては見えにくい部分もあります。

そんな中、各社以下のような戦略で次の一手を目論んでいます。

●セブン-イレブン:イトーヨーカ堂の「顔が見える野菜」など日常品の取り扱いを強化、ダイソー商品の取り扱いも開始

●ローソン:全国の店舗で無印良品の商品の販売を開始。関東甲信越地区の約5000店に約半年間で導入し、2023年中をめどに全国に拡大する予定。

●ファミリーマート:コロナ禍の影響もあり無人決済店舗や自販機コンビニが好調。24年度末までに無人決済型の店舗を約1000店出す方針を掲げている。

また、店舗によっては他にない取り組みで注目を集めたり、地域密着で固定客をつかんでいる事例もあります。

ローソン宿河原駅前店「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」とのコラボ店舗

まとめ

今回は、新しく「Dockpit」に加わったアプリ分析機能を用いて、コンビニ大手3社(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート)のアプリユーザーのペルソナを解析し、ターゲティングの特徴や違いについて分析しました。

各社の公式アプリの特徴は以下のとおりです。

「セブン‐イレブンアプリ」
・使えば使うほどお得になるバッジ制度がある
・nanacoポイントと連動

「ローソンアプリ」
・クーポンが充実している
・「Pontaポイント」「dポイント」と連動

「ファミペイ」
・バーコード提示だけで決済。クーボン適用、各種ポイント付与が一度に完了する


次に、各社のアプリユーザーについて詳しく分析しました。
ユーザー数の推移を比較すると、直近の1年間で、ユーザー数、インストールユーザー数ともに「セブン‐イレブンアプリ」が1位でした。月平均アプリ起動日数は「ローソンアプリ」が最多でした。各社ともユーザー数は順調に増加しています。

ユーザー属性を比較したところ、男女比はほぼ均等、年代についても3アプリでほとんど差は見られず、40代が最多、続いて50代、30代でした。全アプリユーザーと比較すると、コンビニアプリユーザーの年代は高めだということがわかりました。

さらに、それぞれのアプリと併用して使われているアプリを調べたところ、以下のことがわかりました。

・「セブン-イレブンアプリ」ユーザーはグルメ系のアプリをよく利用している
・「ファミペイ」ユーザーは美容、コスメ系のアプリをよく利用している


コンビニ各社の次なる戦略に、アプリユーザーがどう反応するのか、今後の動きにも注目が集まります。

▼今回の分析にはWeb行動ログ調査ツール『Dockpit』を使用しています。『Dockpit』では毎月更新される行動データを用いて、手元のブラウザでキーワード分析やトレンド調査を行えます。Dockpitには無料版もありますので、興味のある方は下記よりぜひご登録ください。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

フリーライター。大手キャリア系企業で編集の仕事に出会い、その後、3つのメディアの立ち上げなど行い、2014年にフリーランスに。医療系、就活系、教育系、結婚系のサイトで執筆中。

関連する投稿


全国旅行支援開始!「新型コロナワクチン接種証明書」が最新スマホアプリインストールランキング上位に(2022年10月)

全国旅行支援開始!「新型コロナワクチン接種証明書」が最新スマホアプリインストールランキング上位に(2022年10月)

毎月更新のスマートフォンアプリインストール数ランキングTop5をまとめました。今月のランキングでも「マイナポイント」「マイナポータル」が相変わらず根強い結果の中、全国旅行支援開始と同時に「新型コロナワクチン接種証明書」が急浮上。そして、Z世代に特徴的と言われる「タイパ」の影響が映像業界にも大きく影響している?「TVer」の上位ランクインの裏には、ダイジェスト動画配信サービスが関係していると考えられそうです。


2023年の「母の日」のトレンドを予測!定番の「花」以外に伸びている需要とは?

2023年の「母の日」のトレンドを予測!定番の「花」以外に伸びている需要とは?

来年の「母の日」に向けて、今年や昨年のデータから近年のニーズを考察し、最近のトレンドや2023年にどんなギフトが流行りそうかについて調査・分析します。母の日に向けた企画やプロモーション検討の参考になれば幸いです。


みんなが気にしているのは何のデメリット?おすすめ情報が気になるものとは?

みんなが気にしているのは何のデメリット?おすすめ情報が気になるものとは?

インターネットで何かを調べるとき、慎重な人はメリットよりデメリットが気になりますよね。または、インターネット上のおすすめ情報にも敏感な人は多いと思います。 今回の調査は、デメリットやおすすめ情報を調べる人の特性について、どんなジャンルで検索されているかも含めて分析していきます。


みんなはどんなプチプラアイテムを買っている?支持される「プチプラ」の特徴と傾向を分析

みんなはどんなプチプラアイテムを買っている?支持される「プチプラ」の特徴と傾向を分析

さまざまなものが値上がりしている2022年。いま、世間ではリーズナブルな価格をコンセプトとする「プチプラ」商品への関心が高まっています。今回は1年を通してどのような「プチプラ」へのニーズがあるのか、ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」のデータをもとに検証しました。


Manga app case study: Number of users & demographics among growing manga apps

Manga app case study: Number of users & demographics among growing manga apps

A look into the number of manga app users over the two-year period starting September 2020 shows remarkable growth, perhaps due in part to the COVID-19 stay-at-home. Here, we examine "LINE Manga," "Piccoma," "Shonen Jump+ (Shueisha)," "Magapoke (Kodansha)" and "Manga One (Shogakukan)."


最新の投稿


タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

Z世代は、生活のあらゆる場面でタイパ(タイムパフォーマンス)を意識しています。「タイパ至上主義」という言葉が登場するほど、Z世代は時間効率を重視しているのです。この記事では、Z世代の購買心理・最新のトレンドを知るために、タイパの概要や価値観、マーケティング事例を解説します。


2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

ダブルイレブン(W11)とは、毎年<b>11月11日に中国で行われている独身の日を祝うイベント</b>です。2022年のダブルイレブンでは、ECプラットフォームや店舗などの関係者が売上高を伸ばすことに力を入れていました。その中で加盟店が示す戦況報告からは、中国のマーケットで、新しい産業やブランドが急成長しているのを垣間見ることができます。 本記事では、2022年ダブルイレブンのトレンドとなった業界を中心にご紹介します。


Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

We will investigate "Midjourney" and "Stable Diffusion" AI Image Generators, which allow anyone to generate images from keywords. Let’s look into it users, its purpose, the reason for its popularity, and its strengths. We will analyze the data of the interest group and analyze our user experience.


お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界大手の「森永製菓」「江崎グリコ」「カルビー」「ブルボン」「不二家」。各公式サイトの集客状況に注目し、強みや施策の違いを調査します。2年半前に公開した同記事の最新版として、新たな発見をお届けします。


行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

経済学に心理学を組み合わせる「行動経済学」。マーケティングとの親和性の高さ、そしてマーケティング活動のためのヒントがあるとされており、さまざまな場面で活用が進んでいます。行動経済学をビジネスに活かすには、そのエッセンスがよくまとまった本・書籍で学ぶのが近道です。今回は、ベストセラー本から教科書的なものまで、行動経済学についてまんべんなく学べるよう、20冊のおすすめ本を紹介します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら