『SPY×FAMILY (スパイファミリー)』ヒットの背景を検索キーワードから探る

『SPY×FAMILY (スパイファミリー)』ヒットの背景を検索キーワードから探る

集英社の「少年ジャンプ+」で連載中の『SPY×FAMILY』の人気が急上昇中。2022年5月30日時点の累計発行部数が2100万部との発表に、ポスト『鬼滅の刃』とも称されるまでの存在感を見せつけました。今回は、今注目度ナンバーワンコンテンツ『SPY×FAMILY』のヒットの背景を、検索キーワードから探っていきます。


『SPY×FAMILY』ってどんなマンガ?

『SPY×FAMILY』が「少年ジャンプ+」で連載開始されたのは、2019年3月25日でした。アプリ(Web)限定コンテンツながら、閲覧数およびコメント数は、それまでのコンテンツの記録を塗り替える大快挙、瞬く間に『少年ジャンプ+』史上初の大ヒット作となりました。また、単行本も、2019年7月4日に発売されて以来人気上昇中で、2022年6月時点で累計発行部数が2100万部を超えるなど、大ヒットを飛ばしています。
さらに、2022年4月よりテレビアニメの放送が開始されたのを起爆剤に人気に拍車がかかり、幅広い世代で注目を集めています。

『SPY×FAMILY』を構成する“家族”は3人。スパイの夫(ロイド)と、殺し屋の妻(ヨル)、そしてエスパーの娘(アーニャ)。お互いの正体を知らない赤の他人の3人が、少しずつ本物の家族になっていく、心温まるストーリーが、コメディタッチ全開で描かれています。さらに、スタイリッシュかつ可愛らしいイラストは、世代を問わず愛されています。

『SPY×FAMILY』(「少年ジャンプ+」/遠藤達哉)

検索者はアニメ放送開始から急増

まずは、『SPY×FAMILY』の人気の背景を、検索ユーザー数の推移で確認していきましょう。

「SPY×FAMILY」「スパイファミリー」検索ユーザー数推移

『SPY×FAMILY』検索ユーザー数推移

設定キーワード「SPY×FAMILY」「SPYFAMILY」「スパイファミリー」
期間:2021年7月〜2022年6月
デバイス: PC・スマートフォン

上のグラフのように、連載開始後は検索ユーザー数に変化はみられず、アニメ化が発表されたタイミング、単行本8巻のタイミングで徐々に注目されるようになり、2022年4月のテレビアニメ放送開始から急激に検索ユーザー数が増えたことがわかります。

男女問わず、広い世代に人気。属性は『名探偵コナン』に類似

次に、『SPY×FAMILY』を検索しているのはどんな人なのか、ユーザー属性を見ていきましょう。
比較のために、 「漫画全巻ドットコム」がまとめた歴代発行部数ランキングの中から上位7作品のデータと並べて解説します。

※このランキングは、漫画全巻ドットコム(株式会社TORICO)がコミックスの帯や出版社からの公式発表などを元に、独自で調査したものです(2022.7月時点)。
※『SPY×FAMILY』は2022.7月時点で139位にランクイン。

まずは性別です。『SPY×FAMILY』を検索したユーザーは女性が54.7%を占め、女性の割合は他のどの作品よりも高いことがわかりました。ユーザー構成が一番近いのが『名探偵コナン』でした。

『SPY×FAMILY』検索ユーザー属性<性別>

『SPY×FAMILY』検索ユーザー属性<性別>

設定キーワード(以下グラフ同様)
「SPY×FAMILY」:SPY×FAMILY、SPYFAMILY、スパイファミリー
「ONE PIECE」:ONE PIECE
「ゴルゴ13」:ゴルゴ13
「ドラゴンボール」:ドラゴンボール、DRAGON BALL
「ナルト」:ナルト、NARUTO
「名探偵コナン」:名探偵コナン、コナン
「こちら葛飾区亀有公園前派出所」:こちら葛飾区亀有公園前派出所、こち亀
「鬼滅の刃」:鬼滅の刃、鬼滅、キメツ
期間:2021年7月〜2022年6月
デバイス: PC・スマートフォン

次に年代です。下のグラフのように、『SPY×FAMILY』検索ユーザーは40代が最多、30代、20代と続きました。
他作品と比較してみると、やはりユーザー構成は『名探偵コナン』と類似しているようです。

『SPY×FAMILY』検索ユーザー属性<年代>

『SPY×FAMILY』検索ユーザー属性<年代>

期間:2021年7月〜2022年6月
デバイス: PC・スマートフォン

次に、未既婚、子どもの有無を比較します。『SPY×FAMILY』検索ユーザーは、未婚が65.4%で多く、子どもの有無については「子どもなし」が優勢でした。
スパイ、殺し屋、アクションなど、一見ダークなイメージですが、家族がテーマでほのぼのとしたシーンも多く、広い層に馴染みやすいものと思われます。

他の作品と比較してみると、『ナルト』『名探偵コナン』『ドラゴンボール』などが近いでしょう。
ポスト『鬼滅の刃』と称される割には、興味を持って検索するユーザーの属性は少し異なっていることがわかります。

『SPY×FAMILY』検索ユーザー属性<未既婚><子どもの有無>

『SPY×FAMILY』検索ユーザー属性<上:未既婚><下:子どもの有無>

期間:2021年7月〜2022年6月
デバイス: PC・スマートフォン

主な関心事はアニメ化、コラボ、女性キャラクター

続いて、『SPY×FAMILY』と掛け合わせて検索されたキーワードから、検索者が『SPY×FAMILY』の何に興味を持っているかを探ります。

「SPY×FAMILY」「スカイファミリー」と同時に検索されたキーワードランキング

『SPY×FAMILY』と掛け合わせ検索されたキーワードランキング

設定キーワード「SPY×FAMILY」「SPYFAMILY」「スパイファミリー」
期間:2021年7月〜2022年6月
デバイス: PC・スマートフォン

関連ワードが複数5位以内にランクインしているアニメ化に注目が集まっていることがわかります。また、「モンスト」や「ユニクロ」とのコラボ企画も多く検索されました。ランキング外でも「コラボ(21位)」「マツキヨ(23位)」「ローソン(30位)」などが見られました。

TVアニメ『SPY×FAMILY』と「モンスト」のコラボイベント <ガチャ「超・獣神祭」>

検索されやすいキャラクターは誰?

掛け合わせ検索ワードでは「アーニャ」が8位、「ヨル」が13位となっていましたが、「ロイド」は82位でした。なぜこの2人がよく検索されているのか、深掘りしていきます。

「アーニャ」「ヨル」「ロイド」それぞれの掛け合わせワードを分析したところ、下の表のように「アーニャ」「ヨル」には「コスプレ」「フィギュア」といったワードがランクインしています。
また、「アーニャ」はセリフにも注目が集まっているようです。「アーニャ」の言葉遣いや言葉選びは独特で、父親のことを「ちち」、母親のことを「はは」と呼んだり、「おでかけ」を「おでけけ♪」と言ったり、かわいいセリフを探してみたくなるのも納得です。

一方で「ロイド」は他キャラクターと共通して「声優」という検索はあるものの、「コスプレ」といった検索が上位入りしておらず、女性キャラクターと比べて盛り上がりが小さい要因になっていることがわかります。

「アーニャ」「ヨル」「ロイド」との掛け合わせワードランキング

期間:2021年7月〜2022年6月
デバイス: PC・スマートフォン

『SPY×FAMILY』好きに人気のコンテンツ

次に、『SPY×FAMILY』を検索するユーザーが、他にどんなことに関心があるのか、関心ワードを分析します。

『SPY×FAMILY』検索ユーザーの関心ワードランキング

『SPY×FAMILY』検索ユーザーの関心ワードランキング

設定キーワード「SPY×FAMILY」「SPYFAMILY」「スパイファミリー」
期間:2021年7月〜2022年6月
デバイス: PC・スマートフォン

「勇者辞めます(正式名称:勇者、辞めます)」「魔女の旅々」「ヒロインたるもの」などのアニメ・マンガへの関心が高いことがわかります。これらが『SPY×FAMILY』と共通することとして、以下のようなことが挙げられます。

・アクション系
・強い女性キャラクターが活躍する
・ロングヘアでスタイル抜群の女性キャクターが登場する
・アクション要素とコメディ要素の両方を備える
・マンガのアニメ化
・家族や仲間の絆がテーマのアニメ・マンガ

まとめ

集英社の「少年ジャンプ+」で連載中の『SPY×FAMILY』の人気急上昇を受け、そのヒットの背景を検索キーワードから探りました。

『SPY×FAMILY』が「少年ジャンプ+」で連載開始されたのは、2019年3月25日。単行本は2019年7月4日に発売されました。2022年4月よりテレビアニメの放送が開始されたのを起爆剤に、さらに注目されるようになりました。

検索ユーザー数の推移を見ると、アニメ化が発表されたタイミングで徐々に注目されるようになり、2022年4月のテレビアニメ放送開始から急激に検索ユーザー数が増えたことがわかりました。

検索者の属性を分析した結果、女性が54.7%、年代は40代が最多、30代、20代の順で多く占めていました。家族がテーマでほのぼのとしたシーンも多く、広い層に馴染みやすいものと思われます。また、ユーザー属性は『名探偵コナン』と近いことがわかりました。

『SPY×FAMILY』と同時に検索されたキーワードを分析した結果、やはりアニメ化に注目が集まっていることがわかりました。また、「モンスト」や「ユニクロ」とのコラボ企画も多く検索されたようです。
キャラクター名では「アーニャ」「ヨル」が15位以内にランクインしました。それぞれ「コスプレ」「フィギュア」など、付随するコンテンツがよく検索されたようです。

『SPY×FAMILY』以外の関心事としては、共通項の多い「勇者辞めます(正式名称:勇者、辞めます)」「魔女の旅々」「ヒロインたるもの」などの作品が挙がりました。

【調査概要】
・全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログと検索者の属性情報にもとづき分析
・行動ログ分析対象期間:2021年7月〜2022年6月
※ボリュームはヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測
※対象デバイス:PC・スマートフォンの両デバイス

▼今回の分析にはWeb行動ログ調査ツール『Dockpit』を使用しています。『Dockpit』では毎月更新される行動データを用いて、手元のブラウザでキーワード分析やトレンド調査を行えます。無料版もありますので、興味のある方は下記よりぜひご登録ください。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

フリーライター。大手キャリア系企業で編集の仕事に出会い、その後、3つのメディアの立ち上げなど行い、2014年にフリーランスに。医療系、就活系、教育系、結婚系のサイトで執筆中。

関連する投稿


レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

「コンデジ」「チェキ」「写ルンです」。この言葉を聞いて懐かしいと思う大人は多いかもしれません。スマートフォンの普及によって、カメラを買う機会は減少傾向にありました。しかしながら、最近はZ世代の間で「レトロ」が注目を集め始め、コンデジブームがやってきました。データ分析を通してそれぞれのカメラの関心層を分析します!


The latest trends provoke “empathy for real-life negative situations”? Analyzing popular characters and events

The latest trends provoke “empathy for real-life negative situations”? Analyzing popular characters and events

To generate buzz in a systematic manner, rather than by chance, it is important to look for commonalities in why certain things become a trend. We will analyze recent trends such as "cat memes," popular characters, and events to determine "what people are supporting these days, and why."


平成女児に人気再燃のセーラームーンとプリキュアはなぜ数十年にわたり愛される? ファン層の特徴から分析!

平成女児に人気再燃のセーラームーンとプリキュアはなぜ数十年にわたり愛される? ファン層の特徴から分析!

30周年を迎えた「美少女戦士セーラームーン」と20周年を迎えた「プリキュア」。この2つの作品名を聞いたことがない方はいないでしょう。セーラームーンは特に女性人気が高く、プリキュアは男女どちらからも愛されているようです。本記事では、この2つの作品のファンについてより深く分析します。また、ファンの特徴から作品が愛される理由を考察します。


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!早くも「夏」の準備開始?「母の日」プレゼント選びも(2024年5月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!早くも「夏」の準備開始?「母の日」プレゼント選びも(2024年5月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第19弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「夏」「母の日」の2テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。Z世代の準備・楽しみ方が気になる「夏」、「母の日」のプレゼント選びの悩み など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


「おぱんちゅうさぎ」人気に迫る!トレンドの共通点は「等身大なネガティブに対する共感性」?

「おぱんちゅうさぎ」人気に迫る!トレンドの共通点は「等身大なネガティブに対する共感性」?

若者の間で、「ちいかわ」を超えて人気に火がついていると言われる「おぱんちゅうさぎ」。なぜ人々は魅了されてしまうのか?「おぱんちゅうさぎ」がどのような人を取り込み、なぜ人気なのか、昨今のトレンド「ちいかわ」「猫ミーム」「やだなー展」などとの共通点も探りながら、分析していきます。


最新の投稿


生成AIを知っている小学生は23%・保護者は53% そのうち利用に肯定的な保護者は約7割【ベネッセコーポレーション】

生成AIを知っている小学生は23%・保護者は53% そのうち利用に肯定的な保護者は約7割【ベネッセコーポレーション】

株式会社ベネッセコーポレーションは、全国の小学3年生から小学6年生とその保護者に、ChatGPTなどの生成AIの認知、利用経験や今後の利用意向、利用する上で大事だと思うことなどについてアンケート調査を実施し、結果を公開しました。


【2024年8月5日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2024年8月5日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


みんなの注目キーワードは?週間検索トレンドランキング(2024/07/01〜2024/07/07)

みんなの注目キーワードは?週間検索トレンドランキング(2024/07/01〜2024/07/07)

ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」をもとに、週次の検索急上昇ワードランキングを作成し、トレンドになっているキーワードを取り上げます。


データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

株式会社データ・ワンは、株式会社NTTドコモが保有するドコモ独自の顧客プロファイリングAIエンジン「docomo Sense™」を活用した広告ソリューション「co-buy® Audience Plus(コーバイ・オーディエンスプラス)」の提供を開始したことを発表しました。このソリューションにより、データ・ワンが保有する小売事業者の購買データを元に類似顧客を推計し、質の高さとリーチ量を兼ね揃えた広告配信が可能となるといいます。


スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

株式会社クロス・マーケティングは、スマホゲームを月1回以上プレイしている全国15~69歳の男女を対象に「ゲームに関する調査(2024年)スマホゲーム編」を実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ