『SPY×FAMILY (スパイファミリー)』ヒットの背景を検索キーワードから探る

『SPY×FAMILY (スパイファミリー)』ヒットの背景を検索キーワードから探る

集英社の「少年ジャンプ+」で連載中の『SPY×FAMILY』の人気が急上昇中。2022年5月30日時点の累計発行部数が2100万部との発表に、ポスト『鬼滅の刃』とも称されるまでの存在感を見せつけました。今回は、今注目度ナンバーワンコンテンツ『SPY×FAMILY』のヒットの背景を、検索キーワードから探っていきます。


『SPY×FAMILY』ってどんなマンガ?

『SPY×FAMILY』が「少年ジャンプ+」で連載開始されたのは、2019年3月25日でした。アプリ(Web)限定コンテンツながら、閲覧数およびコメント数は、それまでのコンテンツの記録を塗り替える大快挙、瞬く間に『少年ジャンプ+』史上初の大ヒット作となりました。また、単行本も、2019年7月4日に発売されて以来人気上昇中で、2022年6月時点で累計発行部数が2100万部を超えるなど、大ヒットを飛ばしています。
さらに、2022年4月よりテレビアニメの放送が開始されたのを起爆剤に人気に拍車がかかり、幅広い世代で注目を集めています。

『SPY×FAMILY』を構成する“家族”は3人。スパイの夫(ロイド)と、殺し屋の妻(ヨル)、そしてエスパーの娘(アーニャ)。お互いの正体を知らない赤の他人の3人が、少しずつ本物の家族になっていく、心温まるストーリーが、コメディタッチ全開で描かれています。さらに、スタイリッシュかつ可愛らしいイラストは、世代を問わず愛されています。

『SPY×FAMILY』(「少年ジャンプ+」/遠藤達哉)

検索者はアニメ放送開始から急増

まずは、『SPY×FAMILY』の人気の背景を、検索ユーザー数の推移で確認していきましょう。

「SPY×FAMILY」「スパイファミリー」検索ユーザー数推移

『SPY×FAMILY』検索ユーザー数推移

設定キーワード「SPY×FAMILY」「SPYFAMILY」「スパイファミリー」
期間:2021年7月〜2022年6月
デバイス: PC・スマートフォン

上のグラフのように、連載開始後は検索ユーザー数に変化はみられず、アニメ化が発表されたタイミング、単行本8巻のタイミングで徐々に注目されるようになり、2022年4月のテレビアニメ放送開始から急激に検索ユーザー数が増えたことがわかります。

男女問わず、広い世代に人気。属性は『名探偵コナン』に類似

次に、『SPY×FAMILY』を検索しているのはどんな人なのか、ユーザー属性を見ていきましょう。
比較のために、 「漫画全巻ドットコム」がまとめた歴代発行部数ランキングの中から上位7作品のデータと並べて解説します。

※このランキングは、漫画全巻ドットコム(株式会社TORICO)がコミックスの帯や出版社からの公式発表などを元に、独自で調査したものです(2022.7月時点)。
※『SPY×FAMILY』は2022.7月時点で139位にランクイン。

まずは性別です。『SPY×FAMILY』を検索したユーザーは女性が54.7%を占め、女性の割合は他のどの作品よりも高いことがわかりました。ユーザー構成が一番近いのが『名探偵コナン』でした。

『SPY×FAMILY』検索ユーザー属性<性別>

『SPY×FAMILY』検索ユーザー属性<性別>

設定キーワード(以下グラフ同様)
「SPY×FAMILY」:SPY×FAMILY、SPYFAMILY、スパイファミリー
「ONE PIECE」:ONE PIECE
「ゴルゴ13」:ゴルゴ13
「ドラゴンボール」:ドラゴンボール、DRAGON BALL
「ナルト」:ナルト、NARUTO
「名探偵コナン」:名探偵コナン、コナン
「こちら葛飾区亀有公園前派出所」:こちら葛飾区亀有公園前派出所、こち亀
「鬼滅の刃」:鬼滅の刃、鬼滅、キメツ
期間:2021年7月〜2022年6月
デバイス: PC・スマートフォン

次に年代です。下のグラフのように、『SPY×FAMILY』検索ユーザーは40代が最多、30代、20代と続きました。
他作品と比較してみると、やはりユーザー構成は『名探偵コナン』と類似しているようです。

『SPY×FAMILY』検索ユーザー属性<年代>

『SPY×FAMILY』検索ユーザー属性<年代>

期間:2021年7月〜2022年6月
デバイス: PC・スマートフォン

次に、未既婚、子どもの有無を比較します。『SPY×FAMILY』検索ユーザーは、未婚が65.4%で多く、子どもの有無については「子どもなし」が優勢でした。
スパイ、殺し屋、アクションなど、一見ダークなイメージですが、家族がテーマでほのぼのとしたシーンも多く、広い層に馴染みやすいものと思われます。

他の作品と比較してみると、『ナルト』『名探偵コナン』『ドラゴンボール』などが近いでしょう。
ポスト『鬼滅の刃』と称される割には、興味を持って検索するユーザーの属性は少し異なっていることがわかります。

『SPY×FAMILY』検索ユーザー属性<未既婚><子どもの有無>

『SPY×FAMILY』検索ユーザー属性<上:未既婚><下:子どもの有無>

期間:2021年7月〜2022年6月
デバイス: PC・スマートフォン

主な関心事はアニメ化、コラボ、女性キャラクター

続いて、『SPY×FAMILY』と掛け合わせて検索されたキーワードから、検索者が『SPY×FAMILY』の何に興味を持っているかを探ります。

「SPY×FAMILY」「スカイファミリー」と同時に検索されたキーワードランキング

『SPY×FAMILY』と掛け合わせ検索されたキーワードランキング

設定キーワード「SPY×FAMILY」「SPYFAMILY」「スパイファミリー」
期間:2021年7月〜2022年6月
デバイス: PC・スマートフォン

関連ワードが複数5位以内にランクインしているアニメ化に注目が集まっていることがわかります。また、「モンスト」や「ユニクロ」とのコラボ企画も多く検索されました。ランキング外でも「コラボ(21位)」「マツキヨ(23位)」「ローソン(30位)」などが見られました。

TVアニメ『SPY×FAMILY』と「モンスト」のコラボイベント <ガチャ「超・獣神祭」>

検索されやすいキャラクターは誰?

掛け合わせ検索ワードでは「アーニャ」が8位、「ヨル」が13位となっていましたが、「ロイド」は82位でした。なぜこの2人がよく検索されているのか、深掘りしていきます。

「アーニャ」「ヨル」「ロイド」それぞれの掛け合わせワードを分析したところ、下の表のように「アーニャ」「ヨル」には「コスプレ」「フィギュア」といったワードがランクインしています。
また、「アーニャ」はセリフにも注目が集まっているようです。「アーニャ」の言葉遣いや言葉選びは独特で、父親のことを「ちち」、母親のことを「はは」と呼んだり、「おでかけ」を「おでけけ♪」と言ったり、かわいいセリフを探してみたくなるのも納得です。

一方で「ロイド」は他キャラクターと共通して「声優」という検索はあるものの、「コスプレ」といった検索が上位入りしておらず、女性キャラクターと比べて盛り上がりが小さい要因になっていることがわかります。

「アーニャ」「ヨル」「ロイド」との掛け合わせワードランキング

期間:2021年7月〜2022年6月
デバイス: PC・スマートフォン

『SPY×FAMILY』好きに人気のコンテンツ

次に、『SPY×FAMILY』を検索するユーザーが、他にどんなことに関心があるのか、関心ワードを分析します。

『SPY×FAMILY』検索ユーザーの関心ワードランキング

『SPY×FAMILY』検索ユーザーの関心ワードランキング

設定キーワード「SPY×FAMILY」「SPYFAMILY」「スパイファミリー」
期間:2021年7月〜2022年6月
デバイス: PC・スマートフォン

「勇者辞めます(正式名称:勇者、辞めます)」「魔女の旅々」「ヒロインたるもの」などのアニメ・マンガへの関心が高いことがわかります。これらが『SPY×FAMILY』と共通することとして、以下のようなことが挙げられます。

・アクション系
・強い女性キャラクターが活躍する
・ロングヘアでスタイル抜群の女性キャクターが登場する
・アクション要素とコメディ要素の両方を備える
・マンガのアニメ化
・家族や仲間の絆がテーマのアニメ・マンガ

まとめ

集英社の「少年ジャンプ+」で連載中の『SPY×FAMILY』の人気急上昇を受け、そのヒットの背景を検索キーワードから探りました。

『SPY×FAMILY』が「少年ジャンプ+」で連載開始されたのは、2019年3月25日。単行本は2019年7月4日に発売されました。2022年4月よりテレビアニメの放送が開始されたのを起爆剤に、さらに注目されるようになりました。

検索ユーザー数の推移を見ると、アニメ化が発表されたタイミングで徐々に注目されるようになり、2022年4月のテレビアニメ放送開始から急激に検索ユーザー数が増えたことがわかりました。

検索者の属性を分析した結果、女性が54.7%、年代は40代が最多、30代、20代の順で多く占めていました。家族がテーマでほのぼのとしたシーンも多く、広い層に馴染みやすいものと思われます。また、ユーザー属性は『名探偵コナン』と近いことがわかりました。

『SPY×FAMILY』と同時に検索されたキーワードを分析した結果、やはりアニメ化に注目が集まっていることがわかりました。また、「モンスト」や「ユニクロ」とのコラボ企画も多く検索されたようです。
キャラクター名では「アーニャ」「ヨル」が15位以内にランクインしました。それぞれ「コスプレ」「フィギュア」など、付随するコンテンツがよく検索されたようです。

『SPY×FAMILY』以外の関心事としては、共通項の多い「勇者辞めます(正式名称:勇者、辞めます)」「魔女の旅々」「ヒロインたるもの」などの作品が挙がりました。

【調査概要】
・全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログと検索者の属性情報にもとづき分析
・行動ログ分析対象期間:2021年7月〜2022年6月
※ボリュームはヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測
※対象デバイス:PC・スマートフォンの両デバイス

▼今回の分析にはWeb行動ログ調査ツール『Dockpit』を使用しています。『Dockpit』では毎月更新される行動データを用いて、手元のブラウザでキーワード分析やトレンド調査を行えます。無料版もありますので、興味のある方は下記よりぜひご登録ください。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

フリーライター。大手キャリア系企業で編集の仕事に出会い、その後、3つのメディアの立ち上げなど行い、2014年にフリーランスに。医療系、就活系、教育系、結婚系のサイトで執筆中。

関連する投稿


Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

We will investigate "Midjourney" and "Stable Diffusion" AI Image Generators, which allow anyone to generate images from keywords. Let’s look into it users, its purpose, the reason for its popularity, and its strengths. We will analyze the data of the interest group and analyze our user experience.


2023年の「母の日」のトレンドを予測!定番の「花」以外に伸びている需要とは?

2023年の「母の日」のトレンドを予測!定番の「花」以外に伸びている需要とは?

来年の「母の日」に向けて、今年や昨年のデータから近年のニーズを考察し、最近のトレンドや2023年にどんなギフトが流行りそうかについて調査・分析します。母の日に向けた企画やプロモーション検討の参考になれば幸いです。


大ヒット「スプラトゥーン3」。各フェーズの任天堂の戦略と消費者の反応は?

大ヒット「スプラトゥーン3」。各フェーズの任天堂の戦略と消費者の反応は?

任天堂の大人気ゲーム「スプラトゥーン(Splatoon)」の3作目である「スプラトゥーン3」が、2022年9月に発売されてからわずか3日間で国内販売本数345万本を突破しました。発表から発売後までの約1年半、各フェーズでどのようなニーズがあり、任天堂がどのように動いてきたのかを分析し、ヒットの背景を探ります。ヒット作を作るには、どのようなポイントを押さえるべきなのでしょうか。


みんなが気にしているのは何のデメリット?おすすめ情報が気になるものとは?

みんなが気にしているのは何のデメリット?おすすめ情報が気になるものとは?

インターネットで何かを調べるとき、慎重な人はメリットよりデメリットが気になりますよね。または、インターネット上のおすすめ情報にも敏感な人は多いと思います。 今回の調査は、デメリットやおすすめ情報を調べる人の特性について、どんなジャンルで検索されているかも含めて分析していきます。


【急上昇サイト】根強い人気のラーメンフェスと複数の年賀状サイトがランキングを席巻!|2022年10月

【急上昇サイト】根強い人気のラーメンフェスと複数の年賀状サイトがランキングを席巻!|2022年10月

2022年10月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


最新の投稿


タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

Z世代は、生活のあらゆる場面でタイパ(タイムパフォーマンス)を意識しています。「タイパ至上主義」という言葉が登場するほど、Z世代は時間効率を重視しているのです。この記事では、Z世代の購買心理・最新のトレンドを知るために、タイパの概要や価値観、マーケティング事例を解説します。


2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

ダブルイレブン(W11)とは、毎年<b>11月11日に中国で行われている独身の日を祝うイベント</b>です。2022年のダブルイレブンでは、ECプラットフォームや店舗などの関係者が売上高を伸ばすことに力を入れていました。その中で加盟店が示す戦況報告からは、中国のマーケットで、新しい産業やブランドが急成長しているのを垣間見ることができます。 本記事では、2022年ダブルイレブンのトレンドとなった業界を中心にご紹介します。


Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

We will investigate "Midjourney" and "Stable Diffusion" AI Image Generators, which allow anyone to generate images from keywords. Let’s look into it users, its purpose, the reason for its popularity, and its strengths. We will analyze the data of the interest group and analyze our user experience.


お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界大手の「森永製菓」「江崎グリコ」「カルビー」「ブルボン」「不二家」。各公式サイトの集客状況に注目し、強みや施策の違いを調査します。2年半前に公開した同記事の最新版として、新たな発見をお届けします。


行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

経済学に心理学を組み合わせる「行動経済学」。マーケティングとの親和性の高さ、そしてマーケティング活動のためのヒントがあるとされており、さまざまな場面で活用が進んでいます。行動経済学をビジネスに活かすには、そのエッセンスがよくまとまった本・書籍で学ぶのが近道です。今回は、ベストセラー本から教科書的なものまで、行動経済学についてまんべんなく学べるよう、20冊のおすすめ本を紹介します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら