「そもそもデータ量が少ない」地方の課題を克服!生活者目線とデータを掛け合わせた、地方のデータマーケティングとは

「そもそもデータ量が少ない」地方の課題を克服!生活者目線とデータを掛け合わせた、地方のデータマーケティングとは

「データの重要性はわかっているが、自社でも活用できるかわからない」と考えている企業は多いのではないでしょうか。地方にあり、都会とは状況が異なると思っている企業もあるかもしれません。今回紹介するアド・セイル株式会社は、香川県にあるデジタルマーケティング企業。地域密着という強みを活かした取り組みのほか、地方企業がデータマーケティングを行う際の課題や可能性について、同社の関氏に伺いました。


データ量が少なすぎる!地方ならではの課題

―― アド・セイル様には、日頃からWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を活用いただいています。本日は改めてお取り組みの詳細をお伺いできればと考えていますが、まず貴社の事業内容ついてお聞かせいただけますでしょうか。

アド・セイル 関良子氏(以下、関):アド・セイルは、主にWeb広告の運用やオンラインショップの運用代行、データコンサルティングなど、デジタルマーケティング事業を展開している会社です。中四国地方を中心に、行政や金融機関などを含め、幅広い業界のお客様を支援しています。

アド・セイル株式会社 関良子氏

:最近強化していることは、データを読み解き、インサイトを得るということ。例えば、観光プロモーションに注力している地方自治体様に対しては、ただ広告を配信するだけでなく、Googleと連携して検索データをもとにプロモーションの設計をおこなったり、プロモーションの効果を観光消費の側面から測る、といった分析まで行っています。

―― Dockpit導入以前に、課題に感じていらっしゃったことはありますか。

:地方ならではの課題ですが、データが集まりにくいことですね。
商圏が地方に限られる場合、どうしてもデータ量が少なくなってしまいます。そもそも人口が少ないので、Google Analyticsで分析をするにしても、月のアクセスが何千件という世界。このようにデータ量自体が少ない中でリソースをかけて分析しても、どこまで示唆を得られるか、という課題感から、地方ではデータ活用そのものがあまり進んでいない状況でした。

しかし、データ分析なしでは、競合他社と比較したうえでのご提案が難しくなってしまいます。お客様に広告のご提案をする際、説得力を持たせるために必要なのは、「他社ではこのくらい広告を出しています」といった、競合他社との比較分析です。私は以前、東京で働いていて、膨大なデータをもとに分析をするのが当たり前の環境にいたという背景もあり、現職でもそういった分析の必要性を感じていました。

このような状況にも対応できるツールがないかと探していたときに、出会ったのがDockpitでした。

ユーザーと親和性が高い広告配信面を提案可能に。予算計画にも活用

―― 実際にDockpitを使われてみて、いかがでしたか?

:県内で一定の認知度があり、複数の店舗を展開しているような地方企業様のデータもきちんと出せるので、助かっています。

競合他社と自社の比較もできるようになりました。Dockpitを使うと、競合が具体的にどの媒体で広告を出しているのかや、どの時期に広告量を増やしているのかなども確認することが可能です。他社の状況を把握したうえで、このイベントの時にこれくらい広告量を増やしましょうと説明すれば、説得力も増します。

また、Web広告をどの媒体で出すのがいいのかという相談には、「御社のサイトを見ているユーザーは、こういうサイト・アプリをよく見ているので、この面に広告を出してみてはどうでしょうか」などと、具体的にご提案できています。今までは裏付けされた根拠もなく、「年齢層が高い方向けでしたら、このサイトがいいのではないでしょうか」というようなご提案に留まっていたので、大きな変化かなと思います。

Dockpit「関心サイト」の例(上記はサンプルとしてマナミナ閲覧者の関心が高いサイト)。データに基づき、訪問者と親和性の高い媒体を把握することができる。

:ほかにもDockpitでは、「年間で見た時にこの時期に検索が増える」といった経年での検索ボリュームも確認できます。Googleのデータでもわかるのですが、やはり地方に限定すると、データが限られていることもあるので……。Dockpitを使うことで、年間の予算計画を立てるときに、「この時期に検索ボリュームが増えるので、予算を多めに投入したほうがいいです」といったご提案が可能です。結果的に年間の取り扱いが増えることにつながっているケースもあります。

既存だけでなく、新規のお客様へのご提案にもDockpitを活用しています。こうしたお客様の状況はわからないことが多いものですが、Dockpitを使うと、サイトのアクセス状況やユーザー像はもちろん、先方の今までの広告出稿状況も把握できます。このことが、的確なご提案につながっていると思います。

「地元の人がよく訪れる遊び場」など、細かなオーディエンス設定を実現!

―― Dockpitを活用した具体的な事例について、お話いただけますか。

:広告のターゲティング設計の例をご紹介します。最近はサードパーティCookieが制限されつつあることもあり、カスタムオーディエンスやキーワードベースで、ターゲティングをすることが増えてきました。どのようなコンテンツに広告を配信すればいいのかや、何を調べているお客様に対して配信すればいいのかを考えるにあたり、Dockpitを活用しています。

例えば、地方銀行様の教育ローンが商材だった案件。これまでは教育ローン系のキーワードを入れて運用していたのですが、あまり効果を実感できない状況でした。お客様からは、幼稚園や小学校低学年の子どもがいる親にリーチしたいというご要望があったのですが、GoogleやYahoo!で用意されている子育て系オーディエンスの設定は、かなりざっくりしたものなんですよね。

そこでDockpitを活用することに。子供連れで遊びに行きそうな地元の公園や遊園地、動物園などの名前で検索している方や、子供と出かける場所を検討する際に使うアプリを利用している方、といったターゲティングを追加して配信してみたんです。すると、いかにも「ローンに興味あり」のようなターゲティングより、獲得につながりました。

このように、「地元の人がよく訪れる遊び場」など、細かくカスタムオーディエンスを作ることができるので、助かっています。

Dockpit「キーワード分析」の例。「教育ローン」「砧公園」それぞれの検索者の年代別割合。
「教育ローン」は40代割合が顕著に高く、「幼稚園や小学校低学年の子どもがいる親」とは乖離しているが、「砧公園」だと30代の若い親層にアプローチできそうなことがわかる(期間は2021年10月~2022年9月の1年間)。

いち生活者の目線×データで、地方をさらに盛り上げる

―― 地元のことを熟知しているアド・セイル様だからこそ、考えられる施策ですね。社員の方々がその土地で生活しているからこそ得られる感覚のようなものもあるのではないでしょうか。そうした感覚と、データとの使い分け方を教えていただけますか。

:経験や勘とデータを完全に分けて考えてはいないですね。データというものは数字でしかありません。データの背景を読み解くときに、私たちが地元で生活をしているということが活かされてくるのかなと感じています。

例えばある地方エリアで何らかの検索が増えた際に、最近ローカルのテレビ番組で取り上げられて、ブームが起きているからだと説明できるのは、地元の人間だからこそです。この掛け合わせがあるからこそ、お客様も腹落ちできるのだと思います。

当社では、「愛とテクノロジー」というスローガンを掲げているのですが、テクノロジーの部分がまさにデータ。そして愛の部分は、世の中に対する知見や、お客様のビジネスへの理解です。データがあっても「世の中リテラシー」がないと仕方ないよねということは、社内の共通認識になっています。

香川県以外のお客様とも一緒にお仕事をさせていただいておりますが、まず、その地方で何が起こっているのかや、そこで暮らす方々が何に興味を持っているのかを理解することが大事だと思います。

―― データとその地域への理解、その両方をもって、お客様と向き合われているのですね。最後に、今後の展望をお話いただけますか。

:分断したデータをつなげ、施策に活かしていくような取り組みをしていきたいです。
一例として自治体様は、移住や観光、ふるさと納税など、さまざまな施策を進めていらっしゃることから、部署ごとにデータが分断されがちです。それらのデータをつなげて実際の施策に活かしていきたいですね。

例えば、「ふるさと納税に申し込んだ人は、その自治体に多少は興味があるだろうから、実際に観光でも来てくれるのではないか」「観光で来た人は、来たことがない人よりは移住の可能性が高くなるのではないか」など、データをつなぐからこそ、プロモーションに活かせることもあるでしょう。

「何が興味のトリガーになるのか」を分析し、「その次のアクションに進んでいただくにはどういう施策が必要か」を考えることで、地方でのビジネスを拡大することに貢献できればと思っています。

―― データをつなげることで、実現できることが増えそうですね。

:今後は、テクノロジーの発展で、広告配信に関しても、今まで以上にできることが増えていくと思います。このように選択肢が増えるなか、当社はお客様が経営的な意思決定をする際に意見交換ができるパートナーとなることを目指しています。アド・セイルのセイルは、「船の帆」という意味です。お客様のビジネスの水先案内人として、地方のさらなる発展に寄与していきたいと思います。

取材協力:アド・セイル株式会社

この記事のライター

IT企業でコンテンツマーケティングに従事した後、独立。現在はフリーランスのライターとして、ビジネスパーソンに向けた情報を発信しています。読んでよかったと思っていただける記事を届けたいです。

関連する投稿


リピートされる観光地を目指したDMP構築とデータ活用組織作り【広島県観光連盟インタビュー】

リピートされる観光地を目指したDMP構築とデータ活用組織作り【広島県観光連盟インタビュー】

コロナ禍を経て活況が戻った観光業において、データドリブンの施策を展開する広島県観光連盟(HIT)。本稿では「圧倒的な顧客志向」を掲げるHITでの、VALUESのデータ分析伴走支援サービスを通じたチャレンジに迫ります。


キーワードは「価値創造」。日本のマーケティングの未来像を語る【日本マーケティング協会会長 藤重氏×ヴァリューズ代表 辻本】

キーワードは「価値創造」。日本のマーケティングの未来像を語る【日本マーケティング協会会長 藤重氏×ヴァリューズ代表 辻本】

コロナ禍を経て大きく変わりつつある企業の経済活動。日本企業のマーケティング活動の現在地と未来図、そしてマーケターが取り組んでいくべきことは何か。日本マーケティング協会会長 藤重氏とヴァリューズ代表 辻本による対談をレポートします。


非財務の企業価値影響を測る「非財務価値サーベイ」と、サステナビリティ経営視点でのDockpit活用法|「VALUES Marketing Dive」レポート

非財務の企業価値影響を測る「非財務価値サーベイ」と、サステナビリティ経営視点でのDockpit活用法|「VALUES Marketing Dive」レポート

“データを通じて顧客を深く考える”“マーケティングの面白さに熱中する”という意味を込めたヴァリューズによるマーケティングイベント「VALUES Marketing Dive」。10/25に開催された今回の全体テーマは『未来を創り出す顧客理解の力』。顧客理解の追求は、マーケティング活動だけではなく、人材成長・組織活性化にも繋がると考えます。本セッションでは「サステナビリティ経営においてDockpitをどのように活用できるのか」というテーマのもと、具体的な分析結果を交え、電通・GLIN Impact Capital・ヴァリューズの3社で議論。また国内電通グループのオリジナルソリューション「非財務価値サーベイ」も紹介されました。


事業戦略や投資判断をより確実に!スカイライト コンサルティングに聞く、コンサル業界のDockpit活用例

事業戦略や投資判断をより確実に!スカイライト コンサルティングに聞く、コンサル業界のDockpit活用例

Web行動ログ分析ツール「Dockpit」というと、広告やデジタルマーケティングに携わっている人が使うものといった印象を抱いている人も多いのではないでしょうか。今回お取り組みを紹介するのは、ビジネスコンサルティングサービスを提供するスカイライト コンサルティング株式会社。どのようにDockpitを活用されているのか、同社 シニアマネジャーの清水氏にインタビューしました。


花王独自の顧客理解・データ活用文化の醸成方法 ~ 新卒社員が企画実行したデータアナリスト育成研修とは |「VALUES Marketing Dive」レポート

花王独自の顧客理解・データ活用文化の醸成方法 ~ 新卒社員が企画実行したデータアナリスト育成研修とは |「VALUES Marketing Dive」レポート

「VALUES Marketing Dive」は、“データを通じて顧客のことを深く考える”、“マーケティングの面白さに熱中する”という意味を込めた、新しいマーケティングイベントです。第3回目となる今回の全体テーマは『未来を創り出す顧客理解の力』。大手日用品・化粧品メーカー「花王」では、マーケティングにおける顧客理解の質と組織的能力を高めるために、データアナリスト人財の育成や、デジタル化時代におけるデータ活用文化の醸成を進めています。本セッションでは、社内のデータアナリスト育成研修など多様な取り組みをご紹介いただきました。


最新の投稿


Is the "car camping" trend over? Investigating changes in demand and user persona based on search words

Is the "car camping" trend over? Investigating changes in demand and user persona based on search words

Car camping became popular in recent years for travel and as an outdoor activity done while social distancing. After the pandemic, its popularity is said to have subsided, but how has the demand changed? We look at changes in demand based on the searches and the user persona of people searching and their interests.


博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

株式会社博報堂DYホールディングスは、全国15~69歳の生活者を対象に、メタバースに関する現状の生活者意識や動向を把握することを目的とした「メタバース生活者定点調査2023」を実施し、結果を公開しました。


ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー株式会社は、2024年4月8日(月)に成果保証型インフルエンサーマーケティングを支援するサービス「バズリスタ(BUZZRISTA)」を正式リリースしたことを発表しました。


AI画像生成を無料で使えるサイト5選!目的の画像を生成するコツやビジネス活用時の注意点を解説

AI画像生成を無料で使えるサイト5選!目的の画像を生成するコツやビジネス活用時の注意点を解説

2023年より注目を浴び始めた生成AI。ChatGPTやMidjourneyによる生成AI技術が話題となりました。 なかでも近年技術が飛躍的に伸びているのがAI画像生成です。AI画像生成は日常の話題になるようなバラエティに富んだ画像を作成できるだけでなく、営業資料やPR動画の素材といったビジネスの面で役に立つ生成も可能になりつつあります。 実際に営業資料や提案資料に生成AIを活用している企業もあり、AI画像生成を駆使することでノンコア業務の削減できたり、魅力的な資料を一瞬で作ることもできます。 そこで本記事では、AI画像生成を無料でつくれるサイト5選や、目的の画像を一発で抽出するコツ、利用時の注意点について解説します。


ショート動画を「ほぼ毎日見ている」割合は、若い年代ほど高い傾向【LINEリサーチ調査】

ショート動画を「ほぼ毎日見ている」割合は、若い年代ほど高い傾向【LINEリサーチ調査】

LINEリサーチは、10~60代の男女を対象に、ふだんショート動画(YouTubeのshorts(ショート)やTikTokなど、1分程度の縦型の動画)をどのくらい見ているか、見ている理由について調査を実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ