2022年観光関連サイト推計閲覧者数ランキング ー 都道府県別の公式観光サイトでは、全国旅行支援・県民割等の影響が顕著

2022年観光関連サイト推計閲覧者数ランキング ー 都道府県別の公式観光サイトでは、全国旅行支援・県民割等の影響が顕著

公益社団法人日本観光振興協会(本部:東京都港区、会長:山西 健一郎)と、ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)は協同で、2022年の観光関連Webサイトの年間推計閲覧者数を調査しました。


調査・分析概要

全国のヴァリューズモニター(20歳以上男女)の協力により、ヴァリューズが独自に定義する「旅行・交通」カテゴリのWebサイトおよび各都道府県公式観光情報サイトについて、2022年と2021年の年間推計閲覧者数を集計し比較を行った。さらに、2022年の1年間において、PCにて推計閲覧者が多かった都道府県公式観光情報サイトへの流入ワードを集計した。
※ランキング表内の「カテゴリ」はヴァリューズが独自に定義している。
※サイト推計閲覧者数や推計検索者数はPCおよびスマートフォンからのアクセスを集計し、ヴァリューズが保有するモニタ内での出現率を基に、国内ネット人口に則して20歳以上の動向を推測した。
※一部の各都道府県公式観光情報サイトについては、リニューアル等に伴い、2022年と2021年でサイト名称やURLが変更されている場合があるが、2022年現在のサイト名称を掲載した。

観光関連サイトの大半が前年比110%超え、昨年に比べアクセスが増加

ヴァリューズが独自に定義する「旅行・交通」カテゴリのサイトについて、2022年の1年間における閲覧人数を集計したところ[図1] [図2]、PCでは大半、スマートフォンでは全てのサイトが、前年比110%以上となりました。ランキング上位にある「じゃらんnet」(前年比PC109.0%・スマートフォン127.1%)、「楽天トラベル」(PC114.6%、スマートフォン138.9%)といった個人旅行を中心としたオンライン旅行会社に加え、「日本旅行」(PC157.8%、スマートフォン158.6%)、「JTB」(PC133.6%、スマートフォン146.4%)などオンラインに加え店舗を有する旅行会社についても推計閲覧者数は前年から回復傾向にあり、旅行会社サイトの推計閲覧者数は全般的に回復傾向にあります。
また、旅行会社同様コロナ禍で大きな影響を受けた交通機関のサイトについても、推計閲覧者数は昨年に比べ回復傾向にあり、「旅行・交通」カテゴリのサイト全般でこの傾向が見られます。

都道府県別の公式観光情報サイトでは、昨年に引き続き大阪府と三重県が上位2位にランクイン

続いて、都道府県公式観光情報サイトの中で推計閲覧者数を集計しました[図3] [図4]。
PCでは2021年と同様、1位は大阪府「OSAKA-INFO」、2位は三重県「観光三重」となっており、スマートフォンにおいては2021年と首位が逆転し、1位が三重県「観光三重」、2位が大阪府「OSAKA-INFO」となりました。
前年に比べた推計閲覧者数の伸び率では、PC・スマートフォンともに見られるのが、神奈川県「観光かながわNow」の大躍進です。PCでは前年比413.8%と圧倒的な伸びを見せ、推計閲覧者数第3位にランクイン。スマートフォンでも前年比299.3%と、両デバイスで前年比が最も高いサイトとなっています。神奈川県以外の推計閲覧者数上位サイトでは、PCでの前年比2位が兵庫県「HYOGO!ナビ」(309.0%)、3位が大阪府「OSAKA-INFO」(259.0%)、スマートフォンでは前年比2位が三重県「観光三重」(236.1%)、3位が兵庫県「HYOGO!ナビ」(233.8%)となりました。

ランキング上位のサイトでは県民割・全国旅行支援等の施策による影響も顕著にみられる

では、2022年の神奈川県の大躍進には、どのような背景があったのでしょうか。
推計閲覧者数のベースが高かったPCにおける、上位5サイトへの流入キーワードを、セッション数順にランキング化しました[図5]。
大阪府「OSAKA-INFO」および三重県「観光三重」は、都道府県名と「観光」との掛け合わせや、「新世界」「伊勢神宮」など観光スポット名検索が目立ちます。一方で、大きな伸びを見せた神奈川県「観光かながわNow」や、同様にいずれのデバイスでも前年比が高かった兵庫県「HYOGO!ナビ」については、県民割や全国旅行支援のキャンペーン名が大半を占めていることがわかります。
消費者にとって魅力的な割引施策が、推計閲覧者数の増加に大いに貢献したといえるでしょう。

推計閲覧者数はコロナ禍前(2019年)をほぼ回復、全国旅行支援の影響も顕著

コロナ禍前(2019年)との推計閲覧者数を比較すると、旅行・交通カテゴリの上位サイトは、平均するとPCでは1.1倍、スマートフォンでは横ばいとなっており、サイトにより多少の増減はありますが、概ねコロナ前に戻りつつあると言えそうです([図6] [図7])。

続いて、都道府県公式観光情報サイトの中で推計閲覧者数を集計しました[図8] [図9]。こちらは、全都道府県で平均するとPCで約2倍、スマートフォンでは1.7倍と大きく推計閲覧者数が伸びており、県民割や全国旅行支援の施策影響が顕著にみられます。

※(参考)2021年観光関連サイト閲覧者数ランキング

2021年観光関連サイト閲覧者数ランキング ー 都道府県別の公式観光サイトでは大阪、三重が二強

https://manamina.valuesccg.com/articles/1661

公益社団法人日本観光振興協会(本部:東京都港区、会長:山西 健一郎)と、ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)は協同で、2021年の観光関連Webサイトの年間閲覧者数を調査しました。

▼ヴァリューズでは、リリースに掲載されていないランキングデータもご用意しています。調査や分析のお問合せは、下記ボタンよりお気軽にご相談ください。

調査データのお問い合わせはこちら

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


リピートされる観光地を目指したDMP構築とデータ活用組織作り【広島県観光連盟インタビュー】

リピートされる観光地を目指したDMP構築とデータ活用組織作り【広島県観光連盟インタビュー】

コロナ禍を経て活況が戻った観光業において、データドリブンの施策を展開する広島県観光連盟(HIT)。本稿では「圧倒的な顧客志向」を掲げるHITでの、VALUESのデータ分析伴走支援サービスを通じたチャレンジに迫ります。


ニューツーリズム ~ 光と影

ニューツーリズム ~ 光と影

コロナ禍を経て落ち着きを取り戻しつつある今、世界中の人々が世界各国へ向けて足を運び出しました。その受け入れ先として日本も数多くの人々に選ばれています。特に昨今の円安が後押ししているのは皆さんもご存知の通りでしょう。しかし、復活しつつあるインバウンド景気に両手をあげて喜んでいるだけでは済まない事情も存在しています。その一つにオーバーツーリズムという問題が挙げられます。本稿では、「ニューツーリズム」というキーワードを元に、今、旅行業界を取り巻く光と影の部分について、株式会社創造開発研究所所長を務める渡部数俊氏が解説します。


「Gut Health」「タトゥーツーリズム」など...海外トレンドに見るビジネスの種(2023年10月)

「Gut Health」「タトゥーツーリズム」など...海外トレンドに見るビジネスの種(2023年10月)

海外からやってくるトレンドが多い中、現地メディアの記事に日々目を通すのはなかなか難しいもの。そこでマナミナでは、アメリカ出身の著者が、海外メディアの情報をもとに世界のトレンドをピックアップしてご紹介します。今回は、新しいウェルネストレンド「Gut Health」や、旅行先でタトゥーを入れる「タトゥーツーリズム」、日本でも徐々に広がりを見せている「ジェンダーレスファッション」に注目しました。


2023年夏の旅行トレンド調査。旅行者層別に価値観を分析|ホワイトペーパー

2023年夏の旅行トレンド調査。旅行者層別に価値観を分析|ホワイトペーパー

新型コロナウイルスの影響で大きな打撃を受けた旅行業界ですが、コロナ禍の終息に伴って少しずつ回復の兆しを見せています。そして2023年3月15日にはマスク着用が任意となり、いよいよコロナ以前の状態に戻ることが期待される夏を迎えました。そんな2023年夏の旅行にはどのようなトレンドがあるのか、2万人以上へのアンケートとWEB行動ログデータを基に分析しました。(ページ数|21ページ)


How to solve the labor shortage in agriculture? Focusing on “casual experiences” and “potential needs in urban areas”

How to solve the labor shortage in agriculture? Focusing on “casual experiences” and “potential needs in urban areas”

Labor shortage in agriculture is a big issue today. Agriculture is vital to achieving the SDGs. Its weakening can result in an unstable food supply and economic decline in rural areas. Using online behavioral data, we will analyze the segment with potential interest in agriculture and ways to solve the labor shortage.


最新の投稿


保険会社・代理店の営業職員経由で保険に加入する人が約5割!保険加入の決め手は「信頼感」と「安心感」【Sasuke Financial Lab調査】

保険会社・代理店の営業職員経由で保険に加入する人が約5割!保険加入の決め手は「信頼感」と「安心感」【Sasuke Financial Lab調査】

Sasuke Financial Lab株式会社は、同社が運営する保険の一括比較・見積もりサイト「コのほけん!」にて、全国の20~49歳の男女を対象に保険加入に関する意向調査を実施し、結果を公開しました。


3C分析とは?具体例でわかりやすく、SWOT分析との関係も解説

3C分析とは?具体例でわかりやすく、SWOT分析との関係も解説

3C分析とは、マーケティング戦略立案にあたり、顧客・競合・自社の3つの要素から分析する手法です。顧客のニーズや市場のトレンド、競合の強み・弱みなどを踏まえた、効果的な戦略を打ち出せるようになります。 本記事では、3C分析の具体例(マッチングアプリ)とやり方、目的、注意点を解説します。「3C分析をわかりやすく理解したい」、「SWOT分析との関係性を知りたい」方は最後までお読みください。


顧客分析の代表的なフレームワーク3選(RFM分析・デシル分析・NPS分析)

顧客分析の代表的なフレームワーク3選(RFM分析・デシル分析・NPS分析)

自社の商品やサービスの購入が見込める顧客を予測し、効果的な販売促進のアプローチを探る「顧客分析」。マーケティングにおける顧客分析では「RFM分析」「デシル分析」「NPS分析」というフレームワークがよく用いられます。各フレームワークの基本的な概要や分析方法などを紹介します。


データマーケティングとは?メリットや手順、 効率化のポイントを解説

データマーケティングとは?メリットや手順、 効率化のポイントを解説

データマーケティング(データドリブンマーケティング)とは、顧客データをもとに戦略を立案するマーケティング施策。近年では活用が進み一般化しています。しかしデータマーケティングが何を指しているのか、どのようなメリットがあるのか、認知されていない方もいるでしょう。この記事では、データマーケティングの詳細やメリットについて詳しく解説します。


YOMIKO、新生活シーズンにおける世代別の買い物特徴を大規模購買履歴データで分析

YOMIKO、新生活シーズンにおける世代別の買い物特徴を大規模購買履歴データで分析

株式会社 読売広告社(YOMIKO)は、同社の子会社である株式会社ショッパーインサイトが保有する日本最大級の食品ID-POS購買行動データベースを活用し、新生活スターターの食品スーパーにおける買い物行動の傾向や特徴について30歳・40歳のデータと比較し分析した結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ