Z世代が今後(いまよりも)流行りそうと思うSNSの1位は「Instagram」4位に「BeReal」【LINEリサーチ調査】

Z世代が今後(いまよりも)流行りそうと思うSNSの1位は「Instagram」4位に「BeReal」【LINEリサーチ調査】

LINEリサーチは、全国15~24歳を対象にした若年流行調査として、Z世代が「今後(いまよりも)流行りそうなSNS」について調査を実施し、結果を公開しました。


総合1位は「Instagram」で5割弱、「BeReal」が4位にランクイン

今後(いまよりも)流行りそうなSNSの総合1位は「Instagram」が5割弱で、2位に約10ポイント差をつけて1位となりました。次いで「TikTok」「X(旧Twitter)」が3割台で続きます。

4位には、フィルターやエフェクト加工せずにリアルな日常を投稿できるSNSとして話題の「BeReal」がランクイン。最新の若年流行調査_9月期でも8位に入りトレンドになっている様子がうかがえます。また、今年7月にMeta社が発表した「Threads」が5位となりました。
6位以降は1割未満となりましたが、ゲームに特化したコミュニケーションサービスの「Discord」や、画像・動画を検索してアイデアを発見できる「Pinterest」などがTOP10入りしました。

そのほか、「Whoo」は位置情報共有アプリとして注目されており、高校生が使っている位置情報共有アプリの調査結果では2位でした。また、「Lemon8」は日常生活の実用的なアイデアを共有するアプリとして、女性を中心に関心が高まっているようです。「Snapchat」は、2016年くらいからブレークの兆しがあり、今後の展開に注目です。

男性は「Discord」、女性は「BeReal」がさらなるトレンドに?

男女年齢別の傾向では、男女ともにすべての層で「Instagram」が1位となり、その中でも女性15~18歳では、6割超と高い結果でした。

また、男性のすべての層と女性15~18歳では「X(旧Twitter)」の割合が高い傾向にあり、特に男性15~18歳では約4割と高く2位にランクインしました。また、男性のすべての層で「Discord」が4位にランクインし、女性よりも男性、中でも下の年齢層に支持されている様子がうかがえます。

「TikTok」は、特に女性15~18歳で割合が高く、約5割で2位にランクインしました。女性のすべての層と男性19~22歳では「BeReal」がTOP5に入り、特に女性19~22歳では2割台後半と高めでした。

全体的に女性15~18歳では、ほとんどのSNSで割合が高い傾向にありました。一時期話題となった「Threads」は、「Instagram」と連携している影響か1割台半ばで女性の各年齢層でTOP5に入っています。

ランキング掲載はありませんが、そのほかに「Pinterest」は女性15~18歳で6位となり、1割超でした。

TOP3のSNSが今後流行りそうな理由を一部紹介

SNSサービスの中で、今後(いまよりも)一番流行りそうだと思うSNSについて、総合ランキングTOP3「Instagram」「TikTok」「X(旧Twitter)」の理由に加えて、今後のトレンドの兆しがみられる「BeReal」や「Threads」「Discord」「Pinterest」が一番流行りそうだと思う理由も一部紹介します。

「Instagram」が今後(いまよりも)一番流行りそうと思う理由

・「DMできるし、ストーリー上げてる子が多いから」(女性15~18歳)
・「みんな使ってるから」(女性19~22歳)
・「写真だけで投稿できたり、ストーリー機能があったりと、その手軽さ」(男性23~24歳)
・「Threadsとの関係でもっと利用者が増えると思ったから」(女性15~18歳)
・「Twitterの利用者が少なくなってInstagramに移行する人が出てくると思ったから」(男性23~24歳)

「TikTok」が今後(いまよりも)一番流行りそうと思う理由

・「面白いから」(男性15~18歳)
・「動画が次々と流れてきて、つい見てしまうから」(女性15~18歳)
・「流行りの原点だから」(女性15~18歳)
・「短い動画でサクッと見れるから」(男性19~22歳)
・「TikTokから流行りの曲やダンスが生まれている例が増えつつあると感じるから」( 女性23~24歳)

「X(旧Twitter)」が今後(いまよりも)一番流行りそうと思う理由

・「名前が変わったから」(男性15~18歳)
・「話題性があるため」(女性19~22歳)
・「イーロン・マスクが色んな改革を起こしそうだから」(男性19~22歳)
・「使っているユーザーが多いから」(女性15~18歳)
・「使いやすいから」(男性23~24歳)

「BeReal」が今後(いまよりも)一番流行りそうと思う理由

・「インスタよりも気軽に自分の写真を載せられる」(女性15~18歳)
・「今までにないアプリだから」(女性15~18歳)
・「周りで使っている人が増えているから」(男性19~22歳)
・「友達が何してるかわかっておもしろい」(女性19~22歳)

「Threads」が今後(いまよりも)一番流行りそうと思う理由

・「X(旧Twitter)の代わりとして話題になりそうだから」(男性15~18歳)
・「インスタとの連携」(女性19~22歳)

「Discord」が今後(いまよりも)一番流行りそうと思う理由

・「ゲームの人気が高まっているから」(男性15~18歳)
・「チャットも通話もできて、すごく便利だから」(女性15~18歳)
・「ゲームしながら通話しやすいから」(男性23~24歳)

「Pinterest」が今後(いまよりも)一番流行りそうと思う理由

・「色んな写真を見つけられるから」(女性15~18歳)
・「推しの画像がいつでも見れるから」(女性15~18歳)
・「画像から情報を検索できる」(女性19~22歳)

Z世代の今後(いまよりも)流行りそうなSNSは、「Instagram」が1位となり、「TikTok」や「X」が上位となりました。その中で、新しいトレンドの兆しとして「BeReal」や「Threads」「Discord」「Pinterest」などもランクイン。それぞれの流行る理由をみてみると、若年層がさまざまなシチュエーションに応じてSNSを使い分けて、利用している様子が垣間見えます。

出典元:LINEリサーチ

引用:https://lineresearch-platform.blog.jp/archives/43530961.html

※詳細については出典元の企業にお問い合わせください。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


マーケティング Z世代

関連する投稿


Z世代就活生の約7割が出社中心の働き方を希望!ある程度拘束されても手取り足取り教えてほしい【電通調査】

Z世代就活生の約7割が出社中心の働き方を希望!ある程度拘束されても手取り足取り教えてほしい【電通調査】

株式会社電通は、2024年卒または2025年卒業予定の全国の大学生・大学院生を対象に、就職活動に関する意識調査「Z世代就活生 まるわかり調査2024」を実施し、調査結果を公開しました。


Twilio、「顧客エンゲージメント最新動向」を発表 データ使用状況の開示と高い透明性の重要性を明らかに

Twilio、「顧客エンゲージメント最新動向」を発表 データ使用状況の開示と高い透明性の重要性を明らかに

Twilio Japan合同会社は、「顧客エンゲージメント最新動向」の日本語版を発表しました。


Z世代の最新トレンドは「猫ミーム」!男女すべての年代で1位に【LINEリサーチ調査】

Z世代の最新トレンドは「猫ミーム」!男女すべての年代で1位に【LINEリサーチ調査】

LINEリサーチでは、四半期毎に実施しているZ世代(15~24歳)の男女への流行調査を実施し、2024年3月期の結果を公開しました。


マーケティング担当者の約半数が指名検索に対する課題や悩みあり 指名検索数増加施策では「ブログやSNS、YouTubeチャンネルなどの運営」が最多【キーワードマーケティング調査】

マーケティング担当者の約半数が指名検索に対する課題や悩みあり 指名検索数増加施策では「ブログやSNS、YouTubeチャンネルなどの運営」が最多【キーワードマーケティング調査】

株式会社キーワードマーケティングが展開するメディア「キーマケLab(キーマケラボ)」は、従業員数50名以上の事業会社におけるマーケティング担当者を対象に、「指名検索に対する課題や悩みに関する調査」を実施し、結果を公開しました。



最新の投稿


Z世代就活生の約7割が出社中心の働き方を希望!ある程度拘束されても手取り足取り教えてほしい【電通調査】

Z世代就活生の約7割が出社中心の働き方を希望!ある程度拘束されても手取り足取り教えてほしい【電通調査】

株式会社電通は、2024年卒または2025年卒業予定の全国の大学生・大学院生を対象に、就職活動に関する意識調査「Z世代就活生 まるわかり調査2024」を実施し、調査結果を公開しました。


データ分析のヴァリューズが「競合分析ガイドブック」を公開 ~ 商品企画からプロモーションまで、知っておきたい 6つのフレームワーク・8つの事例・19の分析ツールを徹底解説 ~

データ分析のヴァリューズが「競合分析ガイドブック」を公開 ~ 商品企画からプロモーションまで、知っておきたい 6つのフレームワーク・8つの事例・19の分析ツールを徹底解説 ~

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、運営するデータマーケティング・メディア「マナミナ」にて公開した記事から厳選し、知っておきたい6つのマーケティング・フレームワーク、8つの事例、19の分析ツールを収録した「競合分析ガイドブック」を公開しました。


交渉学を深める ~ 英知ある交渉とは

交渉学を深める ~ 英知ある交渉とは

さまざまなビジネスシーンで見られる「交渉」。よりスマートにお互いの利益を引き出す交渉を行うにはどのような知識とスキルが必要となるのでしょうか。また、現在持ち合わせているあなたの「交渉能力」をアップデートするためには、どのような「交渉術」を備えるべきなのでしょうか。本稿では広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が「交渉」概念の基礎から、さらに深い「交渉学」の世界まで解説します。


悩みを抱えた人の語りからこころと社会を学ぶ「夜の航海物語」のススメ〜現代社会とメンタルヘルス〜

悩みを抱えた人の語りからこころと社会を学ぶ「夜の航海物語」のススメ〜現代社会とメンタルヘルス〜

「カウンセリング」と聞いて、どんな印象を持ちますか?専門家とともに自分のこころを見つめる経験は、その後の人生の糧にもなります。臨床心理士の東畑開人氏の著書「なんでも見つかる夜に、こころだけが見つからない」(新潮社)は、気付かないうちにあなたも染まっているかもしれない、孤独に陥りがちな現代社会の価値観に気づかせてくれます。「読むセラピー」と称された、カウンセラーとクライアント(依頼者)の夜の航海物語を、精神保健福祉士の森本康平氏が解説します。


Twilio、「顧客エンゲージメント最新動向」を発表 データ使用状況の開示と高い透明性の重要性を明らかに

Twilio、「顧客エンゲージメント最新動向」を発表 データ使用状況の開示と高い透明性の重要性を明らかに

Twilio Japan合同会社は、「顧客エンゲージメント最新動向」の日本語版を発表しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

ページトップへ