第2回 性別、年代別以外の切り口を発見!ヴァリューズ独自のアンケート×ログデータを用いたユーザーセグメンテーションのご紹介

第2回 性別、年代別以外の切り口を発見!ヴァリューズ独自のアンケート×ログデータを用いたユーザーセグメンテーションのご紹介

消費者のニーズや価値観が複雑化する中、商品・サービスを効果的にアピールできる層を定め、その上で商品を開発し効果的にアプローチしていくプロセスの必要性がさらに高まっています。本稿では、多様な視点から消費者を理解するため、ログデータを用いた独自のアプローチを紹介します。また、性別や年代だけでなく、新たな切り口を見つけるためのユーザーセグメンテーション手法について解説します。


こんにちは。データマーケティングの会社・ヴァリューズでリサーチャー/マネジャーを務めている鳥塚です。

わたしは主に事業会社のマーケティング部門や商品開発部門のご担当者様に対して、事業課題やマーケティング課題をお聞きし、その解決に向けた調査・分析をご提案・実施し、課題解決に向けたソリューションをご提案するようなことに携わっています。

ユーザーセグメンテーションの基本的な考え方とは?

現代の消費社会では消費者のニーズや価値観が多様化しているため、闇雲に商品/サービスを開発・販売してもなかなか思うような結果にならないようなケースが起こってしまいます。

そのため、企業は商品/サービスを効果的にアピールできる層を定め、その上で商品を開発し効果的にアプローチしていくプロセスの必要性がさらに高まっていると言えます。

このアピールできる層を定めるプロセスがセグメンテーション、ターゲティングの考え方になります。セグメンテーションでは消費者を様々な変数を用いて分類し、その中から狙いを定める層(ターゲティング)を決定する一連の流れですが、今回はこの中でユーザーセグメンテーションについて、ヴァリューズの独自データであるWeb行動ログデータとアンケート調査を組み合わせた方法についてご紹介します。

紋切り型のユーザーセグメンテーションだけでは消費者の理解が難しくなっている

マーケティングリサーチにおけるユーザーセグメンテーションで最初に思い浮かぶのは「性年代別」のようなデモグラフィック変数を用いた分類ではないでしょうか。

性別や年代別の要素はユーザーをイメージする際に重要なデータであり、属性情報が事前に取れているようなデータパネルであれば情報取得のコストも発生しないため非常に使い勝手の良い変数だと言えるでしょう。

一方、多様化した価値観の中では一概に性年代別だけではユーザーの特徴が測れなくなっているとも感じています。例えば、「Z世代」と一括りにまとめて捉えてしまいがちですが、先般ヴァリューズがリリースした自主調査の中でもZ世代は細分化されたコミュニティの中で、その中の流行に影響を受けながら価値観が醸成されているとZ世代リサーチャーが考察しています。

そこでマーケティングリサーチではサイコグラフィック変数と呼ばれる価値観やユーザー意識を用いたセグメンテーションも多くの場面で用いられています。

その中での代表的な手法が「因子・クラスター分析」です。ユーザーの価値観や意識項目をアンケート調査で取得し、その回答データを用いて複数のクラスター(似たような価値観などを持ったユーザーのグループ)に分類するというものです。先にご紹介したZ世代の自主調査でも、この「因子・クラスター分析」を用いてZ世代のユーザーセグメンテーションを行っています。

Webログデータを用いたユーザーセグメンテーションの事例紹介

マーケティング・リサーチではよく使われている「因子・クラスター分析」でのユーザーセグメンテーションですが、分析に用いるデータにアンケート回答データを用いるため、事前に想定されるセグメントの仮説を持つことや、価値観を正確に取得するための設問設計など、リサーチャーの知見やスキルも必要な方法であり、極論するとリサーチャーの主観やセンスが介在する方法とも言えます。

そこでヴァリューズではアンケート調査のようなAskingデータではなく、Listeningデータとしてインターネットの検索ワードを用いたユーザーセグメンテーションを提案することもあります。

ヴァリューズが実施した「ダイエット検索者のWeb行動とプロファイル調査」を例に、検索ワードを用いたユーザーセグメンテーションの事例をご紹介します。

「ダイエット」は多くの人にとって非常に関心の高いテーマで、ネット上でも「ダイエット」は検索ワードランキングでも常に上位に位置しています。

そこで「ダイエット」と検索しているユーザーを抽出し、その前後の検索ワードから関連性の高いワードをまとめ上げ、その結果を基にユーザー分類をしたものがこちらになります。

「ダイエット」と一言で言ってもやせたい願望が強いユーザーだけではなく、出産前後の身体のケアを考えているクラスターや筋肉をつけて身体を鍛えたいクラスターなど、指向性や背景情報も加味されたユーザーセグメンテーションを行うことができました。

ヴァリューズではこのように分類された各クラスターに対して、詳細なWeb行動ログデータの分析やアンケート調査を配信することで、さらにユーザー理解を深めることができます。

こちらは各クラスターの平均支出額をアンケート調査で聴取した結果ですが、これをみると「ボディメイクダイエッター」が全体的に消費行動が活発で、旅行やイベントなど様々なジャンルにお金を使っていることがわかります。

Webログデータを用いたユーザーセグメンテーションのメリットとは?

このように検索ワードを用いたユーザーセグメンテーションでは、Web上のアクション(検索)をそのまま変数として用いるため、SEO対策や検索流入後のランディングページのキーメッセージやコンテンツ制作に活用できることが大きなメリットとなっています。

また、アンケート調査やインタビューのようなAsking型の手法ではなかなか本音が回答しづらいようなテーマ、商材ではWeb行動ログデータを用いたユーザーセグメンテーションは特に真価を発揮します。

リサーチャーが指南! 調査設計上のポイントとは?

ユーザーセグメンテーションは分類することが目的ではなく、その結果からターゲットを定め、そのセグメントに対してどのようにアプローチしていくか施策に落とし込んでいくことが重要です。

そのためにも、ユーザーの背景情報や価値観を理解するためのAskingデータは重要なデータと言えます。AskingデータとListeningデータ、それぞれのデータのメリット、デメリットを補い合う形で適切なセグメンテーションを設計することが大切だと考えます。

【関連】第1回 モノを買う時の無意識の行動まで明らかに!? アンケートの弱みを補完する「購買プロセス調査」

https://manamina.valuesccg.com/articles/2768

多様な情報収集チャネルと購買アクションのオンライン化により、複雑さを増すカスタマージャーニー。「最近、お客様の顔が見えてこない。行動がよくわからない」という声も多く耳にします。ヒアリングしたい内容をピンポイントに確認できるアンケート調査と、無意識下や記憶に頼らないWeb行動ログ調査を組み合わせた「購買プロセス調査」なら、生活者の意思決定の実態を把握することが可能です。第1回ではその特長を事例とともにご紹介します。

この記事のライター

新卒で総合調査会社に入社し社会調査や自治体の計画策定支援業務を行う。
その後ネットリサーチ会社マクロミルを経て2016年にヴァリューズに入社。
リサーチャーとしてアンケート×ログ調査の設計・分析を担当している。

関連するキーワード


アンケート

関連する投稿


YouTube, Shorts & TikTok: Comparing Gen X, Y, & Z! Usage rates, how they’re used, & effectiveness of ads <Part 2>

YouTube, Shorts & TikTok: Comparing Gen X, Y, & Z! Usage rates, how they’re used, & effectiveness of ads <Part 2>

Gen Z has been enjoying videos since their school days and known as one of the first to adopt short-form videos. We’ll analyze how they use video-format social media and compare with Gen X and Y. This analysis will cover medium usage, popular content, daily integration, purchasing behavior, and awareness.


自分を癒す、潤す、小さなご褒美!プチ贅沢調査【スイーツ編】ホワイトペーパー

自分を癒す、潤す、小さなご褒美!プチ贅沢調査【スイーツ編】ホワイトペーパー

日本生活協同組合連合会の「節約と値上げ」の意識についてのアンケート調査結果によると、回答者全体の93.3%の人が節約を意識しているという今、何かとメディアで取り上げられているのが「プチ贅沢」。本レポートでは、どのようにして「プチ贅沢」が生活に取り入れられているのか、日常生活における小さな幸せの追求が、どのようにして個人の生活の質を向上させているかという視点で、中でも手軽に取り入れられる「スイーツのプチ贅沢」にフォーカスを当て、考察しました。<br>※調査レポートは記事末尾のフォームより無料でダウンロードいただけます。商品企画やマーケティングをご担当の方はぜひご確認ください。


YouTube, Shorts, & TikTok: Comparing Gen X, Y, & Z! Usage rates, how they’re used, & effectiveness of ads <Part 1>

YouTube, Shorts, & TikTok: Comparing Gen X, Y, & Z! Usage rates, how they’re used, & effectiveness of ads <Part 1>

Gen Z has been enjoying videos since their school days and known as one of the first to adopt short-form videos. We’ll analyze how they use video-format social media and compare with Gen X and Y. This analysis will cover medium usage, popular content, daily integration, purchasing behavior, and awareness.


YouTube, YouTube Shorts, & TikTok usage: TikTok is about 40%! “Learning” for YouTube & “Trends” for TikTok

YouTube, YouTube Shorts, & TikTok usage: TikTok is about 40%! “Learning” for YouTube & “Trends” for TikTok

Compared to YouTube, which has a high usage rate, what is the usage rate of short-form videos, like YouTube Shorts and TikTok? What are their most popular videos, their position in daily life, how are they used? Which leads to purchasing a product? Based on the survey data, we investigated the usage of each medium.


【調査リリース】YouTube・YouTubeショート・TikTok利用実態 TikTokの利用率は約4割 YouTubeは学び、TikTokはトレンドがキーワード

【調査リリース】YouTube・YouTubeショート・TikTok利用実態 TikTokの利用率は約4割 YouTubeは学び、TikTokはトレンドがキーワード

高い利用率を誇るYouTubeに対し、YouTubeショートやTikTokといった短尺動画の利用率はどれだけの追い上げを見せているのでしょうか。それぞれでよく見られている動画や、生活の中での媒体の位置づけ、使い方や使い分けとは?商品の購買に一番繋がりやすいのはどの媒体?アンケートデータから、各媒体の利用実態を調査しました。


最新の投稿


保険会社・代理店の営業職員経由で保険に加入する人が約5割!保険加入の決め手は「信頼感」と「安心感」【Sasuke Financial Lab調査】

保険会社・代理店の営業職員経由で保険に加入する人が約5割!保険加入の決め手は「信頼感」と「安心感」【Sasuke Financial Lab調査】

Sasuke Financial Lab株式会社は、同社が運営する保険の一括比較・見積もりサイト「コのほけん!」にて、全国の20~49歳の男女を対象に保険加入に関する意向調査を実施し、結果を公開しました。


3C分析とは?具体例でわかりやすく、SWOT分析との関係も解説

3C分析とは?具体例でわかりやすく、SWOT分析との関係も解説

3C分析とは、マーケティング戦略立案にあたり、顧客・競合・自社の3つの要素から分析する手法です。顧客のニーズや市場のトレンド、競合の強み・弱みなどを踏まえた、効果的な戦略を打ち出せるようになります。 本記事では、3C分析の具体例(マッチングアプリ)とやり方、目的、注意点を解説します。「3C分析をわかりやすく理解したい」、「SWOT分析との関係性を知りたい」方は最後までお読みください。


顧客分析の代表的なフレームワーク3選(RFM分析・デシル分析・NPS分析)

顧客分析の代表的なフレームワーク3選(RFM分析・デシル分析・NPS分析)

自社の商品やサービスの購入が見込める顧客を予測し、効果的な販売促進のアプローチを探る「顧客分析」。マーケティングにおける顧客分析では「RFM分析」「デシル分析」「NPS分析」というフレームワークがよく用いられます。各フレームワークの基本的な概要や分析方法などを紹介します。


データマーケティングとは?メリットや手順、 効率化のポイントを解説

データマーケティングとは?メリットや手順、 効率化のポイントを解説

データマーケティング(データドリブンマーケティング)とは、顧客データをもとに戦略を立案するマーケティング施策。近年では活用が進み一般化しています。しかしデータマーケティングが何を指しているのか、どのようなメリットがあるのか、認知されていない方もいるでしょう。この記事では、データマーケティングの詳細やメリットについて詳しく解説します。


YOMIKO、新生活シーズンにおける世代別の買い物特徴を大規模購買履歴データで分析

YOMIKO、新生活シーズンにおける世代別の買い物特徴を大規模購買履歴データで分析

株式会社 読売広告社(YOMIKO)は、同社の子会社である株式会社ショッパーインサイトが保有する日本最大級の食品ID-POS購買行動データベースを活用し、新生活スターターの食品スーパーにおける買い物行動の傾向や特徴について30歳・40歳のデータと比較し分析した結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ