クリスマスの検索人気キーワード 1位「コフレ」、2位「ケーキ」、6位の「クリスマスマーケット」って? 【2018年振り返り】

クリスマスの検索人気キーワード 1位「コフレ」、2位「ケーキ」、6位の「クリスマスマーケット」って? 【2018年振り返り】

今年も間もなくクリスマスシーズンを迎えます。毎年多くの賑わいを見せるクリスマスは、2018年はどのようなキーワードがユーザーの関心を集めていたのでしょうか。今回は、昨年10月から12月にかけて「クリスマス」と併せて検索されたキーワードについて調べてみました。


検索が多いワードは「クリスマスコフレ」「クリスマスケーキ」

 今年も間もなくクリスマスシーズンを迎えます。毎年多くの賑わいを見せるクリスマスは、2018年はどのようなキーワードがユーザーの関心を集めていたのでしょうか。

 今回は、昨年10月から12月にかけて「クリスマス」と併せて検索されたキーワードについて調べてみました。

「クリスマス」と「2018」のキーワードの掛け合わせで検索されているのは、「クリスマスコフレ」や「クリスマスケーキ」というワードでした。コフレ(化粧品)やケーキは、毎年各社が趣向を凝らした季節限定の商品を挙って発表するため、ユーザーの関心度も高いようです 。

「クリスマス」と掛け合わせで検索されているワードのランキング

「クリスマス」と掛け合わせで検索されているワードのランキング

※集計期間:2018年10月~12月
※対象デバイス:PC

さらに、縦軸を年齢、横軸を性別としてとった属性別のキーワードマップで見てみると、30~35歳の男性は「ディナー」や「イベント」に興味があり、40歳前後の女性は「クリスマスコフレ」「簡単」というワードに関心を寄せていました。

また、男女ともに「彼氏」「彼女」など、クリスマスを一緒に過ごすパートナーを意識しているようなワードも検索されています。

「クリスマス」関連検索の属性別マップ

「クリスマス」関連検索の属性別マップ

「クリスマスマーケット」は注目キーワード


「コフレ」や「ケーキ」以外にも、最近では「クリスマスマーケット」という新しいキーワードが上昇してきました。

「クリスマスマーケット」を検索しているユーザーは、女性、20代~30代、未婚 の割合が高く、検索後、「東京クリスマスマーケット」や「福岡クリスマスマーケット」にアクセスしていることがわかりました。

「クリスマスマーケット」検索ユーザーの性別

「クリスマスマーケット」検索ユーザーの性別

「クリスマスマーケット」検索ユーザーの年代

「クリスマスマーケット」検索ユーザーの年代

「クリスマスマーケット」検索ユーザーの未既婚

「クリスマスマーケット」検索ユーザーの未既婚

出典:https://tokyochristmas.net/
出典:http://christmas-market.jp/
「クリスマスマーケット」検索後の流入ページ

「クリスマスマーケット」検索後の流入ページ

あまり聞きなじみのない「クリスマスマーケット」とは、一体どんなものなのでしょうか。

クリスマスマーケットは、1393年にドイツのフランクフルトで始まったと言われている、クリスマス準備のショッピングをする催しのこと。「アドヴェント」と呼ばれるクリスマスを待つ期間に開催される、まさにヨーロッパの冬の風物詩。ドイツ各地では、なんと2500以上ものクリスマスマーケットが登場する。

どこの街でも伝統料理やオーナメントがヒュッテと呼ばれる木の小屋に並び、その屋根にはサンタやトナカイなどの人形が飾られる。ロマンティックな雰囲気の中、グリューワイン(ホットワイン)片手に、クリスマス用の飾りやプレゼントを選んだりするのも、クリスマスマーケットならではの楽しみ。

クリスマスマーケットのイメージ

クリスマスマーケットのイメージ

日本でも近年このクリスマスマーケットが各地で開催されるようになり、ユーザーも大きな関心を寄せています。2018年は横浜赤レンガ倉庫や六本木ヒルズ、日比谷公園、恵比寿ガーデンプレイスなどで行われました。 今年は六本木ヒルズ、芝公園、横浜赤レンガ倉庫などで開催が発表されています。

今後さらに認知度が高まることで、より大きな盛り上がりを見せるのではないでしょうか。

クリスマスマーケット | 六本木ヒルズクリスマス 2018

https://www.roppongihills.com/sp/christmas/2018/event/market.php

今年も六本木ヒルズに楽しく賑やかなクリスマスマーケットがやってきます。世界的に有名なドイツのクリスマス用品専門店やドイツの名物料理のショップなど、2,000種類以上のアイテムが集まる本場ドイツのクリスマスの雰囲気をお楽しみください。

東京クリスマスマーケット2019

https://tokyochristmas.net/

東京クリスマスマーケット2019!ドイツを中心に中世から続くヨーロッパの伝統的なお祭り「クリスマスマーケット」が今年も芝公園に帰って来ます!12月6日(金)〜25日(水)開催!

クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫|横浜赤レンガ倉庫

https://www.yokohama-akarenga.jp/christmas/

幻想的な空間で忘れられない冬の思い出を♪本場ドイツのクリスマスマーケットを再現&今年は新マーケットも登場!11月22日(金)~12月25日(水)https://www.yokohama-akarenga.jp/christmas/ #クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


急上昇ワードに“渋滞情報”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/9/20~2020/9/26)

急上昇ワードに“渋滞情報”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/9/20~2020/9/26)

2020年9月20日~9月26日週の検索急上昇ワードでは、4連休のシルバーウィークだったため「渋滞情報」の検索が久しぶりに急増。今年一番の人出となった観光地も全国各地でみられたようです。全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


急上昇ワードに“国勢調査オンライン”“PS5”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/9/13~2020/9/19)

急上昇ワードに“国勢調査オンライン”“PS5”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/9/13~2020/9/19)

2020年9月13日~9月19日週の検索急上昇ワードでは、9月14日からスタートした5年に1度の「国勢調査」にインターネットで回答できる「国勢調査オンライン」や、11月12日に発売と発表された新型ゲーム機「PS5」の検索数が急増。全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


大手企業Webサイトの訪問者数が急上昇、デジタル広告への投資増の結果か?富士フイルムやNEC、ソニー、コカ・コーラなど【20年8月急上昇サイト】

大手企業Webサイトの訪問者数が急上昇、デジタル広告への投資増の結果か?富士フイルムやNEC、ソニー、コカ・コーラなど【20年8月急上昇サイト】

2020年8月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型の市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


急上昇ワードに“ドコモ口座”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/9/6~2020/9/12)

急上昇ワードに“ドコモ口座”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/9/6~2020/9/12)

2020年9月6日~9月12日週の検索急上昇ワードでは、NTTドコモが提供する「ドコモ口座」を使って銀行の預金が相次いで不正に引き出された問題が人々の関心を集め、「ドコモ口座」の検索数急増がみられました。<br>全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


コロナで生まれた化粧品への新たなニーズとは?美容にまつわる消費者の「不」をデータから読み解き、コミュニケーション設計まで考える

コロナで生まれた化粧品への新たなニーズとは?美容にまつわる消費者の「不」をデータから読み解き、コミュニケーション設計まで考える

化粧品のトレンドについて調査する新企画。ヴァリューズのマーケティングコンサルタントである私、伊東茉冬が気になる話題について調査していきます。 今回の調査は前回の記事に引き続き、新型コロナウイルスの影響についてです。 新型コロナウイルスの影響が長引く中、化粧品業界へはどのような影響が及んでいるのか。 また、このような状況でも消費者にアプローチする方法は無いのか、Web行動データやアンケート調査を基に分析します。


最新の投稿


【アーカイブ視聴】ウィズコロナ時代のウェブサイト大全|ヴァリューズ×イノーバ×Kaizen Platform共催ウェビナー

【アーカイブ視聴】ウィズコロナ時代のウェブサイト大全|ヴァリューズ×イノーバ×Kaizen Platform共催ウェビナー

行動分析、コンテンツマーケティング、UI改善までウェブの専門家が大集合。 <br><br>※本セミナーは2020年9月15日に開催されましたが、動画にて視聴頂けます。ご興味を持っていただけましたら、記事下部のフォームよりお申し込みください。お申し込み後、視聴URL(YouTube)をお送りいたします。


副業やクラウドソーシングが伸びている実態とは?大手2サイトのユーザー層の最新トレンドを探る

副業やクラウドソーシングが伸びている実態とは?大手2サイトのユーザー層の最新トレンドを探る

2020年は新型コロナウイルスの感染拡大により、企業や個人の経済活動にとって大きな変革の年となりました。その中でも関心と需要の高まりを見せている「クラウドソーシング」の分野について、国内の2サイトを分析対象として、利用ユーザーの動向をデータから紐解いていきます。


急上昇ワードに“渋滞情報”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/9/20~2020/9/26)

急上昇ワードに“渋滞情報”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/9/20~2020/9/26)

2020年9月20日~9月26日週の検索急上昇ワードでは、4連休のシルバーウィークだったため「渋滞情報」の検索が久しぶりに急増。今年一番の人出となった観光地も全国各地でみられたようです。全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


ネット検索で Google を使う人、Yahoo! を使う人の特徴を比較してみた

ネット検索で Google を使う人、Yahoo! を使う人の特徴を比較してみた

日本国内においての検索エンジンと言えば、GoogleとYahoo!。さらに、この2トップで国内の検索エンジンシェアの9割を超えているとも言われています。普段の検索にGoogleをよく使う人とYahoo!をよく使う人、特徴の違いはあるのでしょうか?今回はGoogleとYahoo!の検索ユーザーについて調査・分析してみました。


AIのビジネス活用がBtoBで加速の実態とは?DXにも通じる「レシートOCR」「外食×AI」の2つの事例を解説

AIのビジネス活用がBtoBで加速の実態とは?DXにも通じる「レシートOCR」「外食×AI」の2つの事例を解説

画像やテキストなどの非構造データのデータ解析やデータビジネスプロジェクト構築などを行っているFVIの荻原さんに、AIをマーケティングに活かす事例についてお伺いしました。DXを行うにはAIの活用ができているかが大きなポイントになってきているそう。「データの『タグ付け』で営業やマーケティングが大きく変化する」とはどういうことでしょうか。本稿ではそのインタビュー内容をお伝えします。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング