データマーケティングのためのデータ活用のポイント

データマーケティングのためのデータ活用のポイント

データに基づくマーケティングを行う「データマーケティング」。活用方法として想定される「One to One マーケティング」「マーケティングオートメーション(MA)」などはいずれも大量のデータの取り扱いを前提としています。生のアクセスログを行動履歴に整理するなど、データマーケティングにおけるデータ活用のポイントをまとめました。


データマーケティングの活用シーン

顧客の属性や嗜好、行動履歴から顧客ごとにパーソナライズする「One to One マーケティング」と、それを大規模に行うためにシステムで自動化する「マーケティングオートメーション(MA)」がデータマーケティングの代表例です。

たとえば行動履歴に基づくリマーケティング広告や、嗜好に合わせてパーソナライズしたWeb広告を出すには、大量の生のアクセスログを整理して分析する前処理が必要です。

データ活用の8ステップ

1.目的を明確化する

大量のデータを収集・分析するには費用も時間もかかります。「何をしたいか」が明確であればあるほど、どんなデータが必要で分析手法には何を用いるか決めやすくなります。

大脇:まず目的、そして仮説をもつことから始めていただきたいです。データを見る順番が違ったら、データから読み取る結果も全く変わってしまう。大枠の目的が決まっていない状態では、判断材料として正しいのかどうか、値の意味がわからないし、往々にして数字は高ければいいかのような誤解にもつながります。

データマーケティングをこれから始める場合、データを活用する前に整備するコストや時間が伴うので、小さく始めるのがおすすめです。

― マーケティングにおけるデータ活用、まず始められることを教えてください。
山本:繰り返しになりますが、データがあるから何かができるという順番ではありません。成し遂げたい目的を定めて、必要最小限のデータでスモールスタートをおすすめします。

データは目的に合わせて選ばないと活用できなかったり活用するためのコストや時間が伴うので、既存データの整理より外部データが使いやすいかもしれない。

はやく気づきを得ることを、小さく始める。そしてモニタリングすべき枠組みを徐々に構築していくと、サイクルが回りやすいですね。

2.仮説を立てる

自社が解決したい問題に対して、原因の仮説を立てます。例えば、ECサイトで商品がカートに入ったまま購入されない「カゴ落ち」の原因にも幾つか種類があります。

入力項目が多い、案内が不親切などショッピングカートのユーザービリティが原因と仮定する場合はカート関連の画面遷移を中心に調査します。一方、カートに入っていることを忘れてサイトを離脱してしまう場合は、ユーザーが最後に見ていたページを調べ、離脱する際にメッセージを出す方法があるかもしれません。

このように目的と仮説によって、必要なデータも変わってきます。

3.データを俯瞰し全体像をとらえる

時間軸・属性・行動などの観点でフィルタ前の全データを俯瞰し、特徴あるポイントがないか見つけていきます。

4.データ分析し特徴を捉える

全体像を俯瞰して気づいた傾向や異常値、仮説を裏付けるデータを確認します。

Webのアクセスログを初めて触る方の場合、利用者も多く活用方法もよく知られているGoogle Analyticsでデータ集計したり、フィルタリングしたりすると良いでしょう。

複数のサイトを統合したデータが欲しい場合はデータを出力してエクセルやDBで加工する方法がありますが、ドラッグ&ドロップで現場の人間でも簡単にビジュアライズできるTableau(タブロー)を使うと便利です。

最終的にはSQLを使ってデータベースを操作する人たちもいます。従来は欲しいデータをエンジニアや外注業者に依頼して、時間も費用もかかっていた部分が短縮され、試行錯誤の頻度も上げられます。

例えば日経新聞のような古くて大きい会社でも社内にデータドリブンを加速する「データ道場」を開設しSQLを触れる人が200人以上いる状況になっています。

株式会社デジタルガレージCDOの渋谷直正さんが語る、データ分析組織づくりの2つの方向とは

https://manamina.valuesccg.com/articles/559

データ分析組織づくりの2つの方向性は、トップダウンかボトムアップか。日本航空(JAL)にて10年間データ分析に携わり、現在は株式会社デジタルガレージにてCDO(チーフ・データ・オフィサー)を務める渋谷直正さんが語ります。

5.その特徴を深堀りする

見つけた特徴を詳しく調査したり、別のデータソースからも検証します。補足データでも裏付けられれば、仮説がより確かなものになります。

6.深堀りした結果から戦略を立てる

仮説がデータから裏付けられたなら、その課題を解決するマーケティング施策を検討します。またここまでデータ分析していれば、どの指標をKPIに改善とみなすかも決められます

7.施策を実行する

課題を改善する施策を実行します。

8.施策の効果を検証する

施策実行後に改めてデータを分析して、KPIとする指標が改善されたかPDCAを回します。

まとめ

マーケティングにデータを活用するには、まずデータを収集し分析するステップが必要です。それには時間も費用もかかるので「何を解決したいか」という目的を明確にして必要なデータや分析手法をはっきりさせることが重要です。

またデータ分析のサイクルを早めるには現場がすぐデータを扱える環境づくりが必要です。Tableauのようなツールを導入する方法もあれば、社内で勉強会を開いてSQLを扱える人数を増やしていくアプローチもあります。

これからマーケティングにデータ活用していこう、というフェーズの企業ではまずは小さく始めることからやってみましょう。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


データマーケティングに役立つツール7選。DMPや統合ツール、MAをまとめました

データマーケティングに役立つツール7選。DMPや統合ツール、MAをまとめました

コンピューターやインターネット、スマホの普及により大量のデータが集まる時代。この大量かつ複雑なデータをマーケティングに活用するには、高いスキルとノウハウを持った人材、そして多くの時間が必要です。データの整理・集計や広告の最適化をツールで自動化できれば、費用や時間を節約できるとともに専門知識がない人でもデータマーケティングができるようになるメリットがあります。今回は大量のデータを活かすためのデータ統合ツールやマーケティングオートメーションのツールをご紹介します。


カメラのキタムラ事例に学ぶ、データ可視化によるMEO対策とは|MarkeZine Day 2019 Autumn レポート

カメラのキタムラ事例に学ぶ、データ可視化によるMEO対策とは|MarkeZine Day 2019 Autumn レポート

店舗型ビジネスにおいて注目を高める「MEO対策」をテーマにしたパネルディスカッションが、MarkeZine Day 2019 Autumnにて開催されました。カメラのキタムラの事例を軸に「スモールスタート」「可視化は手段」など、MEO対策の施策のコツが語られます。


BtoBマーケティングでデータ起点のカスタマージャーニーづくりが効く理由とは【ネットイヤー神田×ヴァリューズ宇都宮】

BtoBマーケティングでデータ起点のカスタマージャーニーづくりが効く理由とは【ネットイヤー神田×ヴァリューズ宇都宮】

BtoBでもカスタマージャーニーが重要視され始めたのはなぜなのでしょうか。BtoBマーケティングにおけるカスタマージャーニー活用の理由を探るため、ネットイヤー社の神田さんとヴァリューズ社の宇都宮さんの対談模様を取材しました。


ビッグデータを活用したデータマーケティング事例

ビッグデータを活用したデータマーケティング事例

データに基づきキャンペーンを最適化したり、パーソナライズしたりするデータマーケティング。従来の属性データに加え、ネットの購買行動などの行動データが取れるようになったことで企業が使えるデータ量は爆発的に増加しています。大量かつ複雑なデータ=ビッグデータを活用するデータマーケティングとその事例をご紹介します。


データ活用は「魔法」ではない。課題解決のために地に足をつけて考える手段だ

データ活用は「魔法」ではない。課題解決のために地に足をつけて考える手段だ

データ活用が話題となっていますが、一体どういうことを指すのでしょうか。株式会社ヴァリューズで企業のデータコンサルティングを行う和田尚樹さんに、企業のデータ活用の実態を聞きました。


最新の投稿


1位は“Amazon”、2位は…「業界別」アプリランキング - ショッピング編 -

1位は“Amazon”、2位は…「業界別」アプリランキング - ショッピング編 -

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、アプリランキングを作成しました。


自動車業界5社をマーケティング視点で企業研究!現役大学生のデータドリブン就活【第1回】

自動車業界5社をマーケティング視点で企業研究!現役大学生のデータドリブン就活【第1回】

競合分析ツール「eMark+」を使って、就職活動に役立つコンテンツをお届けする企画を始めます。第1回は自動車業界の主要5社、トヨタ・ホンダ・日産・マツダ・スズキをWebサイトの集客状況から分析し、企業の強みや違いをまとめました。


クリスマスの検索人気キーワード 1位「コフレ」、2位「ケーキ」、6位の「クリスマスマーケット」って? 【2018年振り返り】

クリスマスの検索人気キーワード 1位「コフレ」、2位「ケーキ」、6位の「クリスマスマーケット」って? 【2018年振り返り】

今年も間もなくクリスマスシーズンを迎えます。毎年多くの賑わいを見せるクリスマスは、2018年はどのようなキーワードがユーザーの関心を集めていたのでしょうか。今回は、昨年10月から12月にかけて「クリスマス」と併せて検索されたキーワードについて調べてみました。


Wikipediaのコンテンツランキングを調査したら、世の中のトレンドを反映していた

Wikipediaのコンテンツランキングを調査したら、世の中のトレンドを反映していた

インターネット百科事典『Wikipedia』でよく見られているコンテンツを時系列で見ると、世の中で話題の出来事、ユーザーの関心の動向が見えてくるのでは…。そこで今回は、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、Wikipediaで過去半年の間に話題になったトピックを振り返ります。


ターゲットユーザーがよくみているサイトやコンテンツがわかるTarget Focusとは?|eMark+(イーマークプラス)

ターゲットユーザーがよくみているサイトやコンテンツがわかるTarget Focusとは?|eMark+(イーマークプラス)

サイト分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」のTarget Focusを使うと、ターゲットユーザーがどんなサイトやコンテンツを見ているかチェックできるのをご存知でしょうか?自社サイトの利用ユーザーが、他にどのようなサイトに興味があるのか、商品やサービスの検討過程でどのようなサイトをよく見ているのかを知ることができます。広告出稿などでリーチしやすいメディアを把握したいという担当者の方は必見です!


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら