広告出稿に役立つ!競合サイト分析をツールで効率化

広告出稿に役立つ!競合サイト分析をツールで効率化

競合サイト分析で自社サイトのアクセスを増やすには?ツールを使った分析手法が一般的になったSEOのほか、流入増の手段は一つではありません。広告出稿や顧客のペルソナの把握などの分野でも、ツールを使って競合サイトを分析することで、効率的に対策を立案することに役立ちます。Webサイトの流入構造の基本とツールを使った競合サイト分析手法についてまとめます。


アクセス増に役立つ集客戦略とは?

すでにネット広告に携われている方はご存知の内容ですが、集客戦略の基本についておさらいします。

まず、Webサイトのアクセスを増やす方法は、SEOだけではありません。SEO分野では、ツールを使って競合サイトを分析する手法が一般的になっています。Googleの検索ロジックは複雑かつ詳細は伏せられていますが、検索結果上位のサイト郡が持つ要素を自社サイトに取り入れることで、上位サイト郡と同様の評価を得られるだろうとする考え方です。

ツールも活用!競合サイト分析で「流入キーワード」を調査する方法

https://manamina.valuesccg.com/articles/877

自社サイトのアクセス数を増やすには、戦略的なコンテンツ更新が必要です。たとえば競合サイトがどのようなキーワードから流入しているか、自社サイトと差分があるかは参考になります。競合サイト分析でツールを活用する流入キーワードの調べ方にスポットをあてて解説します。

競合調査でライバルに勝つ!Webサイト分析ツール10選(無料)

https://manamina.valuesccg.com/articles/94

SEO対策のために、競合サイトをツールで分析する「競合調査」が一般的になりつつあります。Googleの検索ロジックが複雑化する中、競合調査では検索上位のサイトには評価される要素があるとみなして自社サイトと比較し、差分を埋めていきます。無料のもの含む複数のツールで競合調査すれば流入キーワードや被リンク、ドメインの強さなど競合サイトのかなりのことがわかります。

また、Googleの検索ロジックは、検索ニーズの網羅性を重視するという話もあります。その対策として、サジェストすべてにコンテンツを展開する手法があります。

しかし、現実的にはコンテンツ制作コストの制約から、ツールで調査した検索ボリュームが大きいキーワードから、重点的に対策することが多いようです。

これに対して、リスティングなどネット広告の分野では、検索順位向上やその結果としての検索流入より、LP(ランディングページ)から発生する資料請求や売上などのコンバージョンを目的とすることが多いでしょう。広告に出した費用を上回る売上がないと、赤字になってしまうからです。

Webサイトのアクセス流入は、自然検索、SNS、参照サイト、広告などの流入元に分けられ、どういうアクセスが欲しいかという目的によって、集客戦略が変わってきます。

例えば、TV番組の「ジョブチューン」では、コンビニやチェーン店が人気メニューを一流料理人にジャッジしてもらう企画があります。人気メニューが「不合格」になるリスクがあっても、TV番組に長時間露出することで、膨大な自然検索が生み出されると考えられます。こうしたマスコミ露出も、集客戦略の一つです。

本記事では、集客戦略のうち、ネット広告について扱います。競合サイトをツールで分析して効率的に出稿するにはどうしたらよいでしょうか。

主なネット広告の種類

ネット広告には、Googleやヤフーのリスティング広告、ディスプレイ広告、リターゲティング広告、アフィリエイト広告、SNS広告、動画広告などがあります。

実際のネット広告では、広告の種類と以下のような課金単位が組み合わされています。
・期間保証型:月単位など掲載期間を保証するネット広告
・インプレッション課金型:表示回数に対して課金されるネット広告
・クリック保証型:クリック数に対して課金されるネット広告
・配信数保証型:メルマガやブラウザpushなどの配信数に対して課金されるネット広告
・成果報酬型:資料請求・売上などゴールの達成に対して課金されるネット広告

検索連動型広告、ディスプレイ広告、動画広告のフォーマットや配信手法を詳しく解説!現場担当者が語るデジタル広告の基礎

https://manamina.valuesccg.com/articles/1736

インターネット広告の中でも特に市場が大きい3つの広告である、検索連動型広告、ディスプレイ広告、動画広告について、フォーマットや主要な媒体、配信手法などをヴァリューズのマーケティングコンサルタント・利根川さんが解説します。デジタル広告の基本について現場の担当者目線で分かりやすく学びたい方、必見です。

リスティング広告のキーワード選定方法

リスティング広告では、指定したキーワードやその周辺ワードの検索結果に対して広告が表示されます。予算や狙いに合わせて、最大限の成果が得られるキーワードを選定できるかが、運用担当者の腕の見せどころです。

例えばGoogleの「指輪」サジェストは以下になっていますが、「指輪 ブランド」「指輪 意味」という大雑把なキーワードで検索している人は、購買からは遠いユーザーと考えられます。

「指輪 ペアリング」あるいは「婚約指輪」のサジェストに出てくる「婚約指輪 普段使い」になると、ニーズが顕在化し、より購買に近いキーワードになってきます。

Googleのサジェスト例

予算との関係で言うと、人気のキーワードほど出稿単価が高くなる仕組みになっています。「指輪 レディース」では予算オーバーの場合、「指輪 レディース シンプル」などさらに細かいキーワードを指定した方がよいかもしれません。

このように、リスティング広告のキーワード選定は人間が手作業で調査するには時間がかかりすぎる複雑で膨大な作業になっています。

競合サイトをツールで分析する方法

リスティング広告は、継続的な運用が必要な業務です。最初に設定したら終わりでなく、単価が高くなったり、新たなキーワードが生まれたり、成果が出ないキーワードを外すなど、最適化をすすめる必要があります。

こうした最適化には、キーワードだけでなく、LPの改善も含まれます。例えば、同じ女性向け商品でも、そのペルソナによってポップにするのか上品にするのかでコンバージョンが変わってくるはずです。

リスティング広告担当者あるいはクライアントに提案する立場の場合、なぜその施策が良いか説得力を持って説明したり、新しいキーワードを効率的に見つける必要があります。その際役立つのが、競合サイトをツールで分析する方法です。

類似商品・サービスを扱う競合サイトは、似た顧客層や似た集客戦略を持つと考えられます。したがって、競合サイトをベンチマークとして分析することで、これから展開する事業のターゲットとなる顧客層を事前に確認したり、自社が見つけていなかったキーワードを見つける契機になります。

様々なツールがありますが、例えばWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」では、競合サイトの流入状況や業界全体のデータを俯瞰して見ることができます。

関連記事の自動車サブスク市場の記事では各サイトのユーザー数推移や集客構造、MAGASEEKの記事では広告における競合調査の方法、花王の記事では検索トレンドや流入ページ分析の事例を見られます。

自動車サブスク市場のWebサイトユーザー数を調査。トヨタのKINTOを各社が追う構図に【2022年4月】

https://manamina.valuesccg.com/articles/1765

コロナ禍を通じてサービスへの認知が高まってきた自動車のサブスクリプション・サービス。本記事では、黎明期から数年経過したいま現在の自動車サブスク市場と、サービスを提供する各社の現状を、Webサイト訪問者のデータを用いて分析・解説していきます。

ファッション通販「MAGASEEK」が活用する競合データとは?常識の通じないコロナ禍を乗り越えた戦略の裏側

https://manamina.valuesccg.com/articles/1721

国内最大級のファッション通販サイトMAGASEEK(マガシーク)は2013年に株式会社NTTドコモの傘下に入り、ネット販売市場にてシェア拡大を続けています。そんなMAGASEEKのマーケティングを支援しているのは、株式会社ヴァリューズが提供するWeb行動ログ分析ツールDockpit(ドックピット)です。今回はコンシューマーサイト事業本部 本部長 小手川大介さんに、Dockpit導入から現在までの成長の秘話について伺いました。

生活者ストーリー全体を捉えるためのデータ分析、花王のツール活用事例

https://manamina.valuesccg.com/articles/1871

ヴァリューズは、“データを通じて顧客のことを深く考える”、“マーケティングの面白さに熱中する”という意味を込め、マーケティングイベント「VALUES Marketing Dive」を5/26に開催しました。本セミナー全体のテーマは「Update Your Marketing」。Withコロナ時代、生活者には新たな価値観や消費行動が生まれ、マーケティング戦略や施策においては、さらなるアップデートが求められています。本講演では、『生活者ストーリー全体を捉えるためのデータ分析、花王のツール活用事例』と題し、花王の顧客分析についてお届けしました。

まとめ

自社サイトの集客戦略がうまくいっているか判断するには、比較対象が必要です。また、仮説を立て実行して検証する方法もありますが、時間とコストがかかります。

競合サイトの顧客層や集客構造、広告キーワードがわかれば、比較対象にしたり、成功している施策を取り入れて効率化できます。

こうした場面で使われているのが「Dockpit(ドックピット)」などの競合サイト分析ツールです。いつ、どんな人が、どんなサイト・ページに流入しているのかわかるので、市場調査やユーザー理解、広告出稿に活用しましょう。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


ページの評価指標「EAT」が「EEAT」に!「経験」追加の影響や対策を解説|「2023年1月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

ページの評価指標「EAT」が「EEAT」に!「経験」追加の影響や対策を解説|「2023年1月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

2022年12月、ページ品質を評価するための基準「EAT」に「Experience = 経験」が追加され、「EEAT(ダブル・イー・エー・ティー)」へ変更されました。SEOに携わっているマーケターの中には、影響が気になっている人もいるのではないでしょうか。今回は、ヴァリューズのマーケティングコンサルタントがEEATについて解説。起こりうる影響や対策を解説していきます!


コンテンツマーケティング最新動向レポート(2023年1月版)|ホワイトペーパー

コンテンツマーケティング最新動向レポート(2023年1月版)|ホワイトペーパー

国内外のSNSトレンドやSEO対策など、コンテンツマーケティングに関する最新情報を毎月まとめてご紹介。SNS編では、①SNS上で認知~購買のワンストップ総客 ②短尺動画の盛り上がり ③インフルエンサー支援施策 といった、2022年のSNS動向の振り返りで新年をスタートします。SEO編では、Googleが質の高いコンテンツとして評価する指標が、従来のEAT(専門性・権威性・信頼性)からEEATに変更され、「経験」の要素が加わったというトピックについて解説しました。


表示速度を高速化しよう!「Google PageSpeed Insights」の基礎と実践

表示速度を高速化しよう!「Google PageSpeed Insights」の基礎と実践

「Google PageSpeed Insights」のスコア改善に役立つ使い方や高速化手法について解説します。SEO会社あるいはSearch ConsoleからWebサイトの表示速度が遅いと指摘されたときに使う「Google PageSpeed Insights」。表示速度の計測結果と高速化のための改善ポイントを示してくれる便利なツールです。


【2023年SEOトレンド】日本最大級のSEOデータベースから解き明かす動向予測|セミナーレポート

【2023年SEOトレンド】日本最大級のSEOデータベースから解き明かす動向予測|セミナーレポート

コンテンツマーケティングの「要」の一つであるSEO。GoogleのAI/機械学習の発展により、アルゴリズムの変化は複雑化し、どういった変動が起きているかは、プロの知見を持ってしても難しくなっています。本セミナーでは、消費者のWeb行動ログデータやクローリングデータ、各種APIサービスを組み合わせた日本最大級のSEO研究データベースを持つヴァリューズが、ビックデータ分析をもとにした2023年のSEOトレンド予測を解説。詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。記事末尾のフォームよりお申し込みください。


2023年のSEOトレンド予測【完全版】日本最大級のSEO研究用データベースから、ビックデータ分析で解き明かす | ホワイトペーパー

2023年のSEOトレンド予測【完全版】日本最大級のSEO研究用データベースから、ビックデータ分析で解き明かす | ホワイトペーパー

ユーザーファーストの実現のため、アルゴリズムのアップデートを繰り返すGoogle。SEO対策のために押さえるべきポイントは、めまぐるしく変化しています。今回は、コンテンツマーケティングサービスを統括するWebコンサルタントが、消費者のWeb行動ログデータをもとに、2023年のSEO動向を予測。今後Googleが評価を高めていくと推察される項目を整理し、それに対して推奨される具体的なアクションをまとめました。ぜひ手元で照らし合わせながら、新年の動向を押さえたSEO対策を進めてみてはいかがでしょうか。


最新の投稿


トレンドワードに「AIアバター」「ライブカメラ」など...「週間」検索キーワードランキング(2023/1/22~2023/1/28)

トレンドワードに「AIアバター」「ライブカメラ」など...「週間」検索キーワードランキング(2023/1/22~2023/1/28)

行動ログをもとに週次の検索急上昇ワードランキングを作成し、トレンドになっているワードについて取り上げます。2023年1月22日~1月28日は、カメラアプリ「SNOW」の新機能「AIアバター」や、日本列島が大寒波に見舞われる中、各地の道路状況を確認できる「ライブカメラ」といった検索が急増していました。


【2023年2月13日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2023年2月13日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


2023年、世界情勢の憂慮 〜「地政学」から見た対中関係と日本企業のこれから

2023年、世界情勢の憂慮 〜「地政学」から見た対中関係と日本企業のこれから

世界を震撼させたウクライナ侵攻や、まだ出口の見えないコロナ禍もそのままに明けた2023年。本稿では、2022年を振り返り、引き続き憂慮される国際社会の動向や、日本にとって特に注視すべき対中関係とそれらに準ずる日本企業のあり方を、大学研究者としてだけでなく、セキュリティコンサルティング会社アドバイザーとして地政学リスク分野で企業へ助言を行っている和田大樹氏が解説します。


D2Cとは?ECとの使い分け・ブランドへの意識など、消費者の利用実態を調査|ホワイトペーパー

D2Cとは?ECとの使い分け・ブランドへの意識など、消費者の利用実態を調査|ホワイトペーパー

2020年はコロナ禍における巣ごもり消費も追い風となり、物販分野のBtoC EC市場は、伸長率20%超えという大幅な拡大が見られました。そんな中、メーカーが新たに注力を始めているのがD2C。D2Cとは「Direct to Consumer」の略であり、メーカーが商品を直接消費者に販売するビジネスを指します。今回は特に化粧品・家電業界に注目し、ECと比べた際のD2Cの使われ方や使い手について、その実態を調査しました。(ページ数|29ページ)


【急上昇サイト】年末やクリスマスなど、シーズナルなコンテンツに検索が急増!|2022年12月

【急上昇サイト】年末やクリスマスなど、シーズナルなコンテンツに検索が急増!|2022年12月

2022年12月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら