Web行動ログデータを用いたクラスタリングとは?分析手法と事例を公開!

Web行動ログデータを用いたクラスタリングとは?分析手法と事例を公開!

マーケティングの分析で時々出てくる「クラスタ」や「クラスタリング」。聞いたことはあるけれど、何がわかるの?メリットやデメリットは?…など、疑問も多いのではないでしょうか。本資料では、アンケートを用いた従来のクラスタリングのメリット・デメリットをまずおさえ、新しい手法として注目を集めているWeb行動ログデータを使ったクラスタリングについて、アウトプットや活用事例を解説します。(ページ数|19p)


クラスタリングとは?

クラスタリングは顧客の分析でよく用いられる手法です。

クラスター(cluster)とは、英語で「房」「集団」「群れ」のことで、似たものがたくさん集まっている様子を表す。「クラスター分析」とは、異なる性質のものが混ざり合った集団から、互いに似た性質を持つものを集め、クラスターを作る方法だ。対象となるサンプル(人、行)や変数(項目、列)をいくつかのグループに分ける、簡単にいえば「似たもの集めの手法」である。

従来はアンケートを用いたクラスタリングが一般的でした。事前に想定したようなクラスタにある程度意図的に分類することができるため、結果がわかりやすいというメリットがありますが、逆に仮説がないと意味のあるクラスタに分類することができない可能性があります。


昨今では、新たな手法としてWeb行動ログデータを用いたクラスタリングに注目が集まっています。Web上の実行動をもとに機械的にクラスタに分類するため、仮説として思いつかないようなクラスタが出現する可能性があり、新たなターゲットユーザー層の発見や、商品・サービス開発のためのユーザー理解につながっています。

また、アンケートでは聴取しきれないようなWeb上での細かなタッチポイントも把握できるため、プロモーション施策につなげやすいという点も、Webログを活用したクラスタリングのメリットです。

そこで、本資料では、
・アンケートを用いた従来のクラスタリングのメリット&デメリット
・Web行動ログデータを用いたクラスタリングの分析手法
・アンケートで分類したクラスターにWeb行動ログを紐づけた分析手法
・実際の分析アウトプット
・活用事例
・スケジュール感
などをまとめました。

資料は無料でダウンロードできます。下記フォームからお申し込みください。

レポートの一例

料理クラスタのイメージ

目次

はじめに ~クラスタリング分析とVALUESのソリューション

Web行動ログデータを用いたクラスタリング
- 潜在的トピックモデルを用いたクラスタリング手法
- アウトプットイメージ ~ 例:「ダイエット」
- 恋活・婚活ダイエッター
 サイト・アプリランキング
 興味関心
- 各クラスタへのアプローチ施策案

アンケートで再現したクラスタにWeb行動ログを紐づけ
- アウトプットイメージ ~ 例:「料理」
- 料理嫌い時短さん
 ブラウザ接触時間帯
 よく見るサイト・アプリランキング
 あまり見ないサイト・アプリランキング
 ECモールでの閲覧商品カテゴリ

活用事例

スケジュールと費用について

ホワイトペーパーダウンロード【無料】|「Web行動ログデータを用いたクラスタリング分析」資料

資料のダウンロードURLを、ご入力いただいたメールアドレスに送付させていただきます。
ご登録頂いた方にはVALUESからサービスのお知らせやご案内をさせて頂く場合がございます。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


クラスタの行動に合わせた効率的なユーザーアプローチとは?「料理に対する価値観クラスタのWEB行動調査」レポート

クラスタの行動に合わせた効率的なユーザーアプローチとは?「料理に対する価値観クラスタのWEB行動調査」レポート

料理に関する価値観のアンケート調査を行い、「料理好きルーキーさん」など5つのクラスタに分類。ネットの利用時間帯やよく見るサイト・アプリ、逆にあまり見ないサイト・アプリなどを分析し、クラスタごとにユーザーのWeb行動特徴と獲得施策のアプローチ例をまとめました。(ページ数|33p)


市場調査にネットリサーチを活用!メリット・デメリットと進め方

市場調査にネットリサーチを活用!メリット・デメリットと進め方

商品・サービスを企画する段階で重要な市場調査ですが、アンケートを行う場合、近年はネットリサーチが有力な手段となっています。大規模なアンケート調査を安価で短期間にできる点がネットリサーチの特徴です。


私たちは1ヶ月にいくつのアプリを使っているのか?実際の行動ログから調べてみた

私たちは1ヶ月にいくつのアプリを使っているのか?実際の行動ログから調べてみた

日常生活や仕事に欠かせない便利なツールとなったスマートフォンのアプリ。私たちは無意識のうちに、色々な種類のアプリを使い分けしていますが、1ヶ月にいくつのアプリを使っているのでしょうか。その実態が行動ログを調査することによって、明らかになりました。アプリヘビーユーザーの特徴も分析しました。


ビール、日本酒、ワイン、ウイスキー...「好きなお酒ごとに異なる趣味嗜好・WEB行動調査」レポート

ビール、日本酒、ワイン、ウイスキー...「好きなお酒ごとに異なる趣味嗜好・WEB行動調査」レポート

好きなお酒の種類によって、人の価値観や行動特徴はどのように異なるのでしょうか? アンケート調査とWeb行動ログを掛け合わせて分析し、好きなお酒別の嗜好やWeb行動の特徴を考察しました。(ページ数|21p)


市場調査の基本!アンケートを使う調査方法

市場調査の基本!アンケートを使う調査方法

市場調査には様々な手法がありますが、定量調査でよく使われるのがアンケートです。アンケートにも回収方法が色々あり、違いや使い分けを理解することで目的に合った調査が可能になります。アンケートの主な回収方法にはインターネット調査、電話調査、郵送調査、街頭調査、訪問調査があります。


最新の投稿


Googleマイビジネスに勝手に登録された!すぐできる対策は?

Googleマイビジネスに勝手に登録された!すぐできる対策は?

Googleマップのスポット情報が勝手に登録されていて、しかも間違っている!という例を見かけます。Googleのスポット情報は誰でも登録できるのが原因です。対策として、スポット情報を管理できる「Googleマイビジネス」にオーナー登録して正確な情報を管理する方法があります。


アパレル業界のオムニチャネル戦略を探る ~人気アパレルブランドの公式アプリを調査

アパレル業界のオムニチャネル戦略を探る ~人気アパレルブランドの公式アプリを調査

スマホやタブレットで欲しい商品を検索し、その場ですぐに購入できる時代になりました。 このようなライフスタイルの変化に伴い、特にアパレル業界のオムニチャネル戦略(ネットや店舗などあらゆるチャネルで顧客との接点をもつ販売戦略のこと)が求められています。アパレル業界はトレンドの移り変わりが激しく、商品をどれだけユーザーの目に触れさせるかが命運を分けることになるからです。 今回は、アパレル業界のオムニチャネル戦略について、いくつかのブランドを例に挙げて傾向とトレンドを分析します。


急上昇ワードに“確定申告 2020”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/1/12~2020/1/18)

急上昇ワードに“確定申告 2020”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/1/12~2020/1/18)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


「Googleマイビジネス」でオーナー確認する方法

「Googleマイビジネス」でオーナー確認する方法

「Googleマイビジネス」のスポットで自分が運営者(オーナー)であることを証明する方法を解説します。多くの場合、スポット情報自体は登録されていて、そのオーナーであることを証明するプロセスになります。


都市型イケアが原宿にオープン、その狙いとは?【2020年トレンド予測】

都市型イケアが原宿にオープン、その狙いとは?【2020年トレンド予測】

今年話題になりそうなトピックを調査・紹介する連載企画「2020年トレンド予測」。今回のテーマは「今春原宿にオープンする都市型イケア」です。今春オープンのIKEA原宿は日本初の都市型店舗。従来店舗との違いを考察し、トレンドを探ります。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら