始める!データマーケティング入門書籍10選

始める!データマーケティング入門書籍10選

データ分析をマーケティングに生かす「データマーケティング」。データを収集し、整理して見える化し、分析してマーケティング施策に落とすには、それなりのノウハウが必要です。本記事ではデータマーケティングを実践する上で、読んでおきたい参考書籍を紹介していきます。


データマーケティングに必要な予備知識とは?

分析の基礎知識となる「マーケティング理論」

様々な消費者の購買データを集積するだけではデータマーケティングと言えません。データをどう分析するかには既に確立されたマーケティング理論があり、主要なものは理解しておくとよいでしょう。

・3C分析
・4P分析
・SWOT分析
・カスタマージャーニー
・AIDMA/AISAS
・STP分析
・パーセプションフロー

マーケティング理論を使うと、基礎的な要素を漏れなく効率的に検討できます。

基礎から学ぶ代表的なマーケティング理論(3C・4P・カスタマージャーニー・AIDMA/AISAS・パーセプションフロー)

https://manamina.valuesccg.com/articles/608

マーケティングで使われる理論は略語や似た用語が多く混乱しがちです。代表的な「3C分析」「4P分析」「カスタマージャーニー」「AIDMA / AISAS」「パーセプションフロー」について用語の定義と役立つ場面について説明します。

対策の検討、実施のための「マーケティング施策」

マーケティングはデータを分析するだけで終わってしまっては、意味がありません。分析結果を元に、どのような施策で対策して自社の商品やサービスに興味を持ってもらうかが大事です。

データマーケティング関連書籍を参考にして、様々な選択肢から適切な施策を検討する方法もあります。

事例や最新情報で「業界動向」を知る

マーケティングの担当者として業界内の最新動向や情報を把握しておくには、専門書籍も有効です。ネットにも様々な情報が載っていますが、断片的な情報も多いでしょう。フィリップ・コトラーなど権威ある人々の思想を書籍で把握することは、大きな流れを理解するのに役立ちます。

データマーケティングの入門におすすめな本【10選】

「マーケティングリサーチとデータ分析の基本」

国内ネットリサーチでは最大手マクロミルの実務家の手による書籍で、データ分析とマーケティングリサーチの入門書としては最適な一冊です。

マーケティングリサーチとデータ分析の基本

¥ 1,836

「やさしく学ぶ データ分析に必要な統計の教科書」

データを分析する際必要になってくるのが、統計の基礎知識です。本書では統計の知識を駆使して、ロジカルにデータを考え根拠を持つことの大切さを解説しています。

やさしく学ぶ データ分析に必要な統計の教科書 できるビジネスシリーズ

「Webマーケターのためのテクノロジー入門」

プログラミング経験のないWebマーケター向けに、今のWebマーケティングを行うにあたって、最低限必要となるプログラミング技術を説明している書籍です。

Webマーケターのためのテクノロジー入門: Webマーケターにとって必要十分なプログラミング・テクノロジーの基礎を解説。

「会社を強くする ビッグデータ活用入門」

2013年の流行語大賞にもノミネートされ、定着した感のある「ビッグデータ」という言葉。大量で複雑という特徴を持つビッグデータを扱うには、どこから手をつけたらよいでしょうか。本書は非データサイエンティスト向けにビッグデータの概論と、分析方法を解説しています。

会社を強くする ビッグデータ活用入門 基本知識から分析の実践まで

¥ 1,980

「沈黙のWebマーケティング」

コンテンツマーケティングの分野で知られるウェブライダー代表の松尾茂起さんによる書籍。Webで人気を博した連載の書籍化です。連載ストーリー全9話に加え、本書のために書き下ろした本編ストーリーのエピローグと、Webマーケティングの基本解説が加筆されています。

沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション

¥ 2,376

「最新マーケティングの教科書2019」

「マーケティングの教科書」シリーズの第6弾です。日々新着し進化するデジタルマーケティングを、基本キーワードと最新キーワードでより理解しやすくした一冊です。

最新マーケティングの教科書2019 (日経BPムック)

¥ 1,540

「デジタルマーケティングで売上の壁を超える方法」

売り手の「売りたい気持ち」が消費者に見透かされる時代に、マーケターはどう消費者を「買いたい気持ち」へと転換していけばよいか。本書は新規顧客と継続顧客をいかに生み出し、デジタルの接点を通じ、どう誘導すればロイヤルカスタマー化していくかを解説しています。


著者の西井敏恭さんは食品宅配のオイシックスドット大地のCMT(チーフ マーケティング テクノロジスト)を務めています。

デジタルマーケティングで売上の壁を超える方法(MarkeZine BOOKS)

¥ 1,980

「データ・ドリブン・マーケティング―最低限知っておくべき15の指標」

世界最強のマーケティング企業 アマゾン社員の教科書として、特に有名な一冊です。ただし、このジェフ・ベゾス氏推奨の一冊は、決して初心者向けではありません。その深い内容を理解するには、それなりの基礎知識が必要になる本です。

データ・ドリブン・マーケティング―――最低限知っておくべき15の指標

¥ 3,080

「世界最先端のマーケティング 顧客とつながる企業のチャネルシフト戦略」

オンライン・オフライン店舗などの店舗運営の在り方などを、Amazonの実際を中心にマーケティングの運用や活用の仕方を解説している一冊です。

世界最先端のマーケティング 顧客とつながる企業のチャネルシフト戦略

¥ 1,980

「コトラーのマーケティング3.0 ソーシャル・メディア時代の新法則」

「経営の神様」と呼ばれるフィリップ・コトラーの書籍。今から10年前の2010年に発売された、マーケティングの新らしい流れについて解説された一冊です。 物を売りこむマーケティングが1.0で、消費者の満足度を目指す顧客志向にあたるのが2.0。マインドやハートなど精神に価値主導などを置くマーケティングを行うのが3.0。

今更と感じる方もいると思いますが、現代においても十分に通用する名著です。

コトラーのマーケティング3.0 ソーシャル・メディア時代の新法則

¥ 2,200

まとめ

マーケティングにはマーケティング理論に市場調査、データ分析、ビッグデータ、デジタルマーケティングなど、それぞれ書籍が出ているような様々な専門領域があります。

これらを理解するには、それぞれの分野で定評がある書籍何冊かずつを読んでみることをおすすめします。そうすれば、引っかかっていた部分や理解が浅かった部分が補われ、自社のマーケティングという本来の目的により専念できるでしょう。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


マーケティングを楽しめるようになる3冊+αの本をヴァリューズの岩村さんが紹介します

マーケティングを楽しめるようになる3冊+αの本をヴァリューズの岩村さんが紹介します

マーケティングについてイチから学びたいと考えている人に向けた本3冊+αを紹介する企画。マナミナを運営する株式会社ヴァリューズのマーケティング・コンサルタント、岩村大輝さんに挙げてもらいました。長期休暇の間などに、時間を取ってじっくりと読んでみてはどうでしょうか。


B2B企業のFacebook活用事例6選をご紹介。モノタロウ、NEC、デンソーなどの活用法とは?

B2B企業のFacebook活用事例6選をご紹介。モノタロウ、NEC、デンソーなどの活用法とは?

B2Cの場合Facebookで消費者にマーケティングするイメージは湧きやすいですが、B2B企業の場合、何をFacebookでアピールすれば良いでしょうか。B2B企業のFacebook活用事例から探ります。


カスタマージャーニーの理解に読む本4冊

カスタマージャーニーの理解に読む本4冊

カスタマージャーニーという用語は有名ですが、いざ自社のマーケティングに活用しようとすると作り方や背景、具体的な活用方法に悩む担当者も多いはず。実践経験が少ないときは、手元に書籍を置いて都度参考にすると良いでしょう。


AIは知的労働の代替に使うべき。ビジネスの下請け化を食い止めるために日本企業がすべきこと

AIは知的労働の代替に使うべき。ビジネスの下請け化を食い止めるために日本企業がすべきこと

データ・AIのビジネス活用が進まない理由はどこにあるのでしょうか。企業のAI活用コンサルを行う、株式会社FUTURE VALUES INTELLIGENCE代表の萩原静厳さんは、その理由を「ビジネスサイドとデータ分析サイドの溝がある」からだと話します。必要性が高まっているAIのビジネス活用について、マナミナ編集部は萩原さんに取材しました。


データマーケティングに役立つツール7選。DMPや統合ツール、MAをまとめました

データマーケティングに役立つツール7選。DMPや統合ツール、MAをまとめました

コンピューターやインターネット、スマホの普及により大量のデータが集まる時代。この大量かつ複雑なデータをマーケティングに活用するには、高いスキルとノウハウを持った人材、そして多くの時間が必要です。データの整理・集計や広告の最適化をツールで自動化できれば、費用や時間を節約できるとともに専門知識がない人でもデータマーケティングができるようになるメリットがあります。今回は大量のデータを活かすためのデータ統合ツールやマーケティングオートメーションのツールをご紹介します。


最新の投稿


Googleマイビジネスに勝手に登録された!すぐできる対策は?

Googleマイビジネスに勝手に登録された!すぐできる対策は?

Googleマップのスポット情報が勝手に登録されていて、しかも間違っている!という例を見かけます。Googleのスポット情報は誰でも登録できるのが原因です。対策として、スポット情報を管理できる「Googleマイビジネス」にオーナー登録して正確な情報を管理する方法があります。


アパレル業界のオムニチャネル戦略を探る ~人気アパレルブランドの公式アプリを調査

アパレル業界のオムニチャネル戦略を探る ~人気アパレルブランドの公式アプリを調査

スマホやタブレットで欲しい商品を検索し、その場ですぐに購入できる時代になりました。 このようなライフスタイルの変化に伴い、特にアパレル業界のオムニチャネル戦略(ネットや店舗などあらゆるチャネルで顧客との接点をもつ販売戦略のこと)が求められています。アパレル業界はトレンドの移り変わりが激しく、商品をどれだけユーザーの目に触れさせるかが命運を分けることになるからです。 今回は、アパレル業界のオムニチャネル戦略について、いくつかのブランドを例に挙げて傾向とトレンドを分析します。


急上昇ワードに“確定申告 2020”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/1/12~2020/1/18)

急上昇ワードに“確定申告 2020”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/1/12~2020/1/18)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


「Googleマイビジネス」でオーナー確認する方法

「Googleマイビジネス」でオーナー確認する方法

「Googleマイビジネス」のスポットで自分が運営者(オーナー)であることを証明する方法を解説します。多くの場合、スポット情報自体は登録されていて、そのオーナーであることを証明するプロセスになります。


都市型イケアが原宿にオープン、その狙いとは?【2020年トレンド予測】

都市型イケアが原宿にオープン、その狙いとは?【2020年トレンド予測】

今年話題になりそうなトピックを調査・紹介する連載企画「2020年トレンド予測」。今回のテーマは「今春原宿にオープンする都市型イケア」です。今春オープンのIKEA原宿は日本初の都市型店舗。従来店舗との違いを考察し、トレンドを探ります。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら