データマーケティングできる組織をどう作るか

データマーケティングできる組織をどう作るか

Webアクセスのログなど大量のデータが取れる今「データマーケティング」に取り組む企業が増えています。データマーケティングに取り組むには、データを扱える人材を組織的に育成する努力が必要です。データマーケティングできる組織づくりを事例も参考にしながら見ていきます。


データドリブンな組織とは

大量かつ複雑な情報を扱うビッグデータを、マーケティングの意思決定に活用する組織が増えています。こうした「データドリブンな組織」では、マーケターは上司や経営層の説得に数字を使います。

マーケティング戦略の仮説を立てて調査し実行後検証するサイクルを高速に回すには、社内のデータが使いやすく整理され、またデータを扱える人材が多くなる必要があります。

しかし「データマーケティングするぞ!」と掛け声をかけただけでは、データ活用は進みません。
・何から取り組めばよいかわからない
・どんなデータを集めればよいかわからない
・データ活用の目的が曖昧
・費用対効果が不明
などの取り組み前の悩みもあれば、
・データ活用できる人材・組織がない
・データが散在し、使いやすい状態にない
など体制的な悩みもあります。

たとえば、マーケティング部門にデータを扱える人材がおらず、欲しいデータはシステム会社やマーケティング会社に外注しているとします。コストはもちろん、欲しいデータが届くのに時間がかかる上、仮説を変更して抽出条件を変えるだけでもハードルがある状態です。

データ分析しやすい情報基盤を社内に整備し、それを活用できる人材を育てるにはどうしたらよいでしょうか。

「データ活用ってなんのためのもの?」|VALUES×VENECT データ活用マーケティング談義(1)

https://manamina.valuesccg.com/articles/503

「ビッグデータ×マーケティング」を掲げる株式会社ヴァリューズ、「データドリブンマーケティング」を掲げるヴェネクト株式会社。マーケティングでのデータ活用が注目されるなか、国内有数のデータ分析手法を持つ両社のキーマン同士の対談が実現しました。

Nikeはデータ分析にもとづくマーケティング戦略で70%成長

グローバル企業のデータマーケティングの例では、スポーツアパレルブランドの「Nike(ナイキ)」が挙げられます。Nikeは2008年には早くも自社のマーケティング戦略を国・地域単位のマスマーケティングから、スポーツ単位にする「カテゴリー・オフェンス」へ転換、70%の売上拡大に成功しました。

以後10年以上データにもとづくマーケティングを推進し、現在はさらに細分化して顧客ごとにパーソナライズしたマーケティング戦略「コンシューマーダイレクトオフェンス」を採用しています。

マスマーケティングからスポーツカテゴリー、さらに個人に細分化しデータ活用が進んでいます。

「データセントリック」な組織への進化を支える4つの柱

https://www.criteo.com/jp/insights/%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E4%B8%AD%E5%BF%83%E3%81%AE%E7%B5%84%E7%B9%94%E3%82%92%E6%94%AF%E3%81%88%E3%82%8B4%E3%81%A4%E3%81%AE%E6%9F%B1/

顧客データの分析に基づく独自の戦略「カテゴリーオフェンス」で成功を修めたNIKEのように、世界では自社組織を「データセントリックな組織」(データ中心の組織)へシフトする動きが強まっています。データセントリックな組織を支えるのに必要な4つの柱、すなわち「人」「プラットフォーム」「パートナー」「プロセス」について解説します。

日経にはSQLを書ける人が200人もいる!

歴史がある企業、たとえば日経新聞社でもデータ活用できる人材を数百人規模で育成できた、という事例です。

2010年の「日経電子版」以前、新聞社の販売モデルでは新聞販売店が間に入るため、読者がどのように記事を読んでいるか直接収集する方法がありませんでした。日経電子版のログからは、どのボタンを押したか、どこまでスクロールしたか、どの記事の見出しを見て、どの記事を読んだり読まなかったりしたか、というデータを直接収集できるようになりました。さらに、自社製のデータプラットフォームを構築し、データ分析の敷居を下げました。

次は、データを使える人を増やす番です。2017年から社内トレーニングの枠組み「データ道場」を開設し、3ヶ月に渡ってデータ分析のノウハウを身につける講習を実施しました。

マーケティング担当者以外にも、編集関係者向け、PCサイト担当者向け、SQL基礎のみのコース、など業務に応じた講習も行っています。

その結果、なんと社員200人以上がSQLの基礎的な知識を持っている環境を実現したのです。社員数3000人規模なので、データが扱える社員比率は1割弱に達します。

データマーケティング、まずは小さく始めよう

日経新聞社のように歴史があって社員が数千人いる企業でも、数年でデータ活用できる人材を増やせる事例を見てきました。つまり、経営者が意思決定すれば、どんな企業でもデータマーケティングできる人材・組織づくりができるはずです。

一方、これから取り組む企業ではどこから手を付けたらよいでしょうか。ある程度の企業なら、社内にもデータがあるはずです。費用や効率を考えると、いきなり大規模なデータ収集やシステム開発を行うのはリスクがあります。

散在しているデータを一箇所に集め、利用可能な状態にするのもデータドリブンな組織の第一歩です。身近な目標と手元のデータで成功体験を重ね活用のポイントを掴んだ後、規模を拡大していくのがおすすめです。

もし、データマーケティングの取り組み方がわかなければ、ヴァリューズにご相談ください。壁打ちの相手として、どのような形が最適か検討するところからお手伝いさせていただきます。

データマーケティングは予算のかかる大規模プロジェクトか?事例で見るスモールスタートを踏み出す方法

https://manamina.valuesccg.com/articles/532

データをマーケティングに活かすためにはどうすればよいのでしょうか。このテーマのセッションが「日経クロストレンドFORUM 2019」で行われました。ポイントは「スモールスタート」。大和リゾート株式会社のデータマーケティングのプロジェクト事例が語られます。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


ネット行動からみるデジタル時代のコンシューマ変化とは…「戦略的ブランドコミュニケーションフォーラム2020」レポート

ネット行動からみるデジタル時代のコンシューマ変化とは…「戦略的ブランドコミュニケーションフォーラム2020」レポート

デジタル化・スマホシフト時代の今、言うまでもなくコンシューマーを取り巻く情報の波にも大きな変化があらわれています。そんな中、コンシューマーの行動にはどのような変化が起きているのでしょうか。2月20日に開催された「戦略的ブランドコミュニケーションフォーラム2020」にて、株式会社ヴァリューズは今までの分析実績をもとに、デジタル時代のコンシューマーを取り巻く2つのトレンドとアプローチ方法について紹介しました。


文系30歳からデータ人材に。三井住友海上の精鋭データ組織を支える「ビジネストランスレーター」のキャリア

文系30歳からデータ人材に。三井住友海上の精鋭データ組織を支える「ビジネストランスレーター」のキャリア

「データ人材を目指す道はいま、より簡単になっている」。そう語るのは、三井住友海上火災保険株式会社でデータ分析を率いる、木田浩理さんです。意外にも木田さんがデータ分析を学び始めたのは30歳になってから。現在、第一線で活躍するデータサイエンティストに、必要なスキルや身に付け方について、ヴァリューズの後藤がお話しを聞きました。


GDOがTableauで顧客情報をダッシュボード化。裏側にはデータドリブンな組織の4つの要素が

GDOがTableauで顧客情報をダッシュボード化。裏側にはデータドリブンな組織の4つの要素が

国内最大級のゴルフ関連総合サイト「ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)」は、BIツール「Tableau(タブロー)」を用いたデータの利活用を行っています。今回、マナミナ編集部はGDOのマーケティングにおけるデータ活用について、GDOとTableau Japan、ヴァリューズの3社鼎談を企画。GDOのデータ戦略の枠組みやデータの整理方法・アウトプットの事例から、データドリブン組織の秘訣を探りました。


なぜ花王は強力なデータ分析チームを作れたのか?  リスクを取るリーダーが率いる総勢20名の組織とは

なぜ花王は強力なデータ分析チームを作れたのか? リスクを取るリーダーが率いる総勢20名の組織とは

データ分析チームを社内で組織化していきたいという動きは多くの企業で高まっていますが、人材は社内で育成すべきか、あるいは外部パートナーの手を借りるべきかといった人手の悩みや、そもそも何から始めたらいいのかと課題を抱える方は多い状況です。そんな中、早くからデータ分析組織の内製化を進めていた花王さんは、どのような取り組みをされているのでしょうか。データ活用コンサルタントであるヴァリューズの岩村がその秘訣を聞きました。


サントリーはDMPで「お客様ともう一度つながる」。Quick-Winで進めるデータ活用とは

サントリーはDMPで「お客様ともう一度つながる」。Quick-Winで進めるデータ活用とは

プライベートDMP活用までの道のりとこれからをテーマに、ヴァリューズの岩村がサントリーさんにお話しを聞きました。DMPはそもそも導入で足踏みしてしまったり、導入自体がゴールとなって手段が目的化してしまったりすることも多い状況です。サントリーさんの事例から、データドリブンなマーケティングの文化を浸透させていく方法を探ります。


最新の投稿


なぜあの企業はスポンサーに?スポーツマーケティングに取り組む目的とメリット

なぜあの企業はスポンサーに?スポーツマーケティングに取り組む目的とメリット

企業がスポーツにお金を出す形には、大会やスポーツイベントへの協賛にスタジアムの命名権獲得、クラブや選手へのスポンサードなど色々な形があります。企業はスポーツマーケティングにより認知度の向上、ブランディングや販売促進などの目的を達成し、クラブや選手は資金源としてのメリットを得ます。企業がスポーツマーケティングに取り組む目的とメリット、具体的な事例を見ていきましょう。


ECマーケティングの特徴と集客・購入・再訪戦略に使われる手法まとめ

ECマーケティングの特徴と集客・購入・再訪戦略に使われる手法まとめ

ECサイトのマーケティングは、ネット比重が高く、数字で効果計測できる施策が多い点で、実店舗ベースのマーケティングと異なる特徴があります。ECサイトの代表的な施策について、集客・購入・再訪の3つの対策ごとにご紹介します。


急上昇ワードに“Zoom”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/3/29~2020/4/4)

急上昇ワードに“Zoom”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/3/29~2020/4/4)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


初めてでも分かりやすい!サイト・アプリ分析ツールeMark+の使い方事例まとめ

初めてでも分かりやすい!サイト・アプリ分析ツールeMark+の使い方事例まとめ

マナミナを運営する株式会社ヴァリューズの競合サイト分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」の事例記事をまとめます。eMark+には機能がたくさんあり、利用シーンも企業や担当者によってそれぞれ違います。実際何ができるのか、どんなシーンに使えるのかを一望できるようにしました。本記事をブックマークなどしてお使いください。


ローカル5Gは普通の5Gと何が違う?山間部や工場での活用を想定

ローカル5Gは普通の5Gと何が違う?山間部や工場での活用を想定

2019年は5G元年といわれ、2020年には国内でのサービス提供が始まります。5Gでは基地局整備に時間がかかるため、山間部などでは行政が通信業者に代わり独自の5Gネットワークを整備する「ローカル5G」、あるいは5Gの低遅延・多数接続の特徴を生かして、プライベートな5Gネットワークを構築し、工場で多数のセンサーを接続する「ローカル5G」などの活用方法が考えられています。この記事では、ローカル5Gの特徴や具体的な活用方法を解説していきます。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら