データマーケティングに役立つツール7選。DMPや統合ツール、MAをまとめました

データマーケティングに役立つツール7選。DMPや統合ツール、MAをまとめました

コンピューターやインターネット、スマホの普及により大量のデータが集まる時代。この大量かつ複雑なデータをマーケティングに活用するには、高いスキルとノウハウを持った人材、そして多くの時間が必要です。データの整理・集計や広告の最適化をツールで自動化できれば、費用や時間を節約できるとともに専門知識がない人でもデータマーケティングができるようになるメリットがあります。今回は大量のデータを活かすためのデータ統合ツールやマーケティングオートメーションのツールをご紹介します。


データマーケティングと必要なツール

マーケティングとは、商品を効率良く売るための活動全般ですが、データマーケティングでは顧客や見込み客の行動をデータ解析し、より満足度の高い製品やサービスを提供することで、購買活動に結び付けます。

そのためにはサイトへのアクセス回数や閲覧したページなどのアクセスログ解析が必要となります。しかし、スマホやパソコンが普及した現在、アクセスログのデータ量は膨大かつ複雑になります。

膨大なアクセスログの解析を人間が処理するのは非常に困難です。そこで頼りになるのが、マーケティングを自動化するオートメーション・ツールです。

人気の高いDMP・データ統合ツール

マーケティングオートメーションの前段として、データを活用しやすくする整理・統合の段階があります。プログラミングなど高度なスキルが無くても扱えるツールが人気です。

Tableau(タブロー)

データの集計、分析やグラフの作成、レポート作成などの機能を備えています。

Tableau: ビジネスインテリジェンスおよび分析ソフトウェア

https://www.tableau.com/ja-jp

Tableau は、ビジネスインテリジェンスのためのビジュアル分析ソフトウェアです。Tableau であらゆるデータを見て理解しましょう。

IM DMP

膨大な量のオーディエンスデータ(属性情報とWeb上での行動ログ)を利用して様々なマーケティング施策を打ち出す手助けをしてくれます。

IBM SPSS

分析の専門知識が無くても短期間でデータ活用スキルをマスターできます。

SPSS Modeler・Watson Explorlerで機械学習やデータ・マイニング

https://www.ibm.com/jp-ja/analytics/info/Customer-analytics

顧客獲得、離反防止、顧客単価の向上、顧客理解とマッチング、与信・査定、リアルタイム・リコメンデーション、お客様の声VoC分析など、国内外のリーディング企業による顧客データ活用術を紹介します。

データマーケティングに欠かせない「マーケティングオートメーション」とは

高度経済成長期と呼ばれた時代は、消費者=画一化された大衆という認識が一般的でした。

しかし多様化が進んだ現代では、消費者=大勢の個人であるという認識が必要で、個人ごとにマーケティングを最適化するOne to Oneマーケティングの重要性が増しています。

従来のマーケティング「マスマーケティング」では、消費者を個人ではなく、層として捉えていたのに対し、「One to Oneマーケティング」は、消費者1人1人の動向を詳細に分析し、最適なマーケティングを行う点が異なります。

One to Oneマーケティングは、マスマーケティングと比べて、取り扱う情報の量が桁違いに多くなるため、ツールで自動的に最適化する「マーケティングオートメーション」が必要となるのです。

データマーケティングを導入する際のチェック事項

マーケティングオートメーションツールの導入を導入する際に、チェックするべき点は以下の通りです。

チェック項目① そのツールは、BtoB向けなのかBtoC向けなのか?
BtoBは企業と企業(Business)の取引、BtoCとは企業と個人(Customer)との取引を指します。組み合わせによって使うべきツールは異なります。

チェック項目② 使いたい機能が搭載されているか?
オートメーションのツールは多くありますが、使いたい機能が搭載されていなければ意味がありません。また、使わない機能が多すぎると無駄なコストになるので、必要な機能を明確化し、自社に合ったツールを選定しましょう。

チェック項目③ 誰でもデータを使えるか?
ツールを導入する最大のメリットは、ヒューマンリソースの無駄をなくす事です。使いこなすために教育を受ける必要があるツールでは、貴重な時間とコストを取られてしまいます。プログラミングなどの専門的なスキルがない人でも、使えるツールを選びましょう。

人気の高いマーケティングオートメーションツール4選

SATORI

自社サイトを閲覧中のリード(見込み客)にポップアップを表示し、コンバージョンを促します。その他にもお問い合わせフォームや資料ダウンロードフォームを簡単に作成できます。リードの属性に合わせて、最適化したコンテンツを表示することもできます。

マーケティングオートメーションツール SATORI

https://satori.marketing/

マーケティングオートメーション ツール「SATORI」 通常のMA機能に加え、匿名ユーザーへもアプローチする「アンノウンマーケティング」で、リードジェネレーションに強い。動画やコンテンツ、人的サポートで「あなたのマーケティングを一歩先へ」。

Pardot(パードット)

Webトラッキング、エントリーフォーム制作、メール配信と言った、基本的な機能を一通り備えていますが、最大の特徴は、マーケティング結果を遂次レポーティングできるという事です。これによりPDCAサイクルを効率的に回す事ができます。

B2Bマーケティングを自動化で支援 - Pardot(パードット) | セールスフォース・ドットコム

https://www.salesforce.com/jp/products/pardot/overview/

営業担当者は新規ビジネスの獲得に専念。任せられる仕事は、B2Bマーケティングの自動化を支援するPardotに任せてしまいましょう。あなたのビジネスの成長を、効率化の面からサポートします。

Oracle Marketing Cloud

ビジネス用ソフトウェア大手のOracle社が開発したマーケティングツール。CMSとの連携でリードジェネレーションを効率的に行えます。獲得したリードジェネレーションのニーズを詳細に解析し、成約に結び付けます。

Adobe Marketing Cloud

コンピュータソフトウェア大手のAdobe社が開発したマーケティングツール。蓄積された、リードに関する膨大なデータソースを独自のDMP(データ管理プラットフォーム)で一元的に管理し、リードナーチャリングを有効に行えます。

Adobe Marketing Cloudを最大限に活用 | Adobe Marketing Cloud

https://www.adobe.com/jp/marketing-cloud.html

瞬時のスピードが必要な現代のマーケティングに適合した5つの統合ソリューション。Adobe Marketing Cloudなら、ソーシャルメディアから電子メール、動画までを連携できます。

まとめ

Webのアクセスログなど人間では処理しきれない膨大なデータをマーケティングに活用するには、ツールによる支援が必要です。データマーケティングのツールを導入した場合の効果として費用と時間を節約するだけでなく、マーケティングはわかるがプログラムなどの専門知識がない人でも関われるようになることで、データ活用が全社レベルで進んでいくでしょう。

関連する記事

データ活用は「魔法」ではない。課題解決のために地に足をつけて考える手段だ

https://manamina.valuesccg.com/articles/544

データ活用が話題となっていますが、一体どういうことを指すのでしょうか。株式会社ヴァリューズで企業のデータコンサルティングを行う和田尚樹さんに、企業のデータ活用の実態を聞きました。

株式会社デジタルガレージCDOの渋谷直正さんが語る、データ分析組織づくりの2つの方向とは

https://manamina.valuesccg.com/articles/559

データ分析組織づくりの2つの方向性は、トップダウンかボトムアップか。日本航空(JAL)にて10年間データ分析に携わり、現在は株式会社デジタルガレージにてCDO(チーフ・データ・オフィサー)を務める渋谷直正さんが語ります。

ビッグデータを活用したデータマーケティング事例

https://manamina.valuesccg.com/articles/588

データに基づきキャンペーンを最適化したり、パーソナライズしたりするデータマーケティング。従来の属性データに加え、ネットの購買行動などの行動データが取れるようになったことで企業が使えるデータ量は爆発的に増加しています。大量かつ複雑なデータ=ビッグデータを活用するデータマーケティングとその事例をご紹介します。

データマーケティングできる組織をどう作るか

https://manamina.valuesccg.com/articles/761

Webアクセスのログなど大量のデータが取れる今「データマーケティング」に取り組む企業が増えています。データマーケティングに取り組むには、データを扱える人材を組織的に育成する努力が必要です。データマーケティングできる組織づくりを事例も参考にしながら見ていきます。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


【アーカイブ視聴】ウィズコロナ時代のウェブサイト大全|ヴァリューズ×イノーバ×Kaizen Platform共催ウェビナー

【アーカイブ視聴】ウィズコロナ時代のウェブサイト大全|ヴァリューズ×イノーバ×Kaizen Platform共催ウェビナー

行動分析、コンテンツマーケティング、UI改善までウェブの専門家が大集合。 <br><br>※本セミナーは2020年9月15日に開催されましたが、動画にて視聴頂けます。ご興味を持っていただけましたら、記事下部のフォームよりお申し込みください。お申し込み後、視聴URL(YouTube)をお送りいたします。


東京コピーライターズクラブ創始者が立ち上げたクリエイティブハウスは、なぜ提案にデータを活用するのか?その理由を聞く

東京コピーライターズクラブ創始者が立ち上げたクリエイティブハウスは、なぜ提案にデータを活用するのか?その理由を聞く

東京コピーライターズクラブ(TCC)の初代会長、上野壮夫(うえのそうふ)氏が1966年に創立したクリエイティブハウス、ユー・ピイ・アール。心を動かすクリエイティブが伝統でもある同社では、競合分析ツール「eMark+」を使い、データによる提案も行なっているといいます。それはなぜなのか?また、その実態はどんなものなのでしょうか。マナミナ編集部がユー・ピイ・アールの田地さんにお聞きしました。


【アーカイブ視聴】コロナ禍の今、事業会社とマーケコンサル双方の経験者が語る「成果につながらないデジタルマーケティングの3つの特徴」

【アーカイブ視聴】コロナ禍の今、事業会社とマーケコンサル双方の経験者が語る「成果につながらないデジタルマーケティングの3つの特徴」

広告主の経験をもつ登壇者が、事業会社とデータマーケコンサルタント両方の立場と自身の経験から、成果につながらないデジタルマーケティングの3つの特徴を紐解いていきます。<br><br>※本セミナーは2020年8月5日に開催されましたが、動画にて視聴頂けます。ご興味を持っていただけましたら、記事下部のフォームよりお申し込みください。お申し込み後、視聴URL(YouTube)をお送りいたします。


既存顧客からの売上を維持・拡大する「LTV(ライフタイムバリュー)」の考え方とは?

既存顧客からの売上を維持・拡大する「LTV(ライフタイムバリュー)」の考え方とは?

顧客の行動を分析し、自社の商品やサービスの改善に役立てるデータマーケティングにおいて、重視されるようになってきたのが「ライフタイムバリュー(LTV)」という概念です。顧客の一定期間の売上貢献度を計るこの指標について、計算方法から活用方法まで解説します。


なぜmenuはコロナ禍ですぐに導入手数料0円施策を打てたのか?テレビCMも絡めたスピード感のあるプロモの裏側とは

なぜmenuはコロナ禍ですぐに導入手数料0円施策を打てたのか?テレビCMも絡めたスピード感のあるプロモの裏側とは

2020年4月、マナミナで毎月公開している「ユーザー数急上昇アプリ」連載に、デリバリー&テイクアウトアプリの「menu」がランクインしました。前月比のMAUは+約986.4%という驚くべき数字に。多くの企業・サービスが未曾有の事態に右往左往していた中、なぜmenuはここまでのスピードでプロモーションを展開できたのでしょうか? menuを運営するmenu株式会社の執行役員・佐藤さんへの直撃インタビューから見えてきたこととは。コロナ時代の経営やマーケティングに携わる方、必見です。


最新の投稿


【アーカイブ視聴】ウィズコロナ時代のウェブサイト大全|ヴァリューズ×イノーバ×Kaizen Platform共催ウェビナー

【アーカイブ視聴】ウィズコロナ時代のウェブサイト大全|ヴァリューズ×イノーバ×Kaizen Platform共催ウェビナー

行動分析、コンテンツマーケティング、UI改善までウェブの専門家が大集合。 <br><br>※本セミナーは2020年9月15日に開催されましたが、動画にて視聴頂けます。ご興味を持っていただけましたら、記事下部のフォームよりお申し込みください。お申し込み後、視聴URL(YouTube)をお送りいたします。


副業やクラウドソーシングが伸びている実態とは?大手2サイトのユーザー層の最新トレンドを探る

副業やクラウドソーシングが伸びている実態とは?大手2サイトのユーザー層の最新トレンドを探る

2020年は新型コロナウイルスの感染拡大により、企業や個人の経済活動にとって大きな変革の年となりました。その中でも関心と需要の高まりを見せている「クラウドソーシング」の分野について、国内の2サイトを分析対象として、利用ユーザーの動向をデータから紐解いていきます。


急上昇ワードに“渋滞情報”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/9/20~2020/9/26)

急上昇ワードに“渋滞情報”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/9/20~2020/9/26)

2020年9月20日~9月26日週の検索急上昇ワードでは、4連休のシルバーウィークだったため「渋滞情報」の検索が久しぶりに急増。今年一番の人出となった観光地も全国各地でみられたようです。全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


ネット検索で Google を使う人、Yahoo! を使う人の特徴を比較してみた

ネット検索で Google を使う人、Yahoo! を使う人の特徴を比較してみた

日本国内においての検索エンジンと言えば、GoogleとYahoo!。さらに、この2トップで国内の検索エンジンシェアの9割を超えているとも言われています。普段の検索にGoogleをよく使う人とYahoo!をよく使う人、特徴の違いはあるのでしょうか?今回はGoogleとYahoo!の検索ユーザーについて調査・分析してみました。


AIのビジネス活用がBtoBで加速の実態とは?DXにも通じる「レシートOCR」「外食×AI」の2つの事例を解説

AIのビジネス活用がBtoBで加速の実態とは?DXにも通じる「レシートOCR」「外食×AI」の2つの事例を解説

画像やテキストなどの非構造データのデータ解析やデータビジネスプロジェクト構築などを行っているFVIの荻原さんに、AIをマーケティングに活かす事例についてお伺いしました。DXを行うにはAIの活用ができているかが大きなポイントになってきているそう。「データの『タグ付け』で営業やマーケティングが大きく変化する」とはどういうことでしょうか。本稿ではそのインタビュー内容をお伝えします。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング