「花粉症」ユーザーが気になっている“検索ワード”や“Webサイト”は?

「花粉症」ユーザーが気になっている“検索ワード”や“Webサイト”は?

少しずつ暖かくなり、過ごしやすい季節がやってきました。それと同時に花粉症の人にとっては辛い季節となります。「花粉症」と検索しているユーザーは2月から増え始め3月にピークをむかえます。そこで、今回は「花粉症」で検索した人が、検索前後3時間内でどんなネット行動をしていたかについて調査しました。


「花粉症」を検索した人の性別・年代

まずは、「花粉症」を検索した人の属性を見ていきましょう。性別では、男性が若干多いものの男女比はほぼ半数となっていました。年代別では20代が最も高く3割を超えており、次いで30代、40代となっていました。「花粉症」と検索している人は若年層が多く、年齢があがるにつれ割合が下がっていくことがわかりました。

「花粉症」検索ユーザーの属性

「花粉症ナビ」などのメディアサイトが注目集める

次に「花粉症」検索前後によく利用されているサイトをランキングにしてみたところ、トップは花粉症情報サイトである「花粉症ナビ」を提供している『協和キリン株式会社』でした。

また、7位の『花粉なう』や、8位の『花粉症レスキュー隊』も花粉情報やお役立ちコンテンツが掲載されているメディアサイトとなっており、花粉症の症状に悩んでいるユーザーにとってメディアサイトは人気のようです。

「花粉症」検索ユーザーのサイトランキング

また、最も多くランクインしていたのは製薬会社の公式サイトでした。

2位はジェネリック医薬品の『沢井製薬株式会社』、3位はアレルギー専用鼻炎薬アレジオンが有名な『エスエス製薬』、5位は久光製薬株式会社の『アレルギー専用鼻炎薬アレグラFX』の商品サイト、6位はドラッグストア『DRUGユタカ』の公式サイト、10位は目薬、眼科薬、点眼薬などを製造・販売している『参天製薬株式会社』となっていました。

男女比はどのサイトもほぼ半数となっている中で、『参天製薬株式会社』は女性比率が高めとなっていました。

医薬品キーワードが多い中、話題の「じゃばら」もランクイン

「花粉症」検索者の検索キーワードクラウドを見ても、『薬』や『目薬』、『アレグラ』、『市販薬』、『花粉症対策』などのキーワードが目立つことから、少しでも花粉症の症状を軽減したいというニーズが顕著に出ています。

「花粉症」検索ユーザーの検索キーワードクラウド

「花粉症」検索者のキーワードランキングを見てみましょう。

トップは「花粉症」のビッグワードとなりました。次に『薬』や『目薬』、『アレグラ』、『花粉症薬』、『注射』などの医薬品に関するワードが多くランクインしていました。花粉症の人にとって鼻水や鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみなどの症状を少しでも緩和したいという思いが強く表れた検索結果となっているようです。

また、『花粉症に効果がある』と口コミで広まりテレビでも取り上げられたことによって、近年とても注目されている柑橘類の一種『じゃばら』も9位にランクインしていました。

「花粉症」検索ユーザーのキーワードランキング

じゃばら

和歌山県原産の「じゃばら」は柑橘類の一種で強い酸味と苦みがあるが、
飲みやすいドリンクやサプリで販売されている

さらに年齢と性別を掛け合わせた属性マップにすると、女性は検索ワードが多様で、“鼻づまり”や“目がかゆい”、“肌荒れ”、“眠くならない”など具体的なワードが多くみられました。

また、高年層は“じゃばら”や“乳酸菌”、“ヨーグルト”など花粉症に効くと言われている食べ物の検索ワードが目立ちました。性別や年齢によっても、検索ワードが異なるようです。

「花粉症」検索ユーザーの属性マップ

「花粉症」ユーザーのニーズをさらに深堀りすると?

最後に、「花粉症」ユーザーのニーズを深掘りするため、検索ユーザーを前後3時間のネット行動ログからクラスタ分類してみました。その結果、『咳』『塗るマスク』『花粉』『注射』『薬』『対策』の6つのクラスタに分類されました。

クラスタごとにキーワードクラウドを見ると、『咳』クラスタは“頭痛”や“鼻水”、“熱”など症状を検索しているユーザーが多くみられました。『塗るマスク』クラスタは花粉対策グッズということもあり“花粉症”や“花粉症対策”などのキーワードの他に、“喉痒い”や“頭痛い”、“体のかゆみ”など体の症状に関するキーワードが目立ちました

『花粉』クラスタは“じゃばら”や“ヨーグルト”、“乳酸菌”、“ヤクルト400”などが花粉症に効くと言われている食べ物が多くラインナップしていました。『注射』クラスタは“耳鼻科”や“レーザー”、“舌下免疫療法”など診療科や、受診内容について気になっているようです。

『薬』クラスタは “アレグラ”や“アレジオン”、“クラリチン”など具体的な医薬品名が多くあがっていました『対策』クラスタは“ワセリン”や“ビタミンD”などが対策グッズを検索しつつ、“目がかゆい”や“だるい”、“肌荒れ”など症状に関するキーワードも検索されていました。

「花粉症」検索ユーザーのクラスタ分類

まとめ

「花粉症」ユーザーにとって、少しでも花粉症の症状を軽減できる手段や情報をネットで探しを求めていることがわかりました。市販薬や効果のあると言われている食べ物、情報を網羅しているメディアサイトなどが特に需要が高く、また、年齢によっても検索ニーズが異なるようなので、よりターゲットを意識したコンテンツ作りが重要となってくると思われます。

分析概要

ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービスeMark+を使用し、2019年1月~5月のネット行動ログデータを分析しました。
※調査対象は2019年1月~5月
※ネット行動ログは検索前後180分の行動ログを抽出して分析

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


急上昇ワードに“Zoom”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/3/29~2020/4/4)

急上昇ワードに“Zoom”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/3/29~2020/4/4)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダ電機...家電量販店サイトを比較調査!

ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダ電機...家電量販店サイトを比較調査!

AmazonなどECモールを活用したメーカー直販が台頭する中、大手家電量販店は脱家電に舵をきりはじめ、例えばヤマダ電機が家具メーカーの大塚家具と組んで住宅産業に進出したり、ビックカメラが薬や日用品、自転車などの異業種マーケットに挑戦したりと、各社それぞれ戦略を打ち出しています。そこで今回は、大手家電量販店5社の公式サイトを比較し、ユーザーの利用実態や集客などについて分析しました。


急上昇ワードに“インフォデミック”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/3/22~2020/3/28)

急上昇ワードに“インフォデミック”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/3/22~2020/3/28)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


「レシピ」と一緒に検索されているキーワードは?ユーザーの検索動向を過去1年間で調べてみました

「レシピ」と一緒に検索されているキーワードは?ユーザーの検索動向を過去1年間で調べてみました

忙しい日々を送る中でご飯の献立を考えるのは本当に大変ですよね。そんな中でも自分や家族のために美味しい料理を作りたい、できれば時短で作りたい、旬な野菜を使った料理を作りたい、などなど作り手の気持ちは様々です。そこで、今回は「レシピ」と一緒に検索されているキーワードはどんなものが多いのか?また、どのようなコンテンツを見ているのかなど、ネット行動分析ツールの「eMark+」を使って、過去1年間を調査・分析しました。


検索キーワードから読み解く「投資」のいま。ポイント投資やNISA、iDeCoなど多様化する投資方法に若年層も注目。

検索キーワードから読み解く「投資」のいま。ポイント投資やNISA、iDeCoなど多様化する投資方法に若年層も注目。

欧米諸国に比べ、日本では資産を運用せずに貯蓄する人の割合が多いとされています。しかしながら最近では少子高齢化の進展による老後資金への不安や、恒常化する預金の低金利化などから、資産形成を目的として投資を始める人が増えてきています。今回はそんな「投資」に焦点を当て、eMark+の検索キーワード分析機能「Keyword Finder」を用いて調査を行いました。


最新の投稿


なぜあの企業はスポンサーに?スポーツマーケティングに取り組む目的とメリット

なぜあの企業はスポンサーに?スポーツマーケティングに取り組む目的とメリット

企業がスポーツにお金を出す形には、大会やスポーツイベントへの協賛にスタジアムの命名権獲得、クラブや選手へのスポンサードなど色々な形があります。企業はスポーツマーケティングにより認知度の向上、ブランディングや販売促進などの目的を達成し、クラブや選手は資金源としてのメリットを得ます。企業がスポーツマーケティングに取り組む目的とメリット、具体的な事例を見ていきましょう。


ECマーケティングの特徴と集客・購入・再訪戦略に使われる手法まとめ

ECマーケティングの特徴と集客・購入・再訪戦略に使われる手法まとめ

ECサイトのマーケティングは、ネット比重が高く、数字で効果計測できる施策が多い点で、実店舗ベースのマーケティングと異なる特徴があります。ECサイトの代表的な施策について、集客・購入・再訪の3つの対策ごとにご紹介します。


急上昇ワードに“Zoom”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/3/29~2020/4/4)

急上昇ワードに“Zoom”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/3/29~2020/4/4)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


初めてでも分かりやすい!サイト・アプリ分析ツールeMark+の使い方事例まとめ

初めてでも分かりやすい!サイト・アプリ分析ツールeMark+の使い方事例まとめ

マナミナを運営する株式会社ヴァリューズの競合サイト分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」の事例記事をまとめます。eMark+には機能がたくさんあり、利用シーンも企業や担当者によってそれぞれ違います。実際何ができるのか、どんなシーンに使えるのかを一望できるようにしました。本記事をブックマークなどしてお使いください。


ローカル5Gは普通の5Gと何が違う?山間部や工場での活用を想定

ローカル5Gは普通の5Gと何が違う?山間部や工場での活用を想定

2019年は5G元年といわれ、2020年には国内でのサービス提供が始まります。5Gでは基地局整備に時間がかかるため、山間部などでは行政が通信業者に代わり独自の5Gネットワークを整備する「ローカル5G」、あるいは5Gの低遅延・多数接続の特徴を生かして、プライベートな5Gネットワークを構築し、工場で多数のセンサーを接続する「ローカル5G」などの活用方法が考えられています。この記事では、ローカル5Gの特徴や具体的な活用方法を解説していきます。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら